救急で搬送された人がいなくなる、というちょっと非現実的な話でしたが、いや逆に医療現場ではどんなトラブルも可能性がゼロではないのかな?と思いました。
きっと緊張がとけない職場でしょうね。

https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/  

第3話のあらすじは?

束の間の休息で救命救急センターのスタッフルームで雑談する松本(伊藤英明)や三宅(中谷美紀)のもとに、看護師の堀口(土路生優里)が駆け込んできた。

交通事故で搬送されてきた患者・宮島(ナオト・インティライミ)が、いなくなったというのだ。
みんなで手分けして探していると、中庭で倒れている宮島を三宅が発見した。

ICUに戻り松本は「なぜ病院を抜け出したのか」聞こうとするが、虚ろな表情の宮島は謝るだけ。

その様子を心配する松本は、三宅に「宮島は“鬱”ではないか」と相談するが、松本の行動は救命医の使命の域を脱していると非難し、言い争いになってしまう。

そして三宅は、松本の救命医の使命の一線を超える行動について中庭で思案していると、そこに20年来の付き合いの消防隊員隊長・藤森(宇梶剛士)と出会い、話を聞いてもらうのだった。

ある日、救命救急センターに男性患者が運ばれてくる。
その場ですぐに開胸手術が必要と判断した松本は、心外に支援要請するが、駆け付けてきたのは児島(松本穂香)一人だった。

執刀医の経験が浅い児島はひるむが、松本が手助けするからという言葉を信じ執刀を決意するが児島はひるんでしまう。

一方で、執刀中だった濱田(ムロツヨシ)のもとに児島の手術の話が入り、松本に嫌味たっぷりの不満をぶつける。

そこに、自殺を図ったと思われる男性が運ばれてくる。
それは、先日退院したはずの宮島だった。
夜になり、救命救急センターに、ドクターカーの出動要請が入る。

松本と三宅が駆け付けると、会社の倉庫で火災が発生し、数人のケガ人が出ていた。
さらに、二次災害が起こり意識不明の消防隊員が運ばれてくるが…。

公式サイト https://https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/  より

みんなの注目する点は?

wakanaさん(30代、女性)

交通事故で救急搬送されてきた患者、宮島がICUからいなくなります。

手分けしてさがしていたところ、中庭で宮島が倒れているところを三宅が発見し、無事に病室に戻ります。
「なぜ抜け出したのか」と松本は聞きますが、宮島は虚ろに謝るだけです。

もしかして宮島は鬱ではないのかと松本は三宅に話しますが、それは救命医の仕事ではないと2人は言い争いになってしまいます。

三宅が中庭で救命医としての仕事について思案していると、20年来の付き合いのある消防士藤森が現れ、話を聞いてもらいます。

またある日、心外へ開胸手術の応援要請をすると来たのは児島だけ。
ひるむ児島でしたが松本がなんとかサポートし、手術に挑みます。

しかしそれを聞いた濱田は松本に嫌みっぽく不満をぶつけます。
そこへ自殺を図った男性が救急搬送されてきます。
それは先日退院したはずの宮島でした。
夜になるとドクターカーの要請がきます。

倉庫火災現場へ松本と三宅が到着すると、二次被害をうけた消防士が運ばれてきており、それがなんと? 宮島をナオト・インティライミさん、藤森を宇梶剛士さんが演じられます。

つばささん(30代、男性)

伊藤英明演じる松本の懸命さや意志を貫こうという気持ちが行動に表れているのは見ていて気持ちが良い。

三宅先生とは現場の命を優先するのと出来ることを分担するかで意見が別れましたが、双方とも言っていることは一理あるし善悪の判断が難しいです。

旧知の消防隊員が火災事故で亡くなった際に、むせび泣くシーンに医療現場のはかなさを感じた。

ムロツヨシの濱田先生と松田は相変わらず険悪でしたが、濱田の下で働く松本穂香が悩みながらも成長していく過程は爽快だ。

イビられながらも改善点を模索し取り組んでいく素直な様子は頑固な濱田の心も打ったようだ。

ikumiさん(50代、女性)

「救えない命はない」だなんて、伊藤英明さん演じる松本ならばそう信じていそうです。
一方で、ムロツヨシさん演じる濱田は、医療には限界がある。

という信念を抱いていそうなクールなタイプ。
二人の考えは、真っ向対立です。

そんな中、運ばれた意識不明の消防隊員というのは、三宅と20年来の付き合いがある消防隊員隊長・藤森だったのでは?
重傷で周囲もあきらめかけた中、三宅と松本は全力で治療に当たる。

どんな状況でも救ってみせる!松本達の緊迫した救命措置シーンが見られること必至です。

第3話みなさんの感想

ice9さん(50代、男性)

救急救命センターに運ばれてきた男性の開胸手術に駆けつけた心臓外科の児島が、患者の突然の出血で震え出す様子に、前立ちする松本が、その怖さに共感しながらも、何もせずに患者を死なせたくなければ腹をくくれといった言葉は、救命医のやり直しが許されない医療処置の厳しさが感じられました。

初めて対峙する患者の命の危機を救う救急医は、患者の既往症などの情報はなく、瞬時の判断が求められ、結果が悪ければ訴えられる危険性もはらんでいます。

そのため、心臓外科の濱田が、患者の状態によっては他に回すべきという主張も医師としてはあり得る判断のようにも感じられましたが、自分が救急で運ばれたら、浜田ではなく松本に診療や処置をしてもらいたいと思いました。

また、医師とは違う立場で命を救う救急隊員と家族の苦悩も、言葉にしずらい感情が湧きました。

GIGさん(30代、男性)

あれだけ濱田に言われていれば色々と溜まってしまうのは当然ですが、ストレスをサンドバッグに力強くぶつけている児嶋の姿に驚きつつも可愛らしくも感じました。

吐き出す部分は吐き出しているものの、悪いところだけを見ていないというのはなかなか出来るものじゃないのですごいです。

そんな児嶋から松本は教えられてもいましたが、患者を前にした時には彼から学ぶところがあったようで、今後の児嶋の立場がどうなっていくのかが気になりました。

濱田も同じタイミングで自分が指導をすると動いていたため、また言い合いになりかねないのではと心配です。

児嶋の濱田に対して思っていることが、そのまま松本に当てはまっていましたが、それを自覚できるだけ松本は違うようにも感じました。

雑念はたくさんあるものの、人から学ぼうとする気持ちがあるというのは大きいと思います。

kapaさん(40代、男性)

今回はいきなり冒頭から大変な場面から始まっていました。
それは、ほんの束の間の休憩中に救命救急センターに搬送されてきたはずの患者の宮島が突如いなくなったのでした。

時折、このドラマのことのように確かに現実的にも患者が突然と病室からいなくなると言うことを聞いたことがありました。

ですので、ドラマとは言え、本当にあってはいけないことだと観ていて思いました。
もし、私が医師ならば相当焦ると思いました。

しかし、幸いなことにその後、宮島が見つかるのですがかなり面倒な患者だと解りました。

逃げ出したことを聞いたところ、謝るしかしなかったのでちょっとテレビで観ている私からも不快に感じました。
またそれが、ナオト・インティライミさんなので複雑な感じもありました。

pareさん(40代、女性)

ジムで若手児嶋が濱田への愚痴やダメ出しをしているのを、自分のことのように回想している松本の人柄が良すぎて笑ってしまいました。

自分に当てはまるかもと自問自答するのも悪くないな、と思いました。
ストーリーの入りは、茶目っ気もありましたが、交通事故から助かった患者が自殺を図り、再度搬送されたり、消防隊長が救助中に亡くなったり、心苦しい内容でした。

三宅の心臓マッサージをし続けるシーンが辛かったです。
隊長の奥さんが、これでゆっくり寝れるね、と声をかけているのもやりきれない気持ちでした。
自殺でも事故でも、側にいる人間にとっては辛すぎる結末だとあらためて思いました。

さいごに

今回は、三宅にたくさん泣かされてしまいましたが、松本が医師として僧侶として担っている部分を人間味あふれる描写でこれからも伝えて欲しいと思います。