麒麟がくる第4話のあらましとネタバレ

信秀と道三、どちらも甲乙つけがたいカッコよさと強さと、狡猾さ。しばらくこの二人に注目です。


https://www.nhk.or.jp/kirin/  

第4話あらすじは?

今川との戦いで尾張の信秀(高橋克典)は瀕死の重傷を負う。
その知らせを受けた道三(本木雅弘)は、妻の治療を終え今度は尾張へ向かうという東庵(堺 正章)に、天敵・信秀の容態を秘密裏に探るように命じた。
その目付け役に任命される光秀(長谷川博己)。
菊丸(岡村隆史)もお供に加わり、三人は尾張・古渡城へ潜入。
信秀の情報をうまく聞き出すことに成功するが…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

amandaさん(50代、女性)

尾張の織田信秀は今川との戦いでも敗れてしまい、瀕死の状態に陥ってしまいました。
そのため、名医の東庵は織田信秀の治療のために、尾張へ向かうことになります。

斎藤道三はそれを好機に捉え、明智光秀に織田信秀の探りを入れるために、尾張へ向かわせることにしました。
お供として菊丸も同行することになりました。

果たして、光秀と菊丸は正体がバレることなく無事に道三の任務を果たすことが出来るのかが今回の見どころだと思います。

kissさん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、小豆坂の戦いの後処理です。
織田信秀対今川義元とが戦うのですが、決着がつかずに終わり、信秀はケガの具合がよくありません。

そして、その頃一方では十兵衛が明智荘の野原で鉄砲の試しうちをしているのでした。
また、弓矢には多大なる自信を持っていた十兵衛なのですが、弓矢に関してはなかなか上達せず困惑を抱いているのでした。

そして、そんな十兵衛に光安が呼んでいると使者が訪れてくるのです。
そして、それは利政により命じられたと言うことが解るのでした。

tanakaさん(40代、男性)

小豆坂の戦いで、織田氏の軍勢と今川氏と松平氏の連合軍が戦った末に織田信秀が瀕死の重傷を負ったという報せが斎藤道三の耳に入ります。
宿敵である信秀の容態が気になった道三は、医師の東庵にその容態を探らせようと思い付くのです。

同時にそのお目付役として、光秀を任命します。
更にそこに菊丸が加わり、3人は敵方である尾張の古渡城への潜入を試みる事になるのです。

第4話の見どころは、何と言っても3人の危険な潜入任務が成功する事どうかだったりします。
見どころポイントとしてはまず、敵方に無事に潜入して信秀の容態を上手く聞き出せるかどうかです。

加えて聞き出した後に3人は無事に尾張から脱出して、美濃に戻れるかどうかという部分も注目されるポイントと言えます。

第4話みなさんの感想

bosleyさん(70代以上、男性)

光秀が美濃に連れて来た医師の治療により、道三の妻の病状も良くなり、京の都に戻る事になります。

その際に、尾張に寄り、信長の父である信秀の体調等を探るように命じます。
この医師の動きに連動し、光秀は薬草売りに変装して信秀の所に出向き、医師から信秀が毒を塗った流れ矢で傷を負い、やがて毒が全身に廻り容体が悪化する事の伝言を受けて道三の元に戻ります。

この今回のストーリーの中で、追っ手に追われて危険な光秀を、投石により救った一団の正体が、今後ドラマの展開でどんな関係性を持つのか、含みのある回でした。

また鉄砲に関して、将軍家が海外伝来の鉄砲を模して本能寺で、作らせているとの情報が道三のもとにもたらされます。

ここで、初めてこのドラマのクライマックスに関わる本能寺の名前が出て来ました。
これも、後々ドラマの展開にどの様に関わるのかが、非常に興味をそそられる回でした。
今後のドラマの展開が、ますます広がりを持ちそうで楽しみと言えます。

かづきさん(40代、男性)

やはり、斎藤道三は美濃のマムシという感じが、ありありと感じられたストーリーだったと思います。

自分の奥さんを直してくれた東庵を、疑惑があるからと殺そうとするとは流石非道だと思いました。

自分の領地を守るためには必要かとは思いますが、怖いです。
織田信秀も、同じように東庵を疑っているので、今後の東庵の運命が気になります。

そして、尾張で光秀と竹千代が会うシーンですが、今後のことを考えるとワクワクする展開だと思いました。
このシーンは、史実かどうかはわかりませんが、天海が光秀という説を連想させました。

また、本能寺というキーワードが出て、将軍家と繋がりがあるということで、こちらも本能寺の変を連想させる感じで意味深でした。

ひがしさん(50代、男性)

第4話は、斎藤道三、医者 東庵、織田信秀の3人の間でのスパイ行為が非常に面白かったです。
ドラマの初めの方では、斎藤道三のスパイを使った情報収集能力の高さに驚かされました。

また、東庵先生が単なるすごろく好きの貧乏医者でないことも以外でした。
東庵先生のとぼけ方は、流石に堺正章が上手く演じていると感心しました。

斎藤道三と織田信秀は単に相手から欲しい情報を得るには少しは自分たちの情報をお土産にさせてやらないと、東庵自体も動きにくかろうと思ったのではないでしょうか。
道三と信秀が、お互いにタヌキとキツネの化かし合いの様に感じて見ていました。

今回は道三と東庵先生の間で光秀がどうアクションをするのかも、少し、滑稽に見ることができました。
これまでにない脚本の大河ドラマであり、明智光秀に対して、少し変わった見方のできるドラマの様に感じ、来週も楽しみです。

danさん(40代、男性)

麒麟がくる第4話を見て。
岡村さんの役どころがなかなか、面白いのとまさか、長谷川博己さんの十兵衛が尾張に潜入して行くところにハラハラドキドキして見ていました。

岡村隆史演じる菊丸が、なかなかいい役でピンチになった十兵衛を助ける菊丸がなかなかだと思います。

それにしても、斎藤道三の用心深さや癖ものかんがいいです。
堺正章さんの望月東庵と高橋さんの織田信秀の掛け合いがなかなか面白いです。
織田信秀の感の鋭さに驚きです。

それと驚いたのが竹千代が、今川の人質ではなく尾張の織田信秀の人質になっていたのが驚きです。
麒麟がくるは明智光秀の知られざる物語が次々と出て来るので楽しみです。

さいごに

竹千代がかわいらしかったですね。
これが大きくなったら日本の覇者になるなんて、誰も想像できないでしょう。
今後も楽しみです。