トップナイフー天才脳外科医の条件ー第5話の注目点とネタバレ

難手術をこなすために来たと自信満々だった西郡が、過去の手術の失敗を黒岩の再手術で実力の差を見せつけられて自信を喪失し、自主練習を繰り返す姿には、脳外科医の苦悩が感じられました。

https://www.ntv.co.jp/topknife/

第5話あらすじは?

かつて自分が失敗した母親のオペを黒岩 くろいわ(椎名桔平)が再手術し実力の差を目の当たりにした西郡 (永山絢斗)と、来島 (古川雄大)への恋に心乱されて勉強に集中できない幸子 (広瀬アリス)。

深山 (天海祐希)は自分の“才能”に自信をなくした若手ドクター二人を気にかけるが……。

そんな中、テレビでも活躍する天才ピアニスト景浦祐樹(柿澤勇人)が耳が聴こえにくいと病院に訪れる。

巨大な聴神経腫瘍が見つかるものの、景浦は命よりも聴神経と顔面神経の温存を希望する。 黒岩でも難しいオペが予想される中、なぜか今出川(三浦友和)は西郡を執刀医に指名して……。

プレッシャーを感じる中、オペのシミュレーションに励む西郡は自宅のベランダから落ちた救急患者・根岸麻理恵(大西礼芳)を診察する。

西郡から自殺しようとしたことを見抜かれた麻理恵は、音大の同級生の景浦と比べて、自分には才能がなくピアノ講師の職も失って自暴自棄になっていたことを告白する。

才能がないのではなく諦めているから差がついたのだ、と厳しい言葉をかける西郡。 その言葉は激励のようでもあり……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

kimuraさん(40代、男性)
今回の見どころと言えば、以前に自分が失敗してしまった母親のオペを黒岩が行い再手術するのでした。

すると、そのオペの実力を目の当たりにし若い西郡と来島は愕然とするのでした。 あまりにもの実力の差に。

そして、そんな自信を失ってしまっていた若い西郡と来島に対して深山が気づかうのでした。

そして、そんな中 天才ピアニストの影浦祐樹と言う人物が耳が聞こえずらいと病院にやって来きます。
すると、聴神経腫瘍と言うのが見つかるのでした。
anki8さん(30代、女性)
西郡先生は母親の手術を黒岩先生にお願いしてから、その実力を目の当たりにして医師としての自信を失ってしまいます。

そして幸子もバーテンダーに夢中になっていて、仕事よりも恋愛に夢中になっている様子が深山は気になってしまいます。

チームのまとまりが崩れてきている時に、天才ピアニストが手術を受けたいというか、指名をされたのは西郡先生です。

自信喪失をしている時に、注目される手術の指名を受けた西郡先生がプレッシャーを乗り越えられるのかがみどころです。
hot44さん(60代、男性)
今回は、西郡と小机の弱さ・ネックに焦点があたっています。 患者さんを通じて、患者さんにかけた言葉が、自分に跳ね返ってくる様を描いています。

西郡は、それを一瞬はねのけたかに見えましたが、また元に戻ってしまいました。 それを悟り、病室の喜和子に告げ、病室を出た時、今出川部長が、拍手をしました。

これには、どんな意味が込められているのか・・今後判ってくると思います。
また、喜和子が西郡の自信を取り戻す鍵を握っているような気がします。 才能という言葉が、全体を流れる第五話でした。

第5話みなさんの感想

tieさん(40代、男性)
命より大切なものがあるのか。 今回のテーマはそこにありました。 私はないと思っていました。

しかし、この回を見て、強く思ったことは人それぞれの生きてきた道のり、考え方、将来の思い方によって、命より大切なこともあるんじゃないかということです。

命より大切なものはないと世の中の人は言うけど、それはきれいごとで、人生をかけてチャレンジしていることや、自分の命より大切な人やモノがあると思います。
病気の家族、子供や大切な知人がいたとしたら、自分の命を投げ打ってでも、もっと大切なものの方が存続することを願うんじゃないかと思うからです。
そんなことを改めて考えさせられる今回のドラマは、本当にオススメできるドラマです。
wanderさん(50代、男性)
西郡に自信を取り戻させるために、今出川が難しいオペの執刀を命じ、深山はタメ口が続いている状況に不安を感じるといったそれぞれの判断が面白く感じられました。

そんな中、天才ピアニストの景浦と救急患者の真理恵の同級生の二人が、西郡と同様に「才能」と病気に翻弄される展開が、非常に人間味が感じられました。

また、深山が来島への恋愛感情で情緒不安定となっている幸子のために、来島と直接対峙してフォローする姿は、指導医として若手ドクターを気遣う様子が伺えました。
tellmiさん(30代、女性)
深山先生は最初、脳外科に新しい医師が入ってくることを頑なに反対していたのに、今では彼らの心配をして振り回されているところが面白かったです。

今回は西郡先生のトラウマが解消される話だと思って見ていたら、そんな甘いものではなかったです。

手術が成功したと思ったらそれは運によるもので、次の手術は技術がなかったので他の医師に再び頼らなければならなかったと言うのはとても辛い展開だったと感じました。 音

楽の世界でも、才能よりも見た目がもたらされる世界である一方で、本当に才能が欲しい人にとってそれが自分にないと言うことを気づかされるのは辛いことだと思いました。 でも人間と言うのはやはり才能よりも努力が大事であると信じたいと思いました。
hondaさん(30代、女性)
医師も人間なんだなーって事がよく分かる放送回でした。

小机先生が恋に没頭してしまい仕事に手が付かない感じとか、西郡先生の過去のトラウマでオペが怖くなったりするんだなと思いました。 それでも、西郡先生が医師としても、人生に対しても諦めない姿は胸が熱くなりました。

どうにか本人の夢を叶えてあげたい気持ちが強くなればなるほど、医師として正しい判断をしたいと葛藤が生まれてしまう姿や、オペの練習で予習を繰り返す姿は、弱い所も垣間見えて人間臭くて凄く良かったです。

そして、くも膜下出血の大動脈瘤破裂のクリップ裁きでは、黒岩先生が危機一髪のところでオペに入って1分以内に腫瘍をクリップに成功していました。

さいごに

やはり外科医は経験がモノをいう世界なんだと思いました。

次回予告では深山先生がターゲットになった映像が映し出されていました。 今後の展開が増々楽しみです。