ネタバレ注目!テセウスの船第7話の展開と感想

今日のテセウスの船は、今までで一番ハラハラ・ドキドキさせられました。

再度過去にタイムスリップした今回は、いろいろな事情が分かっているだけあって、心の父親である文吾も非常に強力的ですね。

https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/  

第7話あらすじは?

田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。

音臼小事件まであと二日。
心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。
 みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。

最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。

事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。

 そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する! 家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!?

公式サイトより

みんなの注目する点は?

tenpaさん(30代、女性)

みきおに刺されてしまった心は、倒れたまま意識を失うが、目覚めたときには再び音臼小学校事件が起きた平成元年にタイムスリップをしています。

しかも事件発生まであと2日だということがわかり、心は必至でみきおの行方を探しますが見つけることができません。

心は、みきおは自分を消そうとしているのではないかとので思いつき、母親が狙われているのではないかと考えます。

みきおの行方を探せるのか、そして事件を父親と協力して防げるのかが見どころです。

やまざきさん(30代、男性)

再び過去にタイムスリップをした心は音臼小学校での事件を数日後に控え、事件の発生を止めるために、犯人だと確信している少年時代のみきおの姿を追います。

しかし、みきおの姿を見つけることができません。
みきおがどこにいるのか?分からなければ、事件の発生を食い止めることはできず、心の思惑は全く達成されなくなってしまうだけに、非常に重要なポイントと言えます。

真犯人の正体を知っている心が、この時代のみきおに干渉し、ついに事件を食い止めることができるのか?そこが最大の注目点です。

tabaさん(30代、男性)

先週やっと真犯人みきおへとたどり着いた心さんでしたが、あと一歩というところでまさかの過去へ。

そして、心さんが倒れていたそばにはみきお。
ボイスレコーダーがが彼の手に渡ってしまいました。

再び父の佐野文吾と再会し、2人のコンビが再び犯人を捕まえるため動きます。
この2人が協力するのは嬉しいですね。

そんな中、ボイスレコーダーを聞いたみきおは、心さんが未来から来たということに気づいたようで、なんとまだ佐野和子のお腹の中にいる心さんを殺害することを思いついていました。

その計画に気づいた心さんと文吾は大急ぎで和子のもとに向かいますが、果たして‥。

第7話みなさんの感想

animeさん(40代、男性)

今回は、正にハラハラするような内容だったと思います。
ミキオが和子をスープで毒殺に行くというのが、本当に怖いと思いました。

タイミング良く、鈴たちが帰ってきて、事なきを得て本当に良かったと思いました。
しかし、ヴォイスレコーダーがあるからとはいっても、何故ミキオが全ての状況を把握しているのかというのも感じました。

心のタイムスリップを理解し、納得で出来たのかなという気がしました。

それにしても、ミキオは何故あんなに酷いことが平気で出来るのかなという気がしました。

小学生で、ああいう思考回路をしていると思うと恐ろしいと思います。

過去に色々と不幸なことがあったのは同情しますが、怖すぎると思いました。
そして、放送室をジャックし、居場所をバラすというのは意外でした。

pinkさん(40代、男性)

文吾は心と一緒にみきお探しに奔走しています。
みきおは、小さい子供ですが、成熟していて家庭に恵まれないために、黒い方向に走ってしまったのでしょうか。

いまだによくわからない、みきおの背景が気になります。
みきおは、薬で人を殺す実験までしているとは、しかも心のことまで理解していて心にあてて手紙を書いているとか、どれだけ賢いのですか。

また、心達は、なぜ家族に本当のことを言わないのか理解に苦しみます。

きちんと言わないと、みきおに家族を狙われるだけです。
このドラマのイラつくところは、主人公たちの機転が利かないというか、はっきり言って頭が悪いところです。
みきおの黒さと文吾の家族の明るさが、異様なまでの対比になっていて、このドラマの異様さを醸し出しています。

みきおを利用している真の黒幕がいる感じですが、それはみきおの背景と関係しているのでしょう。

katanaさん(40代、女性)

冒頭から、ずっと緊張感でいっぱいで、CMが突然入るとすごくイライラしてしまうほどでした。

そして最後には、黒幕が明らかになるという文字や、みきおが死んでいるような場面が映ったので、全くこれからの展開が読めません。

それだけに、次回の放送が、とても待ちきれない気持ちでいっぱいになりました。

みきおの子役が本当に気持ち悪さを醸し出していて、とても不気味だったのですが、親を亡くした上に、おばあちゃんにもあまり大切にされていないと知り、同情しました。

木村が手を貸したようですが、小さな孤児を助けたくなる気持ちは、理解できると思いました。
この木村役の女優さんは、昔から結構好きで、今日は特殊メイクなしの顔が見られて嬉しかったです。

それと、大好きな仲本工事さんが出演されているので、それもとても嬉しいのですが、あまり存在感のない役で残念に感じます。

とりあえず、お母さんやすずたちは村を出られたので、そこだけはホッとしました。

greenさん(40代、男性)

少年時代のみきお(柴崎楓雅)が犯人だということが信じられない状態で視聴していました。

あれだけの大事件を10歳のみきおが本当にできるのでしょうか。
しかし、みきおが正志の父親(仲本工事)に薬を作っている様子を見る限り、やはり犯人なのだと絶望しました。
それにしてもこのドラマに出演している子役たちは大変演技力があると感じました。

みきお役の柴崎君も見ていてすごく怖いですし、ついつい引き込まれてしまう演技をしています。
また文吾(鈴木亮平)の娘である鈴を演じている白鳥玉季さんの演技力も本物にしか見えませんでした。

文吾が鈴たちを無理矢理家から出そうとする場面で、文吾に本気で食らいついていてすごかったです。
こういった場面を見てしまうと文吾とその家族に助かってほしいと思いました。

さいごに

今回は、夫婦愛や温かい家庭の良さを感じられたところが、良かったですね。