知らなくていいコト第6話ストーリーとネタバレ

この時期に不倫ネタというのは、思い切ったストーリーだと思いました。時事ネタってやつでしょうか?

https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/  

第6話あらすじは?

自分が杏南(秋吉久美子)の娘だと乃十阿の(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。

しかし乃十阿は突然ホースの水をケイトに向ける!!心配して駆けつけた尾高(柄本佑)は、乃十阿がなぜ事件を起こしたのか“本当のこと”が知りたいというケイトの言葉を聞き、当時乃十阿の担当をしていた弁護士・高村(平田満)の元にケイトを連れて行くが……。

そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。

二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。

しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて……。
早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。

そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが……。

その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する……。

翌日、岩谷(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが……!?

公式サイトより

みんなの注目する点は?

tapeさん(50代、男性)

前回5話のラストでは、自分の実の父親と思われる人物に会い、母親が死ぬ間際に言い残した気になる件を確かめに行きました。

第6話のストーリー展開のメインはこの気になる件だろうと考えられますが、HPを確認すると、また世間を揺るがすゴシップを追いかけ、雑誌記者という本業に忙しい日々を送るようです。

今回のゴシップは「今流行の」不倫です。
女優と人気棋士という世間の興味を引きそうなもので、数々の証拠集めを行ない記事にするべく仕事に邁進します。

その過程の中で自分の本当の気持ちを認識することになり、主人公は今は結婚しているかつての彼氏に強く会いたいと思うようになります。

え、不倫を追っている自分が不倫してしまう?主人公はその矛盾に愕然としてしまい戸惑ってしまいます。
想像を交えると、複数のこういったストーリーが展開されて行くと考えられ、主人公の揺れ動く心の動きが見どころとなるでしょう。

get7さん(30代、男性)

人気棋士と女優が不倫をしているという情報を掴んだケイトは2人の密会現場を押さえようとしますが、2人の密会場所が特定できません。

人気棋士の妻から不倫を裏付けるメールを見せてもらったものの、密会場所は暗号が用いられており、場所が分からない状況なのです。

暗号は将棋に関係するものということで、自力では解読ができないと感じたケイトは高校生のときに将棋部に所属していた重岡の力を借りようとします。

果たしてこの暗号を解読して、不倫現場にたどりつくことができるのか?が注目です。

takaさん(20代、女性)

ケイトは乃十阿に会いに行って自分が杏南の娘だということを伝えたがその後のケイトと乃十阿はどうなるのか、乃十阿はケイトに向かってホースを向けて水をかけるが会いに来るなという意味なのか。

乃十阿はなにを思っているのか、尾高さんはケイト達の本当のことを知っているのか、それをケイトに全て伝えるのか。

仕事の記事のネタの大物女優との不倫関係のことについてはどういう事実なのか、など一番はケイトと乃十阿がどうなるのかが気になります。

第6話みなさんの感想

home6さん(50代、男性)

殺人犯として刑期を務め終えた乃十阿を演じる小林薫さんのケイトと対峙した際の表情には、事件の真相を隠しながら自分の信念を貫いているのか、何らか不満を抱えているのか、不思議な背景を感じさせる独特の空気感が感じられました。

その一方、水をかけられながらもケイトの一歩も引かない姿には、週刊誌記者の覚悟というよりも自分の親かもしれない人を知りたいという思いが感じられました。

また、尾高がずぶ濡れとなったケイトをラブホテルに入る感覚は、週刊誌記者独特の機転にも思えました。

しかし、人気棋士の不倫を追うケイトが、既婚者の尾高に対する気持ちをまだ不倫ではないと納得しようとする姿には、尾高への思いの強さを感じました。

ケイトが抱える乃十阿も不倫のネタも、いずれも人を知ろうとする思いの共通点があるように思えました。

moon5さん(30代、男性)

今回はケイトが乃十阿に対して杏南の娘だと言った瞬間に乃十阿がケイトにホースで水をかけるのですが、観ていて非常に驚きました。

ドラマとは言え、まさかの吉高由里子ちゃんに水をかけるなんて私は全く想像していなかったのです。

また、こんな寒い時期だけに余計に気になりました。
また、個人的には乃十阿役の小林薫さんが非常に芝居が上手いなっと改めて思いました。

今までは私はあまり小林薫さんのことを知らなくてこのドラマ以外でもほとんどお芝居などを見たことがありませんでした。

ところが、今回はガッツリと見ているので本当に演技の上手さには圧巻されました。

確かに良い役者さんだと改めて知ることが出来たように思えます。
次回もまた楽しみに観たいと思います。

ginさん(30代、女性)

さいきんは現実でも不倫報道が多かったので、タイムリーなネタだと思って興味深く見ることができました。

今まで芸能人の不倫報道を暴いて、一体誰が得をするんだろうかと報道する側について批判的な感情を持っていました。

しかしみんなが連携をして特ダネを取るために協力しているところを見ると、読者がやはり知りたがっているネタを提供しているだけなんだと思いました。

ケイトが不倫をしている側を問い詰められないのは、自分の行動に思い当たる節があったのが理由なので、とても正直な女性だなと思いました。

最後のキスシーンは特にやばかったですが、2人は一方踏み出してしまったようなので次回が待ち遠しいです。

soulさん(40代、男性)

取材相手が不倫中だというのは、まだアリな気がしますが、ケイトと尾高が一線を超えてキスしてしまうというのは完全にアウトだと思いました。

あのシーンでその他の件が薄まってしまったと思います。
しかも、次回はケイトが刺されていたので心配です。

そして、今回の不倫ネタですが、バレてしまえば桜庭や文香は多くを失ってしまい、大変な目に遭ってしまうということを分かっているのかなと思いました。

CMなどの違約金は、ものすごい額になってしまうのに、分かってないのなという感じがしました。

そして、ケイトたちは大変な思いで、過酷な状況の中取材を続けていますが、実際の記者は途中で心が折れないのかなと思いました。

さいごに

ケイトの恋心は一方的なものと思っていたので、尾高さんも同じ思いだということがわかり、ダメだけと、良くないけど、良かったなって思ってしまいました。