ミスパンダだけでなく、今度はコアラ男が出てきて色々動物のシリーズみたいになってきて面白かったです。



https://www.ytv.co.jp/shirokuro/  

第7話あらすじは?

レンとして生きていたリコ(清野菜名)は、眠っていたリコ自身の意識を取り戻す。

リコは、自分がパンダの姿をしている事情が理解できずに混乱。

直輝(横浜流星)はリコに、ミスパンダが生まれた経緯を話す。
すべてを知ったリコは、直輝を驚かせる反応を示す。
さらに、門田(山崎樹範)が殺されたと聞かされてショックを受けるリコ。

彼女にとって、門田は恩人だった。
リコは門田を殺した犯人を見つけてほしいと頼む。
直輝はリコの願いを聞き入れ、彼女に催眠をかけることに。

リコは再び眠りにつき、レンが戻った。
レンは直輝と別れた悲しみに耐え、囲碁に打ち込む。
直輝は、門田を殺した犯人を突き止めるため、門田の自宅に潜入。

門田の書斎には、激しく争った形跡があったが、犯人につながる手がかりは見つからない。
神代(要潤)は、8年前にあずさ(白石聖)がコアラのマスクをかぶった男に誘拐された事件について調べていた。

あずさは無事に発見されたものの、コアラ男は逃亡し、未だに逮捕されていない。
当時、捜査した刑事が哲也(田中圭)だった。
神代は、あずさの父である佐島(佐藤二朗)が、この未解決事件の闇に関わっているのではないかと推理する。

一方、リコは、ミスパンダとして直輝に呼び出される。
直輝は、門田を殺した犯人にたどり着いていた。
リコは直輝から「誰が犯人でも後悔しないね?」と告げられる。
ミスパンダとなったリコは直輝に導かれ、犯人の正体に迫っていく――!

公式サイトより

みんなの注目する点は?

REWさん(30代、女性)

リコはレンとして生きていましたが、ミスパンダの恰好をしているときに、ふとリコの記憶を取り戻してしまいます。

ミスパンダの恰好をしている理由もわからず戸惑いますが、直輝がその理由を話すので、それを聞いたリコの反応が見どころになります。

一方、リコの恩人でもあるっ精神科医の門田が殺された事件は解決されておらず、リコは犯人を捜したいと考えるようになります。

直輝に協力を求めようとしたときに、ミスパンダとして呼び出されることなるので、それに応じるかも注目です。

callpenさん(30代、男性)

突如、リコの記憶を完全に取り戻し、リコの人格が表に現れてしまったミスパンダ。
意識を取り戻したリコは、なぜ自分がパンダの格好をしているのか分からず困惑します。

困惑するリコに直輝は、ミスパンダが生まれる事になった経緯を優しく語りだします。

直輝からミスパンダの事とこれまでの経緯を聞いて、自分がお世話になった精神科医の門田が何者かによって殺害された事を知り、門田を殺害した人物を捕まえて欲しいと直輝に頼みます。

そんなリコの願いを聞き、直輝は必ず犯人を捕まえる事を約束します。
そして、直輝はリコに再び催眠をかけてレンの人格を呼び戻します。
直輝は、さっそくリコから頼まれた門田殺しの犯人を捜します。

門田の自宅に潜入して、手掛かりを探る直輝。
門田の書斎を訪れると、そこには門田と犯人が激しく争ったであろう形跡が残っていました。
書斎を探してみるも目ぼしい手掛かりは見つけることはできませんでした。

一方、テレビディレクターの神代は、あずさが8年前に誘拐されたコアラ男の事件について調べていました。
8年経っても未だにコアラ男の情報は得られず、事件は未解決のままでした。
コアラ男事件を調べていく中で、神代はあずさの父である佐島源造がこの事件に関わっているのではないかと思い始めます。

門田を殺害した犯人を追っていた直輝ですが、門田を殺害した人物を見つけます。
そして、レンに催眠をかけリコを呼び出します。
呼び出したリコに、直輝は門田を殺した人物が誰かを告げます。

そして、リコはミスパンダとして、直輝と共に門田を殺害した犯人に迫ります。
今回の見どころは、意識を取り戻したリコがミスパンダとして門田を殺した犯人に迫るところが見どころになってくると思います。

果たして門田を殺した犯人とは誰なのか?注目です。
まさか、リコ自身がミスパンダとして行動するとは思っていなかったので、リコがミスパンダになりきれるのか注目したいところです。

そして、神代が調べているコアラ男事件がどこまで真相に近づけるのか?今後の調査が楽しみになってくると思います。
それから、個人的に気になるポイントとしては、レンとリコ、二つの人格が存在する中、この先どちらの人格として生きていくのか?これも気になるポイントだと思います。

monttさん(40代、女性)

7話の見どころは、ミスパンダ誕生の経緯が明かされることです。
レンとして生きてきたリコは、ミスパンダとなった自分の状況がわからず混乱します。

直輝にとって、これまでレンは単なるパートナーでしかなかったのだと思うんです。

ですが、次第にその関係性は変わってきました。
直輝にとって、レンは明らかに特別な存在になっていると思います。

だからこそ、彼は別れを決めたのではないでしょうか。
これ以上、彼女を傷つけたくなくて。

第7話みなさんの感想

QWEさん(40代、女性)

この時間帯のドラマは現実味がないので観たことがなかったのですが、シロクロだけはアクションがカッコ良すぎてハマってしまいました。

レンとミスパンダの秘密や森島直輝と飼育員さんの秘密など少しずつ秘密が解明されるところが、モヤモヤしなくてすむのがいいです。

今回も不意にパンケーキが出て催眠術をかけるシーンも楽しみでした。

リコの母親の闇とリコの苦悩が観ていて苦しかったです。
火事で殺そうとするほどリコを恨む母親の苦悩はワガママで実際そのような毒母もいるのかもしれないと思ってしまいました。

森島直輝のその後のリコへのフォローもキュンとしてしまいました。
次はコアラ男の謎ですが、森島直輝の逆襲が始まりそうな雰囲気が気になります。

森島直輝ふんする横浜流星の演技が上手いなぁと思います。
アクションシーンが若干少なかった回ですが、次回も楽しみな終わり方でした。

asiさん(30代、女性)

ミスパンダが夜の動画配信で恐がっていたのに、配信中に皆に笑われてしまっていました。

頑張ったのに懐中電灯がつかなくなってしまったのはかわいそうでした。
でもそこで犯人と会ったときには綺麗な女性でした。

すべて話をしてくれていたのに犯人がミスパンダのお母さんで強気でミスパンダに話しかけていたのに、お母さんが自分の娘と思っていたのにれんちゃんじゃないとわかって感情をぶちまけていた時は悲しくなりました。

自分の娘も殺してしまったことを聞いて残酷すぎると思いました。
リコちゃんが本当にかわいそうでした。
親子でも悲しすぎる結末でした。

いばらさん(30代、女性)

今回は門田先生殺人事件の真相についてでした。
正直私はマスターが犯人だと思ってたので、あ、お母さんの方なのかとなりました。
リコと母のやり取りは切なく、母に対しておかしいでしょって思いながらも、そんな母を誰か支えてくれる人はいなかったのかなと思わざるを得ませんでした。

コアラ男の謎だけが最後残るといった感じで終わりました。
父親がコアラ男だったというのがちょっと信じられないかなと思いつつ、全く真相が見えないため、誰が仕組んでいるのかも予想がつきません。

コアラ男についての真相は来週わかるからいいとして、今回の話の中でリコが囲碁大会の途中で抜けてきてしまい、角田先生の事件の真相を暴き始めたため、大会は棄権になってしまったのではないか、というのが私にとっては気がかりなことであります。

handsさん(30代、男性)

7話では、ミスパンダがリコの記憶を取り戻し、リコ自身がその後ミスパンダになり代わり、直輝と共に門田殺しの犯人を暴きました。

門田を殺した犯人はレンとリコの母である麻衣子でした。
リコと麻衣子が語り合うシーンはすごく切ないシーンで、リコの心情を考えたらとても辛くなるシーンでした。

子育てが苦しかったから、子供は一人だけのつもりだったからという理由だけで、レンだけに愛情を注ぐのはどうなのだろうか?と考えてしまいました。

リコに向けられた「私はあんたに死んで欲しかった」という麻衣子の言葉はあまりに酷くて観ていて辛かったです。
直輝が言っていたように、まったくリコの気持ちを考えていない麻衣子は、どうしてここまで非情になれるのか?と思いました。

母親の麻衣子にあれだけ冷たくされても、母親の事を心配してあげるリコには泣けてきました。
リコの何がいけなかったのか、麻衣子の気持ちは分かりませんが、麻衣子がリコにも同じように愛情を注いであげていたらどんな未来になっていたのでしょうね? 私は、レン、リコ、麻衣子の親子3人でも幸せな家庭を作れていたと思います。

リコは、直輝の復讐が終わるまで、ミスパンダとして付き合う事を約束しますが、直輝の復讐が済んだら本当にレンの人格に戻ってしまうのか? 復讐が終わってもリコのままでいてほしいと思いますが、果たしてどのような結末を迎えるのか最終回まで楽しみにしたいと思います。

今回のストーリーは、近年、社会問題にもなっているネグレクトや子供への虐待などに触れた回だったと思います。
子を持つ親には、生まれてきた命を等しく愛して欲しいと、つくづく感じさせる内容でした。

今回のストーリーはいつもの迫力あるアクション要素はありませんでしたが、見応えがあって面白かったです。
自分の子供を愛せない親と親に愛して欲しいと願う子供の本音でのぶつかり合い。
とても良かったです。

さいごに

今回のラストに直輝の父 哲也が、コアラ男事件のコアラ男だという目を疑うようなニュースが流れましたが、本当に哲也がコアラ男なのか?哲也の残した遺書は哲也が書いたものなのか? 疑問が多く残るラストでしたが、次週でどのような展開になるのか引き続き楽しみにしたいと思います。