アライブ がん専門医のカルテ第8話の感想とネタバレ

今回の見どころとなるシーンは、幼少期から癌で入退院を繰り返してきた経緯がある、高校生の井上和樹が、岡崎紗絵さん演じる夏樹奈海と会話をするところです。

https://www.fujitv.co.jp/alive/  

第8話あらすじは?

恩田心(松下奈緒)は、抗がん剤治療を受けないと言う高坂民代(高畑淳子)に理由を尋ねる。

動けるうちにやりたいことをやっておきたいと答える民代は、心と梶山薫(木村佳乃)の関係を心配していた。
薫に会った心は、本当に横浜みなと総合病院を辞めるつもりかと聞く。


そんな時、高校生の井上和樹(萩原利久)が入院してくる。
和樹は幼い頃からがんで入退院を繰り返し、今回も大学入学を目前に控えての再発だった。


心と一緒に和樹と会った夏樹奈海(岡崎紗絵)は医局で光野守男(藤井隆)が、かつて入院していた時の様子を聞く。
光野は子供の頃の和樹は優しくて頑張っていたと教えるのだが…。
和樹もその家族たちも病気に疲弊していた。
自分の弟もかつて入退院を繰り返していた経験がある奈海は和樹に寄り添おうとするが…。
一方、心は奈海や結城涼(清原翔)に、若い患者たちの気持ちを知ってもらおうと患者との交流会を開くことにした。

そこで、奈海と結城は患者や家族の本音を聞くことになり…。
交流会の後、心は薫たちを自宅に誘う。

恩田家に着くと、結城と奈海は京太郎(北大路欣也)と漣(桑名愛斗)が待つ室内に入るのだが、薫は躊躇してしまう。
そんな薫に心は…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

FULLさん(20代、男性)

夏樹自身の弟も、病院のお世話に何度もあったことのある持ち主であることから、必死に和樹の心を解きほぐしてやろうと、親身に寄り添う姿は、見ている側としても、応援したくなります。

半分諦め感情が募っている和樹を励ましてあげたいとする夏樹の奮闘ぶりには、見応えを感じます。

kasaneさん(50代、女性)

がん治療はどんどん進歩して、今では克服できる例も増えているようですが、やはり未だにがん=不治の病。というイメージは払拭できません。

抗がん剤治療も副作用を抑える薬が発達しているとはいえ、辛い日々が続くのは必至。
子供の頃からそんな生活を繰り返してきた和樹だから、心が折れてしまうのもわかります。

しかも、ただでもストレスを感じる受験を控えているのだからなおさら厳しい状況だと思う。

医師達は、治療をすることだけでは無く患者や家族の治療に対するモチベーション維持も考えないとならないのですね。

心は親身になって寄り添ってくれるお医者様だと思います。
必ず和樹を再び前向きにし、治療と向き合えるようにしてくれるはず!

awaさん(30代、女性)

心先生の治療を受けながら、手術することを待ちわびていた高坂さんでしたが、結局癌の状態から手術をすることは不可能だと判明します。

そのためこれからの治療法は抗がん剤治療を行う道しか残されていませんでしたが、本人は抗がん剤治療を拒否して残された時間をやりたいことをしたいと言い出します。

一方、幼いときから癌治療で入退院を繰り返していた高校生が再び入院してきますが、本人も家族も治療に疲れているのを見て、夏樹は自分の弟のことを思い出します。

治療だけでなく、患者さんと向き合う医師たちの心が見どころになります。

第 8 話みなさんの感想

XERさん ( 40代 、 男性 )

今回は非常に共感できる内容でした。何故ならば、今回の患者は抗ガン剤治療を拒むのでした。

そしてまた、その理由がやりたいことを動ける内にやっておきたいと言うのでした。私はその言葉を聞いていて思わず私自身の母親のことを思いだし泣けてきました。

実はつい3年ほど前に渡しの母親も抗ガン剤治療により結果亡くなってしまったのでした。

私の母親は70歳程でしたので抗ガン剤治療に耐えれる程の体力がもう無かったのでした。

その為、抗ガン剤治療を始めるとみるみる内に体が反って弱っていったのでした。たとえ癌のためとは言え、抗ガン剤により癌細胞ではなく体そのものを副作用によって蝕んで行くのでした。

本当に今回の内容は共感できるところが多く泣けてきました。

ZAさん ( 30代 、 女性 )

あんなに若くして3回も癌に脅かされてしまえば、和樹くんの言動も決して無理はないと思います。
大人がみんな嘘つきだと言いたくなるのも仕方が無いです。

投げやりになること自体は良くなくても、前に進むためのステップとしてマイナスになってしまう時間も必要かもしれません。一番辛いのは勿論和樹くんですが、彼を支える親や周りも同じくらい辛く苦しいはずです。

どうしてうちの子ばかり、どうして自分ばかり、という思いに苛まれるのも自然に思います。

患者同士が集まってそれぞれの悩みを相談出来る機会があるのはとても良いと感じます。どんなに周りが理解しようとしても、当事者にしか分からないことが多いはずです。

心先生と薫先生の改めての自己紹介と絆を感じる握手のシーンがとても印象的です。

MOMOさん ( 30代 、 男性 )

今回のストーリーで高坂民代さんが横浜みなと総合病院を退院しましたが、最後まで抗がん剤治療はせずに、自分の意思を貫き通す姿がカッコ良かったです。

いつも、病院では他の患者さんや病院スタッフにストレートな意見を言っていますが、彼女の言葉には嘘がないから、素直に受け止められて色々な人の心に響いたのだと思います。

我が強くて、心達を困らせたりもしましたが、自分なりに周囲の人々を励ます民代さんの存在は大きかったなという印象でした。 民代さんには最後の時まで楽しんで人生を終えて貰いたいです。

がんが再発して落ち込んでいた井上和樹が笑顔を取り戻したのも良かったです。 和樹にとって光野先生(ミッチー)の存在はとても大きかったのだなと感じました。 医師や看護師、病院スタッフの人達は、病気を診るだけでなく、患者の心とも向き合わなければいけません。

時にはこういったレクリエーションで患者の心に安らぎをを与える事は大切な事なんですね。 医師や看護師などの医療スタッフの方々には本当に頭が下がります。

今回のストーリーでは、薫が硬い決意で横浜みなと総合病院を辞めると言っていましたが、心が薫の存在が必要だという事を話し、薫が病院に残る事を決めてくれたのは本当良かったです。

次週は民代さんの退院後の様子に触れるみたいなので、民代さんがどうなっていくのか見届けたいです。 

bookさん ( 40代 、 女性 )

子供の頃からがんを再発しては治療をしている高校生の男の子の思い通りにいかない身体や気持ちが辛かったです。

子供の頃と成長した彼とでは受け止めるものがどんどん大きくなっていると思いました。

自分と同世代の人達は元気に過ごしていて、まして、再発ともなると、先が見えなくて押しつぶされる恐怖がのしかかってくるのだと思いました。希望が奪われるのはきつい、という言葉に本当だと感じました。

それでも、その中で自分の心を整え、前を向く為に模索していた民代と莉子や他の患者の強さを感じましたし、高校生の和樹がぶつかり傷つけたかもしれない母親やスタッフの奈海に少しずつ穏やかな気持ちを見せる姿には胸が詰まりました。

がんになった事のない人は彼らの気持ちの全てを分かる訳ではないかもしれないけれど、辛い時間を共有してきたからこそ分かる事もあるのだと思いました。

さいごに

薫先生は病院を辞める言っていましたが、彼女のようにがんサバイバーであるからこそ、伝えれる事もたくさんあると思っていたので、病院に残りそうなシーンにはホッとしました。