シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第6話の感想とネタバレ

第6話の見どころは、ミスパンダと飼育員さんの関係が大きく変わってしまうかもしれないというところです。
この二人は今後どうなってしまうのでしょう。

https://www.ytv.co.jp/shirokuro/  

第6話あらすじは?

ミスパンダが浜口死刑囚を殺害した容疑で指名手配され、ミスパンダと行動を共にする飼育員さんも警察に追われる。
何者かがミスパンダと飼育員さんになりすまし、殺人を犯した。

直輝(横浜流星)は一刻も早く、偽のミスパンダと飼育員さんを突き止めなくてはならない状況に陥る。

Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、今後の関係を断つと直輝に告げ、ミスパンダの殺処分を命じる。

門田(山崎樹範)が殺され、レン(清野菜名)は大きなショックを受けていた。

春男(升毅)と佳恵(椿鬼奴)は、そんなレンが心配でならない。

直輝はレンから、“助けてください”というメールを受け取る。
神代(要潤)は、7年前のショッピングモール爆破事件で弟を亡くした遺族・陽一(結木滉星)と恭子(三倉茉奈)を訪ねる。

神代が「浜口が殺されてどう思いました?」と聞くと、陽一は「浜口を殺してくれたミスパンダには感謝しています」と答える。

陽一と恭子には、浜口が殺害された時間にアリバイがなかった…。
ミスパンダを正義の味方ともてはやしていた世間の声は一転し、ミスパンダへのバッシングが高まる。
直輝は警察の追手を逃れながら、偽ミスパンダと偽飼育員さんが誰なのかを探っていた。

神代から情報を得た直輝は、陽一と恭子に対する疑惑を深め「人殺ししましたよね?」と彼らに迫る。

レンのもとに、あずさ(白石聖)が訪ねてくる。
あずさはレンに直輝との関係を問い詰める。
そんな中、ミスパンダが逮捕されたというニュースが流れ――! 

公式サイトより

みんなの注目する点は?

Y(20代、女性)

ミスパンダが死刑囚を殺した、と指名手配されてしまうがどうなるのか、直輝はミスパンダを陥れた偽物のミスパンダが誰かを突き止めることができるのか。

ミスターノーコンプライアンスは直輝にミスパンダの殺処分を命令するがミスパンダはどうなるのか、あずさはレンの所に来て「直輝を振り回さないでほしい」とお願いするが今後の2人の関係はどうなるのか。

など今回はミスパンダのピンチだがどういう展開になるのか見どころがたくさんあります。

H(30代、女性)

前回は偽のミスパンダが死刑囚を殺害し、その容疑が本物のミスパンダにかけられてしまっめ終わるという、とても気になる展開になってます。

また、ミスターコンプライアンスの怪しげな感じも気になります。
彼の本当の狙いは何なのか、また、飼育員さんの過去の事件の本当の真相、6話でどんな進展を見せてくれるのか楽しみです。

飼育員さん、かっこいいけど血も涙もないんじゃないかと思ったり、レンちゃんとミスパンダのギャップもいつも楽しく見ています。

U(40代、女性)


警察に追われるミスパンダを殺すように言われる直輝。
このまま二人の関係はバッドエンドを迎えてしまうのでしょうか。
そして、レンにとって門田を失った哀しみは深く、直輝だけが心の支えだったのだと思うんです。

それなのに、直輝からはもう会えないと言われてしまって、レンの心はボロボロになってしまうのではないかと思うんです。

第6話みなさんの感想

D(30代、女性)

前回精神科医の門田が殺されたシーンで終わりましたが、門田の死に触れたのは始めの約5分でした。

誰が殺したのかなど気になるところが多すぎますが、きっとこの伏線も次には明らかになるのだろうと期待しています。

ミスパンダが追われる立場となりましたが、正直警察が仕組んだことだとは気付きませんで、見ながらなるほど、と声をあげてしまうような結末でした。

また、最後にミスパンダの催眠術が解かれリコになっていたのを見て、催眠術をかけた門田でなくても、不可抗力な出来事でその催眠は解けるのかと少し不思議に感じました。

リコに戻ってしまったということは、飼育員の森島直輝との関係性は変わってくるし、療養中の母親とはもっと関係に変化があることが想像できるため、次回が今からとても楽しみです。

W(30代、女性)

死刑囚を殺したのは爆弾被害にあった遺族の兄弟だと思っていたのですが、事件の真相はさらにその上を行くものだったので驚かされました。

確かにハブとマングースと呼ばれている警察コンビの俳優さんが豪華だと思っていましたが、まさか犯人役だとは思わなかったので楽しい驚きでした。

今回は精神科医殺害の犯人探しは行われなかったので次回に期待したいです。

レンのところに、直輝の婚約者を名乗って、あずさが訪れましたが、なんだかちょっと怖い雰囲気でビビってしまいました。

あずさは小さい時にコアラ男に誘拐された過去がありますが、それが何らかの影響及ぼしているのではないかと疑っています。

それにあずさの父親の大臣も結局警察の不祥事を握り潰すようなことに加担しているようなので、まだ味方か敵なのかわかりません。

Q(40代、男性)

今回から、この物語の真相が解き明かされていくようです。
ミスパンダの偽物も偽物のようですし、現段階では、誰が白で誰が黒なのか、さっぱりわからないです。

しかし、佐島親子が、この物語の鍵を握っている存在であることは間違いなさそうです。

森島が佐島あずさと恋人になっているのも、この物語の真相と関連していると思われます。

警察は爆破事件の主犯のようですが、ゴリラ事件で佐島大臣との裏取引があるようです。

警察内部の事情が気になるところです。
最後のシーンで、レンの人格がリコの人格へと変化したようですが、これによりレンが火事で亡くなった事件の真相も明らかになりそうです。

今後は、これらの伏線がだんだんと回収されて、ある1つの事実へと収束していくのでしょう。
今後の展開が楽しみになってきました。

T(40代、女性)

毎週楽しく観ているドラマの一つです。
第6話の感想ですが、私は第5話からあの2人の警察官があやしくて、絶対にこの2人が偽物パンダだと思ってました。

今回も、ミスパンダの犯人を二択で追い詰めるやりとりなど、おもしろいなと思って観てました。

6話を観終わってだんだんといろんな人が絡んできて、私が毎回思うのは、1番あずさの父がいったい良い人なのか悪い人なのか、今回も凄く気になって仕方ないところに、川田レンがリコに覚醒して、ますます次が観たいなと思った内容でした。

やっぱり飼育員とミスパンダは最高に良い相棒だなと感心しています。

さいごに

ちょうど6話から内容も濃くなって、これからもっと真実に迫った話になると思うので、次回を楽しみに待ちたいと思います。
面白かったです。