最終回直前!病室で念仏を唱えないでください第9話のネタバレと見どころ

ムロツヨシの株が急上昇中のこのドラマ、今回も感動の見せ場ありました。
https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/  

第9話あらすじは?

濱田(ムロツヨシ)が担当した、心臓外科学会の理事長・大貫(きたろう)の3歳の孫・川崎美咲(中野翠咲)の容態が急変した。

直ぐに松本(伊藤英明)が対応し、濱田も駆けつけ緊急オペが行われたが、オペの失敗が発覚し、投資家リチャード・ポー(近藤公園)から融資を断られてしまう。

小児用ハートセンター設立をあきらめられない濱田は、「もう一度だけチャンスを与えて欲しい」と、難しい手術の公開オペを提案する。

ところが、公開オペが始まってすぐに異変が起きる。
美咲のオペ後から様子がおかしい濱田に松本は…。

写真 一方、松本が父のように慕う、憲次(泉谷しげる)のがん治療が始まった。

ステージ4の肺線がんである憲次の治療は厳しいが、憲次は松本の懇願により治験薬での治療を決意していた。
投薬を開始し、経過は順調に思われたが…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

uwagiさん(40代、男性)

ムロツヨシさん演じる濱田先生が心臓手術をした美咲ちゃんの容体が急変した前回に続く「病室で念仏を唱えないでください」の第9話ですが、伊藤英明さん演じる松本先生が対応し濱田先生が緊急手術するところから始まります。

しかし、みさきちゃんは残念ながら助からず、その結果みさきちゃんの祖父で学会理事長は失意で辞任し後ろ盾をなくした上、投資家からの融資も断られてしまい、濱田先生の夢である小児用ハートセンターの建設の夢に暗雲が立ち込めてしまいます。

一方松本先生は、泉谷しげるさん演じる、父のように慕う憲次の治験薬を用いたがん治療に立ち向かいます。
果たしてこの二人の進む先はどうなるのか、本作ラスト前の第9話とても楽しみです。

kurumaさん(30代、男性)

濱田の担当する患者の容体が急変し、すぐに濱田らによって緊急手術が行われます。

しかし、その手術でのミスが後に発覚し、それが原因でリチャード・ポーから融資の話をなかったことにされてしまいます。

濱田は名誉挽回のために別の手術を行いますが、そのときから様子が明らかにおかしいのです。

明らかに融資を断られたことに関して動揺している状況がうかがえ、冷静な状況には見えないと言えますが、名誉挽回のために行った手術の結末がどうなるのか?
無事に終えることができるのか?が注目点になります。

masagiさん(20代、男性)

第9話の見どころとなるシーンは、心臓外科学会の理事長・大貫の孫に当たる川崎美咲ちゃんの手術がどうなっていくのかといったところです。

濱田は、小児用ハートセンター設立のために、周囲から認めてもらうことを視野に入れ、公開手術を開始するのですが、開始早々、美咲ちゃんの容態が悪化してしまいます。

濱田の踏ん張りどころは必見です。
また、松本とがん治療を受けることになっている憲次との病室における触れ合いシーンも和気あいあいとして、ホッと心が温まりそうです。

第9話みなさんの感想

akaiさん(30代、女性)

濱田が手術を行った女の子が亡くなってしまったけれど、両親が濱田に感謝の気持ちを伝えたときはこみ上げるものがありました。

それほど難しい手術だと理解したうえで、濱田に託したんだと思ったからです。
そして濱田もショックを受けているのにそれを表に出せなかったけれど、松本のおかげで自分の心を顧みることができるようになったのは良かったです。

最初は反発していた二人でしたが、ようやく目指すものが違っても、人を助けたいという気持ちが同じだということで通じ合えたんだと思いました。


そして憲次が治療に向き合うことになたけれど、治療手段が限られていること、そして死を覚悟しなければならないと考えているところは辛さがありました。

最後には家族も理解してくれましたが、こういう問題は話し合うことが大切なんだと実感しました。

konomatiさん(40代、男性)

「病室で念仏を唱えないでください」第9話は、ムロツヨシさんが演じる濱田先生のイメージが大きく変わって意外性を感じるお話でした。

手術をした美咲ちゃんが急変し死んでしまった結果、濱田先生は手術で手が震えるようになってしまい、公開オペで手が止まってしまう始末に、これまで自信満々の態度から一転してここまで挫折してしまうのは本当に意外でした。

そして、伊藤英明さん演じる松本先生は、そんな濱田先生を救ってあげたりと良い感じの所が見れてほっとした感じでしたが、一方で泉谷しげるさんえんじる憲次の治療がどうなるのかというところも9話途中では上手くいっている感じだったのが、ラスト憲次が自宅療養中に倒れてしまう、どうなってしまうのかとても気になりました。

HONTOUさん(30代、女性)

過酷な現実の中でも、松本とオジサンとの交流に感動した9話でしたが・・・やはり、濱田の回といえるでしょうか。
私の中では、一気に濱田への好感が増し、爆発した回でした。

今まで、かわい子ブリッコの失敗作みたいなあの腹立たしいひとを喰った話方にイライラしていましたが。
今回、オペの失敗から始まっての怒涛の転落のような姿に、不覚にもその人間味に愛着さえ覚えてしまいました。

ふてぶてしかったのも、揺るぎない信念故の残念さだったのかと、医者として以前に人として無理~と思っていたのにコロリと落とされてしまいました。
しかし、それもこれも、松本との関係があってこそだと思います。
松本がしっかりと濱田のことを見て、知ろうとして、そして認めたからこそ視聴者である私にも響いたのでしょう。

終わり掛けの、まるで救急チームの気安い掛け合いのような遣り取りに、これからいい仲間になっていくのだろうなと希望が見えました。
次回はいよいよ最終回。

オジサンの容態もきになりますが、せっかくいい関係になってきだした松本たちにみずがささない展開で終わって欲しいと思います。

kururinさん(30代、男性)

悲しみは時間ではどうにもならない。
慣れていくだけじゃないかと松本は言っていましたが、松本と宮寺のやり取りは時間があったことも大切だったのではないかと思いました。


動機がどうあれ色々なことを経験し、色々なことを学んできた時間があったからこそ、もっと早く一緒に釣りをして、一緒に悲しむことが出来ればよかった、という考えにいたれたように思います。


その時間で友人の父親ではなく、友人になれたからこそ、宮寺が松本に最後の判断を任せたいと思えたのではないかとも思いました。


宮寺を通して互いの考え方を知った松本と濱田が隣に並んでいる姿もよかったです。

最後は以前までの濱田に戻っていましたが、それが二人らしいあり方なのだろうと感じられました。

言い合いつつも今後は助け合うことも出来るだろうと思うので、どういう最後になるのか楽しみにしたいです。

さいごに

ラストのシーンで通り魔のニュースが次回最終回にどんな物語に繋がっていくのかとても楽しみです。