ケイジとケンジ 所轄と地検の24時第5話の感想とネタバレ

過去の傷害事件を巡って容疑者の弁護士との争いが繰り広げられます。

弁護士がどうにか容疑者の刑を軽くするために被害者に示談を持ちかけたり策を講じます。

https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  

第5話あらすじは?

横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と目黒元気(磯村勇斗)は居酒屋店へ。
“出世第一の人生プラン”を掲げる目黒は、とうとうと“守りの姿勢”の大切さを語り始める。

すると突然、外から怒号が聞こえてきた。
酒に酔った源義和(深水元基)がけんか腰で、路上に倒れ込む向谷孝太郎(荒川浩平)に迫っていく姿を見た豪太と目黒は、源を現行犯逮捕。

思わぬ手柄にすっかり舞い上がる。
だが、その先に待っていたのはまさかの展開。

源の弁護士・神田川博史(堀井新太)が桜木署へやって来たのだが…なんとこの男、目黒の中高時代の同級生だったのだ! しかも超やり手の神田川は、最初に手を出したのが向谷であることを示す防犯カメラ映像を、いち早く入手。

あろうことか源を誤認逮捕してしまっていたことが発覚し、豪太と目黒は青ざめる…。

 ところがそこへ、桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)が源にそっくりな似顔絵を探し出してきた! 実はこれ、3年前に傷害事件を起こし、未だ捕まっていない犯人の似顔絵だという。

大逆転のチャンスを得た豪太たちだが、横浜地方検察庁みなと支部の部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は張り切る警察の暴走を危惧。

部下の検事・真島修平(東出昌大)に、送検の前段階から捜査に加わるよう指示する。

一方、神田川は先手を打ち、同事件の被害者・伊勢谷徹(池岡亮介)と示談交渉を進め…!?  ことあるごとに神田川にやり込められ、思うように捜査を進められない警察と検察。

そんな不甲斐ない状況の中、豪太が放った“ある言葉”が目黒の胸に響き…!

公式サイトより

みんなの注目する点は?

kurage(さん30代、女性)

豪太は念願の刑事になったものの、思うような知見の成果をあげられず同僚と酒を飲みながら愚痴をこぼしています。

そんな時、酔っ払って喧嘩をしていた男逮捕すると言う思いがけない手柄を得ることができます。

しかし弁護士が乗り込んできて誤認逮捕を示す証拠を突き付けられてピンチを迎えます。

困っていたときに、逮捕した男が3年前に傷害事件を起こした似顔絵の男とそっくりだということに気づき、逆転ホームランではないかと浮き足立ちます。

ただそこに検事が加わることによって、事件はどんな方向に向かうのかが見どころです。

muhaiさん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、刑事である仲井戸豪太と目黒元気による居酒屋からのスタートとなりました。

出世を考える目黒元気はお酒を飲み進むと同時に様々に語り始めるのでした。
そしてまた、その内容としては出世とは裏腹に守りの姿勢となっていたのでした。

しかし、またそんな時に目黒元気の同級生であった神田川と偶然再開するのでした。

そして、更には向谷の方が先に手を出したと言うことでまさかの展開へとなっていくのでした。

kazuさん(30代、男性)

仲井戸と真島は容疑者にきちんと罪を償わせようと動きます。
今回の話は観終わったあとスカッとする話でした。

見事に弁護士をぎゃふんと言わせる結末で観ていて非常に楽しめました。

どうやって問題を解決するのか気になって最後まで飽きずに楽しむことができた内容でした。

第5話みなさんの感想

game3さん(30代、女性)

誤認逮捕してしまったかと思いきや、実は3年前の別件の犯人を見付けることが出来ていたとは、なかなか面白い展開です。

しかし大金持ちの息子だからとお金で解決しようとする、現実でもよくある話は歯切れが悪く本当に嫌です。

例え酔っていたとしても故意に高いところから落とされて、脊髄損傷して車椅子での生活を余儀なくされたにも関わらず、3年間も犯人は逃げ続けていたなんて到底許すことなど出来ないです。

犯人には悪びれる素振りも反省の様子も全くなく、どこまでも許し難い印象です。

やり手弁護士の神田川が次々に仕掛けてきて、伊勢谷さんが一度は丸め込まれてしまったことは本当に悔しいですが、2000万円もの高額を提示されれば仕方の無いことかもしれません。

仲井戸と目黒も良いコンビになってきて楽しいですし、最終的にひっくり返してくれてとても気持ちが良かったです!

tanakaさん(50代、男性)

今回は誤認逮捕から始まった傷害事件の回、これまでで一番真面目な(笑)内容ではなかったでしょうか。

話の中心は磯村くんと同級生の弁護士の対決、最後は逆転勝利でした。
磯村くんは最近よく見かけますが、彼は役者としてマルチな才能がありそうですね。

不良高校生からヒットマン的な悪役から警察まで網羅する結構幅広いキャラ、どれも彼ならではのこなしができてる印象があります。

このドラマでは今人気の今田美桜ちゃんといい雰囲気、桐谷くん演じる仲井戸とはバディ役でコントラストがある役です。

最初は桐谷くんと東出くん、そして比嘉愛未ちゃんだけのドラマかと思ってましたが、回を追うごとに脇役も少しづつうまく機能してきてる気がしますね。
これからさらに期待!ですね。

horikosiさん(40代、男性)

今回は刑事である仲井戸豪太と目黒元気による居酒屋シーンがあったのですが、非常に予想外の展開でしたので驚きました。

そして、またそんな二人がたまたま飲んでいた居酒屋の窓の外により、トラブルが生じ現行犯逮捕と言うことになってしまったので、本当に付いていないと思いました。

せっかく気持ち良くお酒を飲んでいる場所の外でトラブルが起きていたのは本当に付いていないと思いました。

しかし、残念ながら刑事と言う立場だけあって、仕事を全うにしている姿は立派だとも思いました。

そんな中、神田川が目黒元気のまさかの同級生であったことが今回の一番の驚きとなりました。

しかし、そこからまた予想外の展開となったので本当に今回もまた目がハナセナクなりました。

VAINさん(40代、女性)

相変わらず、突っ走る天然色の強い仲井戸刑事でしたが、少しずつ周りも同調していく感じが、ほっこりしました。

今回は、現行犯逮捕がまさかの誤認逮捕で、どんでん返しの3年前の傷害事件につながったというあり得ない展開でしたが、テンポの良さがスカッとしました。

弁護士のあらゆる手段を用意する手際にも感心してしまいました。
これは、どういう風に進むのか分からないまま見てしまいましたが、民事裁判にも持っていくという展開に思わず、おお〜と唸ってしまいました。

真島検事がみなみの尻に敷かれ始めているのもいい空気感だと思いました。

さいごに

明快なストーリーの展開が気持ち良かったです。
刑事と検事の仲の悪さもコミカルにみせてくれていたドラマですが、今回は、グッと息の合ったところを見れて面白かったですね。