ネタバレも見逃せない!アライブ がん専門医のカルテ第10回のあらすじと感想

阿久津部長が腫瘍内科を強化したがる理由が気になります。
もしかしたら、腫瘍内科を廃止しようという動きでもあるのではないでしょうか。
https://www.fujitv.co.jp/alive/  

第10話あらすじは?

恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智己)が、兄を転院させると申し出てきた。
芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。

心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことにした。
一方、結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間がそろそろ終わろうとしている。
阿久津晃(木下ほうか)はこのまま腫瘍内科に来て欲しいのだが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。

阿久津にはどうしても腫瘍内科を強化せねばらならない理由があるようだ。
そんな中、薫が腫瘍内科に女性を連れて来る。

女性は有馬総合病院の理事、結城美紀子(とよた真帆)と名乗り、佐伯兄弟に対し、現場の医師が勝手に承諾したことで、病院としては先に待っている患者を差し置いて手術を請け負うことはできない旨の謝罪に来たのだと言う。

丁寧な美紀子の対応に感心する心。
すると、美紀子は出向いて来たのは、息子の職場も見ておきたいからだと言い、彼女が向かった先は…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

ohaiさん(20代、女性)

心と薫の担当する膵臓がん患者の家族から別の病院へ転院させたいという提案を出されました。
2人は、無理強いは出来ないとして患者側の意向に従う事に決めました。

一方で阿久津は腫瘍内科を強化したいと考えて研修期間が終わるドクター2人に腫瘍内科に来て欲しいと思うのですが、2人の希望は腫瘍内科ではありませんでした。

そして、腫瘍内科に膵臓がん患者の転院先の病院の理事長がやって来ます。
理事長は既に手術を待っている患者は他にもいるため、優先順位を変える事は出来ない旨を謝罪に来たのです。

Mr.Eさん(50代、女性)

突然現れた有馬総合病院の理事は、結城という苗字から、どう考えても結城涼の母親だと思います。

もしかしたら、母の意向に反して涼は腫瘍内科医を希望しているのではないでしょうか。

これまで見てきた心や薫に共感し、心を動かされて進路を変えたのでは? 涼は患者に寄り添う良い医者になれると思うので、腫瘍内科医になって欲しいです。

batさん(40代、男性)

松下奈緒さん演じる恩田心先生と木村佳乃さん演じる梶山薫先生が担当する、すい臓がんの患者さんをどうしても評判の良い病院へ転院させたいと患者の弟が訴えます。

そして心先生と梶山先生は患者とご家族の意向に沿うように引き留めることはしません。
そんなころ研修医達の研修期間も終わりが近づき、医師たちは腫瘍内科の充実のために研修医達の進路に気を配ります。

そして心先生と梶山先生との関係にも変化の兆しが訪れます。
第10話は患者や医師たちの進む先について見どころです。

第10話みなさんの感想

dog5さん(50代、女性)

結城は腫瘍内科医に興味を持ち始めているのではないかと思いましたが、やはり外科だったのですね。

でも、父親という患者としっかり向き合っている医師を目標としていたとは…。
少し意外でした。
もっとドライな物の見方をしていると思っていましたが、これは心や薫の影響ではないでしょうか。


ショックだったのは薫の乳がん再発です。
あと少しで5年という時期での再発は、いくら気丈な薫でもさすがに応えたと思います。
がん再発は、初発よりも治療が難しいと言われているので、薫はどれほど不安で心細いことか。
薫の心情を思うと辛いです。

全力で薫を支えたい心ですが、心にキャリアアップのチャンスが巡ってきています。
薫のアシストは心じゃなくても大丈夫だとは思います。
でも、心はチャンスを一端保留にして、薫のバックアップにまわるのでは?そんな気がします。

Araiさん(50代、女性)

結城先生の素性がようやく明らかになりました。
親の期待と出来の良い弟に押し潰されそうな心を抱えてきた人だったことがわかりました。

でも心先生や薫先生、患者さんとふれあううちに「やらなければ」ではなく「やりたいこと」や「どうなりたいか」ということが大事だということに気づいていきます。

最後は自分の気持ちを自分の言葉でお母さんに勇気を振り絞って伝えました。
ドキドキしながら見ていたら、お母さんが温かい言葉で息子を送り出したのでホッとした反面、拍子抜けしてしまいました。

Whyyouさん(40代、女性)

すい臓がんと分かっても、周囲への気遣いができる佐伯さんが素敵でした。

そして、佐伯さんを思って必死になる彼の弟もまた素敵で、いい兄弟だと思いました。
研修医の結城が父を目指すと決めた時、後押しをした彼の母も素敵でした。
色々な人と接すると色んな見え方ができて分かる事もあるんだと思いました。

自分のやりたいようにする、というのは、簡単ではないかもしれないけれど、それを応援してくれる人がいると分かると力になると思いました。

薫先生も、乳がんの再発で辛い思いをしている中、患者の難しい手術をしたり、笑顔で心先生に話したりできるのは、心先生を心から信頼して、自分を信じてがんを冷静に見つめ、現状を好転させようという強い意志を感じました。
次回は、薫先生と心先生の笑顔を見たいです。

mikataさん(50代、女性)

今回のドラマの中に出て来た、すい臓がんの患者とその弟とのやり取りが心に響きました。

今までずっと親の介護をして来たり苦労をしてきたので、そんな兄のために弟が必死に兄を助けようとしている姿には感動しました。

すい臓がんはガンの中でも特に難しいようなのですが、今回の手術が功を奏してこの兄弟の将来を明るくしてほしいと思いました。

それから心(松下奈緒さん)ががん医療センターに移ることになるかもしれなくなりましたが、彼女ががん医療センターに行くことを決意するのか、それとも今の病院に残ることにするのか気になります。

でも彼女をサポートすると言ってくれた義理父の存在は有難いなと思いました。
それから結城がまさか大病院の息子だったなんてビックリしました。

彼は研修が終わったら、その大病院に行くことになるのかなと思いますが、もし彼も心も居なくなったら、この病院は継続して行けるのか心配になりましたし、阿久津(木下ほうかさん)が悪戦苦闘しているのも分かります。
また次回が楽しみです。

さいごに

まさかの薫先生のガン再発の告白に驚きました。
一緒に闘ってほしいと言われた心先生は国立ガンセンターへの栄転は断っちゃうのかなと思うとちょっぴり複雑です。