見逃せないケイジとケンジ 所轄と地検の24時第7話のネタバレと感想

第7話は、豪太のいる桜木署管内の公園で、大学生の江島が高校時代の同級生3人から暴行を受けるところからはじまります。


https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  

第7話あらすじは?

横浜桜木署の管轄内にある公園で大学生・江島陸(永田崇人)が知人男性らから集団暴行を受け、全身を打撲した上、何らかの凶器を使って脚の骨を折られた。

加害者は会社員の久保田明(濱正悟)、フリーターの宮前幸介(柾木玲弥)、専門学校生の黛友之(今井悠貴)の3人。
彼らは江島と同じ高校の卒業生。

 さっそく桜木署では加害者3人の取り調べが行われることに。
すると、仲井戸豪太(桐谷健太)が聴取した黛が真っ先に、久保田にやれと言われたと打ち明け、素直に自白。

それを受け、最初は否認していた久保田と宮前も犯行を認め、3人は集団暴行の容疑で横浜地方検察庁みなと支部に送検される。

 検察では求刑を決めるため、誰が主犯か、そして誰が江島の骨を折ったのかを追及する取り調べを敢行。
真島修平(東出昌大)が久保田を、日下直樹(渋谷謙人)が宮前を、持丸栄(峯村リエ)が黛を担当する。

ところが、3人とも自分は主犯でなく、骨折もさせていないと主張! 豪太ら刑事と修平ら検事たちの間でも、誰が主犯かをめぐって意見が分かれ…!?

公式サイトより

みんなの注目する点は?

takeiさん(50代、男性)

大学生が脚の骨を折られる事件が起き、加害者3人を元高校教師の江田が担当します。

3人の容疑者のうち、薫が久保田にやれと言われと自供し、後の二人もすぐに暴行の事実を認め、地検に送検されますが、地検での取り調べで誰が主犯か、自供に食い違いを見せるようです。

3人の容疑者がそれぞれに主犯であることを否定し、他の同級生に罪を被せようとする供述に、豪太が元高校教師の顔になり説教しながら、取調することが予想され、見どころとなりそうです。

panさん(20代、女性)

男子大学生が知人らから集団暴行を受けた事件が起こります。
早速、加害者たちの取り調べを行いますが専門学生の黛が真っ先に久保田に暴行を指示されたと供述したのです。

そして、最初は反応を否認していた久保田と宮前も犯行を認める態度を示し始めました。

検察では求刑を決めるために主犯が誰なのかそして被害者の骨を折ったのは誰なのかを中心に追求していきます。
ところが、3人とも自分は主犯ではなく骨も折ってないと主張してきたのです。

uekiさん(30代、女性)

検事と刑事が出てくるドラマだからシリアスなのかと思いきや、とてもコミカルなドラマです。
今回の事件は集団暴行です。

好きな女の子を巡る男の嫉妬による犯行です。
誰が主犯格なのか、犯人の3人をそれぞれ担当する検事が躍起になって物証を刑事に求めます。

元教師の感だと言い張る桐谷健太演じる仲井戸は、一番下っ端が実は裏で糸を引いてるのではないかと考えます。

元教師の刑事という点も変わってますし、事件について話し合う刑事同士のやりとりもゆるくて面白いです。

声を出して笑ってしまうようなシーンありで、前話を見てなくても見やすい内容になっています。

第7話みなさんの感想

EGEさん(30代、女性)

警察は犯人を捕まえることを重視するけれど、検察が犯人を捕まえてからのどのような罪で起訴するかどうか考えることを重視しなければならないのだとわかりました。

しかも複数の犯人をつかまえた場合、主犯格かどうかを決めなければならないので大変だなと思いました。
今回はそれぞれ主犯格だと考えていた犯人が主犯ではなく、1番暗くて臆病そうな男が主犯だったことに驚かされました。

人間は見た目じゃわからないものだなぁと思いましたし、結局1番悪いのはみんなに愛想よくしていた女性なのかもしれません。
でも女性に対して悪く言うなとはっきり言い切った刑事は、とてもかっこよかったです。

ベテランの女性検事が結局1番いいところを持っていたところが、このドラマらしくアットホームで笑えました。

AAWさん(30代、女性)

“集団暴行と聞くだけで本当に恐ろしいです。
ましてそれが元は仲間であった、知人からされるほど居た堪れないことはないです。

「やったこと全部先生に話してみろ!」というセリフは、いくら元教師であったとしても、警察での取り調べでは流石に無理があるように感じます。

彼氏が暴行され、骨折などの酷い被害に遭い入院中にも関わらず、突然別れを切り出す彼女は訳が分からなすぎて笑えてきました。
その後の登場シーンでも意味不明な発言をしていて、私は苦手なタイプです。

「本当にどうしようも無くなったら、手近なところで選ぶしかないですよね!」というのは、目黒の諦めの悪さとひかるの鈍感さが際立つ面白いセリフだと思いました。

後輩の立場を上手く利用してあんな事件を意図して引き起こすなんて、本当に悪質で許し難い犯人をしっかりと特定してくれて良かったです。

qoeさん(50代、女性)

今回の加害者は3人も居たため、それぞれの加害者に違う検事が付いて取り調べをしたので、その検事ごとの取り調べの仕方が違っていて面白かったです。

どんなタイプの検事に取り調べられるかによって、加害者の反応も違ってくると思うので興味深かったです。

そして首謀者としては一番、可能性が低そうな男性が実は仲間をけしかけて、元同級生の男性を襲ったことが分かった時にはビックリしました。

でも被害者の男性と加害者の男性3人、4人全員が好きだった女性(きら)は自分が原因でこんな暴行事件が起こったと知って、嬉しい気持ちがある一方、ショックだったでしょうし、それで被害者の男性に別れを切り出す気持ちも分かりました。

でもそんなにモテモテなのはちょっと羨ましい気もしました。
それから目黒に対して、冷たい態度を取るひかるもなかなか良い感じで面白くて好きです。

kikuさん(20代、男性)

今回の事件では今まで以上に検察と警察が協力して捜査していたというのが印象的です。
大学生を暴行した三人をそれぞれのやり方で取り調べていく展開は個性的なキャラクターが多くいる本ドラマならではのストーリーでした。

そんな中で最も気になったのは目黒と毛利の関係性です。
思わず嘘をついてしまった目黒の恋も7話の重要なポイントとなっていました。
目黒がついた嘘が今後の展開にどういった影響を与えるのかも注目です。

さらに、ストーリーの本筋とは関係がない上司同士の将棋対決も毎エピソードの恒例となってきました。

さいごに

最後の結末は若手検事を尻目に美味しいところを持っていってしまう持丸検事の貫禄勝ちに終わっているので、シリアスな事件のなかでもコミカルさを忘れない『ケイジとケンジ』の良さが表れていたエピソードでした。