意外な結末!知らなくていいコト第10話(最終回)ネタバレ情報

最終回は真壁ケイトが本当に殺人犯の娘なのか、それともそうでないのかといったところが見どころですね。
また柄本佑が演じる尾高由一郎と真壁ケイトの恋の行方も見逃せません。
https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/  

第10話あらすじは?

30年前、乃十阿(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。

ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが……。

ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く……。


そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。

乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す! 自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイトだが……。

数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く……!

その頃、会社を休み続けている野中(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていた。記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

KAIさん(40代、男性)

10話でようやく最終回を迎えることになりますが、今まで吉高由里子演じる真壁ケイトの父親である小林薫が演じる及斗阿徹は殺人犯ということが世間では言われていましたが、9話目でもしかしたら殺人犯ではないのかもしれないということが浮かび上がってきました。

幼い息子がやったことを及斗阿徹がかばってのではないかというその事実を確かめるため、真壁ケイトは及斗阿徹の息子が住むドイツに旅立ちます。

尾高が妻と子供を捨てて真壁ケイトの元へ走るのかというところも、最終回の見どころになります。

yosoさん(40代、男性)

ケイト(吉高由里子)が30年前の事件の真相を自らの手で記事にできるのか注目です。

ケイトの父親である乃十阿(小林薫)が本当に息子を庇って逮捕されてしまったのか、そしてケイトもこの事件に何かしら関係している可能性もあるので真相がいよいよ明らかになりそうです。

そして回が進むに連れ異常性が増えてきている野中(重岡大毅)が最終回でもらしさを発揮してくれます。

イースト編集部にてケイトを週刊誌にリークしたことを公表します。


その際の野中の様子はやはり普通ではなく去り際も奇妙な笑い声を発しながらでした。
重岡さんの奇怪な演技力は見逃せません。

ER55さん(50代、女性)

ケイトの父親は無実だったことが分かったが、幼い息子をかばったようでした。

そこで、ケイトはその息子が住むドイツへ行き、その真相を知ろうとします。

しかし、息子は3歳だったため、その記憶は無く、行っても無駄だと尾高はケイトを説得します。

ケイトは自分と母親が30年前の事件に関与していたかもしれないと言う証言を聞き、動揺してしまいます。


さらに不倫関係にある尾高とケイトの関係がどうなっていくのかなどが今回の大きな見どころだと思います。

第10話みなさんの感想

nakamuraさん(30代、女性)

最終回はスピードがありました。
まず、のとあの記事が世にでなくてよかったと思いました。

本当のことを隠して息子を守ったのとあの気持ちが台無しになるし、事実はケイトとのとあだけが知ってればいいことだと感じたからです。


また、ケイトと尾高の不倫も別れるという選択に少し私は腑におちなくてもやもやが残りました。

でも一緒になっていたらケイトは記者の仕事を命を削ってできなかっただろうし、尾高も持ち前の優しさがなくなってしまったと思います。

ふたりがお互いを守るために決めたことと思えば、少しは納得がいきました。


求めあうけど結ばれない関係、タイミングの悪さというのは、よくあることだと考えます。
3ヶ月このドラマをみて、とてもおもろくて心に残るフレーズが多かったので、終わってしまって淋しいです。

adaさん(30代、女性)

いつもただ優しいだけではなく、深い優しさで包んでくれる時もあれば、厳しく突き放したり叱ってくれる時もある尾高さんの存在が、どれほど大きいものであるかを再認識しました。

突然強く抱きしめて、プロポーズした尾高さんには少し驚きました。
離婚の了承を得てからの言動だったところは尾高さんらしいと感じました。

自分が深く愛する人が、ケジメをつけて結婚しようと言ってくれたら、私なら絶対に断らないと思います。
判断の難しい状況下でも、冷静に周りの事も考えられるケイトを尊敬します。

しかし、これ程までに想い合っている2人が幸せになれないなんて、神様はあまりに意地悪です。
何事もタイミングが大切とは言え、こんな事態になってしまうのは何だか悲しいです。

退職届を持ってきた春樹が、常軌を逸した言動をしていて狂気さえ感じました。
後の作家としての大成功は不快でしたが、小説家となると変わっていた方が良いのかもしれないと納得もしました。

manboさん(40代、男性)

ケイトは過去を調べるために思い付きでドイツにまで来たようです。
でも結局何もできなくて帰国するとか時間と金の無駄使いです。

どうもケイトは自分のことになると、事件の追求に二の足を踏むようです。
これではマスコミ人としては失格です。

マスコミ人は、自分も含めてすべての人を犠牲にしてでも、事件の追求に邁進していればよいのです。
その後の処分は社会が決めてくれます。

編集長の鏡である岩谷は、マスコミ人魂をたたき込むために、ケイトに自らの過去を記事に書かせたいようです。


乃十阿が殺人犯の娘としてケイトの人生を狂わせたように、ケイトは不倫によって尾高の人生を狂わせています。
さらに、野中も、かなりおかしな人でしたが、ケイトに翻弄された人間の一人でしょう。


結局、ケイトは、マスコミ人として他人を不幸にし、個人として恋人を不幸にする、それによって自分は輝けるタイプの悪女なのでしょう。

最後は、社内政治に屈した岩谷、とんだオチですが、これぞマスコミ人、まさに自分本位、長い物には巻かれています。

u-miさん(20代、女性)

「知らなくていいこと」の本当の意味を教えてくれたのがケイトではなく、のとあさん本人だったことに衝撃のラストを迎えました。

個人的には尾高さんとの発展を期待していたので、結婚してくれ。
二回も俺を振らないでくれよ。
というシーンに胸が痛くなりました。

尾高さんの気持ちを汲み取らないケイトにも腹が立ちましたが、ケイトの出した決断は大人として、一人の義務のある人間としての鏡だと感じました。

子どもから親を奪ってはいけない、こんな状況にならずとも、世間が皆そう思えばよいのにと思ってしまいました。

さいごに

今回のドラマを通して大人の責任と義務とその他恋愛や人間性など、多くのことを学べる良いドラマだと感じました。
配役もはまっており、ぜひ2作目を出してほしいですね。