アライブ がん専門医のカルテ第6話ネタバレと感想

今回は心の夫の手術に携わっていたという薫は医療過誤の真実を伝え、そして、執刀していたのは薫自身だった事も明らかになります。


https://www.fujitv.co.jp/alive/  

第6話あらすじは?

恩田心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミス、つまり医療過誤が原因で亡くなったことを梶山薫(木村佳乃)に知らされる。
しかも、薫はその時に匠の手術をしていたのは担当医の須藤進(田辺誠一)ではなく自分だったと告白。

薫の手技が、匠の死に繋がったことを知った心は、信頼していた薫に裏切られていたことで、信じがたい混乱と苦しみの中、薫に対して「消えて…」と伝える。

数日後、薫はまだ横浜みなと総合病院にいた。
退職願を消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出していたが、薫の手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ない。
心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその一人。
しかし、心は薫を避けるようになっていた。

そんなある日、心が医局に戻るとペットボトルの水が数本置かれている。
心が手を伸ばそうとすると光野守男(藤井隆)に止められる。
光野によると “がんが消える効能がある“と謳った水だそうで、元患者が、病院にいた患者たちに無断で配っていたので回収したという。
初回は無料だが次回から高額で売られているらしく、阿久津晃(木下ほうか)たち腫瘍内科の面々とともに心も憤りを隠さなかった。

 心は結城涼(清原翔)と新たな患者、土方絵麻(清水くるみ)と付き添いの父・徳介(ベンガル)、母・律子(宮田早苗)に治療方針を説明。

心が抗がん剤治療を施してからの手術になると話すと、徳介が口を挟む。
徳介は抗がん剤投与に拒否反応を持っていた。
律子と絵麻がとりなしてその場は収まるが…。

一方、匠の医療過誤を調べる関河隆一(三浦翔平)は、当時の事実を知る新たな人物と会っていたー。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

tomeさん(20代、女性)

薫先生は心先生に自分が匠さんの手術していたときに手術中の医療過誤が原因で亡くなったことを伝えたが心先生からは「なんでもしてくれるなら消えてほしい」と言われてしまいます。

今後の2人はどうなるのか、匠さんが亡くなって心先生もやっと立ち直りかけていたことや信頼していた薫先生に裏切られたことで心先生の精神は大丈夫なのか、薫先生はその後高坂さんの手術をやることができるのか、など心先生と薫先生が今後どうなるのかが気になります。

id4さん(30代、女性)

薫は自分も医療過誤で父親を失った経験を持っていましたが、その時の気持ちを思い出し、心に自分の医療過誤により心の夫が亡くなったことを打ち明けます。
それにより心と薫の関係は疎遠になってしまいますが、薫もすぐに病院を辞められるわけではありません。

2人が寄り添える機会があるのか注目です。
医療過誤を調べているジャーナリストが新しい情報を見つけ出すようなのでその内容も気になります。

一方で、抗癌剤治療に消極的な患者さんが現れますが、心がどのような対応をするのか見所です。

kazoeさん(20代、女性)

心は薫と疎遠になってしまいます。
更に薫は横浜みなと総合病院を辞めようと決意するのです。
その後、病院内では「がんが消える効果のある水」が患者に対して配られていました。

初回無料で、次回の利用から高額請求がされるという悪質な商品でした。
水を回収しましたが、病院側は憤りを隠せません。

更に、薫の医療過誤について調べている関河は当時を知る重要人物と接触していました。

第6話みなさんの感想

walkerさん(20代、男性)

医療従事者としての考え方の違い、患者の気持ち、御家族の気持ちなど、考えさせられる内容でした。

やはり若い女性にとっての抗がん剤による副作用は気持ちの大きな負担となると改めて考えさせられました。

好きな人には見られたくない、会社の人達にばれて変に気を使われたくないなど、色々と分かる部分もありました。

またガンを患った子供を持つ親の気持ちも痛いほどわかり、自分でも何でも最善の治療をしてほしいと、何が正解かも分からないからこそ評判の先生を選択し、ほんとは抗がん剤での治療がベストであっても手術して欲しいなど、なにかせずにはいられないのだとこのドラマを観ていて感じました。

このようにドラマを観て病気に理解を示してくれる人たちが多くなることを祈っています。

268Tさん(20代、女性)

心にとってとてもショッキングな出来事が起こってしまいました。
心の支えになっていた薫がまさか心の夫の手術に携わっていてしかも医療過誤を起こしていたとは思いませんでした。

心と薫の友情を感じられるシーンがとても好きだったので、心の「消えて」と言い放つシーンは悲しくて仕方ありませんでした。
薫も退職するようですし、今後2人がどうなってしまうのか心配です。
また、がんが消える水のシーンは憤りを感じました。

病院側が怪しい商品を回収してくれたのはとても良かったと感じています。
患者思いの医師が多い病院でとても心が温かくなりました。

現実ではあまり医師が積極的に動かないと思うので尚更そのように感じました。
横浜みなと総合病院の医師達は患者を大切にしているという一面がよく伝わったと思います。

Classmateさん(30代、女性)

私には子どもがいないので分かりませんが、最愛の子どもが若くしてステージ3のガンになってしまった親がどれほど苦しいのか、想像するだけで無関係の私まで辛くなります。

親が子どものことだけを思って必死になりすぎるあまり、正常な判断を失ってしまったり、周りが見えなくなってしまうのも無理はないと思います。
「病気になってごめんなさい」という娘の言葉には絶句しました。

後に土方一家との蟠りも無くなり、無事に治療開始できて本当に良かったです。
心と薫の間の溝がどんどん深まっていくのを見ているのがとても辛かったですが、心の夫の死の原因が薫のミスでは無かったと判明して本当に救われました。

しかし今度は薫が信じていた須藤に裏切られていたことが発覚し驚きました。
心と薫が前よりもずっと強い信頼関係で結ばれて、助け合って様々なことを乗り越えてほしいです。

read34さん(40代、男性)

前回のお話で恩田匠さんのパッキングを失敗した告白し消えてくれと言われてしまった梶山先生、そしてそう言ってしまった恩田先生。

そんな事情を背景に、今回のお話は癌になってしまった患者さんやその家族の心情など、そして医者としての葛藤がとてもリアルな感じで描かれており第5話までのお話以上に見ごたえのあるお話でした。

そんな中オンコロ先生が夫への医療過誤についてはっきりさせるため記者の関河と接触することにより真実が徐々に明らかになっていきます。

しかし、ラストにオンコロ先生が須藤先生を調査委員会に調べてもらうといった梶山先生の言葉が予想を裏切るところで、本当に今後どうなっていくのか予想できない展開です。

さいごに

第6話後半は今後の大きな展開を予感させる内容でハラハラとしてどんな展開になるのだろうと期待感が高まりとても良かったです。