謎とネタバレ!シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第9話の展開

コアラ男に連れ去られたレンを助けるために、直輝はついにコアラ男と対峙することになります。
意外な展開です。

https://www.ytv.co.jp/shirokuro/  

第9話あらすじは?

佐島(佐藤二朗)は、8年前のコアラ男誘拐事件は自作自演で、哲也(田中圭)を殺したのも自分だと告白する映像を残していた。

その映像が報道され、哲也の無実が明らかになったはずだった。
直輝(横浜流星)は神代(要潤)から「復讐が終わったらミスパンダの正体を教えてくれる約束だろ?」と言われる。
神代に対して「まだ終わってないんです」と答える直輝。

彼は、佐島が何かを隠そうとしていたことを見抜いていた。
佐島が自分の命と引き換えにしてまで隠したかったこととは、一体何なのか? 直輝には、まだ解かなければならない大きな謎があった。

その頃、レン(清野菜名)は、コアラ男に連れ去られ、とある場所に運ばれていた――。
そんな中、直輝は、ビデオチャットの着信を受ける。
連絡してきたのは、コアラ男だった。

直輝は、コアラ男がレンに銃を突き付けている映像を見せられる。
コアラ男がレンを監禁している場所は、8年前にあずさ(白石聖)が監禁された場所で、8年前の事件と同じ状況になっていた。
直輝はレンを救うため、あずさに手掛かりを聞きに行く。

命の危険にさらされ、恐怖に震えるレン。
彼女は、コアラ男に「どうしてこんなことをするんですか!?」と訴える。
すると、コアラ男は「森島直輝を恨むんだな」と告げる。


直輝は、あずさとともに、8年前にあずさが監禁された廃屋へ向かった。
2人が廃屋の中へ入ったその時――!

公式サイトより

みんなの注目する点は?

oodaさん(20代、女性)

佐島が言っていた通り直樹の父親の哲也の無実が明らかになったはずだったが、あそこまで殴られた佐島でも何かを隠そうとしていると思う直樹の思っていることとはなんなのでしょうか。

実際に佐島は直樹に何かを隠しているのでしょうか。
レンはコアラ男に連れ去られてしまい「1時間以内にレンを監禁している場所に来い」と直樹はコアラ男から連絡を受けるがレンは大丈夫なのでしょうか。

レンが監禁されていた場所は8年前にあずさが監禁された場所と同じで今回とどのような関係があるのかも気になります。

daizuさん(30代、男性)

直輝はビデオチャットの着信で、レンがコアラ男に監禁されていることを知ります。

そして、その場所というのは8年前にあずさが監禁場所と同じで、そのことに関して直輝は疑問に思います。

一方で、監禁されているレンはなぜこんなことをするのか?とコアラ男に尋ねると、コアラ男は「直輝を恨むんだな」と答えるのです。

この意味深な回答の意味とは?何が目的でレンを監禁しているのか?その謎というのがみどころになってくると言えるでしょう。

第9話みなさんの感想

mikenekoさん(40代、男性)

本当のコアラ男は誰なのでしょうか。
真実を知られたくなければ、レンを誘拐して森島をおびき出す必要もなかったでしょう。

パンダ事件の真実は、佐島の娘と兄による自作自演だったとは、驚きです。
特に、佐島の娘は、レンとリコの母親のような異常性を感じます。

そして、佐島の兄は、自分の妹を守るためとはいえ、森島の父親を殺してしまうとは、妹に対する異常な愛情も怖いです。
今回のレンの誘拐事件は、佐島の娘が、自分が好きになった森島に振り向いて欲しくて引き起こした、再度の自作自演のようです。


佐島の娘は、森島さえ手に入れられれば、自分の兄も含めて、他の者は死んでしまっても構わないという、なんとも自分勝手で我がままな思考の持ち主です。

森島は、佐島の娘がどうしても許せなくて、ナイフで殺そうとしますが、佐島の娘をかばったリコを刺してしまいます。
リコは死んでしまうのでしょうか。
個人的には、佐島の母とレン・リコの母には、何らかの接点があるのでは、と考えています。

photoさん(40代、女性)

あずさの欲しがる愛が怖すぎでした。
もっと大人の私利私欲のための事件かと思っていましたが、こんな理由で殺された直輝の父親が気の毒でした。

愛に飢えた子供の犯した遊びと言えばそれまでですが、それにしては善悪が分かる年齢だと思いますし、本当の事を公表するきっかけはあったのに、あずさの兄は、思考回路が止まっていたのか、銃を撃てる年齢であずさに言われて人を殺すなんて心理が分かりませんでした。

あずさが直輝に真相がバレても尚、直輝を自分のところに留めて置けると思ったところが更に怖いと思いました。
権力があれば、何とでもなると思ったのか、わがままが今まで通ってきたからなのか、身代わりになったリコは、直輝を守ったのだと思いますが、リコの生い立ちも考えると可哀想でした。

ru-ruさん(30代、男性)

ここまで話が進むと黒幕の正体に対して、まさかと感じることはありませんでしたが、理由があまりにくだらなすぎることに苛立ちを覚えました。

誘拐事件の自作自演はまだ許せる部分はありました。
方法はもちろん間違えていましたが、父親との時間が減ったことの寂しさからくるものは仕方がないと思いました。


そこまでの積み重ねがありますし、佐島が少しでも家族との時間を作るように出来ていれば変わっていたことだと思います。
だからこそ、佐島も自分が責任を取ろうとしていたのに、子供の方が森島の父を殺すという選択をしたことが理解出来なかった。


あずさはもちろんですが、彼女の指示に従うだけの兄にも苛立ちました。
妹に指示をされれば人を殺せて、自殺も出来てしまえるという彼はある意味であずさよりもたちが悪いと感じました。

話の展開としては引き込まれるものがありましたが、それゆえに兄妹に対する不快感が強くありました。
どういう結末になるのか楽しみにしたいです。

guiterさん(30代、男性)

直輝は、コアラ男に会う事で長年追ってきた8年前の真実にもようやく辿りつきます。
8年前のコアラ男事件は、驚くべき事にあずさと一郎による自作自演でした。

事件の発端は、あずさが父 源造を困らせてやりたいという軽はずみな発想から起こりました。
父親をちょっと困らせるつもりだったあずさと一郎は、まさかここまでの大事になるとは思っていませんでした。

事態の深刻さに気付いたあずさと一郎は、自作自演がバレずに何とかうまくやり過ごそうと考えました。
ところが、哲也はこの事実に気付いてしまいます。

あずさは、真実を知る哲也が邪魔になったため、兄の一郎を使って殺害しました。
あずさの身勝手な行動の巻き添えとなり、命を落とす事になった哲也。

佐島が命を掛けてまで隠そうとしたのは、あずさと一郎の知られてはならない闇だったのです。
あずさの身勝手な発想に多くの人々が振り回され、人生を台無しにされました。


哲也は直輝に向けて「復讐はするな!」と言いましたが、直輝は父の命を奪ったあずさがどうしても許せず、ナイフで刺そうとします。
ところが、あずさを庇ってリコがナイフで刺されてしまいます。
リコを刺してしまった事で我に返り酷く動揺する直輝。
刺されたリコは大丈夫なのでしょうか? リコの安否が気になります。

今回の9話でようやくコアラ男事件の真相が明らかになりました。
神代が佐島に「何度も真実と向き合うタイミングはあった」と言っていたように、佐島がもっと早くに真実を明らかにしていたらこんな悲劇は生まれなかったかもしれません。
そういう意味では、真実を隠し続けた佐島の罪も重いと感じました。
あずさに関しては本当に取り返しのつかない馬鹿な事をしたと思います。
子供のイタズラにしても、さすがにやり過ぎていると感じました。
あずさが自分の犯した罪を隠さず償っていたら、事件に関わった人々の未来はおそらく違った未来になっていたでしょう。
直輝もここまで苦しむ事はなく、復讐心に縛られた人生を送ることも無かったはずです。
コアラ男との決着もついたので、直輝にはこれからは自分のための人生を生きて欲しいと思います。

さいごに

次週が最終回ということなので、直輝とミスパンダの関係がどうなるのか?そして、レンなのか?リコなのか?
どちらの人格として生きていくのか?
レンとリコの関係がどうなるのか?
最終回も楽しみにしたいと思います。