トップナイフー天才脳外科医の条件ー第6話の展開とネタバレ

幻肢痛というものはドラマなどでよく聞くことがあるため、それに対して行うことなども知っていましたが、自分の体の一部が自分のものではないと感じる病があることは初めて知りました。

https://www.ntv.co.jp/topknife/  

第6話あらすじは?

オペ以外の雑用が自分に回ってくることにストレスを感じる深山 (天海祐希)。

一方、リストラの噂を耳にした幸子(広瀬アリス)は自分のクビが切られるのでは、と戦々恐々。
深山に取り入ろうとするが……。

そんな中、西郡 (永山絢斗)は自分の幻“ドッペルゲンガー”が見えるという患者・大澤 卓司 (山本浩司)を診察する。
実は大澤は10年前まで深山の下で東都総合病院の脳外科にいた医者。

深山にクビを切られてから、内科医として開業医の実家を継いだのだと言う。
大澤にだけ見える不穏な“幻の自分”は、深山に復讐をするようけしかけているのだが……。

スタッフステーションでは、当時部下だった大澤に脳外科認定試験を受験する許可さえ出さなかったという“氷の女”深山の噂が飛び交い、幸子は自分の行く末を案じる。

西郡は、脳外科医になる道を断たれた大澤がかつて病院から飛び降り自殺を図ったと聞き、今出川 (三浦友和)に真偽を確かめるが……。
一方、事故に巻き込まれ左手を切断した入院患者・原田保(笠松将)は、切断してなくなったはずの腕に激痛を感じる“幻肢痛”に悩まされていた。
頭蓋骨骨折の経過観察のため入院している原田だが、脳外科の分野では“幻肢痛”に対処する方法はなく……。

元高校球児で社会人になっても野球を続けていた原田にとって腕をなくした大きな喪失感が幻肢痛に起因していると想像する黒岩(椎名桔平)は、息子と同じ“保”という名前がひっかかり、痛みに呻く原田を気にかける。

実は、その痛みには原田がずっと抱えてきた後悔が隠されていて……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

あきらさん(20代、女性)

ドッペルゲンガーが見えると言って診察しに来た男の人は10年前に深山先生から脳外科をクビにされた医者だったがどうなるのか、深山先生の復讐のために病院に乗り込んできたのか。

病院にいる他の先生が患者さん達は大丈夫なのか、事故で左手を切断して入院してきた患者さんの精神はどうなるのか、切断したはずの腕に激痛を感じる幻肢痛とはどういうものなのか。

その患者さんがずっと抱えていた悩みとはなんなのか、など今回は深山先生の過去が一番気になります。

spaceさん(30代、男性)

西郡が担当することになった患者は、かつて深山のもとで脳外科医をしていた男性ですが、この男性はドッペルゲンガーが見えるという症状を訴えてきます。

そのドッペルゲンガーは深山に復讐をしようとけしかけると言い、非常に困った状況になります。

ただ、かつて深山にクビにされたという過去を持っているだけに、そういった部分というのが少なからずかかわっているのではないか?と思われます。

ドッペルゲンガーを見るようになった真相やこの患者がどうなるのか?という点がやはり見どころです。

coll8さん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、今回は開業医である大澤と医師が患者として訪れてくるのです。

そして、またこの開業医である大澤は実は以前に東都総合病院に勤めておられえいたことが判明するのでした。

そして、更には深山により過去に首にされたと言うことも判明するのでした。

そして、大澤は何と病院内で自殺未遂まで起こしたほどの男だったのです。

そしてまた、深山は脳外科医にはなってはいけない人がこの世にはいるとまで言うのでした。

第6話みなさんの感想

mimiさん(40代、男性)

今回は非常に珍しいパターンのドラマ内容であったように思えました。
何故ならば、以前に勤めていた医師が訪れてくるのですが、そこまでは有りがちと思いましたが、更に深山により首にされた医師とあって良く訪れて来たなと思いました。

また、更にはこれまた以前にこの病院内で自殺未遂まで起こしたと言うことで尚更驚きました。
普通であれば考えられない展開内容でした。

しかし、また深山は深山でその訪れてきた開業医である大澤に対して厳しいコメントをするので、非常に複雑な関係だと思いました。

また、深山は更に脳外科医にはなってはいけない人がいると言った言葉に私は深く考えさせられました。
果たして、どういう意味があるのだろうかと。

幻肢痛に対してどういった治療を行うのかを知りたかったので見ごたえがありました。

彼女に対して行ったのは不快であると感じる足を自分でどうにかしようとしたことに対する処置でしかなかったので、心の治療によってどのように改善していくのか、そもそもそういったことが出来るのかが知りたかった。

深山がクビを切った元部下の男性が脳外科医として認められなかったのは心の弱さからということですが、その点に関して小机の評価はどうなのかが聞きたかったです。

面倒を見ていることを考えると必要な図太さはあるのだろうと思いますが、そこに技術がまだ追いついていない、ということになるのでしょうか。

ただ、小机は図太さとは少し違って、鈍感なだけなのではないかと思っています。

彼女自身がこれからを決定づける何かが今後の話で描かれることになるのだろうか。
その時には少し騒がしいと感じているため、落ち着きを持ってほしいと思います。

clock4さん(30代、女性)

深山が前にクビを切ったという医者の男が入院してきましたが、その俳優さんが影のある怖い演技が上手すぎてエレベーターの中で閉じ込められたシーンは本当にヒヤヒヤしました。

過去に患者さんの死という悲しい出来事があって心が折れた経緯があり外科医を勧めなかったということもわかり、深山は悪い人ではないんだなと安心しました。

そんな中設備が整っていない状況での処置は本物のお医者さんのようにカッコ良かったです。

毎回幸子には笑わされますが、自分がクビを切られないように会議中にウンチクを言い出した時が今回は特に面白かったです。

来島は他の女の子と幸子を同じように見ているのか、エレベーターの中での医者としてのしっかりした姿を見て少しは特別な好意を持ったのか気になります。
来週も楽しみです。

きりんさん(40代、男性)

過去に、深山から脳外科医としてのクビを宣告された大澤は、深山に対して逆恨みをしているようです。

エレベーターに閉じ込めて、深山を再起不能にしようと試みましたが、そこに居合わせた患者が突然発症してしまい、エレベーター内での緊急オペになりました。

大澤が本当に深山を恨んでいるのであれば、その段階でいくらでも深山に危害を加えることはできたはずです。

しかし、大澤には、医者としての良心があり、患者を救おうとしていた深山には手が出せなかったようです。

深山の話では、大澤は優しすぎるとともに、心が弱すぎたために、大澤には脳外科医が務まらなかったようです。

ドッペルゲンガーに悩まされていた大澤も、自分の真実の声に気がついたようで、最後は自分自身の人生の選択について納得をしたようです。

さいごに

医者という仕事は、頭のよさとか独創性ではなく、心の強さと体力がないと務まらないんだなと感じました。