恋はつづくよどこまでも第9話の見どころとネタバレ

恋つづ第9話のみどころ。
それはズバリ!「俺がどんだけ我慢してると思ってるんだ?」
by天堂先生。
・・・に尽きますね。
こんな人、この世のどこかに実在するんでしょうかね。
https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/  

第9話あらすじは?

“鹿児島の小さな診療所で、看護師として新たな生活を始めていた佐倉七瀬(上白石萌音)を迎えに来た天堂浬(佐藤健)。

ひょんなことから、家族に天堂を紹介することになるが、結婚の挨拶だと舞い上がる佐倉家をよそに、「先生に好きって言ってもらったことがない」と気づいた七瀬は不安な気持ちに。

そんな中、七瀬は、診療所の院長を務める中沢(モロ師岡)の医師としての志に心動かされ、天堂と共に東京へ戻り、患者の命と真摯に向き合う決意を新たにする。

日浦総合病院の副院長・小石川六郎(山本耕史)の計らいもあり、循環器内科に復職することができた七瀬。

再び看護師として奮闘しながらも、なかなか気持ちを伝えてくれない天堂に不安を覚え、どうにかして誘惑しようと躍起になって…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

agyuさん(50代、女性)

七瀬が自分に色気が無いから、天堂先生が手を出さないのかも・・・?
とセクシー大作戦に出るようですが、天堂先生は手を出すのか!?否か!?すでに盛り上がっているドラマが、さらに最大の盛り上がりへと突き進んでいく予感です。

大きな山場を迎えて、私も含め、視聴者みんなが固唾を飲んで見守る展開となりそうです!

genkakuさん(40代、女性)

8話の出来事で実家のある鹿児島に帰ってしまった佐倉七瀬。
その後を追って迎えにきた天童を実家の家族に紹介したことで佐倉七瀬の実家は結婚の挨拶だと勘違いし盛り上がるも、七瀬は天堂にまだ一度も「好きだ」と言ってもらってないことに気づいて不安になります。

日浦総合病院副院長小石川の計らいで日浦総合病院の循環器内科に復職することが出来るようなった七瀬は再び看護師の仕事に奮闘するようになるが、なかなか「好きだ」と言ってくれない天堂の気持ちに不安を抱えながら「好きだ」と言ってもらえるよう行動しますが・・・。

KOJIさん(50代、男性)

ひとりで病院を辞め、実家に近い鹿児島の診療所で勤め始めた七瀬を東京に連れ戻すために天堂が迎えに行き、七瀬の実家を訪れるのが見どころとなりそうです。

女性の実家を結婚前の独身男性が訪れるという都会とは違う九州の出迎え方も、面白い展開が期待できます。

また、天堂との距離が一層近くなる七瀬の女性として、天堂にしてほしい新たなことも生まれるようで、それに伴い、七瀬と天堂がお互いを必要とする男女の感情に翻弄されそうです。

第9話みなさんの感想

gobouさん(30代、女性)

七瀬の家族がとても賑やかながら、天童先生のことを温かく迎え入れている感じが伝わってきて、ほっこりしました。

自らが病を患いながらも再び七瀬を天堂先生のもとへと送り出してくれた七瀬の勤務先の医者の言葉も深くて、心に響きました。

またもとの病院へと戻り、仲間達にも温かく迎えられ、天堂先生とも穏やかに一緒にいる姿は、やっぱりとても嬉しいものでした。
色気が無いことを気にしていた七瀬の気持ちを全てお見通しだった天堂先生のあの、「どんだけ我慢してると思ってるんだ」の後の、キスシーンは、とてもドキドキしてしまいました。

そしてまさかの流子さん達が乱入というオチは、さすがでした。
やっとここからという様な時に、まさかの交通事故は、あまりにも衝撃的でした。
が、幸い七瀬の意識が戻ってからの、天堂先生の溢れる思いや涙のシーンには、凄く引き込まれました。

masaiさん(30代、女性)

魔王に後ろから抱き締められている七瀬を見付けた中沢院長の神対応と、実家での七瀬の家族とご近所さん達の煩さが対照的過ぎて笑えました。

田舎では珍しくない光景かもしれませんが、少々度が過ぎるようにも感じます。
それでも、良い家族だと言ってくれた魔王が素敵でした。

院内で突然可愛こぶってみる勇者と、ナースステーションで勝手な噂をされる魔王、社内恋愛は何かと本当に大変です。

仕事とプライベートをここまで分けられないのは私には無理です。
2人の仲がこんなに良くなってきたところで、酷い事故に巻き込まれてしまうなんて辛すぎます。

「大丈夫、わたしはいなくなったりしません!」と言った勇者は格好良かったですが、魔王や皆が心配した以上の、悪い展開になってしまったことが悲しいです。
無事に生還した勇者に、「お前が好きだ!」と言った魔王の表情と涙が美しすぎました!

heiさん(30代、女性)

天堂先生、かっこ良すぎます!
「俺がどんだけ我慢してると思ってるんだ?」
「お前が好きだ」 キュンキュンしすぎてたまりません!
こんな時代にこんなキザな恋愛ドラマはありえないと最初は思っていましたが、気付いたらハマっていました。

毎回キュンキュンだけど、今回はキュンキュンポイントが何回あったでしょうか?叫びそうなのを何度堪えたか。
そして佐倉の家族の仲の良さにほんわかさせられました。

娘を大切に思う家族がとても素敵に描かれていて、佐倉の『自分よりまず患者さん』精神はここから培われたのだと納得しました。
また、佐倉が事故で意識を失っている間の天堂先生。

いてもたってもいられないはずなのに、それでも変わらず患者さんと向き合う強さはとても魅力的です。
その分、佐倉が目を覚ました時の涙がそれまでの先生の不安を全て物語っているようで引き込まれました。

2ji3jiさん(30代、男性)

佐倉が家族からすごく愛されていることが伝わってきてよかったですが、覗き見までするとは思いもしていなかったので、やめてあげてほしかったと思いながらも笑ってしまいました。

病院に戻ってからは自分に色気がないのではないかと考えるようになって、何をしているのかわからない佐倉なりの色気アピールがあったりしましたが、佐倉がそういうことをするのならと天堂が迫る姿にはドキドキさせられました。


ただ、そこでそのままいかないのもまた二人らしくて微笑ましくも思いました。
邪魔をした二人に関しては一体どういうテンションなのかと少々呆れましたが、その後がなかったことで、どちらもどうなったのかと気になってしまいました。

そこまでの笑える展開から急に流れが変わり不安になりましたが、目を覚ました佐倉に言葉で素直に気持ちを伝える天堂の姿にこれまでと全く違う良さを感じました。

わかりにくい優しさはこれまでもありましたが、わかりやすい優しさにこれまでと違う形でドキッとさせられたように思います。
二人のこれからがどうなるのか続きが楽しみで仕方がないです。

さいごに

次回最終回、佐倉は留学するのか?2人がどんなふうになるのか、今からとても楽しみです。