病室で念仏を唱えないでください第5話のネタバレと感想

前話のラストで虐待の末子供を死なせた親を殴ってしまった伊藤英明演じる松本は、無期限停職となってしまい反省する日々。今回はそこからはじまります。

https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/

第5話あらすじは?

虐待によって救急に運び込まれ、亡くなってしまった少女。 その少女を虐待していた義父に怒りを抑えられず殴ってしまった松本(伊藤英明)は、警察に逮捕された挙句あおば台病院から無期限の出勤停止処分となってしまった。

そんな中、謹慎中の松本は、師匠・円明(団時朗)の昔からの友人、石川祐三(品川徹)が老衰で臨終が近いと知らせを受けたことを知り、直ぐに医療用具を持参し円明の弟子・唯円(葵揚)と共に石川家へと向かった。

だが、死を覚悟した様子の石川家の家族たちを前に、医者として、僧侶として、何かできることはあるのかと松本は葛藤するのであった。

一方、濱田(ムロツヨシ)の反応を気にしていた心臓外科医の児嶋(松本穂香)が救命救急への配置換えを直訴し、転科してきた。 しかし、謹慎中の松本は知る由もなく…。

ある夜、憲次(泉谷しげる)に誘われ一緒に飲みに行くと、もう息子・哉が川遊びで溺死したことは忘れ、医者として普通に頑張れと憲次から励まされる。

その帰り偶然にもビルの工事現場で事故を目撃した松本は…。
公式サイトより

みんなの注目する点は?

ofcouseさん(50代、男性)
養父に性的虐待を受け、子宮外妊娠による出血と腹痛で運ばれた少女を救えなかった松本が、病院にやってきた養父の態度に怒りを抑えられず殴ってしまい、警察に逮捕され病院からは無期限の出勤停止処分を受けるようです。

医師として病院で患者を診れない松本が、僧侶として師匠の円明のもとでどんな葛藤を繰り広げ、過去の水難事故で救えなかった友人のことも併せて医師としてどんな決断を下すのかが見どころとなりそうです。

また、濱田のご機嫌を伺うばかりの児島が、救急救命への配置転換を願い出たことで、どんな扱いを受けながら活躍するのかも気になります。
●名前●(30代、男性)
前回、命を救う事が出来なかった愛羅を虐待していた義父に怒りのパンチを繰り出してしまった照円。

警察沙汰にもなり、病院からは無期限の出勤停止処分を言い渡される事になります。 謹慎中の身である照円でしたが、師匠である円明の友人 石川祐三の臨終が迫っている事を聞き、すぐに石川家へ向かいます。 そこで、照円は石川の死を覚悟した家族を前に、自分に何かできることはないのかと葛藤します。

一方、配置替えを希望をしていた眞白が心臓外科から救命救急に転属することになります。 ただ、謹慎中の照円は眞白が救命救急に来た事をまだ知りません。

そんな中、照円は、憲次と飲んだ帰りにビルの工事現場で発生した事故に遭遇します。 果たして、謹慎中の照円は工事現場で起きた事故の被害者を救う事ができるのでしょうか?
そして、新たに救命救急に所属することになった眞白と照円のコンビがこの先どんな化学反応を起こすのか?
この配置換えをきっかけに二人の今後が楽しみ
になってくると思います。 見どころとしては、謹慎中の照円が工事現場の事故の被害者を救えるのかどうか?

そして、眞白が救命救急に所属してどんな活躍を見せるのか?が見どころになってくるのではないかと思います。
ganzeさん(40代、男性)
そんな日々の中和尚様の将棋仲間の石川さんが老衰で危篤と聞き主治医に代わり駆けつける松本先生が石川さんの永眠するのを看取ることになります。
前話の虐待されて無くなってしまった女の子の死、そして石川さんの死、逆に工事現場の負傷者は保険金のために死なせてくれと言われてしまう。

第5話は死というものに向き合うお話でした。

そして第5話冒頭では、虐待の親を殴ってしまったことを反省しているが後悔していないと言っていた松本先生が謹慎中に何もできなかったことを振り返り、第5話終盤で謹慎にならなければその間も人を救えたと反省していると言ったことが、第5話が重めのお話だったけど良いお話でもあると思いました。

第5話みなさんの感想

hohoさん(30代、女性)
前回の義父のクソ所業にブチギレて拳をふるった松本はどうなるのか!?とヤキモキしていましたが、大きく問題にはならずあっさり終了してしまい肩透かしを食らった感じでした。

ですが、いつもの仲良しパターンが始まり、それはそれでホッともしました。 やはり、このドラマは、メリハリがあっていいですね。

内容がヘビーでも、それだけを抱えて生きている・仕事をしている人なんていないんだと、親近感を沸かせてくれます。

そして、それと同時に、その突然の不幸は私の身近にもあるのだろうと教えてくれます。

まさか自分の身に・・・な思いもよらない事態の時は、どっしり構えてくれているお医者さんの方がいいのかもしれませんが。 こういう、迷って悩んで手探りながらも進んでいるお医者さんの方が、一緒に頑張っているような気になりますね。

それにしても、ちょこちょこ登場するたび味を出していたホリケンこと藍田!正直ちょっと職場に居たら避けるタイプだなと思っていましたが、今回はちょっとイイ奴度が上がりました。

それと反対に、どんどん濱田への好感どころか興味も薄れていく・・・もうどうでもいいような気がしてきました。

児嶋も救急に来たし、いいキャラにならなくていいので、めんどくさいことを起こす前に退場してもらいたいです。
shillyさん(30代、女性)
三宅先生と濱田先生の作り笑顔でしかない表情と棘のある言葉でのやりとりが怖すぎました。

しかしどちらも譲らない感じで釣り合いは取れていました。 「良い死に方って何だろう」という問はとても重く感じました。 みんなそれぞれに必ず寿命はあるけれども、それがいつどのように訪れるかが誰にも分からないのは、不都合ばかりのように思います。

例えば何歳まで生きるかが事前に分かれば、それまでの生き方やお金の使い方等も計画的に出来ていいのに、と常日頃から私は考えています。

消えてしまうかもしれない生命を目の前にして、松本先生が自分の進退なんてどうでもいいと言い放つところや、居酒屋でも一切お酒を飲んでいないところは尊敬に値します。 理事長も松本先生の仲間も皆良い仕事をするので好感が持てます。
nervusさん(30代、男性)
謹慎中に松本が見ることになった死に方はこれほど幸せな最期はないだろうと感じました。 あれだけ家族から愛されていたのは、それだけおじいさんが家族を愛していたということだと伝わってきました。

医者としては何も出来ないながらも、それでもいいと思えるような最期を見送れましたが、それが身近な人となった時に松本は同じようにいられるのかがこれから問われていくことになるようで、どう動くのか非常に気になります。 濱田が民間に出向したのは心臓外科のための特別な施設を作るためということが判明しましたが、偉い人にバレると潰される施設で何を変えようとしているのかはわからないため、彼が本当に悪い人なのかがわからないままなので、早く全てが見えてきてほしいです。

協力関係にある澁沢とは考え方に少しズレがあることも描かれていたので、彼女の方も何を見据えて動いているのかが気になります。
Givさん(50代、男性)
前回の第4話の最後のシーンがあまりにも衝撃的で悲しすぎて胸が痛くなりましたし、松本先生(伊藤英明さん)が亡くなってしまった少女の義父を殴ってしまった気持ちがよく分かりました。

松本先生は僧侶でもあるので仏教の教えなど良いことを口にする一方、このように人間らしい感情をむき出しにするシーンが何度もあるので、それがまたこのドラマに良いスパイスを与えていて好きです。

今回の第5話ではそんな松本先生がその義父を殴ったことによって無期限の出勤停止の処分を受けてしまいますが、そんな中、彼が死期が迫っている知り合いを訪ねて行って、医者として僧侶として葛藤する姿には心打たれました。

そしてそんな松本先生に対して、彼の幼い時の友達で一緒に遊んでいた時に亡くなってしまった男の子の父親(泉谷しげるさん)が松本先生をそっと励ます姿には感動しました。

言葉は少なくてもしっかりこの父親の思いは松本先生に伝わったと思いますし、そんな人が周りに居ることは有難いことだなと思いました。

さいごに

泉谷しげるさんの出番は少ないですが、さすが良い演技をする役者さんだけあって、このドラマを更に良いものにしてくれていると思います。
毎回のストーリー展開が面白いですし、今後も楽しみですね。