見逃した人に!トップナイフー天才脳外科医の条件ー8話のネタバレあらすじ

脳の不思議が毎回面白く、見入ってしまうドラマです。
脳に何かしらのダメージを負うと、通常では考えられない状況を現実だと思ってしまうことがあるということ、日常では考えることもありませんが、実際に誰にでも起こりうることですね。

https://www.ntv.co.jp/topknife/  

第8話あらすじは?

幸子(広瀬アリス)が担当する脳出血の患者・前川(金田明夫)は、麻痺した腕を他人の腕と思い込む、いわゆる“エイリアンハンド”と診断され、さらに左腕を擬人化し「愛する若い女性」と言い出す…。

前川の目には確かに自分の左腕が若い女の姿に見えている様子で…。
献身的に介護をしてきた前川の妻・ 純子 (原日出子)はたとえ幻覚であっても若い女にうつつを抜かす夫の裏切りに、ショックと怒りを感じる。

一刻も早く手術をする必要がある前川だが、純子は、夫への復讐なのか?手術の同意書を拒絶するのだった。

深山 (天海祐希) を頼ろうとする幸子に、今出川 (三浦友和)は珍しく厳しい口調で自分で同意書を取るよう叱咤する……。
今までにない今出川の剣幕に焦りを感じて純子を説得しようと試みる幸子。

しかし、長年の夫婦関係で、前川に抱く純子の複雑な心情を前にした幸子はかける言葉が見つからなかった。

脳外科に来てからの3ヶ月間、全く結果を出せていないことを人知れず悩んでいた幸子は、犬飼 (福士誠治)や真凛 (森田望智)の励ましを受けながら、前川にもアプローチするものの…。
そんな中、病院に深山の別れた夫・沢城 (小市慢太郎)とその妻・薫(酒井美紀)が訪れる。

深山の元に家出したまま戻ってこない娘・真実 (桜田ひより)を心配する沢城に、ようやく真実と打ち解けてきた深山は複雑な心境で対応する。

一方、近い将来アメリカに戻る予定の黒岩 (椎名桔平)は、姿を消した保 たもつの母親を探すがなかなか見つからず、心を開かない保との関係にも手を焼いていたのだった…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

KITAさん(30代、男性)

幸子が担当している腕がマヒした男性患者に関して、その患者は自分のマヒした腕を他人の腕と勘違いし、しかもそれが若い女性に見えているという状況だったのです。

それを知った男性の妻は、若い女性にうつつを抜かしている夫を見てショックを受け、同時に怒りを覚えるようになります。

そして、その結果夫が受ける手術の同意書を拒否してしまいます。
幸子はなんとか妻を説得しようとしますが、何と言って説得しようすればいいのか?分かりません。

この状況をどうやって打開するのか?手術に同意させることができるのか?という部分に注目です。

nandeさん(30代、女性)

エイリアンハンドと診断される患者を幸子が担当することになりますが、珍しい症例のため、幸子は戸惑ってしまいます。

さらに患者の妻までも手術に同意をしないと言い出して、幸子は途方に暮れてしまいます。

他の医師に頼ることもできませんが、どこか頼りなかった幸子が今回のケースで一皮むけるのかが見どころです。

また今出川が医師を減らすという話を以前からしていますが、その対象者がまだ明らかになっていないので、深山を含めて誰なのかが注目です。

mosoさん(40代、男性)

今回の第8話の見どころは、三浦友和演じる今出川が前回第7話で重たい空気になっていました。

それが今回第8話目で何に悩んでいるのかが明らかになるのかが一番の見どころになっています。

今出川はいつもは温厚ですが、今回は天海祐希演じる深山瑤子を頼る広瀬アリス演じる小机幸子を今出川いつも以上に厳しい口調で小机幸子に対して自分で手術の同意書を取るようにと叱咤します。

なぜ今出川は厳し口調で小机幸子を叱咤したのかも見どころです。
その理由は今現在抱えている悩みと関係があるのかということも見どころとなります。

第8話みなさんの感想

dottさん(40代、女性)

エイリアンハンドなんて、聞いたこともありませんでしたが、腕が動かなくなった患者が、その腕を愛する人だと妄想し、信じ込んでしまう。
それはある種の防衛本能なのかもしれないと思います。

信じがたいこと、信じたくないことは、脳が受け入れず拒否してしまう状態。
ある意味、本人にとっては幸せなことなのかもしれません。

そして、それは傍で寄り添う人にとっては、この上なく苦痛なこともあるでしょう。
人が思う幸せと、本人が感じる幸せ、どちらが正しいといえるのか、考えさせられました。

gataさん(60代、男性)

エイリアンハンドと診断された患者前川氏の夫婦関係が意外でした。
前川夫妻は前回から2回連続して描かれる(しかも有名俳優である)ことから、ありきたりな事情ではないとは考えていましたが、ドラマ同意書を書こうとしない妻は、単に夫の妄想上の愛人に嫉妬して夫に復讐するというものではなく、その妄想は自分の若いときの姿で、もっと複雑な思いだったというストーリーは、想像していたものを越えていました。

このストーリーと並行して、医師たちの人間関係をめぐる苦悩とそれにどう対応していくのかという展開ですが、特に小机医師の苦労は家庭と命を左右する問題であり、ドラマとして起伏のある複雑な経過を楽しめました。

視聴者にとっても、解決の爽快感を感じます。
広瀬アリスさんは今までコミカルな存在感がありましたが、今回は喜怒哀楽の演技の幅を出せていました。

他の医師達も問題を抱えたシーンのセリフと表情が生きており、各俳優陣の持ち味を楽しめました。
なお終盤は、また意外な展開となりました。

新たな入院患者が部長の妻で、難治療が必要にて、難手術ができる優秀な脳外科医を集めたということです。

iwaseさん(40代、女性)

エイリアンハンドという症状がある事を知らなかったので、そんな症状がある事にびっくりしました。

自分の身体の一部が自分のものではないと感じ、擬人化してしまう事がある、名前をつける事もあると知って、本当に脳は複雑で分からない部分もまだまだたくさんあるんだ、と思いました。

前川が夢中になっている左腕の女性が若い頃の自分と知った奥さんの複雑な気持ち、何となく分かりました。

今の自分を全く見てくれていないのかと思うと複雑な心境になると思います。
でも、その若い頃の思い出が彼にとってとても印象的だったような気もしました。

奥さんは同意書を離婚届と言いましたが、深山医師の婚姻届だと言った言葉は印象的でした。
人の心は捉え方で色んな方向に向くと思いました。
部長の今出川の奥さんの症状も気になりました。

mateさん(40代、男性)

今週の「トップナイフ」第8話は、エイリアンハンドでしかもその腕を擬人化させてしまっている患者さんと広瀬アリスが演じる脳神経外科医の研修医の小机幸子の患者さんのケアを通じた喜怒哀楽、人間関係、そして治療に関する苦悩、色々な要素が絡み合って見応えのあるストーリーです。

今回は特に小机研修医の患者さんへのケアと治療へのアプローチが注目で、エイリアンハンドの患者さんが擬人化した人物が見えていることを知った時の驚き用はとっても面白く、そんな患者さんとその奥さんの関係も考えて必死に論文など調べたり、その苦悩を今出川部長に吐露したりと、そんな様子が良い感じのストーリーでした。

ちょっと残念なのが、今週のお話では天海祐希さん演じる深山先生の活躍が少なくちょっと物足りない感じがあって、でもラストシーン部長の奥さんが転院してきたりと次回が待ち遠しい第8話です。

さいごに

三浦友和さんの演技もなかなか奥深く、味のあるものでした。
次回の放映も楽しみです。