謎に次ぐ謎!10の秘密全話のネタバレと感想

向井理主演のサスペンスドラマです。登場人物がみんなミステリアスで引き込まれてしまいます。 仲間由紀恵はいつまでも美しいですね。

第1話のあらすじは?

白河圭太(向井理)は14歳の娘・瞳(山田杏奈)と2人で暮らす建築確認検査員。
9年前、弁護士で上昇志向の強い元妻・仙台由貴子(仲間由紀恵)が家を出て行って以来、シングルファザーとして奮闘しながら娘と良好な関係を築いてきた。

そんなある日、圭太のもとに「娘は預かった。3日以内に仙台由貴子を探せ」と誘拐をほのめかす電話がかかってくる。

半信半疑のまま、瞳と連絡が取れないことに不安を覚えた圭太はすぐに由貴子の所在を確認するが、元妻は勤めていた大手弁護士事務所を数日前に突然辞め、上司だった男はクライアントである宇都宮竜二(渡部篤郎)への説明対応に追われていた。

一方で、瞳がここ最近学校や部活を休みがちで、塾もやめていたことが明らかに。
何でも知っていると思っていた娘の秘密を知り、激しく動揺する圭太。しかし瞳は、ほかにも驚くべき秘密も抱えていて……!?

公式サイト https://www.ktv.jp/10himitsu/story/01.html  より

みんな注目する点は?

ちーちゃん(30代 女性)

このドラマは、主演の向井理さんが14歳の娘と二人暮らしのシングルファザー白河圭太を、その元妻で上昇思考の強い弁護士を仲間由紀恵さんが演じる、サスペンスドラマです

ある日、娘の誘拐をほのめかす脅迫電話がかかってきたことから、圭太の生活は一転します。

娘と元妻を探しているうちに、娘と二人暮らしがうまくいっている、何でも話してくれていると思っていたのが実は幻想で、元妻も、娘も、自分に秘密があったことがわかります。

最初のうちは登場人物の秘密が次々と出てくるらしいので、翻弄され追い詰められていく圭太を演じる向井理さんを見るのが楽しみです。

わくさん(30代 女性)

このドラマは、向井理さんが14歳の娘を持つシングルファザーを演じているのが見どころです。

しかも、登場人物がみんな秘密を抱えておりその秘密が絡み合って事件が起きて行くのが見どころです。

しかも初回から、娘が誘拐されてしまうという衝撃の展開で驚いてしまいます。
娘とは秘密のない関係であると思っていた父親が娘を探すと娘が勝手に塾をやめていたことなどの秘密が次々に出て来てしまいます。

謎の多いドラマなので先が見えないのも楽しめます。

ねーさん(40代 女性)

「10の秘密」は、向井理が娘を誘拐されるシングルファーザー役、仲間由紀恵が元妻を演じるサスペンスドラマです。

主人公の白河圭太はシングルファーザーとして子育てに奮闘してきたのですが、ある日「娘は預かった」との電話がかかってきます。

それをきっかけにして、白河圭太を取り巻く人々の秘密が次々と明らかになっていくのがこのドラマの見どころです。

また、私生活では二児の父親である向井理が、シングルファーザーをどう演じるのかも楽しみの一つです。

第1話の感想

KYOさん(40代 男性)

まだ初回ですが、闇が深いと思いました。
そして、インスタなどでの見栄の張り合いなどが現代的だと思いました。
しかし、由貴子はタワーマンションや高級車など、見栄の張り方がえげつないと思いました。

昔は相当貧乏だったのだろうと思います。
そして、抱えている秘密というのが気になります。
あの建設現場の自殺もそれに関係していると思うので気になります。

怪しいのは火事の映像が繰り返し流れることで、放火で犯人は由貴子なのかなと思います。
みんなが秘密を抱えているということですが、怪しいのは渡部篤郎さん演じる宇都宮です。
由貴子と付き合っているというのも、タワーマンションも嘘なのだろうと思います。
そして、その裏にいる佐野史郎さん演じる大ボスが気になります。

ぼんさん(40代 男性)

まずこのドラマでの1番最初の印象は、物凄い豪華なキャスティングだなっと思いました。

何故ならば、仲間由紀恵さんが出演してるにも関わらず、向井理さんが主演ということもあり非常に驚きました。

また、他にも佐野史朗さんや名取裕子さんと誰が主役か解らないぐらい回りの役者さん逹も物凄いスターばかりだと思いました。

また、内容としてもタイトルの通り、話が進むにつれて徐々に秘密が暴かれていくので観ていて本当に楽しくて目が離せませんでした。

更には、その秘密が暴かれる度に余計に物語が複雑化していき難しくなっていきました
ですので、次からも絶対に視聴したいと思えました。

キャスティングがすごい上に内容までしっかりとしているので本当に観ていて面白かったです。

CANAさん(30代 女性)

冒頭の自殺シーンが印象的でした。
番組の開始から10分もしないうちに今度は娘が誘拐されたり、母親の行方がわからなくなっていたり、次々に物語が展開し少し忙しい印象でした。

突き詰めていくと娘も父の知っている娘とは全然違っていて、母親もSNSに載せている姿は嘘ばかりとわかり、追い詰められていく父を見ているのが可哀想になりました。

必要な秘密もあると個人的には思っているものの、秘密というのは時に非常に恐ろしいものにもなると感じました。

1話を通して感じたのは負の連鎖が起きているように見えることと、10年前の秘密、あのこととは何なのか、物語に引き込まれました。

ドラマのタイトルに「秘密」と入っているだけに、まだまだわからないことばかりで先が気になります。向井理に関わってくるすべての人が怪しく見えきます。

第2話あらすじは?

“娘の瞳(山田杏奈)を誘拐されたことがきっかけで、元妻・由貴子(仲間由紀恵)のセレブ生活がすべて偽物で、多額の借金まで抱えていることを知った圭太(向井理)。

ようやく連絡が取れた由貴子は、瞳が誘拐されたと聞いて一瞬動揺するが、犯人の見当はついている様子で、自分に任せてほしいと圭太を諭す。
しかし圭太は、由貴子が仕事上のトラブルでは片づけられない、ただならぬ事態に巻き込まれていることを察知。
「10年前の、あの秘密と関係があるのか?」と、圭太と由貴子がこれまで胸の内にしまっていた過去こそが、事件の発端なのではないかと問いただす。

しかし次の瞬間、同じく由貴子を探していた竜二(渡部篤郎)が現れ、由貴子は動揺し逃げ出してしまう――。

公式サイト https://https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html  より

みんなの注目する点は?

MAMさん(50代、女性)

元妻の由貴子とようやく連絡が取れたところ。
娘瞳の誘拐について見当がついている様子。

また瞳が密かに会っていた、ピアニストの翼も何やら瞳のことで知っていることがありそうで、圭太が翼と対峙することになるのか、彼が何を知っているのか、謎が多すぎ、誰もかれもが怪しく見え、目が離せないドラマです。

LIHOさん(20代、女性)

主人公の圭太の娘が何者かに誘拐されてしまいました。
そして、同時に元妻の豪勢な生活が借金によって成り立っている事も知ります。

元妻の状態を知りながらも、娘が誘拐された事を伝えます。
元妻は事件については任せて欲しいと圭太に伝えますが、彼は秘密にしてきた過去の出来事が娘の誘拐に繋がったのではないか、と考え始めます。

その後、圭太は娘が夜の繁華街をうろついていた事が分かって娘の事を何も知らないと実感させられるのでした。
圭太は娘の居場所の手掛かりを掴むために夜の繁華街を調査していきます。

YRさん(30代、男性)

この回でも娘の瞳の隠された秘密が明らかになっていきますが、瞳を誘拐した犯人を見つけ出そうと奔走する父親の圭太の前に現れる人物が、いずれも怪しい雰囲気を醸し出していきます。

何か秘密を持っているのではないか?と思わせるような態度を見せるのです。
特に誘拐された日に瞳と会っていたと思われる翼に関しては、明らかに何かを知っているような、不審な面を見せてきます。

この翼に関しても何らかの秘密を抱えいるのでしょうし、その秘密が瞳の誘拐とどのように関係しているのか?圭太はそこから手がかりを見つけられるのか?という部分が注目です。

第2話みなさんの感想

65y56さん(50代、女性)

瞳がいなくなった原因は翼にあると思った圭太は、翼を探し出して問い詰めました。

でも翼はそのことへの関与を否定し、逆に圭太を一蹴しました。
娘を育ててきた父親に対して、「瞳のことを何にもわかっていない」と突きつける翼は、逆に、人の気持ちがわからない人だと感じました。
圭太は愕然としていましたが、少なくとも瞳のことで、他人から責められるような、悪いことをしたわけではありません。

翼が瞳を大事に思っているということは、まずあり得ないです。
何か他に目的があって、仲が良いそぶりをしているようにしか見えません。
これで手がかりを失った・・と思った矢先、由貴子から電話が来ます。
「帝東建設は、不正の証拠を由紀子が持っていると誤解して瞳を誘拐したらしい」という由紀子の情報を信じた圭太は、自殺した帝東建設社員・矢吹の家に忍び、証拠のUSBを探すことに成功します。

圭太は「これで瞳は助かる」と思ったでしょうが、どうやら由貴子にも別の目的がありそうだと感じました。

結局圭太は、いいように踊らされているようで、可哀想だと思いました。
第3話以降の、圭太の男気に期待したいと思います。

WEさん(20代、男性)

2話では同じく由貴子を探していた竜二が現れ、由貴子は逃げ出します。
圭太は自分の知らない娘の顔をまた一つ知るシーンが切ない気持ちになりました。

そして瞳が誘拐された当日に、ピアニストの翼と会う約束をしていたを聞かされます。
菜七子の証言をもとに繁華街で聞き込みを開始します。
早速ジャズバーでピアノを弾く翼を発見するが、圭太に声をかけられた翼突然逃げ出してしまうところが、すごく、あやしいと思いました。

瞳を救い出すために由貴子の指示のもと、自殺した矢吹が残した帝東建設の不正を手に入れようとするシーンが捕まりそうで、とてもドキドキして見応えがありました。

第3話あらすじは?

“誘拐された瞳(山田杏奈)を救い出すため、圭太(向井理)は由貴子(仲間由紀恵)の指示のもと、自殺した矢吹(中林大樹)が残した帝東建設の不正の証拠を手に入れる。

誘拐犯との危険な取引を前に、圭太は由貴子の身を案じるが、由貴子はそんな元夫の心配をよそに、不正データが入ったUSBを手に、瞳を誘拐した二本松(遠藤雄弥)と対峙する――。

 圭太と菜七子(仲里依紗)が瞳の帰りを待ちわびるなか、そもそも、娘が誘拐された原因は、10年前に起きたある事件にあるのでは、という疑念が払拭(ふっしょく)できない圭太は、由貴子とともにこれまでひた隠しにしてきた、10年前の秘密について語り始める。
さらに、圭太が翼(松村北斗)の部屋を訪ねると、10年前の秘密について瞳から相談を受けていた翼は、まるで何かを知っているかのように、圭太に執拗(しつよう)に探りを入れて……。

そんななか、仕事に復帰した圭太は、決して公にされたくない秘密を会社に知られてしまい、取り返しのつかない事態に。
八方塞(ふさ)がりとなり、追い詰められた圭太は、矢吹が残した秘密を武器に、疑惑の誘拐犯へ逆襲に打って出る――! 

公式サイト https://https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html  より

みんなの注目する点は?

yryさん(30代、女性)

圭太は誘拐された娘を取り戻すために、元妻に言われるまま帝東建設の不正の証拠を手に入れましたが娘が戻ってくるまでは気持ちを落ち着かせることができません。

さらに圭太には、娘が誘拐された理由が不正データが理由ではなく、10年前に起きたある出来事が理由ではないかと悩むようになります。

ずっとひた隠しにしていた秘密は何かということが明らかになるのかが大きな見どころで、無事に娘がかえってくるのかが気になるところです。

e3さん(20代、女性)

瞳を助けるために圭太は由貴子に頼まれた不正のデータをUSBに取り込むのに成功し無事に持ち出したが由貴子はそれをどうするつもりなのか、翼は瞳のことを本当に全く知らないのか気になります。

今回の誘拐事件と由貴子の会社と10年前の秘密とはどう関係があるのか、不正のデータを渡せば無事に瞳は戻ってくるのか、瞳と圭太の関係は今後どうなつていくのか、瞳の心の奥底にある苦しみはなんなのか、第3話も気になるところがたくさんあります。

かれんさん(40代、女性)

シングルファーザーの白河圭太(向井理)は、誘拐された娘の瞳(山田杏奈)を救出するべく、元妻・由貴子(仲間由紀恵)の指示に従って自殺した男の部屋に忍び込み、不正を決定づけるデータを入手しました。

由貴子はデータが記録されている記憶媒体を持って瞳の誘拐犯の元に向かいます。
圭太は瞳が誘拐されたのは10年前のある秘密が関係しているのではないかと考え、幼なじみである菜七子(仲里依紗)にその秘密を語ります。

10年前、圭太と由貴子が秘密にすると誓った出来事とは一体何なのか、娘は無事に救出できるのか、目が離せない第3話です。

第3話みなさんの感想

garanさん(40代、男性)

仲間由紀恵さんはひとりごとで私は人生を間違ってしまったと言うのですが、私はそんなに弱くないからっと向井理さんに言うのですが、そこもまた切なかったのです。

元妻とは言え、向井理さんの気持ちを考えると胸が痛くなりました。
とにかく、今回はオープニングから非常に泣けてきました。

個人的には、また大ファンである仲間由紀恵さんが今回も見れて嬉しいのですが、ドラマの内容としては本当に切ないと思いました。
果たして、今後どうなっていくのかが物凄く気になります。
ですので、次回も必ず観たいと思っています。

takuyaさん(50代、男性)

誘拐された娘の解放条件であるデータの入手に成功し、別れた妻にデータを渡した主人公は無事娘の奪還できます。
一連のやりとり中、母親や主人公である父親から娘は色々なことを聞き、動揺もありましたが最後は落ち着きを取り戻しました。

このときに本ドラマの予告でよく流されていた幼少時の火事の秘密のことを聞きます。
そのときの火事では死者は出なかったと主人公である父親は説明しましたが、明らかに事実と異なる演出でしたから、このとき何人かの犠牲者が出ているのではないかと想像されます。

これは今回の新たに提示された秘密に当るもので、以降のストーリー展開に大きく関わってくるハズだと感じました。
もしかすると、10年前のこのときの火事の死者と誘拐犯人は関係があるのかもしれません。

しかし、ドラマのラストでは信じられない映像が流れ、誘拐犯人と元妻が一緒にいて大金を運んでいるシーンです。

このことから娘の誘拐を計画したのは主人公の元妻だったのではないか。
そう想像させるのに充分なシーンで、これで今回の放送は終了しました。
この新たな秘密の暴露で、また本ドラマのストーリー展開が分からなくなってきました。
なお主人公は勤めていた会社を不祥事により辞め、経済的に困窮した末、何と建築会社を脅す驚くべき展開もありました。

このドラマは一体どういう結末が待っているのか。
私は既に来週が待ち遠しいですね!

シズエさん(40代、女性)

仲間由紀恵が娘を助ける為に自分が犠牲になってでも助けようとしていて、やっぱり娘の事を思ってるんだなと母としては良い母なのかなと思ってましたが、最後の場面で仲間由紀恵を切りつけた犯人とグルだったとわかって、怖かったです。

仲間由紀恵と向井理の離婚前の過去があきらかになり、娘が火事を起こしたようになってたけど、それを起こしたのは仲間由紀恵なのかもと思うシ-ンがあり、すごく謎めいたストーリーでこれからどんな事が起こるのかと、先を早く知りたいなと思いました。
謎が多すぎて引き込まれていく話しだなと思いました。

第4話あらすじは?

会社を解雇され、後がなくなった圭太(向井理)は、帝東建設の不正の事実をつかみ、社長の長沼(佐野史郎)に取引を持ち掛ける。脅迫されたことに憤慨した長沼は、圭太が去った後、ある人物に電話をかけて……。


その頃、父親が無職になったことなど知るよしもない瞳(山田杏奈)は、翼(松村北斗)を訪ね、圭太から10年前の火事について話を聞くことができたとうれしそうに報告する。しかし翼は、そんな瞳に、再び不安をあおるような言葉を投げかける。

一方、圭太は、それまで瞳を誘拐したのは由貴子(仲間由紀恵)とトラブルを起こした帝東建設の人間だと思っていたが、竜二(渡部篤郎)のある言葉がきっかけで、犯人は別にいるのではないかと考え始める…。

そんななか、圭太の家を訪ねた純子(名取裕子)は、意外な人物と出くわす。純子からの電話を受け、圭太が急いで家に帰ると、そこで待っていたのは由貴子だった…。由貴子が圭太の家に忍び込んだ目的とは!?

公式サイト https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html  より

みんなの注目する点は?

ななさん(50代、女性)

娘を誘拐した犯人と由貴子とがグルだったと思われる前回のラスト。

また、会社を解雇されお金に困った圭太は帝東建設を、自分が握った秘密をネタに脅迫します。

個人対大企業、そんな脅迫がうまく行くのか、圭太の今後が気になります。
そして何より10年前の火事の秘密、それにはまだ隠されたことがあるようですが、少しずつその秘密に近づいていくと思われます。

husaeさん(30代、女性)

不正に金を受け取ったことが会社にばれ、解雇された圭太は、あるデータのUSBを持って帝都建設の社長に取引を持ちかけます。

圭太は竜二のある言葉を聞いて、瞳の誘拐事件の犯人は帝都建設の人間でなく、別にいるのではないかと疑いを持ちます。
同じ頃、瞳はピアニストの翼のもとへ父親と和解でき、10年前の火事のことも話を聞けたと嬉しそうに報告にいきます。

しかし翼は喜ぶ瞳に、またも不安に追いやるような言葉を投げ掛けます。
そしてしばらく後、圭太の母から「圭太の家にいったら由貴子が忍び込んでいた」と電話がかかってきます。
由貴子が圭太の家に忍び込んでいたわけとは?

kiyomoriさん(30代、男性)

前回、娘の瞳を無事取り戻しホッとしていた圭太でしたが、仕事で契約先から不正な金銭を受け取っていた事がバレて解雇されてしまい窮地に追い込まれます。
瞳の留学費用や生活費を確保するために、どうしてもお金が必要な圭太は帝東建設の不正データを武器に、社長の長沼に取引を持ちかける無謀な賭けに出ます。圭太の無謀な賭けがどう転ぶのか?ここがポイントになってくると思います。
そして、前回のラストに娘の瞳を拉致した二本松と由貴子が手を組んでいる事が分かりましたが、由貴子の目的は一体何なのか? 10年前の火事がどう関係しているのか? 伊達翼が圭太に執着するのはなぜなのか? 上記に挙げた内容が見どころになってくると思います。

第4話みなさんの感想

yakusokuさん(30代、女性)

自分から帝東建設に脅迫に行っておいて震えるとは、圭太の要領が悪すぎて驚きました。
大金を要求するのなら、せめてもう少し準備してから行かないと上手くいくはずが無いです。

妹のような菜七子が圭太に苛立ちを抑えられなくなるのも納得できます。
由貴子と圭太の母親が鉢合わせになった時は、面白い展開になったと思いました。

純子さんの由貴子を引き止めるための言動と、由貴子に騙されたと見せかけて上手く話を合わせていた立ち回り方が素晴らしかったです。

しかし皆それぞれが見抜いているのに、上辺では笑って話しているなんて本当に怖いです。

あちこちで糸が複雑に絡まり過ぎていて、何が何だか分からなくなる時もありますが、続きが気になるので見たくなります。
由貴子の方が何倍も何十倍も上手で、利用されまくりの圭太が流石に不憫にも思えたほどです。

februaryさん(50代、男性)

向井理演じる白河圭太は、別れた妻由貴子(仲間由紀恵)が関係しています。
建設データが保管されたUSBを使って帝東建設を脅迫します。

しかし、帝東建設社長 長沼豊(佐野史郎)は、由貴子に圭太から脅迫されている。
データを処理しなければ、由貴子も圭太も警察に告知するといいます。
由貴子は、帝東建設から3億円でデータと手帳を売っていました。
会社を懲戒解雇になった圭太は、帝東建設からの資金を巡って由貴子と争います。

そんな中、娘の瞳が自宅に帰ってきます。
瞳の心は、母親にと傾倒します。
また、ピアニストの伊達翼から、瞳が犯した火事により人が死んでいる事を告げられます。
圭太が、守ってきた秘密を瞳が知り、父親に自分が裏切られたような気持ちをいただきます。

さらに、由貴子との争いについても圭太は、黙っています。
そのことにも苛立ちを見せる瞳は、家を出ます。
由貴子は、単純に3億円を脅し取るのではないのでなく、奥底に深い謎があるのではないかと思わせる展開になっています。

chocさん(40代、女性)

秘密がありすぎて、全く予測がつきません。
しかし、白河の元妻の由貴子の冷淡さが怖かったです。
彼女の真意が掴めないので、まだなんとも言えないですが、娘を誘拐した事を百歩譲ったとしても、白河の家を出た時の笑みは、どうしてそんな表情ができるのだろう?と思ってしまいました。

白河も母親が誘拐したと言ってしまえばいいのに、と思ってしまいました。
娘を傷つけたのなら、全て言って寄り添えばいいのに、と思いました。

これ以上娘を傷つけないという優しさが、疑いの気持ちでいっぱいの傷ついた彼女の心に、じんわり塩を刷り込んでいるように思えました。

katanoさん(30代、男性)

4話は、10年前の火事の真実が分かり、実際には死者が1名出ていた事が判明しました。
圭太は瞳を守るためにこの事実を隠し通してきましたが、嘘をつかれた事で瞳は圭太を信用できなくなって家を出ていってしまいます。

圭太の思いも分かるのですが、瞳としては、隠し事ばかりで圭太に不信感を抱いてしまうのは仕方の無い事だと思います。
圭太と瞳、早くお互いが信頼できる関係に戻れるようになってもらいたいです。

帝東建設の長沼に取引を持ちかけた圭太でしたが、長沼に相手にはされず、宇都宮から矢吹の手帳と偽装データの二つが無ければ意味がない事を伝えられます。
そして、その手帳を持っているのが由貴子だということも告げられます。
圭太は瞳の誘拐犯を探し始めますが、この誘拐犯が由貴子と関わりがあることに気付き、さらには、由貴子が帝東建設に協力していて、矢吹の握っている不正情報の隠ぺいを任されていた事が判明します。

由貴子は帝東建設の不正を暴くために敵対していると思っていましたが、まさかの協力者だったのには驚きました。
矢吹が死んだ事で、由貴子は次に自分が狙われると感じて帝東建設を相手に取引を始めた事も分かりました。

ただ、由貴子が取引する目的は他にも何かありそうな気がしているので今後どうなっていくのかとても気になっています。

由貴子はなぜそこまでして大金を手に入れる必要があるのか?「人生のリスタートをする」と語っていた事にはどんな意味があるのか? 白川家がバラバラになってしまっている現状を圭太はどのように打開していくのか? 最終回まではまだ先になりますが、白川家が元通りになって笑顔でいられる家族に戻ってほしいと思います。

由貴子も本心では圭太と瞳の事を大事に思っていると個人的には感じているので、事件に決着がついて早く元通りの白川家に戻ってほしいです。

第5話あらすじは?

帝東建設に偽装建築の証拠を突きつけるには、自殺した矢吹(中林大樹)が残した手帳とデータの両方が不可欠。
そのうち手帳はすでに由貴子(仲間由紀恵)が手にしていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)の誘拐事件が、圭太を利用するために由貴子が仕組んだ自作自演だと気づき、がくぜんとする。

金のために娘を誘拐した元妻を激しく非難するが、由貴子は悪びれる様子もなく、すべては新しい人生を始めるためだと話す。

一方、10年前の火事で死者がいたうえに、圭太がその被害者遺族にひそかに金を送っていたことを知った瞳は、娘の罪をひた隠しにしてきた圭太を軽蔑し、家を出て行ってしまう。

仕事も失い、八方ふさがりの圭太は、瞳との生活を取り戻すために金を工面しようと竜二(渡部篤郎)を訪ねる。

しかし、良い返事をもらうどころか、由貴子が盗み出したデータに3億もの売値をつけて取引に成功し、さらに手帳を使ってもう3億を手に入れようとしていることを知る。


あとがなくなった圭太は、由貴子への宣戦布告ともいえる大胆な行動に出る――! 瞳と頻繁にコンタクトを取ろうとする翼(松村北斗)に違和感を覚えた菜七子(仲里依紗)。

その話を聞いた圭太は、翼を詰問すると、自分の過去について、ある告白を始めて……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

hondさん(50代、男性)

由貴子が手にした矢吹の手帳とデータを利用して帝東建設から大金を得ていることを知った圭太は、娘の瞳を誘拐した事件の黒幕が由貴子であることにも気付き、前回愕然としました。

さらに、10年前の火事で死者がいたことや被害者遺族にお金を送り続けていた秘密を、圭太が娘の瞳に告白したことで、圭太と瞳の関係もおかしくなってしまいます。

そんな状況の中、職を失い妻と娘のために秘密を抱えてきた圭太は、由貴子に対する憎悪を募らせ、由貴子の得た大金を取り返す為にどんな行動にでるのか、また、瞳に10年前の家事の生き残った遺族であろう翼がどんな変化を見せるのか、見どころとなりそうです。

●名前●(50代、男性)

娘の誘拐事件は、由貴子の自作自演でしたが、由貴子は、なんのために法外な帝東建設からの口止め料を要求しているのでしょうか?

由貴子自身は、人生をやり直すためだと発言していますが、本当にそれだけなのでしょうか?宇都宮竜二もなぜ、お金の亡者になってしまったのかも不思議に思っています。

手帳と引き換えに3億円を手に入れた由貴子でしたが、強盗にお金を奪い取られてしまう。
白河圭太の仕業でした。
お金を奪い取られた由貴子は、圭太の家に侵入しお金を取り戻そうとします。
しかし、圭太はそれを予測していました。

あえて、由貴子を自宅におびき寄せ、警察に家宅侵入で逮捕してもらおうとしますが、まんまと逃げられてしまいます。
菜七子にも裏があるようです。

普段の男前の菜七子とは違う、妖艶なファッションでクラブに出現します。
本筋とどういう関係があるのでしょうか。
娘は、圭太に対して不信感が募っていきます。
翼は、あの火事に関係していました。
あの火事で母親を亡くした息子でした。

その事実を認識し、謝罪する圭太でした。
翼は、どんな復讐をするのでしょうか。
翼の母親は、火事で死んだのではありませんでした。
刺殺されたという事実が判明しました。
一体誰が殺したのでしょうか?

mawariさん(20代、女性)

矢吹さんが持っていた手帳を今は由貴子が持っているが由貴子の本当の狙いはなんなのか、自分の娘を誘拐してまでなにがやりたかったのか、なにが目的で会社との取引などをやっているのか、なぜお金のためにそこまでやる必要があるのか。

10年前の家事事件で死者が出ていたことを知った瞳は家を出て行ってしまうがその後の圭太との関係はどうなるのか、瞳は家に戻ってくるのか、など第5話も気になるところや見どころがたくさんあります。

第5話みなさんの感想

dead3さん(30代、女性)

圭太はとうとう腹をくくったんだと感じました。
由貴子もお金を取り戻すことに必死なので、何か夫婦だったのに切ない関係になったなと思いました。

瞳の気持ちも理解できますが、圭太が1人だけあたふたしている感じがして少し気の毒です。

翼の過去がようやく明らかになりましたが、母親の死はただの火事が原因ではないということなので、圭太すら知らない謎があるのかなとまた疑問が残りました。

そして今回新たに圭太の幼なじみにも普段見せているのとは違う別の顔があることが明らかになったことに驚きました。

いつもみんなの支えになってくれて優しい顔しか見ていなかったので、夜の世界で生きているような様子にどんな秘密が隠れているのか気になりました。
もしかしたらこの秘密は他のものにも関わっているのではないかと知りたいので早く次が見たいです。

mithuさん(40代、女性)

圭太の気持ちは、いつまで空回りするのでしょうか。
第5話では、瞳はとうとう圭太の元を去っていきます。
圭太は、父親としてどこを間違えてしまったのでしょうか。
もう、親子関係は元には戻れないのでしょうか。
そして、由貴子の真の目的は一体なんなのかがとても気になります。
そして、思わぬ人物の正体もわかりました。
翼は、あの火事で亡くなった岩瀬夏子の息子だったのです。
謝罪の気持ちをお金でしか表現出来なかった圭太と、お金で解決はして欲しくなかった翼。
翼の憎しみの気持ちが、今後、圭太や瞳をどんな風に巻き込んでいくのかが、見せどころではないかと思うんです。
すべての謎が明らかになった時に、もしかしたらすべてのことがひっくり返るような気がしてなりません。

REOさん(40代、男性)

“今回は、驚きの展開が盛り沢山という感じでした。
まずは由貴子が手に入れた3億円を圭太が強奪するというのは意外すぎました。
圭太は一線を超えてしまって、いよいよ危うい性格に拍車が掛かってきていると思います。

3億円事件の模倣というのは、正直どうかなとは思いました。
そして、翼ですが事件の被害者の息子というのは悲劇的だとは思いますが、考えが飛躍しすぎていて危ないと思いました。

そして、圭太を刺し殺そうとするというのは予想外でした。
しかし、翼が言うように、母親が家事の前に既になくなっているとしたら、犯人はいったい誰なのだろうと気になります。

また、菜七子ですが、危険な夜遊びをしているようで、意外と闇があるような気がします。

第6話あらすじは?

手駒の一つだったはずの元夫に3億円を奪われ、計画を狂わされた由貴子(仲間由紀恵)は怒りに震え、金を取り戻そうと躍起になる。

一方、圭太(向井理)が大金を手にしたことを知った菜七子(仲里依紗)は、「瞳(山田杏奈)のためだ」と自らを正当化する圭太を責めるが、瞳を誘拐した由貴子に返すことにも賛同できず、複雑な思いを抱えていた。

そんななか、元夫婦の攻防戦を知った竜二(渡部篤郎)が突然、圭太を訪ねてくる。

竜二は由貴子の情報と引き換えに手を組もうと、圭太に取引を持ちかけて…。
何とかして金の隠し場所を突き止めたい由貴子は、母親を求める瞳の気持ちを巧みに利用し、圭太への反撃を試みる。

たとえ実の娘だろうと、手荒なまねも辞さない元妻の胸中を察した圭太は、これ以上、娘を危険にさらすわけにいかないと意を決し、瞳にある事実を告げる―!

公式サイトより

みんなの注目する点は?

sakiさん(20代、女性)

由貴子の手元に渡った3億円が圭太が仕組んだことにより取られてしまうがそのお金の行方はどうなるのか、圭太は「瞳のためだ」と正当化するような言葉を言うがこれからどうしていくつもりなのか。

出て行った瞳は家に帰ってくるのか、隠し事だらけだった圭太とそれが悲しい瞳との2人の関係はどうなるのか、菜七子自身にも何か人には言えないような秘密を抱えていそうだがそれはなんなのか、などまだまだ隠されているそれぞれの秘密が気になります。

けいさん(50代、女性)

実行役を果たした永盛らがあの分け前で黙っているのかも気になるところですし、宇都宮もこのままで済むと思えず、圭太の周りで様々なことが起こりそうです。

また予告で瞳に、誘拐犯は母親の由貴子であったことを告げるシーンがありました。

由貴子を慕う瞳にとって大きな衝撃となると思います。
瞳はそれを信じるのか、圭太との親子関係はどうなるのか、なども目が離せないところです。

LER88さん(40代、女性)

第6話の見どころは、圭太がとうとう瞳に真相を話すことです。
これまで、圭太は瞳のことを考えて、由貴子のことは瞳には言わないできました。

ですが、由貴子の行動はますますエスカレートしていくため、このままでは、瞳がどんな危険な目に合うかわかりません。

そこで、圭太は瞳に対して、由貴子が誘拐犯であることを話すのですが、瞳は果たして圭太の言葉を信じてくれるのかどうかも注目です。

第6話みなさんの感想

剣士さん(40代、男性)

今回は仲間由紀恵さん演じる由貴子が非常に怖く見えました。
確かにお金の額が3億円とあって怒り出すのも解るのですが、あれほど感情を露にした仲間由紀恵さんはドラマとは言え初めて見たような気がしました。

本当に鬼気迫るものがありました。
また、対する向井理さん演じる圭太は対称的に意気揚々としていたように思えました。

こちらも娘が取り返せたとは言え、何故かあまり良い印象を持てませんでした。

元夫婦での攻防戦とあって非常に醜い戦いでもあったように思えました。
また、そのお金の流れに乗ろうとする宇都宮竜二はもっと醜くく感じました。

人間の嫌らしさを改めて見る思いでありました。
そして、更にお金のために由貴子が動き出したので怖かったです。

KOMAさん(30代、男性)

今回は、由貴子と圭太の3億円を巡る激しい攻防戦が繰り広げられる事になります。

必死に3億円を奪い返そうとしてくる由貴子。
絶対に由貴子に3億円は渡さないと決意する圭太。

今回は、由貴子と圭太の争いに巻き込まれた娘の瞳がとても気の毒に感じる悲しい回となりました。
由貴子は3億円を奪い返すためにまたしても、娘の瞳を利用してきます。

瞳はそんな事も知らずに、久々の親子の楽しい時間を満喫していました。
一方、圭太は由貴子が再び狙ってくる事を予想して、3億円の隠し場所を自宅から別の場所に移し替えます。

圭太と由貴子の攻防を知った宇都宮 竜二は、この状況を利用して圭太に手を組まないかと提案してきます。
しかし、竜二をまったく信用できない圭太は、竜二の提案をあっさりと断ります。

圭太と手を組むことを諦めた竜二は、やたらと首を突っ込む菜七子に、これ以上関わると危険な事になると忠告します。
さらに、覚悟が無いのであればこの件から手を引くべきとも付け加えて言います。

竜二の忠告を受けて色々と悩む菜七子でしたが、覚悟を決めて圭太達を引き続きサポートすることを決意します。
覚悟を決めた菜七子を見て、圭太も菜七子と情報を共有することにしました。

そこで、圭太は菜七子を3億円の隠し場所へ案内することにします。
隠しておいた3億円のスーツケースを前にして驚く菜七子。
そんな時に、突然圭太のスマホに由貴子からの連絡が来ます。
由貴子は圭太に、瞳と引き換えに3億円の在りかを教えろと脅迫してきます。

再び娘の瞳を巻きこむ由貴子に激しい怒りを覚える圭太。
圭太は瞳を守るために、これまで隠してきた誘拐犯の正体を瞳に打ち明けます。
由貴子が自分を誘拐した首謀者だと知った瞳は大きなショック受けます。
裏切られてばかりの瞳は誰も信用できなくなり、圭太のことでさえ信じられなくなってしまいます。

娘に対してあまりにも冷酷な由貴子を許せない圭太は警察に全て話す事を決意します。
3億円も警察に引き渡す事にしますが、隠し場所に行ってみると3億円が無くなっている事に気付きます。

3億円がどうして無くなっているのか状況が理解できず愕然とする圭太。
3億円は誰の手によって持ちだされたのか? 3億円はどこに行ってしまったのか?

再び、窮地に立たされた圭太はこの先どう動くのか? そして、10年前の火事の真犯人を探る翼は、宇都宮 竜二の名前を見て何かに気付きましたが、果たして翼は何に気付いたのか?翼の調査の進展もとても気になります。

今回のストーリーは、瞳にとってはとても辛い回でしたが、圭太にとってはこれで瞳の安全が確保できたので安心したと思います。

圭太と由貴子の攻防戦も今後どうなっていくのか?次週も楽しみにしたいと思います。

STEPさん(50代、女性)

今回の第6話で一番印象的だったのは由貴子(仲間由紀恵さん)の冷酷さでした。

今までは自分の利益(お金)のために娘を巧みに利用してきて娘の前では良い母親を演じて来た由貴子でしたが、今回のストーリーでは娘に「自分には母性がない」とか「お母さんと呼ばれるのは大嫌い」などと言って、娘を傷つける言葉を言って突き放したシーンは悲しくなりましたし、娘の瞳に同情しました。

それから最後の方で圭太(向井理さん)が由貴子から奪った3億円が盗まれてしまったことが分かりましたが、その3億円を奪った犯人が誰なのかが気になります。

由貴子が思っていたように家の台所の床下ではなく、ある工事現場の土地という特殊な場所だったので、その工事現場にたまたま入った人が見つけて盗んだのか、それとも圭太がその大金の場所を伝えた菜七子(仲里依紗さん)かもしれないとも思います。

次回以降にこの大金を盗んだ犯人が分かるとは思いますが、3億円という大金ですから、そのお金絡みでまた何か事件に発展するのではないかな?と思います。
次回がまた楽しみです。

HIMIさん(30代、男性)

この回では瞳の前で、由貴子が誘拐犯であるという事実を圭太がしゃべってしまいます。

ついに瞳自身が誘拐犯の正体を知ることになり、困惑している状況でしたけど、当の由貴子は悪びれる様子もなく、もはや開き直っているような雰囲気に感じました。

そういったことがあった後、圭太は3億円と事の真相を全て警察に話そうとします。
ただ、保管してある3億円の場所に行くと、3億円はすっかりとなくなっており、誰が奪ったのか?というと、やはり由貴子しか考えられません。

圭太もそのように考えているようでしたけど、不思議なのはどうして場所が分かったのか?ということだと思うのです。

場所を突き止められるようなヒントを圭太が無意識のうちに出していたのか?そんなことが気になってしまいました。

第7話あらすじは?

圭太(向井理)から、誘拐犯の正体が母・由貴子(仲間由紀恵)だと聞かされ、にわかには信じられない瞳(山田杏奈)。

さらに追い打ちをかけるように、由貴子から「もう用はない」と言われた瞳は、激しいショックを受ける。
目の前で瞳を傷つけられ、由貴子への怒りがおさまらない圭太は、奪った金を警察に見せて由貴子の罪を公にしようとするが、隠していたはずの3億円は、こつ然と姿を消していた――。

由貴子に金を奪い返されたと考えた圭太は竜二(渡部篤郎)に接触。

帝東建設の不正を露呈させ、社長の長沼(佐野史郎)の失脚を狙う竜二に手を貸す素振りを見せ、由貴子の居場所を聞き出す。
しかし、たどり着いた隠れ家で、圭太は背後から何者かに襲われて……。

その頃、10年前に火事が起きた別荘の建設プロジェクトに、竜二が関わっていたことを突き止めた翼(松村北斗)は、母親との記憶をたどるうちに、あることを思い出す。

そして、母親が残した一枚のメモを見つけ出すと、そこには犯人と思われる痕跡が。

翼から話を聞いた圭太は、10年前の真実を突き止め、さらに由貴子を捕まえるためにも、竜二に迫る。
すると、竜二は由貴子も知らない、ある秘密を打ち明ける。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

umaさん(30代、男性)

娘の瞳を傷つけられ、由貴子に激しい怒りを覚える圭太は奪った3億円を警察に見せて由貴子の犯行を公にしようと考えます。

しかし、隠していた3億円は無くなり、何者かに持ち去られていました。

由貴子の仕業だと考えた圭太は、手を組もうと接触してきた竜二と手を組み、由貴子の居場所を突き止めようとします。

由貴子の隠れ家を見つけて忍び込むも、背後から何者かに襲われてしまう圭太。

一方、10年前の火事の真犯人を捜していた翼は、調べて行くうちに帝東建設の宇都宮 竜二に辿りつきます。
そして、翼は竜二が別荘の建設プロジェクトに関わっていたことを突き止めます。

翼は、当時の母親との記憶を思い出していく中で、重要な事を思い出します。

記憶を辿るうちに、そこで母親の残したメモも発見します。
見つけた母親のメモには犯人に繋がるであろう内容が記されていました。
翼は、発見した母親のメモの事と宇都宮 竜二について圭太に伝えます。

翼から10年前の調査の話を聞いた圭太は、10年前の真実を明らかにし、由貴子を捕まえるためにも、 竜二に接触する必要があると考えます。
竜二に10年前の話を持ちかける圭太でしたが、そこで由貴子すら知らない秘密を聞かされる事になります。

果たして、圭太は10年前の真実を明らかにして、由貴子を捕まえることができるのか?
そして、竜二から明かされる由貴子すら知らない秘密とは何なのか?
今回の見どころについてですが、竜二から明かされる由貴子すら知らない秘密を圭太が聞くところが一番の見どころになると思います。

それと、10年前の火事を探る翼が見つけた母親のメモに書かれた内容に触れるところも見どころになってくると思います。

ときさん(30代、男性)

圭太は由貴子が誘拐犯であることを瞳に告げたため、由貴子は瞳を用なしと考え、それを本人に伝えます。

瞳自身は激しいショックを受けたために、それを見た圭太は怒りだし、由貴子の罪を公にするために、3億円の存在を警察に暴露しようとしますが、その3億円が消えていたのです。

由貴子が奪ったと考えた圭太は、竜二に協力する素振りを見せて、由貴子の居場所を探ろうとします。
しかし、その最中に圭太は誰かに襲われてしまうのです。

最大の見どころは、圭太を襲ったのは由貴子なのか?別の人物なのか?そして、圭太の運命は?という点でしょう。

HAMさん(30代、女性)

由貴子が帝東建設から強請りとった3億円を、圭太は取り壊される予定の建物の中に隠して、瞳のために使おうと考えていました。

しかし由貴子の瞳に対する態度があまりに酷過ぎて、圭太はお金を持って警察に駆け込もうと考えます。
それなのに隠した筈のお金が行方不明になっていたため、圭太は由貴子に奪い返されたと考えます。

圭太は竜二に接触して由貴子の場所を聞き出しますが、そこで圭太は襲われます。
お金を奪ったのは誰か、圭太を襲ったのも誰なのかが見どころです。

第7話みなさんの感想

FLY4さん(30代、男性)

今回3億円を持ちだしたのが菜七子というのは何となく気付いていましたが、まさか、菜七子が宇都宮竜二と手を組んでいたのは驚きました。

なぜ、菜七子は竜二と手を組んだのか理由が知りたいですね。

個人的には、菜七子なりに、事態を収束を図ろうと考えての行動だったのかなと思いました。

宇都宮 竜二がどこまで先の事を見越して動いているのか?秘密が多くて正体の掴めない男だとつくづく思いました。

圭太から10年前の火事の話しを聞いた時も素知らぬ顔をしていましたが、何かを隠している様子でした。

竜二と10年前の火事はどういう繋がりがあるのか? 翼の母を殺害した男とは竜二なのでしょうか? 翼の母と竜二の関係性がまだ見えてきませんが、次週で何か分かるのかもしれません。

10年前の火事の件についても何か進展があるかもしれないので楽しみにしたいと思います。

帝東建設の長沼社長は、矢吹の自殺について調査委員会を設置すると話し、いよいよ宇都宮を切るつもりでいることが分かります。

竜二も追いこまれている状態なので、今後どう行動するのかが気になります。

長沼に切られるのが先か?竜二が長沼を社長の座から引きずり下ろすのが先か? それとも、長沼と竜二もろとも逮捕となるのか? 竜二の命運は、圭太が握っていると言っても過言ではない状態になってきていると思います。
権力を求め過ぎた竜二は、皮肉な事に身近な部下の磐木すら信用出来なくなっています。

味方を失っても竜二がここまで権力にこだわる理由が何なのか知りたいですね。
竜二の権力へのこだわりがもしかしたら10年前の火事に何か関わりがあるのかもしれません。

現時点では、まだまだ分からない事だらけですが、次週では、菜七子の隠してきた秘密が明かされるのでどんな秘密があったのか楽しみにしたいと思います。

そして、竜二から3億円を奪い返そうとしている由貴子がどう動くのか?一方の圭太は由貴子を捕まえる事ができるのか? 秘密の多いドラマなので、早くそれぞれが隠してきた秘密を知りたいですね。

samiさん(30代、女性)

3億円が盗まれた時からなんとなく怪しいと感じていたナナコがやはり裏で手を引いていたことがわかったので驚きました。

でもナナコがなぜ竜二とつながるようになったのかはまだわかりませんし、おそらく由貴子もナナコのことを疑っているんだろうなと感じました。

ただ由貴子はお金を盗んだ犯人のことをお金に興味がなさそうな人なのにと言っていたので、竜二に協力した理由はとても気になります。

ナナコは二重生活をしているような感じですから、それが理由なのかなと思いますが早く続きが見たいです。

前回ぐらいから圭太がようやくまともな父親に戻ったようになったので、安心して見られる気がします。

ピアニストの彼の母親の事件もまだわからないので、啓太が協力して早く謎がつきとめられたらいいなと思います。

sarusaruさん(40代、男性)

今回は遂に誘拐犯の正体が解り非常に面白い展開へとなりました。
圭太は勿論のこと、瞳ちゃんが物凄く可愛そうに思えました。
まさかの誘拐犯がお母さんだと知ったからです。

まず、普通の常識では絶対に考えられないので、もしも私なら人間不振へと陥る可能性があると思いました。

しかも、更に由貴子はそんな瞳ちゃんに対して『もう用はない』っと一蹴するのでした。

私は本当に今回を観ていて怖くなりました。
実の母親に誘拐されたあげく、必要なくなると切り捨てるのですから本当に恐ろしいことだと思いました。

また、そんな二人のやり取りを見ていた圭太も非常に心痛な思いだったと思いました。
本当に今回ばかりは非常に悲しい展開でもありました。

tondemさん(50代、女性)

まず一番、驚いたのは菜七子(仲里依紗さん)と宇都宮(渡部篤郎さん)が手を組んでいることが分かった点です。
今まで圭太(向井理さん)の心強い味方だと思ってきた菜七子だったのに、どんな理由があって宇都宮と手を組んでいるんだろう?彼女にも何か秘密があるのか?と疑問に思いました。

それから翼の母親を殺した真犯人が宇都宮かもしれない点にも驚きました。

渡部篤郎さんはいつも重要な役割をするドラマに出てこられているので、彼が演じている宇都宮には何かがあるんじゃないかなと思って見てきましたが、こんな展開になるなんて驚きです。

第8話あらすじは?

瞳(山田杏奈)を誘拐した由貴子(仲間由紀恵)を法の下で裁くため、竜二(渡部篤郎)と手を組むことにした圭太(向井理)。

早速、長沼(佐野史郎)の失脚をもくろむ竜二の指示どおり、帝東建設の不正の証拠を週刊誌にリークするが、その矢先、竜二を尾行していた翼(松村北斗)から、菜七子(仲里依紗)が竜二と2人で会っていたことを聞かされ、がく然とする――。

一方で、菜七子らしからぬ行動に疑問を感じる圭太。
問い詰めると、菜七子は圭太が今まで知らなかった長年の秘密を打ち明ける…。

その頃、由貴子は3億円がある人物の手元にあることに気づき、次の手に出る。

そして、今度こそ誰にも邪魔させないと細心の注意を払い逃亡を図るが、そこへ再び圭太が立ちふさがる! 絶対に逃がさない――、圭太と由貴子の対決の行方は……!? 

公式サイトより

みんなの注目する点は?

gulideさん(20代、男性)

第8話の見どころとなるシーンは、カギとなる3億円の在処が、とある人物の手元にあることを察知した由貴子と、瞳を誘拐したことへの怒りを抑えきれていない圭太が、直接対決するとことにあります。

由貴子にとって、これまで逃亡しようにも、行く手を阻まれてきたため、今回こそは逃亡を成し遂げてみせると、躍起になっていますが、圭太としても、誘拐犯を逃すわけにはいかないという、強い信念を持ち合わせているので、両者の気持ちにおいて、どちらが勝るのか注目です。

tamakoさん(40代、女性)

白河圭太(向井理)は娘を誘拐した元妻・由貴子(仲間由紀恵)を逮捕させるため、また、10年前の別荘地での火事について調べるために、帝東建設の宇都宮竜二(渡部篤郎)と手を組みました。

しかし、幼なじみの石川菜七子(仲里依紗)が竜二と2人でこっそり会っていることを知り、菜七子を問い詰めます。

圭太も知らなかった菜七子の秘密とは一体何でしょうか!?
そして、圭太が由貴子から奪って隠しておいたものの隠し場所からなくなってしまった3億円は一体誰が持っているのでしょうか?物語が佳境に入りますます目が離せません。

shiroiさん(40代、女性)

今回はこれまでの謎が明かされていきます。

今度こそ3億円を手にして逃亡を図ろうとする由貴子の前に、またしても圭太が立ちふさがります。


かつては愛し合った二人が、敵対関係となってしまったのはなぜなのか、そして、翼の母親を殺したのが本当に竜二なのか。
その理由とはなんなのか。
すべての謎が次第に明るみになっていく様子に目が離せません。

第8話みなさんの感想

WWOさん(40代、男性)

圭太を裏切り、宇都宮にお金の場所を教えた菜七子を簡単に許すというのは、圭太は心が広いなと思いました。

しかし、菜七子が脅されてしょうがなくというのは、ただの裏切りではなかったので、少し安心しました。
宇都宮は使える手はなんでも使うので、曲者すぎると思いました。

そして、圭太が由貴子から偽造パスポートを盗み出す件は、まるで「ルパン三世」を見ているような感じだと思いました。

偽の火事を装って、菜七子の友人などにも変装させてと大掛かりだったと思います。
しかし、由貴子の乗った船が爆発してしまうというのは、意外すぎると思いました。

由貴子は死んでしまっていると思うので、犯人が誰なのかが気になります。
宇都宮が一番怪しいと思います。

cobitoさん(40代、男性)

圭太と宇都宮が手を組んで長沼社長を失脚させようと企んでいますが、長沼の方も何らかの対抗策を施してくるでしょう。
菜七子と宇都宮がグルだったとは驚きです。

宇都宮は情報網を張り巡らせて他人の弱みに付け込むのが上手です。
菜七子の正体は男好きのアバズレ女でした。

その背景には過去のレイプ被害があったようです。
こういう暗い過去を持つ女性は、今の日本社会には多いでしょう。

長沼社長は、自分に都合の悪い証拠を全て握りつぶすとともに、宇都宮を失脚させることに成功したようです。
しかし、宇都宮はただでは転びそうもありません。
10年前の秘密を利用して、何らかの逆転策を講じてくるはずです。


海外へ脱出しようとした由貴子ですが、圭太の策によりパスポートを奪われた上に、最後は自分が乗っていたボートが爆破してしまいました。

自業自得ではありますが、随分とあっけない最後です。
いったい誰が由貴子の殺害を指示したのでしょうか。
いつも由貴子の傍にいたボディーガードは間違いなく裏切り者です。

このドラマ、序盤はイマイチでしたが、前回辺りから面白い展開になってきました。

eeaさん(40代、女性)

このドラマの発端ではないのは分かっていましたが、あやしい行動に実は何か企んでいると思ってしまった菜七子が、かわいそうな過去と圭太に関わるうちに脅されるまでに心を病んでいたのは気の毒に思えました。

闇を持ってしまうと心が引っ張られてしまうんだと思いました。
宇都宮も苦しい立場になってしまったけれど、翼をもまた巻き込むのかと思うと、人の欲と悪事は、ちょっとしたきっかけなのかもしれないと思うと、早く圭太や翼は手を引いた方が良いような気がしました。

由貴子の逃げる為に乗った船も爆発してしまうし、誰もがどこに向かっているのか分からなくなっているくらい混乱しているように感じました。

長沼の人の使い方も怖いし、誰と誰がつながっているのか人間不信に陥りそうです。

kitaさん(50代、女性)

このドラマでは登場人物たちが抱えている様々な秘密のせいで色んな事件が起こったり、周りの人達へ色んな影響を与えていることが描かれてきましたが、今回は菜七子(仲里依紗さん)が抱えて来た秘密が明らかになってビックリしました。

そしてその秘密が売春をしていることで、それをしている理由が10代の頃イケメンの塾講師に乱暴された経験を忘れるためだなんて更にビックリです。

そんなことをしたら更に傷つくのではないかと思うのですが。
でもその秘密を圭太(向井理)に告白して、二人で竜二(渡部篤郎)に菜七子が売春をしようとしている証拠写真を消してくれと頼む際に、菜七子が竜二に回し蹴りをしたシーンはちょっとスカッとしました。

そして圭太たちが由貴子(仲間由紀恵さん)の偽装パスポートを奪ったところは良くやったと思ったのですが、その後、由貴子が乗ったボートが爆発してしまったのでショックでした。

第9話あらすじは?

由貴子(仲間由紀恵)を乗せ海へ走り去った小型船が、圭太(向井理)と菜七子(仲里依紗)の目の前で爆発した。

状況から見て由貴子が生存している可能性は低く、事態は思わぬ形で幕切れを迎えたかに見えた。

しかし、警察の調べにより、爆発が事故ではなく故意である可能性が浮上し、疑いの目は元夫の圭太にも向けられる。

一方で、翼(松村北斗)の母親が亡くなった10年前の火事についても、新たな事実が判明する。
翼は、現場となった別荘で幼い自分が目撃した男は竜二(渡部篤郎)だとにらんでいたが、竜二は火事への関与を否定し、代わりに圭太と翼に驚くべき秘密を打ち明ける。

圭太は、突然母親を失った瞳(山田杏奈)の複雑な心中を知り、由貴子の死の真相を突き止めようとしていた。

そんな父親を心配して瞳が帰宅すると、家には怪しい人物の影が―! はたして、10年前に翼の母親を殺した犯人とは!? 由貴子の死の真相は? 物語は、すべての謎が解き明かされるクライマックスへ!

公式サイトより

みんなの注目する点は?

たいきさん(40代、男性)

仲間由紀恵さん演じる家族を裏切り続けた最強とも思える由貴子の死という幕切れとなった前回、そして続く「10の秘密」第9話ですが、由貴子が乗った小型船が爆発したのは事故ではなく故意、つまり殺人の可能性が浮上します。

その疑いは向井理さん演じる元夫の白河圭太に向けられることとなって行きます。

そして山田杏奈さん演じる娘の瞳が母親の死にショックを受け、そんな娘を気にかけながら、由貴子の死の真相を突き止めようと奔走します。

MIGUさん(50代、女性)

クライマックスに近づいてきた第9話。
由貴子が乗った小型船が爆発したものの、由貴子は生きているのか?爆弾を仕掛けたのは誰なのか?など、手に汗握る展開になりそうです。
そして、翼の母親と宇都宮がどういう関係であったか?宇都宮は翼の母親殺害に関与しているのか?なども、明らかになりそうです。

毎週、新たな謎が発生し続けましたが、その謎が次々とエンディングに向かって解かれていくと思われます。
最後まで目が離せません!

KOJIさん(30代、男性)

由貴子を乗せた小型船が圭太、そして菜七子の目の前で突然爆発します。
由貴子の生存は絶望的と思われる中で、これは単なる事故ではなく、誰かが故意にやったことだと警察は睨み、圭太も疑われることになるのです。

ただ、圭太は圭太で独自に由貴子の死の真相を調べていくことになります。
この爆発が何者かによって故意に起こされたものだとしたら、その人物は誰なのか?というのが最大の注目です。

その人物はすでに登場してきた中の誰かである可能性もありますし、そこがやはりみどころでしょう。

第9話みなさんの感想

gobouさん(40代、男性)

今回は色々な事実が明らかになり、クライマックスに近づいてきたと思いました。

まずは、翼の母親絡みの件ですが、長沼が不倫関係だったというのは驚きの展開だったと思います。

不倫関係をわずかな手切れ金で、自分勝手に清算しようとした長沼も悪いですが、長沼を脅迫しようとした翼の母親にも非はあると思いました。
しかし、逃げたのは長沼が悪いと思いました。

そして、弱みを握られた長沼が圭太を買収しようとしたのは当然だと思いますが、圭太はよく断ることが出来たと思います。
成長したなという感じがしました。


そして、由貴子が生きていたということは驚きだったと思います。
あの状況で生きていたということは、由貴子の自作自演だったのかなと思います。

masaiさん(50代、女性)

前回の第8話の最後の方で由貴子(仲間由紀恵さん)が乗っていたボートが突然、爆発したのでもしかしたら彼女は死んでしまったのかな?と思っていたのですが、その爆発事故は彼女の自作自演で彼女が生きていることが分かってホッとしたのと同時に、あんな大掛かりな事故まで自作してこの先、何をしようとしているのかなと恐ろしくなりました。


由貴子の偽装パスポートは圭太(向井理さん)が盗んで持っているので、海外の口座に不正に送ったお金をおろすことも出来ないみたいなので、これから彼女がどんな行動をするのか楽しみです。

それから翼の母親と付き合っていたのは宇都宮(渡部篤郎さん)ではなく長沼社長(佐野史郎さん)だったことが分かって、しかも彼は翼の母親から偽装建設と不倫のことを元に脅された後、家事が起きたので彼女を見殺しにしたみたいなので、ますますひどい男だと頭に来ます。

そしてそんな長沼社長の今までの悪事の証拠(録音テープ)を手に入れた圭太が上手く長沼社長との決着を付けることが出来るのか、次回の楽しみにしたいと思います。

heiさん(40代、男性)

長沼社長と翼の母が愛人関係だったとは、長沼は10年前に翼の母親が死んだ件にきっと絡んでいるでしょう。

しかも、かつての帝東建設の建築偽装と、今回の由貴子の殺害にも絡んでいそうです。

長沼は10年前に翼の母と口論した挙句、偶然にしても突き飛ばして殺してしまったとは、自供はしたが反省の言葉は一切ないという冷酷な男です。

長沼は、自分の妻が会長の娘だからという理由で翼の母を切り捨てた、出世だけが全ての男なのです。

そうなると、宇都宮は、直接的に何か悪いことをしたのでしょうか。
立場がマズくなった長沼は、圭太を呼び出して、自分の側に引き入れようとするとは、筋金入りの悪党です。

なんと、由貴子は生きていました。
ボートの爆発は追っ手から逃れるための偽装だったようです。
長沼ですら、由貴子の本質に恐怖し、その正体を図りかねているようです。

どうやら、このドラマの発端となった10年前の火事は、由貴子の仕業のようです。
次回の最終回では、圭太と由貴子の最後の対決、そして10年前の火事の秘密が明らかになるようです。

2ji3jiさん(40代、男性)

由貴子(仲間由紀恵)が船の爆発により死んだと思いましたが、報道では行方不明となっていたので、これは生きてるなと予想することができました。

案の定ドラマ終盤になると由貴子が登場してきたので、正直驚くことはなかったです。

それよりも驚きだったのは翼(松村北斗)の母親が殺された件です。
10年前の火災現場に帝東建設社長長沼(佐野史郎)がいたことが明らかになったのです。

竜二(渡部篤郎)が怪しいと思っていたので、まさか長沼が翼の母親と不倫関係にあったとは驚きでした。

あと気になったのは長沼の言いかけた台詞です。
由貴子と10年前の火災が何か絡んでいそうなのです。
はたして長沼は何を言おうとしたのか次回が楽しみでしょうがないです。

第10話あらすじは?

死んだと思われていた由貴子(仲間由紀恵)の生存が確認された。

由貴子が生きていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)のためにも今度こそ元妻と決着をつけようと決意する。

と同時に、“10年前の火事の夜”の出来事について、どうしても由貴子本人に確かめたいことが。
奪われたパスポートを取り戻すために、必ずもう一度接触してくる―そう確信した圭太は、由貴子からの連絡を待つことにする。

一方、翼(松村北斗)は新聞記者の只見(長谷川朝晴)の手を借り、10年前に母親を死に追いやった長沼(佐野史郎)を糾弾しようとするが、決定打に欠け、あと一歩のところで攻めあぐねていた。

その状況を聞いた竜二(渡部篤郎)は、最後の切り札を手に、社長室のドアをたたき…。
しばらくして、圭太の元には予想通り、警察の手が迫り八方ふさがりになった由貴子から連絡が入る。

逮捕のチャンスだと考えた圭太は、由貴子の逃亡に必要なパスポートを持って、指定された場所へ向かうが…。
家族、お金、権力のために、それぞれが守り抜いてきた“秘密”が暴かれたとき、最後に待っている衝撃の展開とは―!?

公式サイトより

みんなの注目する点は?

re34569さん(30代、男性)

死んだと思われていた由貴子が実は生きていることが明らかになります。
それを知った圭太は由貴子の出方を待つことにしました。

由貴子のパスポートを持っている自分のもとに、もう1度由貴子は接触してくるはずだと考えた圭太でしたが、その予想通りに由貴子は連絡をよこしてきました。

圭太にとっては、死んだと思っていた由貴子が生きていたことで、ちゃんと決着をつけるチャンスを得られたということになります。

この2人の最後の対決がどうなるのか?という点がみどころと言えるのです。

de45turuさん(50代、女性)

彼女と圭太とが対峙し、10年前の別荘の火事の裏にある秘密がいよいよ明るみに出ることになると思われます。

それが最終回一番の見どころになると思われます。
これまでのさまざまな秘密がどう繋がるのか、楽しみなところです。

また、翼の母の死の真相も明らかになると思いますが、そこに長沼は関わっていたのか、宇都宮は長沼を追い詰め自分の地位を回復することができるのかも見逃せないところかと思います。

ikaieさん(40代、男性)

向井理さんが演じる白川圭太と仲間由紀恵さんが演じる仙台由貴子の騙し騙されの攻防が続く「10の秘密」の第10話、遂に最終回です。

前回ラスト由貴子が生きているところを以前所属していた弁護士事務所の同僚に目撃されて警察から圭太にも伝えられます。

再び圭太は山田杏奈さん演じる娘の瞳のためにも決着を着けることを決心します。

一方10年前に母親を殺された松村北斗演じる翼も新聞記者を使い事実を明らかにし佐野史郎さんが演じる長沼社長を社会的に制裁しようと計画しますが長沼の方が一枚上手で記者に揺さぶりを掛けられてしまいます。

第10話みなさんの感想

satomotさん(20代、女性)

10話目でやっと、10年前の秘密について明らかになったのでスッキリしました。
宇都宮はやはり仕事ができる男だなと思いました。
社長はまんまと騙されて、正直ザマアミロとも思いました。

ゆきこの今の行動にはけいちゃんの言動が関わっていたということで、複雑な気持ちになりました。
でも、1番かわいそうな立場にあった瞳が報われるような関わり方ができてよかったと感じました。

幸せだった家庭の風景が出てくるたびに、切ない気持ちになりましたが、最終話のまとまりとしては双方の憎しみが消えたのでよかったのではないかと思います。

10話まで、先が予測できないワクワク感を楽しませてくれたので、満足しています。
これから先、続編があれば嬉しいなと思うラストでした。

kerstさん(40代、男性)

散々悪さをしてきた由貴子のことを、みんなが何事もなかったように許すというのは、予想外だと思いました。

圭太も瞳も人が良すぎると思いました。
瞳は誘拐までされたのに、許せるはずがないと思いました。


由貴子も、憎まれるために傷つけたと話していましたが、あの時はそんなつもりは絶対になかったと思いました。

また、長沼も今までのラスボスキャラから一変して、素直に翼に謝るなど、急に良い人になったような気がしました。

宇都宮にしても、会社を守りたいからというのが今までの行動の原点というのは綺麗すぎると思いました。
そして、由貴子が船で爆死したと思わせた時のことを話していましたが、ダイヴァーまで用意していたというのは、用意周到だと思いました。

mdeoreさん(30代、女性)

圭太と由貴子がまだ夫婦の時に秘密を隠し通すべきだと言ったのが、夫婦の分かれ目だったのかと感慨深くなりました。

由貴子も本当はもっと平凡な幸せで満足できたらよかったのに、母親の影響で欲が捨てられてない性格になったとわかったら憎めないなと思いました。

良い方法ではなかったけれど、由貴子なりに娘のことを考えていたと思うし、最後には娘にも伝わったんだと思います。

最後に自分から別れを告げることができたことで、吹っ切れた表情になったところが印象的でした。


これでようやく平凡な生活が戻ってきたのだと、ほっとしました。

masi9さん(50代、女性)

長沼は帝東建設をそんなに大事にしているというのに着工が遅れたからってどうしてそんな罪を犯す道を選んだのか、そして今までの高圧的な態度とは打って変わって宇都宮の提案をすんなり受け入れたのかも不思議でした。

長沼は翼にも本当に悪かったと謝っていたし、由貴子が火事の話をした時、警察にすぐ行こうとしました。

彼は実は根はそんなに悪い人ではなかったという筋書きかもしれませんが、これまでの態度とのギャップが有り過ぎてかなり違和感が有りました。

純子が由貴子の母親に一度だけ会ったことが有り、その母親の本心を聞いて由貴子も同じだと思った純子の洞察力がすごいと思いました。

由貴子が本当は瞳に幸せになって欲しいと思っていたのはせめてもの救いで、それが瞳の耳に直接入ったのは良かったです。

ただ由貴子はわざと瞳を傷つけて悪者になったとはどういう意味なのかが良く分かりませんでした。
そんな良いシーンが出てきたので、もしや由貴子は本当は良い人なのかと期待しました。

さいごに

由貴子は悪女ではあるけれど憎めない悪女だったという事なのでしょうか。
どうして皆が許せるのかは良く分かりませんが、もう少し捻りのあるどんでん返しの様な最終回であれば楽しかったと思います。