アライブ がん専門医のカルテ第7話の評判とネタバレポイント

今回は非常に観ていて切なくまた悲しくなりました。
このドラマでの二人の仲が危うくなります。

https://www.fujitv.co.jp/alive/  

第7話あらすじは?

恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされた。

心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。
薫の心中は複雑だ。

 心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当。
武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見された。

がん性腹膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望む。
心は説明には武井の家族の出席も求めたのだが、話は本人にしか出来なかった。
同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つ。

 数日後、心は治療に来た武井に、やはり家族にも病状について話したいと話すも、再び言い淀む武井。

治療を終えた数時間後、病院の廊下の椅子で眠る武井を見かけた結城が声をかけると、武井は自ら調べた余命が真実なのか結城に詰め寄り……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

JINさん(30代、女性)

心はジャーナリストの関河から、夫の死の原因は薫の医療過誤ではなく須藤先生によるものだったことを知らされます。


心は薫に酷い言葉をぶつけたことを謝罪しますが、一方で医療過誤については調査委員会に申し立てることにします。

それを聞いた薫は、須藤先生を守りたいという気持ちもあるので複雑です。
薫が心の行動を引き留めるのか、それとも見守ることにするのかが見どころです。
薫は恋人を守るのか、それとも医師としての職務を果たすのか注目です。

PACKさん(40代、女性)

がん病棟の「リアル」を映し出しながら、2人の女性医師の心の葛藤、因縁、そして友情を描いていくドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」。

前回、夫が亡くなったのは梶川薫(木村佳乃)の医療過誤だと聞かされた恩田心(松下奈緒)。

2人の間には大きな溝ができてしまいましたが、真実は異なっていたということを知り、事態は急転し始めます。

薫のミスは、なんと上司である須藤進(田辺誠一)によって仕組まれたものでした。
上司の裏切りを知って混乱する薫は、一体これからどのように行動していくのか……注目です!!

angelaさん(30代、男性)

3年前に膀胱がんの治療を受けた男性が、別の部位への転移が見られたために、心は入院をして治療を奨めます。

ただ、その患者は頑なに入院を拒否し、通院を希望していたのです。
理由としては仕事があるためとされていますが、結城はこの患者がなぜそこまで通院にこだわるのか?不思議に感じていました。

この患者は別に何か理由を抱えているのか?通院でないといけない理由という点に関して、医者にも言えない真相があるのか?という点が見どころです。

第7話みなさんの感想

mawarimitiさん(40代、女性)

須藤ほどの医師になると、たくさんの経験をしているだけに、ミスへの恐怖もあれば、慢心もあるのだと思いました。

それだけ、命や病気と向き合う難しさを感じました。
彼が、薫に医療過誤を負わせているかもしれない、と思った時は、ひどいと思いましたが、彼も人間で自分と向き合う時間が必要だったのかな、と思いました。

匠の父親が、須藤に匠の過ちを背負って医師を続けるように言ったセリフには泣いてしまいました。
なかなか口に出せる言葉ではないと思いました。

患者のストーリーでは、自分が思い病になっても、引きこもりになってしまった息子を心配する武井が悲しくも親の心を表しているようにも思いました。
今回は、心がぶつかり合う部分が多くて胸にこみ上げるものがありました。

panda5さん(40代、女性)

「アライブ」はリアルだなとつくづく思いました。
がん患者をとりまく状況や、患者の心情を、本当に丁寧に描いているなと。

そして甘っちょろい感動なんてさせる気なんてない!とでもいうようなシビアな展開に毎回しびれます。

今回も余命1年半の男性・武井さんと引きこもりの息子の姿があまりに切なくて……。
そして医師であり、夫を医療過誤で失った遺族でもあるオンコロ先生の苦悩には、胸が締め付けられるような思いがしました。

信頼していた須藤先生に裏切られていた薫先生もまた然りですし、その須藤先生すらも罪の意識に苛まれていたなんて……驚きました。
みんな苦しみながら、それでも前に進んで行かなきゃいけないんだな、自分もしっかりしなくちゃ!って思いました。

それにしても、京ちゃんのセリフは染みました。
「許すことは諦めます」って、なんて深い言葉なんだろう……。
次回も楽しみです!

snake43さん(40代、男性)

今まで恩田心と梶山薫とのコンビで癌に立ち向かってきたと言うのに残念なことに誤解により友情が壊れそうになったからです。

しかし、幸いにも匠の死因の真相が解り、再び二人が歩み寄ったことが本当に泣けてきました。

最近ではあまり私はドラマなどでは泣くことも無かったのですが、今回のこの話には本当に悲しくなり泣けてきました。

しかし、そんな中一方では須藤進の進退が気になるところでした。
果たしてどうなっていくのかが気になって仕方ありませんでした。
また、それを知った梶山薫の心中も確かに複雑になるとも思いました。

nekomimiさん(50代、女性)

このドラマには深いテーマが描かれているので大好きなのですが、今回の第7話にも感動するシーンがたくさんありましたし、色々と考えさせられました。

一番、印象的だったのは須藤医師(田辺誠一さん)が心の夫を自分のミスのせいで死なせてしまったことを認めて、薫の義理父(北大路欣也さん)に謝罪した時に「あなたのことを許せれば楽になるかもしれないが無理です。あなたへの怒りを抱えていきます」ということを言ったシーンです。

その怒りを込めて吐き出した言葉に重みを感じましたし、もし自分が同じ状況になったらやっぱり許すことが出来ないのではないかと思いました。

それから今回、患者として出て来た男性(平田満さん)と長年、引きこもっていた息子との親子愛にも感動しました。

さいごに

最後に薫が「さようなら」と言ったセリフが気になっています。
あのさようならの意味は病院を辞めるという意味なのか、それとも須藤医師と縁を切る決断なのかと推測しますが、それを知るためにも次回が楽しみです。