4話の見どころは、西郡が、黒岩に、母親・喜和子の手術をお願いするシーンです。
西郡は、数年前の手術で、喜和子の海綿静脈洞の腫瘍をあえて取り切りませんでした。
https://www.ntv.co.jp/topknife/  

第4話あらすじは?

深山(天海祐希)たちは救急搬送された記憶のない女性患者(中尾ミエ)の身元特定に頭を抱えていた。
名前もわからず家族に連絡もできない中、複雑な表情を浮かべていた西郡 (永山絢斗)は、女性患者と自分の関係を告白する。

患者の娘・千春 (三浦透子)によると、女性心臓外科医の第一人者だった患者・喜和子は2年前に脳腫瘍を発症。
誰もやりたがらない難手術を西郡が執刀した結果、記憶をなくして徘徊を繰り返すようになったという。

手術ミスのせいで喜和子の人生が台無しになったと千春は西郡を責めていて…。
さらに、喜和子の意外な正体が明らかになる。
そんな中、60代の男性・山口 清 (本田博太郎)が幼馴染の内田 正 (綾田俊樹)に付き添って病院を訪れる。
記憶が3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいる内田。

彼を親身に世話する清だが、なぜかバッグの中には包丁を隠し持っていて……。
今出川 (三浦友和)は清が心に抱えている暗い感情に気づくが……。

黒岩(椎名桔平)は西郡が切除しきれなかった腫瘍が喜和子の“逆向性健忘”を引き起こしている可能性に触れ、西郡の脳外科医としての腕を酷評する。

西郡と喜和子との関係を自分と娘の関係に重ねる深山はその夜、カサブランカで顔を合わせた黒岩に言い過ぎだとたしなめるが、「甘い」と切り捨てられて……。

一方、来島 (古川雄大)への思いを持て余す幸子(広瀬アリス)は、自身をコントロールできなくなる中、まさかの来島からの急接近が! 記憶をなくした患者とその周りの人間関係が渦巻く中、深山は脳に刻まれた患者の『真の想い』を読み解いていく・・・。

公式サイト https://https://www.ntv.co.jp/topknife/  より

みんなの注目する点は?

たけさん(40代、男性)

いつもクールな西郡が手術の最中に異変をきたした理由が第4まで明らかになりそうな気がしています。
はいはい今から入るのであーりんごとはいはいはいはいわかったわかったはいはいじゃぁいつもクールな西郡が手術の最中に異変をきたした理由が第4まで明らかになりそうな気がしています。

ブライドの高い西郡が過去にどんなミスや因縁があって、異変をきたすようになったのか。
もちろん、深山と黒岩のライバル関係も非常に面白いところです。

KENさん(40代、男性)

喜和子は、逆向性健忘を煩い、息子の西郡の顔も分からなくなっています。

西郡は、喜和子に優秀な兄と比べられて、複雑な感情を抱いていました。
それでも、西郡は、母親を助けるために、黒岩に頭を下げるところが印象的でした。

そして、手術に成功した喜和子は、西郡に「やっぱり才能ないねえ」と囁くように言います。
その時の、喜和子の表情は柔和でしたので、辛辣なことを言いながらも西郡に対する母親の愛情は確かだと思いました。

MOTAさん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、天海祐希さん演じる主演深山の前に、突如救急車により全く記憶の無い女性患者が運ばれてくるのでした。

勿論、運ばれてきたものの身元を証明できる物が一切無かったのでした。
そして、そんな様子をじっと見ていて複雑な心境だった西郡が実はその女性患者との関係性についてを話し出すのでした。

そして、その話を聞いたところ何と以前にその女性患者の娘を手術したことがあったのでした。
そして、更にその後様々な過去が知られていくのでした。

第4話みなさんの感想

HYOさん(30代、男性)

若さゆえの情熱と献身性、自分の母親が重篤の際に「オレがやらなければ」と強い思いを抱くのは当然ですし、二年前に執刀した手術が母親の記憶障害を引き起こしているかも知れないという疑念は自分のことのように悩ましいです。

ミスを指摘する黒岩の腹黒さは陰湿だが、再手術を自分で引き受けるという西郡の決断は立派だった。
深山が娘の事で悩んでいるのも、トップナイフならではの家庭病だが、一流の外科医と家庭を両立することの難しさは、現代の女性観を反映しています。

R55さん(30代、男性)

西郡のトラウマは母親との間にあったことがわかりましたが、話だけを聞いていると深山が言うように彼に落ち度はなかったと感じました。

西郡のことを妹は憎んでいるのはお門違いであろうとも思いました。
本当に恨んでいるのなら西郡にとってトラウマになることはなかったでしょうから。
ただ、黒岩による再手術で目を覚ました母親から言われた才能がない、という言葉に西郡は乗り越えることで成長することになるのか非常に気になります。
また、西郡の母親の彼に対する態度というものは西郡が受け止めているままのものなのかも気になりました。

もう一人の記憶障害の患者と連れてきた男性との関係は察することは出来ましたが、終わり方にはモヤモヤとしたものが残りました。


深山の言葉で納得した部分があり折り合いをつけたようですが、真実を知りたかったため気落ちのいい終わり方ではありませんでした。

一方で深山と娘の関係はもっと前にその言葉を言えていれば、もっとよかったのにとは思いましたが、すっきりとしたものとなりよかったです。

モクさん(40代、男性)

前回からもっとも謎が深いと考えていた西郡の手術中のトラブル、これが過去のミスによるものであり、その原因であった患者との対面。

さらにそれを厳しいながらも乗り越えさせようとする周囲の姿がこのドラマならではの優しい様子に考えられる。
また、深山も娘との関係に重ねて悩む姿、さらには同じ医師ながらもアプローチが異なる黒岩とのコミュニケーションも毎度のことながらなかなか見ごたえがありました。

結局、今回もチームとしてはあまり進展がありませんでしたが、問題をうまく解決する流れはかわりなく。

次に気になるのは今出川の手腕により、このチームがなぜつくられたのか、そしてどうしたいのかが、はっきり見えてくれようになってほしい。

EEWさん(60代、男性)

“2人の患者の物語が一話完結で進み、これは短波。
一方で各医師の物語が最終回に向かい徐々に進行してゆく長波。

短波と長波が同時進行となるパターンがこのドラマのお約束になっています。
第4話もこのパターンで展開していますが、今まで以上に面白くなってきました。
今回は医師の母親が患者であったということで、短波と長波に複雑な接点が生じ、パターンの変形として更に楽しめました。

更に今回は「記憶」と「捨てる」がキーワードになっているのでしょうが、いろいろな人生模様をたくさん盛り込める医療ドラマとして、この2つのキーワードを巧みに活用して上手く有機的に作られていると感じました。

最後のダンスも回が進むごとに変形しており、ドラマ本編も前述のパターンを続けながらも進化して変形していくような予感があります。
次回以降パワーアップしていくのでしょうね。

さいごに

広瀬アリス演じる幸子は今時の女の子の一面を表していて良いですが、BARで泥酔したりちょっと羽目を外し過ぎ泣きもしますね。