絶対零度シーズン4(2020年)第6話のネタバレと感想

6話はバラバラ殺人というショッキングなはじまりから、意外な真相へ。瞬きする間もなく夢中になってみてしまいました。
https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/

 

第6話あらすじは?

進学校に通う17歳の高校生・浅井航(清水尋也)が、美術館で出会った26歳の専業主婦・松永由貴(足立梨花)を殺害した上に、遺体をバラバラにしたという世間を騒然とさせたセンセーショナルな事件が起こった。

何としても井沢範人(沢村一樹)をミハンチームから追い出したい、公安部部長の曽根崎正人(浜田学)が、既に起こった事件をなぜミハンシステムが探知しなかったのか、リーダーである井沢に責任があると責める。

ミハン統括責任者の香坂朱里(水野美紀)は、航が逮捕されているにも関わらず、この事件を調べ直すことをチームに提案。
井沢らは、既に起きてしまった事件を捜査することに。
井沢らは、精神科医に扮し、航の精神鑑定を行う。

全国模試で1位を取るほどの秀才・航は、井沢の問いに対し、「そんな鑑定で、僕の心が見えるんですか」など挑発的な態度を取る。
さらに、動機を問われると「人を殺してみたかった」と告白。

航は、由貴の遺体を処理する際、血痕を消すなど完全に証拠隠滅をし、偽装工作を図ったものの、決定的な証拠となった由貴が航のマンションに入っていく際の防犯カメラの映像に関しては、まるで注意を払っていなかった。

彼はただの猟奇殺人犯なのか――!? 航と由貴の間には何があったのか? 井沢と航の対決、潜入捜査で次第に明かされていく航の本性。
やがて、ミハンは意外な真相にたどり着く――。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

neccoさん(40代、男性)

前回のラストで柄本明さん演じる天才ハッカーの過去と、これまで陰の薄かった法務省エリートとの因縁が示唆されていました。

今回は、その過去の因縁を中心としたエピソードになると思います。
予告編では、本田翼さん演じる女性警察官とカメラマンとの恋愛(?)に関しても触れられているようでした。

一つ一つのエピソードを楽しみに見るというより、全体のストーリー進行を楽しみにしています。
これからも予想を裏切る展開になってほしいです。

wakuさん(30代、女性)

ミハンから井沢を追い出したいと考える公安の曽根崎のせいで、過去に起こった事件をチームは調べることになります。

主婦を殺害した秀才の高校生に、井沢は精神科医のふりをして近づきますが、ただ人を殺したかったという理由しか話しません。

井沢は本当にただの猟奇的な殺人事件なのか、疑問に持つようになり、被害者との関係性を潜入捜査で明らかにしていくことにします。

事件の真相の裏には何があるのか、ミハンは何を知ることになるのかが見どころです。

tobeさん(20代、女性)

絶対零度第6話では、天才男子高校生が主婦を殺害したあとバラバラにするという猟奇殺人事件が起こります。

この事件をミハンが探知し、防ぐことが出来なかった責任を井沢が取らされ、ミハンから排除されることを防ぐべく、ミハンの面々はこの事件を調べ始めます。

容疑者である高校生は既に逮捕されており、「人を殺してみたかった」と犯行の理由も自供もしていましたが、井沢は隠された真相があると睨み、なぜ殺人を起こすに至ったのか、精神科医に扮して高校生と接触します。

隠された真相とはなんなのか、なぜミハンシステムは犯行を感知できなかったのか、その謎が明らかにされます。

第6話みなさんの感想

dog4さん(30代、女性)

旦那からのDV問題は私の周りにはありませんが、テレビ等で見る限り恐ろしくてたまらないです。

警察に相談すればより事態が悪化してしまい、もっと酷い目に遭わされる可能性が高く、本当にどこにも逃げ場が無いと思います。

逃げたり住所を変えても何故か嗅ぎ付けて、どこまでも追ってくるなんて恐怖以外の何ものでもありません。

ドラマのように警察がここまで工夫して守ってくれるケースは、実際には極めて稀だと思うのですが、犯人を騙したりはめたりでもしなければ、被害者を本当に助けることは出来ないように感じます。

そもそも結婚するほどの間柄になった相手に、どうして酷い暴力を振るうようになってしまうのかが大きな疑問です。
カメラマン篠田が何者で、なぜ殺されたのかとても気になります。

rozeさん(30代、女性)

ミハンから井沢を追い出そうとしていた曽根崎がとても嫌な奴だと感じていたので、今回は事件そのものが存在しなかったと言うオチでホッとしました。

DVの被害に会っていた女性を守ることができましたし、暴力をふるっていた旦那もちゃんと対応することができたので良い終わり方だったと思います。

それに井沢のことを香坂さんが信頼するようになったからか、時折笑顔を少しだけですが見せるようになったのは良い変化だと感じました。
ただこの展開から、少しだけ明かされている先の未来について想像するのはちょっと怖い感じがします。

新人メンバーとしてまだ完全には輪の中に入れていなかった吉岡が、今回の事件でようやくみんなに認められたように感じましたし、本人も自信を持てたようでよかったです。

guさん(30代、男性)

高校生が主婦を人を殺してみたかったという動機で殺害した事件を調べていくうちに、ミハンメンバーはこの主婦は死んでいないという事実を掴みます。

なぜ殺したのか?という真意ばかりが気になっていたのですが、まさか殺害自体が起きていないという状況にはかなりびっくりしました。

夫からDVを受けていたということで、その状況から逃れるために、殺されたことにするという案を実行しただけであり、正直言って全く予想していない結末でした。

殺人犯どころか、主婦を守ろうとしていたという状況だったわけで、死んだことにしないといけないから殺人犯の汚名を被る気だったのでしょうけど、そこまでできるって、この高校生は只者じゃないなと思ってしまいました。

topaさん(20代、男性)

初めてこのドラマを見ました。
CMや番宣などで存在は知っていましたが、最初から最後までじっくり見たのは初めてです。

最初から見ていれば良かったという気持ちになりました。
今回の話は面白く、最初は見るつもりはありませんでしたが、途中から目が離せなくなり、あっという間に終わってしまいました。
ストーリーもしっかり作られていて、視聴者を最後まで楽しませてくれるなと思いました。

清水尋也さんが演じる、殺人事件を起こしたとして逮捕された少年に感情移入してしまいました。
どんなに辛かったのだろうと考えました。

自分が彼の立場だったらどう行動するのでしょうか。
それは分かりませんが、相手を助ける方法はないかと一生懸命考えると思います。

このように、思うことや考えさせられることがある作品でした。
ストーリーも後半に突入しましたが、次回以降も見たいなと思いました。

さいごに

プライベートでは、小田切さんの恋愛事情も気になりますね。