トップナイフー天才脳外科医の条件ー全10話のネタバレと感想

それぞれの医師達にもドラマがありそのストーリーにも引き付けられ、とてもいいドラマです。

第1話あらすじは?

東都総合病院で女帝と呼ばれている脳神経外科医の深山 は、脳外部長の今出川から新しく3人の脳神経外科三度の飯よ医のまとめ役を押し付けられるが、3人とも問題があります。

まずは、世界のクロイワと言われている世界的名医の黒岩は私生活では女癖の悪さで有名です。

そして、外科とカテーテルの二刀流でオペが好きな西郡、医学部を首席で卒業した自信家だが現場での腕のない専門研修医の小机です。

そして、深山と小机が一緒にオペをすることになりますが、小机はなんの役にも立ちませんでした。
そんな時に黒岩がオペを担当する脳腫瘍の患者の妻が、手術を受けたくないと言い出します。
黒岩は信用できないからと手術を断ろうとし、深山が代わりに手術をすることになります。


しかし、また手術を受けたくないと申し出て来たので、怪しく思い深山が訳を聞くと、患者である主人が入院前まで素行が悪かったが、腫瘍ができて性格が変わり以前のように優しくなったというので、また元に戻って欲しくないという理由でした。

深山は腫瘍のせいで性格が悪くなっていたかもと説得し、手術をします。 しかし、腫瘍だと思っていたのは、寄生虫の卵でした。

そして、術後も性格も優しいままでした。
その頃小机が問題ないと判断した患者が、体を動かせなくなると異常事態が起こりますが、黒岩が通りがかり、原因を突き止め手術を成功させました。

第1話みなさんの感想

UYさん(40代、男性)

ある意味予想通りで、期待通りの作品だったと思います。

ズバズバいう性格で医者としての腕が良いというのは、実に天海祐希さんらしいキャラ設定だと思いました。
そして、やはりこういう感じの格好良い強い女性を演じたらピカイチだと感じました。

次回からも深山はお約束的な感じで、上り詰めていくと思います。 そして、もうひとり格好良かったのが椎名桔平さんです。

途中までは口ばかりで腕が悪く、やる気もないのかなと思っていましたが、それだけでは終わらなくて素敵でした。
小机が判断ミスをした患者の原因を突き止めて、電光石火という感じで手術をして、患者を救ったのはすごいと思いました。

そして、インパクトがあったのはエンディングで天海祐希さんが踊りだしたことです。 この展開は意外すぎて驚きました。

いこさん(40代、女性)

天海祐希さんが出演されていたので、期待していたドラマのひとつです。

医療系なので、やはり重めな感じはありました。
しかし、広瀬アリスさんが良い感じで中和と言うか、そういうのがあったので、重すぎず、良かったように思います。

やはり、医療ものは患者さんの人間模様がかなり暗めになってしまうし、脳外科なので、特にそうなるかなと思いました。


でも、ただの重いだけ、暗いだけではなくて、ストーリー展開も面白かったので、次回からも楽しみなドラマです。

それと、個人的には天海祐希さんが凛々しくてかっこ良かったと思います。

もちろん医師役なので当たり前ですが、本当に安心して見ていられる女優さんだと思います。
面白いのもシリアスなのも両方出来るので、次回も期待しています。

GEさん(30代、男性)

「コード・ブルー」などの脚本をされていた林宏司さんが原作脚本ということで期待しつつ、若干の不安もありつつの視聴でしたが、気にしていた不安とは別の方向で少し残念に感じました。

もっと緊迫感のある話になっているものだと思っていましたが、登場人物の設定のせいか、どうにも緊迫感に欠けてしまっていたように思いました。

その部分に関しては勝手に想像して思っていたことからの違いではありますが、エンディングのダンスで悪い方向により向いてしまいました。

初回としては良くない滑り出しになっていたように感じますが、脳腫瘍による性格の変化、かと思ったら、そうではなかったという展開は驚かされましたので、今後扱う内容で盛り返してほしいと思いました。

さゆりさん(50代、女性)

とてもクセの強い脳外科医たちの活躍が、とても面白かったです。

深山先生はまさに男勝りで、それでいて患者さんの事を第一に考えてくれる良き医師というイメージですが、天海祐希さんのイメージとピッタリだと思いました。

自信にあふれた脳外科医たちですが、今後はチームワーク、信頼関係は築けるのか、どんな風に彼らの関係が変わってくるのかが、とても楽しみです。

また最後の方に出てきたBar カサブランカがとても気になりました。普段は厳しい現場にいる医師たちが、心のオアシスとして利用している場所なのでしょうか?

最後のダンスシーンには見入ってしまいました。
視聴者もこのダンスを真似て話題になりそうですね。研修医の自称天才小机先生のダメっぷりも、とても魅力的だと思います。

第2話あらすじは?

“「女は脳外に向いていない」と公言する黒岩 くろいわ(椎名桔平)と、自信家だが実力のない幸子 さちこ(広瀬アリス)、さらには黒岩にライバル心剥き出しの西郡 にしごおり(永山絢斗)と、足並みの揃わないドクターたちに手を焼く深山 みやま(天海祐希)。

相変わらず調子のいい部長の今出川 いまでがわ(三浦友和)は“共感性”の高い深山なら他のドクターの気持ちもわかる、と深山の話を取り合わず……。

そんな中、深山は1年前に脳挫傷を負って回復した後、頭痛が取れなくなったという外来患者・牧羽由香里 まきばゆかり(松本若菜)を診察する。

由香里は、実は脳外のドクターにつきまとわれて困っていることを相談に来たと話し、診察室の集合写真に写った黒岩を指差す!深山から女性関係のトラブルを指摘され心当たりの相手がいる黒岩。

しかし翌日、黒岩につきまとわれていると話していたはずの由香里が、黒岩とすれ違っても全く反応しない様子に深山は違和感を抱く……。

一方、自殺未遂を繰り返し屋上から転落した患者・桑原和子 くわばらかずこ(濱田マリ)を担当する西郡は、自殺願望を持つ和子に強い嫌悪感を感じていた。

10年前から顔面に強い痛みを感じる“三叉神経痛 さんさしんけいつう ”を抱えながらも誰にも理解されてこなかったと話す和子は、「“痛み”は誰にもわからない」と諦め顔で語る。

公式サイト https://https://www.ntv.co.jp/topknife/  より

みんなの注目する点は?

ひよさん(30代、女性)

自殺行為を繰り返したり、忘れようと努力したことで、より脳に刻まれ苦しみ続けることになった患者らが、トップナイフの手により救われ苦しみからの解放を経て笑顔になるのも、見ていて気持ちがスッキリします。

YAE(20代、女性)

個性豊かな医師達に深山は手を焼いていました。
そんな忙しい毎日を送っていた深山は、牧羽由香里という患者を診察する事になります。

牧羽は深山に「とあるドクターに付きまとわれている」と相談を持ちかけます。
黒岩という医師にストーカーされているようなのですが、黒岩はそんな様子を見せません。

一方で西郡は自殺未遂を繰り返す患者、桑原和子の「痛みは誰にも分からない」という言葉が頭から離れません。
黒岩の様子だけでなく、桑原の抱える痛みの真相にも注目です。

MAK(30代、女性)

第2話は患者としてきた女性が脳神経外科の男性医師にストーカーされていると告白する所から始まりますが、犯人探しをアリスと天海祐希がするところが見所です。

男性陣にはそれぞれに思い当たる女性が存在する点が面白いと思います。
またそれぞれの先生に過去何かがあり問題を抱えているのが垣間見れるのも見逃せません。
今後この伏線がどう回収されるのかも見所です。

それに毎回ドジをやらかす広瀬アリスのめげない態度もこのドラマの魅力になっています。
シリアスになりすぎない要素がアリスにはあります。

第2話みなさんの感想

しんじろ(40代、男性)

医療ドラマで耳にする病名は大抵は聞いたことがあるものでしたが、トップナイフの2話で出てきた「フレゴリ妄想」は初めて聞くものでした。

由香里という女性がこの病気で病院に訪れてきて、脳神経外科の黒岩らを以前交際していた男性と思い込む症状が出ていました。
最初は怖い女性だなと思っていたのですが、段々と切なくなってしまい感情移入することなるとは思いもしませんでした。

手術は無事に終了したのですが、やはり由香里には黒岩が元交際相手に見えているようでした。

深山らは黒岩に元交際相手の振りをするように説得するのですが、その際の説得の仕方が半ば脅迫のようで面白かったです。

結局、黒岩は元交際相手の振りをして由香里を慰めていました。
この時の由香里の涙は感動しました。

かずと(40代、男性)

今回も、脳に異常があると色々なことが起こるということがよくわかる内容だったと思います。
まずは目に映る人が別れた恋人に見えてしまうというのは、ある意味地獄だと思います。

本人にとっては本当に辛いと思いますが、周りの人には戯言に取られてしまうので、可哀想だと思いました。
しかも、十数年というのは長すぎると感じました。

遊人の黒岩は心当たりがあるのは分かりましたが、西郡もすぐに心当たりがあるというのは意外な感じがしました。

そして、なんといっても気になったのは最後のシーンで、黒岩に6歳の子供がいるということです。

これは真実なのかが、よくわからないので気になります。
また西郡も深山も、色々と心に傷を抱えているのだなと思いました。

76hiro(30代、男性)

初回は特徴のない医療ドラマだと感じていましたし、今回もそう感じる部分はありますが、初回よりは物語が動いたこともあって楽しめる可能性が出てきました。

それぞれに抱える過去があり、それが今回見えてきたことが大きいです。
黒岩の前には息子だという男の子が連れてこられたので、黒岩がどう動くのか。

西郡は手術中にミスをしてしまうほどの何かを抱えているようで、彼がそれをどう自分の中で折り合いをつけていくのか。
それぞれがどう動くのか楽しみにしたいです。

見えてきたものもあることで楽しめそうだと感じた一方で、小机の存在がより浮いているように感じました。
彼女はまだ新人だからというのはわかりますが、それにしても全体を荒らしすぎていると思いました。

彼女が変わることでドラマの雰囲気も変わると思いますが、成長しても彼女のキャラクターは変わらない気がして少し不安に感じました。

第3話あらすじは?

突然転がり込んできた実の娘・真実(桜田ひより)に戸惑う深山 (天海祐希)、元交際相手から「あなたの子供だ」と、小学生を突然押し付けられた黒岩(椎名桔平)、バーのチャラいマスター・来島 (古川雄大)への恋心を指摘されて動揺する幸子 (広瀬アリス)と、脳外のドクターたちのプライベートは前途多難。

子供の面倒を見る為、シフトの調整をしようとする今出川 (三浦友和)だったが、深山と黒岩はあえて仕事を優先する。

そんな中、黒岩は関西弁の患者・赤坂 (金井勇太)から、生粋の東京人であるにも関わらず、外傷性くも膜下出血になった後、関西弁しか話せなくなったと相談を受ける。

一方、西郡 (永山絢斗)が連日長時間のオペを志願していることを知った深山は、手に震えの出る西郡が何か事情を隠しているのではないかと問い詰めていた中、突然やってきた刑事から“殺人容疑”で連行されそうになる!通報者は「深山のオペで殺された」と主張していて・・・。

公式サイト https://https://www.ntv.co.jp/topknife/  より

みんなの注目する点は?

ミドリさん(40代、女性)

今回の見どころは、聞いたこともない珍しい脳の病気に振り回される患者と医者たちです。

自分が死んでいると疑わない患者をどう救うのか、脳の病気だと思っていたら実は別の病気だった時にできることは何なのか。

今回もドキドキするシーンがあり、コタール症候群の患者が飛び降りた場面はヒヤッとしました。

それ以外にも深山と黒岩の子供と絡むシーンも見どころになってくると思います。

個人的には、幸子の恋の行方も気になるところで、コミカルな広瀬アリスの演技は必見です。

POSTさん(40代、男性)

今回のみどころはと言えば、やはり天才医師役を演じる天海祐希さんに突然と転がり込んできた娘が現れるところでした。

また、同じく天才医師役である椎名一平さんにも突然とあなたの子供よと押し付けられるところが非常に面白いところです。

しかし、二人は共に天才医師とあって、子供よりも仕事を優先的にするのでした。

そこがまた非常に格好良く、そして医療ドラマならでわの魅力的で素晴らしい醍醐味でもあるのでした。

しかし、最後には何とそんな医療現場に警察が現れるのでした。

SAIさん(20代、女性)

黒岩先生の息子と名乗る謎の女の人は何が目的でどういう人なのか、本当に黒岩先生の息子なのか、深山先生の娘はどうして急に深山先生のところへ来たのか。

深山先生と娘の関係はどうなのか、関西弁しか喋らなくなってしまった男性の患者さんはなぜそうなってしまったのか、普通に戻れるのか、「私はもう死んでる」と言っている患者さんは治るのか。

なぜそう思うようになってしまったのか、深山先生が殺人容疑で警察が病院に来たというのはなぜなのか、気になるところがたくさんあります。

第3話みなさんの感想

ZENさん(50代、女性)

外国語様アクセント症候群やコタール症候群、そんな奇妙な病気が本当に存在するのかと驚かされました。
脳外科の症例について相当知識がないと書けない脚本だなと感心します。

実際にある病気と知り脳の不思議さを感じさせられました。
回を重ねるごとに、面白くなっていっていると思います。

深山先生、黒岩先生、西郡先生、3人それぞれに何やら人には言えない秘密だとか、あるいは私生活における悩みがあるようで、それが少しずつ明かされてきているのも興味深いです。

この3人の医師がそれぞれとても個性的に描かれていて面白いです。
特に今は西郡先生の震える手、その秘密が気になるところです。

広瀬アリスさんの役柄だけがちょっと浮いているというか、こんなお医者さん、いたらちょっと困りますね。
ただ重くなりがちな医療ドラマ、軽く見やすくしてくれてはいるかもしれません。

アリ(40代、男性)

広瀬アリスが演じる小机幸子は、学生時代から常に成績トップの優秀な才女だったのに、医師になってからは、毎日ヘマばかりして、いつも怒られていますね。

現実世界でも勉強ができて頭の回転は早いのに、融通がきかなかったり、空気が読めなかったりして、仕事があまり出来ない人っているよなという共感とそれでもなんとかへこたれずに頑張ってほしいなと言う気持ちが混ざり個人的に一番気になっていた人物でした。

今回は、そんな小机幸子がフューチャーされた回でしたね。
小机が、患者の喉の異変に気づいたことで患者の病が甲状腺クリーゼということが、手術中に発覚し、患者の命が助かりました。

小机が初めて役にたってうれしかったです。
しかし、小机が患者に対して抱いていた淡い恋心は見事に砕け散りましたね。
引き続きへこたれずに頑張って欲しいです。

2dogs(40代、男性)

今回は医療ドラマでありながら、少し医療とは関係の無いところでの出来事に戸惑う深山と黒岩が観れて面白かったのです。

突然転がり込んできた実の娘に戸惑ったり、または元交際相手からあなたの子供よと押し付けられたりと、非常にこの天才医師である二人が医療とは関係の無いところで困惑するところが、また愉快で面白かったのです。

また、それを知った今出川部長も深山と黒岩に気づかうのですが、やはり天才医師二人だけあって仕事を優先的にするところがまた格好良いなと思いました。

勿論、見方を変えれば無責任な二人にも見えましたが。
本当に今回もまた面白い内容で楽しませて貰うことが出来ました。
是非、これからも毎回楽しみに観たいと思います。

第4話あらすじは?

深山(天海祐希)たちは救急搬送された記憶のない女性患者(中尾ミエ)の身元特定に頭を抱えていた。
名前もわからず家族に連絡もできない中、複雑な表情を浮かべていた西郡 (永山絢斗)は、女性患者と自分の関係を告白する。

患者の娘・千春 (三浦透子)によると、女性心臓外科医の第一人者だった患者・喜和子は2年前に脳腫瘍を発症。
誰もやりたがらない難手術を西郡が執刀した結果、記憶をなくして徘徊を繰り返すようになったという。

手術ミスのせいで喜和子の人生が台無しになったと千春は西郡を責めていて…。
さらに、喜和子の意外な正体が明らかになる。
そんな中、60代の男性・山口 清 (本田博太郎)が幼馴染の内田 正 (綾田俊樹)に付き添って病院を訪れる。
記憶が3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいる内田。

彼を親身に世話する清だが、なぜかバッグの中には包丁を隠し持っていて……。
今出川 (三浦友和)は清が心に抱えている暗い感情に気づくが……。

黒岩(椎名桔平)は西郡が切除しきれなかった腫瘍が喜和子の“逆向性健忘”を引き起こしている可能性に触れ、西郡の脳外科医としての腕を酷評する。

西郡と喜和子との関係を自分と娘の関係に重ねる深山はその夜、カサブランカで顔を合わせた黒岩に言い過ぎだとたしなめるが、「甘い」と切り捨てられて……。

一方、来島 (古川雄大)への思いを持て余す幸子(広瀬アリス)は、自身をコントロールできなくなる中、まさかの来島からの急接近が! 記憶をなくした患者とその周りの人間関係が渦巻く中、深山は脳に刻まれた患者の『真の想い』を読み解いていく・・・。

公式サイト https://https://www.ntv.co.jp/topknife/  より

みんなの注目する点は?

たけさん(40代、男性)

いつもクールな西郡が手術の最中に異変をきたした理由が第4まで明らかになりそうな気がしています。
はいはい今から入るのであーりんごとはいはいはいはいわかったわかったはいはいじゃぁいつもクールな西郡が手術の最中に異変をきたした理由が第4まで明らかになりそうな気がしています。

ブライドの高い西郡が過去にどんなミスや因縁があって、異変をきたすようになったのか。
もちろん、深山と黒岩のライバル関係も非常に面白いところです。

KENさん(40代、男性)

喜和子は、逆向性健忘を煩い、息子の西郡の顔も分からなくなっています。

西郡は、喜和子に優秀な兄と比べられて、複雑な感情を抱いていました。
それでも、西郡は、母親を助けるために、黒岩に頭を下げるところが印象的でした。

そして、手術に成功した喜和子は、西郡に「やっぱり才能ないねえ」と囁くように言います。
その時の、喜和子の表情は柔和でしたので、辛辣なことを言いながらも西郡に対する母親の愛情は確かだと思いました。

MOTAさん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、天海祐希さん演じる主演深山の前に、突如救急車により全く記憶の無い女性患者が運ばれてくるのでした。

勿論、運ばれてきたものの身元を証明できる物が一切無かったのでした。
そして、そんな様子をじっと見ていて複雑な心境だった西郡が実はその女性患者との関係性についてを話し出すのでした。

そして、その話を聞いたところ何と以前にその女性患者の娘を手術したことがあったのでした。
そして、更にその後様々な過去が知られていくのでした。

第4話みなさんの感想

HYOさん(30代、男性)

若さゆえの情熱と献身性、自分の母親が重篤の際に「オレがやらなければ」と強い思いを抱くのは当然ですし、二年前に執刀した手術が母親の記憶障害を引き起こしているかも知れないという疑念は自分のことのように悩ましいです。

ミスを指摘する黒岩の腹黒さは陰湿だが、再手術を自分で引き受けるという西郡の決断は立派だった。
深山が娘の事で悩んでいるのも、トップナイフならではの家庭病だが、一流の外科医と家庭を両立することの難しさは、現代の女性観を反映しています。

R55さん(30代、男性)

西郡のトラウマは母親との間にあったことがわかりましたが、話だけを聞いていると深山が言うように彼に落ち度はなかったと感じました。

西郡のことを妹は憎んでいるのはお門違いであろうとも思いました。
本当に恨んでいるのなら西郡にとってトラウマになることはなかったでしょうから。
ただ、黒岩による再手術で目を覚ました母親から言われた才能がない、という言葉に西郡は乗り越えることで成長することになるのか非常に気になります。
また、西郡の母親の彼に対する態度というものは西郡が受け止めているままのものなのかも気になりました。

もう一人の記憶障害の患者と連れてきた男性との関係は察することは出来ましたが、終わり方にはモヤモヤとしたものが残りました。


深山の言葉で納得した部分があり折り合いをつけたようですが、真実を知りたかったため気落ちのいい終わり方ではありませんでした。

一方で深山と娘の関係はもっと前にその言葉を言えていれば、もっとよかったのにとは思いましたが、すっきりとしたものとなりよかったです。

モクさん(40代、男性)

前回からもっとも謎が深いと考えていた西郡の手術中のトラブル、これが過去のミスによるものであり、その原因であった患者との対面。

さらにそれを厳しいながらも乗り越えさせようとする周囲の姿がこのドラマならではの優しい様子に考えられる。
また、深山も娘との関係に重ねて悩む姿、さらには同じ医師ながらもアプローチが異なる黒岩とのコミュニケーションも毎度のことながらなかなか見ごたえがありました。

結局、今回もチームとしてはあまり進展がありませんでしたが、問題をうまく解決する流れはかわりなく。

次に気になるのは今出川の手腕により、このチームがなぜつくられたのか、そしてどうしたいのかが、はっきり見えてくれようになってほしい。

EEWさん(60代、男性)

“2人の患者の物語が一話完結で進み、これは短波。
一方で各医師の物語が最終回に向かい徐々に進行してゆく長波。

短波と長波が同時進行となるパターンがこのドラマのお約束になっています。
第4話もこのパターンで展開していますが、今まで以上に面白くなってきました。
今回は医師の母親が患者であったということで、短波と長波に複雑な接点が生じ、パターンの変形として更に楽しめました。

更に今回は「記憶」と「捨てる」がキーワードになっているのでしょうが、いろいろな人生模様をたくさん盛り込める医療ドラマとして、この2つのキーワードを巧みに活用して上手く有機的に作られていると感じました。

最後のダンスも回が進むごとに変形しており、ドラマ本編も前述のパターンを続けながらも進化して変形していくような予感があります。
次回以降パワーアップしていくのでしょうね。

第5話あらすじは?

かつて自分が失敗した母親のオペを黒岩 くろいわ(椎名桔平)が再手術し実力の差を目の当たりにした西郡 (永山絢斗)と、来島 (古川雄大)への恋に心乱されて勉強に集中できない幸子 (広瀬アリス)。

深山 (天海祐希)は自分の“才能”に自信をなくした若手ドクター二人を気にかけるが……。

そんな中、テレビでも活躍する天才ピアニスト景浦祐樹(柿澤勇人)が耳が聴こえにくいと病院に訪れる。

巨大な聴神経腫瘍が見つかるものの、景浦は命よりも聴神経と顔面神経の温存を希望する。 黒岩でも難しいオペが予想される中、なぜか今出川(三浦友和)は西郡を執刀医に指名して……。

プレッシャーを感じる中、オペのシミュレーションに励む西郡は自宅のベランダから落ちた救急患者・根岸麻理恵(大西礼芳)を診察する。

西郡から自殺しようとしたことを見抜かれた麻理恵は、音大の同級生の景浦と比べて、自分には才能がなくピアノ講師の職も失って自暴自棄になっていたことを告白する。

才能がないのではなく諦めているから差がついたのだ、と厳しい言葉をかける西郡。 その言葉は激励のようでもあり……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

kimuraさん(40代、男性)
今回の見どころと言えば、以前に自分が失敗してしまった母親のオペを黒岩が行い再手術するのでした。

すると、そのオペの実力を目の当たりにし若い西郡と来島は愕然とするのでした。 あまりにもの実力の差に。

そして、そんな自信を失ってしまっていた若い西郡と来島に対して深山が気づかうのでした。

そして、そんな中 天才ピアニストの影浦祐樹と言う人物が耳が聞こえずらいと病院にやって来きます。
すると、聴神経腫瘍と言うのが見つかるのでした。
anki8さん(30代、女性)
西郡先生は母親の手術を黒岩先生にお願いしてから、その実力を目の当たりにして医師としての自信を失ってしまいます。

そして幸子もバーテンダーに夢中になっていて、仕事よりも恋愛に夢中になっている様子が深山は気になってしまいます。

チームのまとまりが崩れてきている時に、天才ピアニストが手術を受けたいというか、指名をされたのは西郡先生です。

自信喪失をしている時に、注目される手術の指名を受けた西郡先生がプレッシャーを乗り越えられるのかがみどころです。
hot44さん(60代、男性)
今回は、西郡と小机の弱さ・ネックに焦点があたっています。 患者さんを通じて、患者さんにかけた言葉が、自分に跳ね返ってくる様を描いています。

西郡は、それを一瞬はねのけたかに見えましたが、また元に戻ってしまいました。 それを悟り、病室の喜和子に告げ、病室を出た時、今出川部長が、拍手をしました。

これには、どんな意味が込められているのか・・今後判ってくると思います。
また、喜和子が西郡の自信を取り戻す鍵を握っているような気がします。 才能という言葉が、全体を流れる第五話でした。

第5話みなさんの感想

tieさん(40代、男性)
命より大切なものがあるのか。 今回のテーマはそこにありました。 私はないと思っていました。

しかし、この回を見て、強く思ったことは人それぞれの生きてきた道のり、考え方、将来の思い方によって、命より大切なこともあるんじゃないかということです。

命より大切なものはないと世の中の人は言うけど、それはきれいごとで、人生をかけてチャレンジしていることや、自分の命より大切な人やモノがあると思います。
病気の家族、子供や大切な知人がいたとしたら、自分の命を投げ打ってでも、もっと大切なものの方が存続することを願うんじゃないかと思うからです。
そんなことを改めて考えさせられる今回のドラマは、本当にオススメできるドラマです。
wanderさん(50代、男性)
西郡に自信を取り戻させるために、今出川が難しいオペの執刀を命じ、深山はタメ口が続いている状況に不安を感じるといったそれぞれの判断が面白く感じられました。

そんな中、天才ピアニストの景浦と救急患者の真理恵の同級生の二人が、西郡と同様に「才能」と病気に翻弄される展開が、非常に人間味が感じられました。

また、深山が来島への恋愛感情で情緒不安定となっている幸子のために、来島と直接対峙してフォローする姿は、指導医として若手ドクターを気遣う様子が伺えました。
tellmiさん(30代、女性)
深山先生は最初、脳外科に新しい医師が入ってくることを頑なに反対していたのに、今では彼らの心配をして振り回されているところが面白かったです。

今回は西郡先生のトラウマが解消される話だと思って見ていたら、そんな甘いものではなかったです。

手術が成功したと思ったらそれは運によるもので、次の手術は技術がなかったので他の医師に再び頼らなければならなかったと言うのはとても辛い展開だったと感じました。 音

楽の世界でも、才能よりも見た目がもたらされる世界である一方で、本当に才能が欲しい人にとってそれが自分にないと言うことを気づかされるのは辛いことだと思いました。 でも人間と言うのはやはり才能よりも努力が大事であると信じたいと思いました。
hondaさん(30代、女性)
医師も人間なんだなーって事がよく分かる放送回でした。

小机先生が恋に没頭してしまい仕事に手が付かない感じとか、西郡先生の過去のトラウマでオペが怖くなったりするんだなと思いました。 それでも、西郡先生が医師としても、人生に対しても諦めない姿は胸が熱くなりました。

どうにか本人の夢を叶えてあげたい気持ちが強くなればなるほど、医師として正しい判断をしたいと葛藤が生まれてしまう姿や、オペの練習で予習を繰り返す姿は、弱い所も垣間見えて人間臭くて凄く良かったです。

そして、くも膜下出血の大動脈瘤破裂のクリップ裁きでは、黒岩先生が危機一髪のところでオペに入って1分以内に腫瘍をクリップに成功していました。

第6話あらすじは?

オペ以外の雑用が自分に回ってくることにストレスを感じる深山 (天海祐希)。

一方、リストラの噂を耳にした幸子(広瀬アリス)は自分のクビが切られるのでは、と戦々恐々。
深山に取り入ろうとするが……。

そんな中、西郡 (永山絢斗)は自分の幻“ドッペルゲンガー”が見えるという患者・大澤 卓司 (山本浩司)を診察する。
実は大澤は10年前まで深山の下で東都総合病院の脳外科にいた医者。

深山にクビを切られてから、内科医として開業医の実家を継いだのだと言う。
大澤にだけ見える不穏な“幻の自分”は、深山に復讐をするようけしかけているのだが……。

スタッフステーションでは、当時部下だった大澤に脳外科認定試験を受験する許可さえ出さなかったという“氷の女”深山の噂が飛び交い、幸子は自分の行く末を案じる。

西郡は、脳外科医になる道を断たれた大澤がかつて病院から飛び降り自殺を図ったと聞き、今出川 (三浦友和)に真偽を確かめるが……。
一方、事故に巻き込まれ左手を切断した入院患者・原田保(笠松将)は、切断してなくなったはずの腕に激痛を感じる“幻肢痛”に悩まされていた。
頭蓋骨骨折の経過観察のため入院している原田だが、脳外科の分野では“幻肢痛”に対処する方法はなく……。

元高校球児で社会人になっても野球を続けていた原田にとって腕をなくした大きな喪失感が幻肢痛に起因していると想像する黒岩(椎名桔平)は、息子と同じ“保”という名前がひっかかり、痛みに呻く原田を気にかける。

実は、その痛みには原田がずっと抱えてきた後悔が隠されていて……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

あきらさん(20代、女性)

ドッペルゲンガーが見えると言って診察しに来た男の人は10年前に深山先生から脳外科をクビにされた医者だったがどうなるのか、深山先生の復讐のために病院に乗り込んできたのか。

病院にいる他の先生が患者さん達は大丈夫なのか、事故で左手を切断して入院してきた患者さんの精神はどうなるのか、切断したはずの腕に激痛を感じる幻肢痛とはどういうものなのか。

その患者さんがずっと抱えていた悩みとはなんなのか、など今回は深山先生の過去が一番気になります。

spaceさん(30代、男性)

西郡が担当することになった患者は、かつて深山のもとで脳外科医をしていた男性ですが、この男性はドッペルゲンガーが見えるという症状を訴えてきます。

そのドッペルゲンガーは深山に復讐をしようとけしかけると言い、非常に困った状況になります。

ただ、かつて深山にクビにされたという過去を持っているだけに、そういった部分というのが少なからずかかわっているのではないか?と思われます。

ドッペルゲンガーを見るようになった真相やこの患者がどうなるのか?という点がやはり見どころです。

coll8さん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、今回は開業医である大澤と医師が患者として訪れてくるのです。

そして、またこの開業医である大澤は実は以前に東都総合病院に勤めておられえいたことが判明するのでした。

そして、更には深山により過去に首にされたと言うことも判明するのでした。

そして、大澤は何と病院内で自殺未遂まで起こしたほどの男だったのです。

そしてまた、深山は脳外科医にはなってはいけない人がこの世にはいるとまで言うのでした。

第6話みなさんの感想

mimiさん(40代、男性)

今回は非常に珍しいパターンのドラマ内容であったように思えました。
何故ならば、以前に勤めていた医師が訪れてくるのですが、そこまでは有りがちと思いましたが、更に深山により首にされた医師とあって良く訪れて来たなと思いました。

また、更にはこれまた以前にこの病院内で自殺未遂まで起こしたと言うことで尚更驚きました。
普通であれば考えられない展開内容でした。

しかし、また深山は深山でその訪れてきた開業医である大澤に対して厳しいコメントをするので、非常に複雑な関係だと思いました。

また、深山は更に脳外科医にはなってはいけない人がいると言った言葉に私は深く考えさせられました。
果たして、どういう意味があるのだろうかと。

幻肢痛に対してどういった治療を行うのかを知りたかったので見ごたえがありました。

彼女に対して行ったのは不快であると感じる足を自分でどうにかしようとしたことに対する処置でしかなかったので、心の治療によってどのように改善していくのか、そもそもそういったことが出来るのかが知りたかった。

深山がクビを切った元部下の男性が脳外科医として認められなかったのは心の弱さからということですが、その点に関して小机の評価はどうなのかが聞きたかったです。

面倒を見ていることを考えると必要な図太さはあるのだろうと思いますが、そこに技術がまだ追いついていない、ということになるのでしょうか。

ただ、小机は図太さとは少し違って、鈍感なだけなのではないかと思っています。

彼女自身がこれからを決定づける何かが今後の話で描かれることになるのだろうか。
その時には少し騒がしいと感じているため、落ち着きを持ってほしいと思います。

clock4さん(30代、女性)

深山が前にクビを切ったという医者の男が入院してきましたが、その俳優さんが影のある怖い演技が上手すぎてエレベーターの中で閉じ込められたシーンは本当にヒヤヒヤしました。

過去に患者さんの死という悲しい出来事があって心が折れた経緯があり外科医を勧めなかったということもわかり、深山は悪い人ではないんだなと安心しました。

そんな中設備が整っていない状況での処置は本物のお医者さんのようにカッコ良かったです。

毎回幸子には笑わされますが、自分がクビを切られないように会議中にウンチクを言い出した時が今回は特に面白かったです。

来島は他の女の子と幸子を同じように見ているのか、エレベーターの中での医者としてのしっかりした姿を見て少しは特別な好意を持ったのか気になります。
来週も楽しみです。

きりんさん(40代、男性)

過去に、深山から脳外科医としてのクビを宣告された大澤は、深山に対して逆恨みをしているようです。

エレベーターに閉じ込めて、深山を再起不能にしようと試みましたが、そこに居合わせた患者が突然発症してしまい、エレベーター内での緊急オペになりました。

大澤が本当に深山を恨んでいるのであれば、その段階でいくらでも深山に危害を加えることはできたはずです。

しかし、大澤には、医者としての良心があり、患者を救おうとしていた深山には手が出せなかったようです。

深山の話では、大澤は優しすぎるとともに、心が弱すぎたために、大澤には脳外科医が務まらなかったようです。

ドッペルゲンガーに悩まされていた大澤も、自分の真実の声に気がついたようで、最後は自分自身の人生の選択について納得をしたようです。

第7話あらすじは?

深山(天海祐希)は臨床経験の浅い幸子 (広瀬アリス)の弱点を克服させるため、今まで以上に厳しい指導を始める。

そんな中、脳外科のドクターが一人辞めるという噂を聞いた深山は、新任の3人から辞める人を選ぶのは決断が早すぎると今出川 (三浦友和)に詰め寄るが、お茶を濁される……。

深山は、酔って階段から転落し後頭部を強打したエステサロンの経営者・滝野 祥子 (原沙知絵)を担当する。

血腫を取り除く手術を受け、経過観察のために入院している祥子の病室には見舞客が後を絶たず、中でも二人の男性・池谷 (木村了)と西川 (夙川アトム)は足しげく病室を訪れている様子だが……。

そんな中、深山は祥子から「顔がわからない」と打ち明けられる!人の顔の部分が誰のものなのか識別できない状態の祥子を、深山は“相貌失認 そうぼうしつにん ”と診断。

祥子をめぐり微妙な関係の様子の池谷と西川は、お互いに気まずい距離感を保ちながらも祥子を心配している様子で……。

仕事を優先してきた女性として通じるところのある深山に心を許した祥子は、ある男性との結婚を迷っていることを打ち明ける。
祥子の既往症に気になる部分のあった深山は、医師として祥子に寄り添うが……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

NETさん(50代、男性)

トップナイフは最近多数放送されている医療ドラマの一つですが、医療現場の難しさはもちろん人間どうしの関わり合いの描写にリアリティがあるのがいいですね。

現実離れしている超人を描いている医療ドラマがあるなか、足腰のしっかりした良ドラマで安心感があります。

さて、第7話ではエステサロン経営者という新たな患者さんが登場するようですが、この患者さんの背景に何があってどのようなトラブルが起きていくのかが見どころですね。

そして、困難な状況を主人公の天海祐希さん演じる深山がどのように乗り切っていくのかが注目でしょう。

DHTさん(40代、男性)

西郡の成長が描かれる会はありましたが、今回はとうとう幸子の活躍が見所です。

といっても、幸子のダメっぷりは番組全体の見所でもあったので、成長しないで欲しい気持ちも半分あります。
また、毎回脳の不思議を知る病気が登場していますが、今回はブラッド・ピットで有名な人の顔が覚えられない脳の疾患が登場します。

しかも、医療ドラマでありながら、ミステリーも楽しめる回なのも楽しみです。

また、深山、黒岩のストーリーも少しずつ描かれていくのもワクワクします。

YOSHIDAさん(30代、男性)

エステサロンの経営者が酔って転落して、頭を強く打ち病院に運ばれてきます。

ただ、彼女は記憶の一部を失っているような素振りを見せますが、その後記憶が蘇り、自分は誰かに突き落とされたんだということを思い出すのです。

この患者には何度も病院に通い続ける2人の見舞客がいて、この2人のどちらかに突き落とされた可能性が考えられました。

本当に2人の仲に犯人がいたとしたら、それをどうやって突き止めるのか?犯人は誰かの部分まで思い出すことができるのか?そこが見どころです。

第7話みなさんの感想

monbさん(60代、男性)

今回のテーマは「顔」です。
「もうひとつの顔はいつも唐突に現れる」のナレーションが印象的です。

脳外科見地で顔の認識ができない症状であったり、医師の職業上の顔と家庭の顔が別であったり、妻の顔の絵が半分異様であったり、顔の持つ広い意味を問う回でした。

そのテーマのトーンで彩られたストーリーですが、世の中で興味を持たれている各種ドラマの面白エッセンスをちりばめたような多重性を感じました。

つまり、親子の絆や愛情を表現するホームドラマであり、嫉妬で女性を殺そうとするサスペンスであり、そしてベースは職場の人間関係も描く医療ドラマ、という盛りだくさんの多重性です。

特に今回は主役の天海祐希さんが「いろいろな顔」を工夫して演技されていました。

よく似合う「叱る」「指導する」シーンは当然のことながら、「男前の顔」「女らしい顔」「家庭的な顔」などビジュアル的にその魅力の総集編であるかのような多種表情が印象的でした。

一瞬ですが、離婚前の「若い頃」の演技まであり、ちょっとほほえましく感じます。
更に「タカラヅカ時代の素顔」まで意識的に表現していたようなシーンもありました。

ところで、終わり頃に何か不穏な展開があり、また次回の予告の映像でもちょっと意外な波乱が感じられました。

主人公の深山医師自身が「いらない人材」になっているのでは?またそれは何故?という意外な展開にちょっと驚きを覚えます。

66trさん(40代、男性)

人の顔を認識できなくなってしまった女性は、実は事故ではなく階段から突き落とされたことを思い出しシリアルな展開に。

そんなかなりハラハラする展開もあり、犯人が誰なのかちょっとドキドキする展開があったりと、いつも以上に見入ってしまったお話です。

そんな中天海祐希さん演じる深山先生の娘の真美がお母さんの仕事を見るために病院に潜入してくるというちょっとした面白い場面も盛り込まれていたり、深山先生と娘さんそして深山先生の分かれた旦那の方の家庭が描かれたりと、人間関係がより一層深掘りされて面白かったですし、いつもながらクールビューティーな天海さんでした。

ただ、ちょっと今後の展開が気になるのは三浦友和さん演じる今出川部長の写真に写る深山先生を見つめるシーンが意味深で今後の展開も気になる展開です。

むしぱんさん(30代、男性)

母親の本当の気持ちをハッキリと知ることが出来てから深山の娘は近くにいようとしていますが、今出川にどうするかを聞かれた深山は父親のもとへ帰すことを決めているようで、今後どうなるのか気になります。

家とは違う母親の姿を見たり、小机たちから話を聞いている姿はとても嬉しそうで、深山のことを自分のことのように誇らしく思っているように感じました。

深山も帰りを待っていた娘のサプライズを嬉しそうにしていましたし、この時間が長く続けばいいと思いますが、医者であることを大切にしようと思うと、深山の判断はやっぱり仕方がないことなのだろうと思います。

会えないわけでもなく、愛情が変わるわけでもないということ知ってくれているだけで深山は十分なのだろうとは思いますけど、それを娘も同じように思えるとは限らないですから、ちゃんと話をして2人にとって最適なものを選んでほしいです。

ただ、今出川のあからさまな態度が深山を医者として続けさせることを奪うことになるのか、という不安を感じています。

あからさますぎるため、彼が自分自身のクビを切るつもりなのではないか、とも考えていますが、クビにしなければいけないという一人が誰のことを言っているのか、非常に気になります。

YAMAMOTOさん(40代、女性)

今回も、色々ある脳機能障害の中から実際に起こり得るであろう事案をもとにしたストーリーが大変面白かったです。
医者の家族関係と院内の人間関係も同時進行してスピード感があり、回を重ねるほど引き込まれるドラマです。
女性実業家役の原沙知絵さんと深山先生とのやり取りが高身長女性は画面的に華があるなぁと感じました。
深山先生の娘さんが病院での母親の仕事姿に感銘を受け、好みをリサーチした夕食を準備する娘さんは何ていい子なんだろうとほっこりしました。
缶チューハイにも笑ってしまいました。
黒岩先生の子供の件も、嫌がりながらも学校に出向くのにも好感が持てました。
相変わらずの小机先生のコミカルなキャラクターは、少しづつではありますが慣れつつあるかなと言った感じです。
最後にバーカサブランカに現れたの謎の女の正体と、今後の病院の人員削減に深山先生が関係あるのかが、次回の楽しみです。

第8話あらすじは?

幸子(広瀬アリス)が担当する脳出血の患者・前川(金田明夫)は、麻痺した腕を他人の腕と思い込む、いわゆる“エイリアンハンド”と診断され、さらに左腕を擬人化し「愛する若い女性」と言い出す…。

前川の目には確かに自分の左腕が若い女の姿に見えている様子で…。
献身的に介護をしてきた前川の妻・ 純子 (原日出子)はたとえ幻覚であっても若い女にうつつを抜かす夫の裏切りに、ショックと怒りを感じる。

一刻も早く手術をする必要がある前川だが、純子は、夫への復讐なのか?手術の同意書を拒絶するのだった。

深山 (天海祐希) を頼ろうとする幸子に、今出川 (三浦友和)は珍しく厳しい口調で自分で同意書を取るよう叱咤する……。
今までにない今出川の剣幕に焦りを感じて純子を説得しようと試みる幸子。

しかし、長年の夫婦関係で、前川に抱く純子の複雑な心情を前にした幸子はかける言葉が見つからなかった。

脳外科に来てからの3ヶ月間、全く結果を出せていないことを人知れず悩んでいた幸子は、犬飼 (福士誠治)や真凛 (森田望智)の励ましを受けながら、前川にもアプローチするものの…。
そんな中、病院に深山の別れた夫・沢城 (小市慢太郎)とその妻・薫(酒井美紀)が訪れる。

深山の元に家出したまま戻ってこない娘・真実 (桜田ひより)を心配する沢城に、ようやく真実と打ち解けてきた深山は複雑な心境で対応する。

一方、近い将来アメリカに戻る予定の黒岩 (椎名桔平)は、姿を消した保 たもつの母親を探すがなかなか見つからず、心を開かない保との関係にも手を焼いていたのだった…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

KITAさん(30代、男性)

幸子が担当している腕がマヒした男性患者に関して、その患者は自分のマヒした腕を他人の腕と勘違いし、しかもそれが若い女性に見えているという状況だったのです。

それを知った男性の妻は、若い女性にうつつを抜かしている夫を見てショックを受け、同時に怒りを覚えるようになります。

そして、その結果夫が受ける手術の同意書を拒否してしまいます。
幸子はなんとか妻を説得しようとしますが、何と言って説得しようすればいいのか?分かりません。

この状況をどうやって打開するのか?手術に同意させることができるのか?という部分に注目です。

nandeさん(30代、女性)

エイリアンハンドと診断される患者を幸子が担当することになりますが、珍しい症例のため、幸子は戸惑ってしまいます。

さらに患者の妻までも手術に同意をしないと言い出して、幸子は途方に暮れてしまいます。

他の医師に頼ることもできませんが、どこか頼りなかった幸子が今回のケースで一皮むけるのかが見どころです。

また今出川が医師を減らすという話を以前からしていますが、その対象者がまだ明らかになっていないので、深山を含めて誰なのかが注目です。

mosoさん(40代、男性)

今回の第8話の見どころは、三浦友和演じる今出川が前回第7話で重たい空気になっていました。

それが今回第8話目で何に悩んでいるのかが明らかになるのかが一番の見どころになっています。

今出川はいつもは温厚ですが、今回は天海祐希演じる深山瑤子を頼る広瀬アリス演じる小机幸子を今出川いつも以上に厳しい口調で小机幸子に対して自分で手術の同意書を取るようにと叱咤します。

なぜ今出川は厳し口調で小机幸子を叱咤したのかも見どころです。
その理由は今現在抱えている悩みと関係があるのかということも見どころとなります。

第8話みなさんの感想

dottさん(40代、女性)

エイリアンハンドなんて、聞いたこともありませんでしたが、腕が動かなくなった患者が、その腕を愛する人だと妄想し、信じ込んでしまう。
それはある種の防衛本能なのかもしれないと思います。

信じがたいこと、信じたくないことは、脳が受け入れず拒否してしまう状態。
ある意味、本人にとっては幸せなことなのかもしれません。

そして、それは傍で寄り添う人にとっては、この上なく苦痛なこともあるでしょう。
人が思う幸せと、本人が感じる幸せ、どちらが正しいといえるのか、考えさせられました。

gataさん(60代、男性)

エイリアンハンドと診断された患者前川氏の夫婦関係が意外でした。
前川夫妻は前回から2回連続して描かれる(しかも有名俳優である)ことから、ありきたりな事情ではないとは考えていましたが、ドラマ同意書を書こうとしない妻は、単に夫の妄想上の愛人に嫉妬して夫に復讐するというものではなく、その妄想は自分の若いときの姿で、もっと複雑な思いだったというストーリーは、想像していたものを越えていました。

このストーリーと並行して、医師たちの人間関係をめぐる苦悩とそれにどう対応していくのかという展開ですが、特に小机医師の苦労は家庭と命を左右する問題であり、ドラマとして起伏のある複雑な経過を楽しめました。

視聴者にとっても、解決の爽快感を感じます。
広瀬アリスさんは今までコミカルな存在感がありましたが、今回は喜怒哀楽の演技の幅を出せていました。

他の医師達も問題を抱えたシーンのセリフと表情が生きており、各俳優陣の持ち味を楽しめました。
なお終盤は、また意外な展開となりました。

新たな入院患者が部長の妻で、難治療が必要にて、難手術ができる優秀な脳外科医を集めたということです。

iwaseさん(40代、女性)

エイリアンハンドという症状がある事を知らなかったので、そんな症状がある事にびっくりしました。

自分の身体の一部が自分のものではないと感じ、擬人化してしまう事がある、名前をつける事もあると知って、本当に脳は複雑で分からない部分もまだまだたくさんあるんだ、と思いました。

前川が夢中になっている左腕の女性が若い頃の自分と知った奥さんの複雑な気持ち、何となく分かりました。

今の自分を全く見てくれていないのかと思うと複雑な心境になると思います。
でも、その若い頃の思い出が彼にとってとても印象的だったような気もしました。

奥さんは同意書を離婚届と言いましたが、深山医師の婚姻届だと言った言葉は印象的でした。
人の心は捉え方で色んな方向に向くと思いました。
部長の今出川の奥さんの症状も気になりました。

mateさん(40代、男性)

今週の「トップナイフ」第8話は、エイリアンハンドでしかもその腕を擬人化させてしまっている患者さんと広瀬アリスが演じる脳神経外科医の研修医の小机幸子の患者さんのケアを通じた喜怒哀楽、人間関係、そして治療に関する苦悩、色々な要素が絡み合って見応えのあるストーリーです。

今回は特に小机研修医の患者さんへのケアと治療へのアプローチが注目で、エイリアンハンドの患者さんが擬人化した人物が見えていることを知った時の驚き用はとっても面白く、そんな患者さんとその奥さんの関係も考えて必死に論文など調べたり、その苦悩を今出川部長に吐露したりと、そんな様子が良い感じのストーリーでした。

ちょっと残念なのが、今週のお話では天海祐希さん演じる深山先生の活躍が少なくちょっと物足りない感じがあって、でもラストシーン部長の奥さんが転院してきたりと次回が待ち遠しい第8話です。

第9話あらすじは?

深山(天海祐希)たちは転院してきた深刻な脳腫瘍の患者が今出川 (三浦友和)の妻・里美 (有森也実)であることを知る。

実は今出川は、最初から妻に最高の治療を受けさせることが目的で、黒岩 (椎名桔平)と西郡 (永山絢斗)を東都総合病院に呼び入れていたのだ。
今出川はすでにキャリアを捨てる腹をくくっていて……。

一方、保の学校に忘れ物を届けに行った黒岩は、同級生からのいじめを無反応にやりすごしている保の姿に、かつての自分に似た“息子”の一面を見る……。

その日の午後、深山と黒岩、西郡は、三人の技術を結集して里美のオペを遂行すべく計画を詰めていた。

そんな三人に頭を下げた今出川は、深山に自分の後任を任せようと思っていることを打ち明ける。
一方、病室で里美の様子を見ていた幸子 (広瀬アリス)は、脳腫瘍が引き起こす。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

jackさん(30代、男性)

今出川の妻が転院してきたことで、今出川にまつわる秘密が明かされることになります。

今出川の妻はかなり深刻な脳腫瘍を患っており、治療が非常に困難という状況でしたが、そういった状況を考慮して黒岩や西郡を病院に集めていたという経緯があったのです。

深山を含めた3人に対して非常に低姿勢をとる今出川の姿が確認でき、今まであまり見ることができなかった姿が見られる回という意味ではかなり貴重で、そういった面に注目でしょう。

mikuriさん(40代、男性)

今出川の悩みは、妻の病気のことでした。
今出川は、妻の手術をしてもらうために天才脳外科医である椎名桔平が演じる黒岩と永山絢斗が演じる西郡らが集めました。

そのことを天海祐希が演じる深山ら天才外科医たちが知ることになります。

深山と黒岩そして西郡は、無事に今出川の妻の手術を成功させることができるかが第9話の最大の見どころになります。

gasanさん(60代、男性)

前回のラスト近くで、なぜこの病院に優秀な脳外科医師が集められたのかという謎について、今出川部長の口から「妻の難病を治療する手術のため」という真相が語られました。

公私混同ともいえることで、今出川部長はその責任を感じており、辞表まで用意していました。

そして、今回は今出川部長は自分の後任に深山医師を指名する展開です。
三浦友和さん演ずる今出川部長の今までの苦労の人生が浮かび上がってきます。

三浦友和さんは私生活でも愛妻家で有名ですので、イメージとしてぴったりな役かもしれません。
今回のみは三浦友和さんがほぼ主演のようなドラマ仕立てになりそうです。

最大の見どころは、今出川部長の妻の手術をめぐり医師達の準備と議論が展開され、それぞれの能力と個性が難手術を控えてどう生かされるのかというところでしょう。

特に、脳外科医として天才的とまでは評価されていない小机医師や西郡医師はこの難手術においてどのような役割で活躍するのかということにも興味を覚えます。

ドラマとしてこの2人にも存在意義を明確にすると思います。
もうひとりの患者は鉄筋が頭を貫通した絶体絶命の状態であり、ここで見せる医師の能力や個性といったものが、今後の今出川部長の妻の手術につながる伏線になるような気もします。

そして天才的な深山・黒岩両医師の家庭の問題の展開も気になります。
いずれも自分の子供への愛情がテーマであり、医療ドラマに挿入されたホームドラマとして楽しめます。

また小机医師の恋の行方もちょっと意外な方向に進みそうで、興味があります。
こちらはラブコメディータッチです。

各医師の個性の違いのぶつかり合いによって生まれる奇跡的な展開を期待しつつ、短期・中期・長期のストーリーが輻輳して立体的な面白さを満喫できそうです。

天海祐希さんと椎名桔平さんの存在感も今回見どころで、予告編でも怒りや叱りのシーンがあり、おふたりの演技力を評価するのも楽しみです。
特に天海祐希さんは指導する叱責のシーンが似合います。

第9話みなさんの感想

GATAさん(30代、男性)

黒岩と保くんの話に驚きました。
幼い頃の自分に似ている、という話もあり、もう一度のDNA鑑定は口では違うことを言っていたとしても、確定させるためのものだとばかり思っていました。

けれど、最初の鑑定はやらせで親子関係は全くなかったのは予想していませんでした。

送り出す時や、一人きりになった家で保くんが大切にしていた人形を見つけた時の姿は思わずもらい泣きしてしまいそうになりました。

一緒だった時間もわずか、血の繋がりもない。
二人を見ていると親子というものはそれだけではないのではないかと思えてなりませんでした。

細工をしてまで子供を捨てるような母親のもとにいるよりは、黒岩のそばにいた方が彼は幸せになるのではないかと感じました。

黒岩はこのまま別れたままにするのか、行動するのか、出来ればどうにか動いてほしいです。
それが黒岩自身のためにもなるように思います。

kabanさん(50代、女性)

大好きなドラマですが、今回の第9話にもたくさんの感動のストーリーが盛り込まれていて本当に良かったです。

前回の8話から気になっていた今出川(三浦友和さん)の妻の存在でしたが、今出川がその妻の難しい手術を深山(天海祐希さん)と黒岩(椎名桔平さん)に頭を下げてお願いしている姿には心が打たれました。

でもその妻は脳腫瘍のせいでせん妄の症状も出て、夫の今出川に対して罵倒することもあって悲しくなりました。

そしてそんな今出川が辞表を提出して、自分の後を深山に任せたいと考えているということを伝えた時には寂しい気持ちになりました。

それから黒岩がやっと愛情を感じだした保が本当の息子ではないことが分かったのはショックでした。
そして黒岩が家に帰ってヒーローのフィギュアを見つけて涙ぐんでいる彼を見てジーンとしました。


これで彼は以前のプラン通りにアメリカに行ってしまうのかな?と残念に思います。

それから深山が手術で助けた男の子、徹が鉄筋が刺さったのは事故ではなく、母親が自分を殺そうとしたことを深山に告白した時には唖然としました。
もしそれが本当だとしたら、その母親を許せません。

ikaiさん(40代、男性)

「トップナイフ 天才脳外科医の条件」第9話ですが、前回のラストの三浦友和さん演じる今出川部長の妻が治療困難な脳腫瘍の治療のため入院してきた展開に期待していた分、ちょっと期待外れ感が高かったです。

第9話の物語全体は今出川部長と奥さんのお話と椎名桔平さん演じる黒岩とそのお子さんのお話ですが、夫婦愛、親子愛、家族愛といった興味深いテーマではあったのですが、盛り上がりに欠けるというか、ドラマに見入ってしまうという感じではなかったです。

ただ、頭に鉄筋が刺さってしまった少年の部分の話の展開はビックリしました。
先ずは頭に鉄筋が刺さっている姿に、そして鉄筋が刺さった事故は実は母親が自分を殺そうとしたと言う少年の言葉に驚き、ドラマとしては面白かったです。

そしてミュンヒハウゼン症候群かと視聴者として予想してしまった母親についてですが、母親が廊下を歩く姿、とても不気味な感じの演出で、次回以降の展開がとても期待されてしまう第9話でした。

lilitaさん(40代、女性)

片岡鶴太郎が本人役で出てきたのにはびっくりしました。
今回は今出川の奥さんの手術に関しての話でしたが、自分が提供できる一番の手術の為に、名医を揃えていた彼の愛の深さを感じましたが、同時に複雑な気持ちにもなりました。

妻としては、病気で性格が変わるからと言って自分に不満を抱いているとは思って欲しくないように感じました。
長年連れ添ってきた相手にそんな風に思われたくないように思います。

頭に鉄筋が突き刺さった少年がヘリで搬送されてきたのにも驚きましたが、母親に殺されかけたと衝撃的な発言に真相はどうなのかとても気になりました。

第10話あらすじは?

いよいよ今出川 (三浦友和)の妻・里美 (有森也実)のオペが始まろうとしていた。
まずは西郡 (永山絢斗)と幸子(広瀬アリス)が開頭した状態の里美に話しかけながら脳のチェックをしていく。
今出川も参加し、順調にオペが進むが……。

一方、深山 (天海祐希)は、鉄筋が頭部を貫通する事故から奇跡的に回復に向かっている中学生・徹 田中奏生)から、「母親に殺されそうになった」と打ち明けられ、驚きを隠せない。

そんな中、手術室では里美のオペにトラブルが発生!全身痙攣を起こした里美のもとに深山と黒岩 (椎名桔平)が合流する―。

徹の被害妄想は脳の損傷による“譫妄 せんもう”が抱かせている可能性があるという深山の説明に、思いつめた表情で聞く、徹の母・良美 (鈴木杏)。


さらに、徹は見舞いに来た良美のことを“お母さんを乗っ取った宇宙人”だと言い出す……!深山は血液の逆流で脳出血を起こす危険のある徹に、再びオペをすることを決断。
しかし、オペを前に突然徹の容態が急変する……!!

公式サイトより

みんなの注目する点は?

RREiさん(50代、男性)

今出川が病院での地位を捨ててでも救おうとする妻の里美のオペが開始され、西郡と幸子、そして発話しながらのオペで今出川も参加する状況がどんな結果がもたらされるか、見どころのひとつとなりそうです。

また、頭に鉄筋が刺さった状態から回復をみせる中学生の徹にせん妄の症状が現れ、再手術を決める深山がどんな対応をみせるのかも見どころで、深山が今出川の後を受け継いで、どんなトップナイフ像を宣言するかも楽しみです。

さらに、深山と娘の関係がどうなるかも気になります。

H445rさん(30代、女性)

今出川が妻の手術のために、優秀な脳外科医を独断で集めたことで戸惑いが広がりますが、深山を中心に手術を成功させようと団結する気持ちが生まれます。

手術には今出川も参加することになりますが、途中で患者が全身痙攣起こしてしまいます。

すぐに深山と黒岩がオペに参加をしますが、無事に手術が成功し奥さんが目覚めさせられるのかが見所になります。

一方で、鉄筋が頭を貫通した患者が、母親にやられたと言ったことで深山はせん妄状態になっていると予想しますが、患者の勘違いなのか、それとも事実なのかも注目です。

98geさん(30代、男性)

頭部を損傷しながら、手術によって奇跡的に回復した中学生が「母親に殺されそうになった」と言い出します。
これは実際は被害妄想なのですが、頭部を損傷したために、脳に異常が起きている可能性が考えられました。

母親はかなりショックを受けており、さらに母親と対面したときには母親であると信じてもらえず、宇宙人だと言い出す始末だったのです。


この状況で、深山は再度手術をすることを決意しますが、この被害妄想を引き起こしている脳の損傷を治すことは可能なのか?が注目です。

第10話みなさんの感想

regebさん(30代、男性)

これで最後だと感じにくい終わり方だったように思います。
黒岩と保くんはあの別れ方を最後にして本当によかったのだろうか、という想いが強いです。

黒岩は日本を離れることを決めたようなので、行きつけのお店で直接会うことはないと思うと寂しく感じます。

少しでも様子が知りたいと思うからこそ、あんな風に話していたのだと思っていたので、全く触れなかったことがより寂しく感じました。

小机と来島の関係があまりに中途半端で残念に思いました。
人を愛せないという来島の脳に興味があると迫っていましたが、最初からずっと続けてきた小机の暴走気味な部分があまりに雑に終わらされていたように感じてしまいました。

こんな風にするのなら、最初から来島の存在はなくてもよかったのではないかと思えてなりませんでした。

部長職を引き受けた深山は、現場から離れることはしないという道を選んだので、彼女らしいと感じました。
部長となった深山が今後どういう風に脳外科をまとめていくのか気になりました。

smsmsiさん(20代、女性)

今回は話の進み具合がとても早いように感じられましたが、そこ以外はとても良かったと思います。

今回のオペはこれまで経験した中でも珍しい症例が立て続けに起こっていて、途中で流石にハラハラしましたが何とか山を乗り越えた時は流石だと思いました。

今回の名シーンは深山とその娘のお別れのシーンだと思います。
夫側に娘は引き取られたので、一見母親と引き離された悲しいシーンなのですが、娘が「もう逃げない」と決意するシーンは切なさも感じられつつも、深山の人格や性格の影響を受けているとも捉えられる名シーンだと感じました。

後ろ姿こそ悲しい印象を与えましたが、今後家族としての繋がりが切れるわけでもないので深山と娘の今後がどうなっていくのかも視聴者の判断に委ねられていると私は感じました。

医療よりも家族や人の感情に重きを置いていたので、心を動かされる場面がとても多かったです。

pictherさん(40代、女性)

黒岩先生が預かった男の子とのやりとりに人間味を感じました。
最終回でもアメリカ行きを決意しましたが、男の子の事が気になっているであろうシーンが良かったです。

心を閉ざしていた西郡先生も、脳神経外科に馴染んで好感が持てました。
小机先生も最初は空気も読めず何だかなぁ…と思っていましたが、自分の特技を生かして医者の道を進む姿も良かったです。

深山先生の脳神経外科医が、本当の医者のように見えてしまい、ドラマの演技を越えた安定感がリピートに繋がりました。

daitouさん(40代、男性)

前回、特に鉄骨が頭に刺さってしまった少年が「あの人が自分を殺そうとした」と母親の事を話した話がどんな結末になるのかとても待ち遠しかった「トップナイフ」最終回の第10話、結論から自分の予想よりちょっと斜めに行ってしまい、ちょっと物足りないしラストは本当にあっさりと終わってしまいました。

天海祐希さん演じる深山先生は、娘との関係を結局割り切ってしまった感じもするし部長職も引き受け手術もやると完全に仕事に生きる女性という感じであっさりし過ぎという感じです。

三浦友和さん演じる今出川先生の奥さんはちょっとしたトラブルはあったもののあっさりと手術が終わってしまい無事回復に向かってしまうし、椎名桔平さん演じる黒岩先生は結局子供との話の進展はなく結局アメリカへという話で、盛り上がりに欠けている感じがしました。

全体的に、これが仕事に生きる大人達の物語という感じでした。
ちょっと期待外れです。

さいごに

強いできる女の筆頭格ですね!ぜひ続編や、スペシャルドラマでもう一度見てみたいです。
案外エンディングのダンスが世間に浸透していないような気がして残念に思います。