アライブ がん専門医のカルテ第5話のネタバレと感想

今回は中村俊介さん演じる夫・恩田匠を亡くした悲しみを乗り越えた松下奈緒さん演じる恩田心が、どのように新患者たちと接していくのかが見どころです。


https://www.fujitv.co.jp/alive/  

第5話あらすじは?

恩田心(松下奈緒)は阿久津晃(木下ほうか)のアドバイスできちんと忌引き休暇を取り、京太郎(北大路欣也)、漣(桑名愛斗)たち家族と、匠(中村俊介)を亡くした悲しみを共有することが出来た。

そうして腫瘍内科の勤務に戻った心に、ジャーナリストの関河隆一(三浦翔平)が接触してくる。

心は、腫瘍内科の取材と聞いて引き受けたのだったが、関河が実際に知りたかったのは関東医科大学で梶山薫(木村佳乃)が起こしたとされる医療過誤問題だった。


しかし、心に思い当たる節はなく、取材の件を薫に話して関河には気をつけるようにと話す。
そんな心と薫の会話を高坂民代(高畑淳子)が聞いていた。
 そんな折、心が新たに担当したのは長尾春香(遊井亮子)という女性患者。
はっきりとした治療期間を知りたいと訴える春香に、心は患っている粘液型脂肪肉腫は希少がんの一つで全般的に抗がん剤が効き辛く、使用できる薬は副作用が強いので入院も必要になりそうだと説明する。

しかし、春香は仕事があるので入院は無理だと頑なだ。
 一方、関河は須藤進(田辺誠一)にも取材を敢行。
時を同じくして、心たちの病院でも薫が何か問題を起こして病院を移ったらしいと噂が広がっていきー。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

きしさん(40代、男性)

5話では遊井亮子さんが「長尾春香」という役で出演します。
一つ大きな壁を乗り越えたオンコロ先生ですが、新患者と向き合うことで、更に人として成長を遂げていくと思われます。

遊井亮子さんは名わき役として、よくドラマでゲスト出演される方なので、その演技力にも注目です。

また5話からは三浦翔平さん演じる「関川隆一」が、心や周囲の人間関係を本格的にかき回してくるでしょう。

yumiさん(30代、女性)

夫の死に対する悲しみを仕事で紛らわせようとしていた心は、周囲の同僚のアドバイスとサポートのおかげでちゃんと休暇を取って向き合うことにします。

薫先生に対してさらに信頼を抱くようになっていた矢先、心にジャーナリストを名乗る男が近付いてきます。

心は医療過誤について質問されても心当たりがなく戸惑いますが、心は一応薫先生に変なジャーナリストが訪ねてきたことを告げます。

その会話を患者である高坂さんが聞いていましたが、彼女は以前も薫先生の不思議な行動をとっていたことを知っていたのでどう動くのかが注目です。

DONさん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、心が上司である阿久津からアドバイスされ、忌引休暇をしっかりと取ることにしたのでした。

そして、そのおかげで義理の父親である京太郎や漣の家族たちと共に匠の亡くなった悲しみを共有することが出来たのでした。

そして、そんな悲しみの中、仕事へと戻った心にジャーナリストをしている関河隆一が接触してくるのでありました。

心はてっきり腫瘍内科についてを聞かれるのだと思っていたのですが、実はまた別のことで接触してきたことが解るのでした。

第5話みなさんの感想

raraさん(30代、女性)

心の旦那の死に関する核心に向かって、記者関河が多くを語らず、関係者それぞれに少しずつ詰めていくのが恐ろしかったです。

関河が匠の死に関する真相を暴くことに拘るのには、自分も何らかの関係者なのか単なる仕事なのか、理由がとても気になります。

子どもだけは絶対に失いたくない母親と、母親の病気を心配し、母が治療に専念できるよう逃げ出した子どもとの親子愛は感動的でした。

素直にはなれないけれど、本当は想い合っていることがお互いに伝わって良かったです。
ラストで薫が心に迫ったシーン、しっかりと真実を伝えたことは正しかったと思います。

しかし信頼していた親友から、衝撃的な事実を聞かされた遺族の心が乱されることは必然であり、果たして本当に必要なことだったのか、大きな疑問も残りました。
今後、いつか二人が分かり合える日が来ることを祈ります。

cat4さん(40代、女性)

毎回、様々なガンがテーマになっていて、勉強になり考えさせられます。

今回は、希少ガンと向き合わなければならなくなった女性が、一人で子供を育てる生活と治療の両立に苦しむところが、とても心苦しかったです。

彼女の生きる糧でもある息子を離さないためには、働かなければならないという現実があり、通院しながら治療ができると言われるようになったガン治療も、ケースによっては無理だという事を知り、彼女の心は張り裂けそうだったと思いました。

彼女の治療の目処がつき、心先生のご主人の事も一歩前に出始めた矢先に、医療過誤を薫先生に告げられてしまい、今回は、どの場面も辛かったです。

bubuさん(40代、男性)

薫が心に匠のことについて打ち明け、結局戻らなくなるため失ってしまったものだと悲しくなりました。

やはり、医療問題は難しいもので、病状によっては判断が誤ると命にかかわってしまうものです。

松下奈緒さんや木村佳乃さんが演じる医師の仕事は大変で、不幸を背負っているために乗り越えないといけないと思いました。

そして、須藤医師の医療過誤で薫ではないことや薫のがん再発説などが浮上し、今後はどのような展開になるかが気になります。

医療は現在の社会でも様々な問題がありますが、やはり医師とは過酷な仕事であると感じたものです。

次回は清水くるみさんが胃がん患者役としてゲスト出演しますが、どのような展開になるのか興味がわきます。

123fourさん(40代、男性)

長尾春香の気持ちはよく分かります。
仕事はそう簡単にみつかるものではありませんから、治療に直ぐには踏み切れないでしょう。

ですが、放っておけば命に関わります。
心としても強くは言えなかったでしょう。

夫と離婚してシングルマザーとして思春期の男の子を育てるのは大変です。
それでも頑張ろうとする春香を見て これが母親だなと感じました。
彼女の治療方針をめぐって心と薫はぶつかってしまいましたが、結局は共同でオペや治療法も考えてくれました。

春香の反抗期の息子が、実は母親思いであり結果的に親権も取り戻せることになり本当に良かったです。

父親も子供の意見を尊重したので悪い男ではないのだなと感じました。
それも心が話をしてくれたお陰だと思います。
薫はついに心に秘密を打ち明けました。
この先二人の仲は一体どうなってしまうのか気になって仕方がありません。
最後の「消えて」はきつかったです。

さいごに

薫先生の黙っていても伝えても相手を傷つけてしまう心の休まらない思いも感じました。
人の命の尊さを肌で感じたストーリーでしたね。