とうとう最終回!アライブ がん専門医のカルテ第11話ネタバレと感想

心と薫の出会いはちょっと特殊ではあったけれど、こんなにも分かりあえる親友に出会えたのはお互いにとって幸運でした。
https://www.fujitv.co.jp/alive/  

第11話あらすじは?

“腫瘍内科医の恩田心(松下奈緒)と消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた。
そんな矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で、がんの再発が判明。

その告白を受けた心は、二人で乗り越えようと誓い合う。
しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。

それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。
 心の国立がん医療センターへの移籍の話も期限を迎えようとしている。


医師としての将来を思う阿久津晃(木下ほうか)にも決断を迫られるのだが、薫の件もあり、心は答えることが出来ない。

また、研修期間が終わろうとしている結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)もどの科に行くか決めかねていた。
 佐倉莉子(小川紗良)が化学療法室で治療を受けていると薫が来た。

治療を受ける薫に驚く莉子。
だが、莉子もすでにがんと闘う決意に満ちている。
莉子は戸惑っていた職場への病気の報告も済ませ、今はフリーペーパーの編集も手伝っていると薫に話す。

そんな二人を、同じく抗がん剤治療を受けていた橘千寿子(三田寛子)が見ていて…。
 2人の女医、そしてそれぞれの医師たちに、やがて変革と旅立ちのときが訪れようとしていたー。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

karujnさん(50代、男性)

国立がん医療センターへの移籍話が持ち上がった心に、薫が五年検診でガンの再発が判明したと告げたため、良好となった二人の関係性から、心が今後の対応をいかに決断するのか、見どころとなりそうです。

また、研修期間を終えてどの科にいくのか判断を迫られている結城と夏樹の二人がどんな決断をするのか、化学療法を受けてガンと戦っている莉子、抗がん剤治療を受けている橘千寿子といった患者たち、それぞれがどんな人生を選択するのか、楽しみな展開が期待できそうです。

toeic800さん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、医師として、そしてまた友人としても恩田心と梶山薫は共に困難を様々に乗り越えて来た為に強く信頼関係を築きあげることが出来たのでした。

そして、そんな矢先に何と梶山薫が乳癌を5年目の検査で再発していることが判明するのでした。

そして、その事を知った恩田心はまた二人で乗り越えていこうと誓い合うのでした。

ところが、予想以上に梶山薫の症状は重いために手術は難しいのではとなってしまうのでした。

hunenosakiさん(40代、男性)

松下奈緒さんが演じられている恩田心先生と木村佳乃さんが演じられている梶山先生がより強まった、そんなときに梶山先生の口から出たのは自信の乳がんが再発したという言葉だった前回のお話の「アライブ がん専門医のカルテ」の第11話である最終回です。

脊椎への骨転移という厳しい状況の中、恩田先生と梶山先生の二人で協力して乗り越えようと誓い合います。
そしてがんの治療の中、梶山先生は医師としても仕事を続けようと頑張ります。

しかし、梶山先生の病状は次第に重くなっていき恩田先生からも梶山先生の事を思い担当している患者さんの手術から外れるように言い渡されてしまいます。

更に梶山先生の病状は重くなり倒れてしまう。
そんな、中恩田先生は梶山先生の事を思いがん医療センターからの誘いを断ろうとしてしまいます。

最終話の「乳がん再発を乗り越えて」というタイトル、果たして乗り越えた先に待ち受けるものは何か見逃せない第11話です。

第11話みなさんの感想

sato999さん(50代、女性)

本当に素敵な2人の友情に感動させられ号泣した最終回でした。
それにしても薫の辛い人生に何とも言えない気持ちになりました。

薫は医療ミスで親族を失くし、良いパートナーになるはずの須藤とも別れ、一度辛い乳がん手術をしているのに再発。

心に近づいたのは、自分がミスをしたと思い込んで、彼女の力になろうと思ってのことだし、患者を助けたいという気持ちは人並み以上の医師です。

こんな手本になるような人なのに、どうして神様はこの様な試練を彼女に与えるのだろうと思ってしまいました。
しかし辛い中に心という支えが居てくれた事はとても心強かったと思います。

助けようと思った心に助けられた薫を見ながら、自分がやった事は自分に返ってくるカルマの法則だと思いました。
そして同じく心も辛い人生を与えられた一人だと思います。

若くしてパートナーを失うというのは、同じ経験をした人しか分からない、底無しの辛さです。
人によっては一生立ち直れない、人生で一番辛い経験と言っても過言ではありません。

しかしそんな心にも薫にも医師としての仕事という生きがいが有ったことが前向きに生きる糧になったのは間違い無く、努力の結果とは言え素敵な仕事に出会えた2人が羨ましいと思いました。

2人にはこれからも立派な医師として仕事を極めて欲しいと思います。
そしてそれと共に2人には将来素敵なパートナーを見つけ、さらなる幸せを掴んで欲しいと思います。
3年後の話が出てきましたが、さらに5年後あたりの話でスペシャル版が見れたらとても嬉しいです。

qqqwqwさん(50代、女性)

心と薫の友情が羨ましく思えるほどステキでした。
曰く付きの関係からスタートした二人だからこそ、ここまで深い関係が築けたのかも知れません。

全く先が見通せない不安の中、本音を吐露できる友だちがいることで薫も、そして支えなければならない心も救われたのだと思います。

そして、薫の最後まで諦めない生き方に感動。
健康な体、次は生きがい、そして普通に日常生活を送る事さえも奪われていく中でも、周囲の人に元気を与える薫の強さ。

この強さがあったからこそ困難な状況から抜けだせたのだと思う。
ありふれた言い方ですが、諦めないことの大切さを実感しました。

正直、現実はもっと厳しいものだと思います。
でも、こんな結末を信じて前向きにさせてくれる。
ハッピーなラストが良かったです。

saisyuさん(40代、男性)

医師と患者、医師と医師、患者と患者、医師と末期患者、医療過誤をした医師と遺族、そんな医療という中で人と人との関係を描いてきた「アライブ がん専門医のカルテ」の最終回である第11話、結論から言うと、とても良いお話でした。

前回までで恩田先生の夫の手術の時の医療過誤の件を打ち明ける前以上に恩田先生と梶山先生がとても良い関係になったと思った、そんな展開の中で梶山先生のがんが再発したとの新たなる展開には驚きました。

そして、最終回は医者と患者になった医者との関係を描いていくんだなと思いました。
そんな中でも梶山先生は医師として活動していこうとする姿には、やっぱりそういう展開になるかと思いました。

しかし梶山先生の病状が明らかになっていく中、どんどん悪化していく展開には、これはバッドエンドになるのかなと見ている内に心配になってしまいました。

そして一気に春を迎えたシーンへと時は過ぎ、研修医だった二人はそれぞれの道で立派になり、しかし梶山先生の姿は移りませんでした。

そして更に3年後に時は流れ、恩田先生はがん医療センターの医師に、そして梶山先生は無事に復帰して手術をする医師として現れ、そしてがんは共存できる病気であるというメッセージ、そして恩田先生が伝える梶山先生のがんの根治、ハッピーエンドの中とてもいいメッセージが込められており、いいドラマだったと思いました。

whoさん(40代、男性)

薫先生は、癌の治療をしながら、癌の手術もしようと努力しています。
ただ、そのことを患者が知ると、どう思うのでしょう。

万全の状態ではない医者の手術を拒む人は多いと思います。
実際、薫先生の病状は思ったよりも良くなく、薫先生に執刀をあきらめさせた心先生の心境はいかほどでしょうか。

薫先生の癌はかなり進行しているようで、突然倒れてしまいました。
心先生も薫先生も、かなりショックだったようです。
この展開だと、薫先生の余命はわずかで、薫先生の死去でエンディングかなと思いました。

しかし、奇跡的にも薫先生は持ち直したようで、3年後には職場復帰を果たしています。
心先生も、阿久津先生のおかげもあり、がん医療センターで研究をしています。

近い将来、みなと総合病院で2人が一緒に働ける日が来ることでしょう。

さいごに

このドラマはさまざまな癌患者の生き様という重い内容を扱っていましたが、あきらめずに人生を生きることの大切さを教えてくれました。
ドラマの終わり方も前向きで、見ている側も救われた感じがしました。