ゆるキャン△全話のネタバレとみんなの感想

アニメにもなった「ゆるきゃん△」がドラマ化です。わたしたち世代には「まいんちゃん」が出るとあって、なんだかそれだけでやさしい感じのドラマになりそうな気がします。

ゆるキャン△
過去放送分を今から無料視聴するなら

Amazonプライムビデオならゆるキャン△の過去放送分をまとめて視聴できます。
30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルでゆるキャン△を視聴する!

1話

第 1 話あらすじは?

アニメもみていたのですが、ドラマも予想以上に面白かったです。

そして女性でも一人でテントをはれたり、アウトドアなどに役立つ内容があり、勉強になりましたね。 あと不謹慎かもしれませんが、災害時などにも役に立つよう感じましたね。知っている・知らないだけで、大きな違いがあると思います。

そしてキャンプ場を利用するときのマナーであったり、そういったところも考えさせられました。 アウトドアはやらない方なのですが、自然の景色をまじかでみたら感動するんだろうなと思いながらみてました。

あと初対面同士なのに、女子同士のトークがおもしろかったです。

ここのところは、初めてでも話しているうちに最近の女子同士のトークのように感じました。 今後の放送が、楽しみです。

第 1 話みなさんの感想

TO7さん( 30代 、男性 )

もともとストーリーがおもしろい作品ではないので、原作既読だとあらすじがわかっているため、嫌でも雰囲気ばかりが気になります。

そして雰囲気の勝負となると、あの原作の緩くてかわいいスローな雰囲気が実写で出せるわけがありません。

原作に忠実な演出や完璧なロケーションについては、原作へのリスペクトを感じますし、キャンプ場などの風景を実写で見れることには感動もありありました。

けれど、「まんがタイム」系の作品のなかでもあまり過度なキャラ設定をしていない「ゆるキャン」でさえ、実写で演じられるとただのヤバいやつにしか見えないという問題があります。

原作破壊のような作品にはなっていなかったので、ドラマから漫画(アニメ)へ入る人が増えればいいと思います。

ナオさん( 20代 、男性 )

漫画とアニメのファンなので、ドラマゆるキャン△を見てみました。

あらすじは、富士山の近く本栖高校に引っ越してきた女子高生が、キャンプに興味を持ち、「野外活動サークル(野クル)」に参加し、友達と仲良く、どんどんキャンプにどハマりする話です。 出演は、福原遥さん、大原優乃さんなど。

初心者のキャンパーさんにもわかりやすく、キャンプ場の説明、キャンプ道具の説明がありました。

そして、キャンプ料理が本当に美味しく描かれていて、見ていてお腹が空きました。
今後も、キャンプ料理に期待です。
OPがアニメっぽく作ってありました。

サントラ音楽は、アコースティックな楽器(リコーダー等で)作品のゆったりした自然な世界観を表現していて、癒されました。 この時期、ゆったり見るには最適なドラマです。

JYOさん( 20代 、男性 )

本作品のアニメを視聴した事があり、アニメや原作漫画をどれ位再現出来ているのか等々、二次元と三次元の違いに注目して視聴したのですが割りと原作のゆるいふわふわとした雰囲気は出てるのかなって思いました。

女子高生達がキャンプをする所をメインにした作品なのですが、実際にキャンプをした事がない自分は寧ろドラマの方が実際のキャンプの感じが伝わって来て良いなぁって思いました。

女子高生って設定ではあるのですが、キャストの年齢もあってかもう少し上、女子大生っぽいなって思いました。

個人的にはそっちの方がよりリアルな感じがするので無理に女子高生って設定じゃなくても良かった気がします。

未成年の女の子が一人でキャンプする事を趣味にしてるって事に対して引っかかりは多少あったので。 カレー麺を食べているシーンは凄く美味しそうだったのでグルメ的な要素に期待です。

ゆるキャン△
過去放送分を今から無料視聴するなら

Amazonプライムビデオならゆるキャン△の過去放送分をまとめて視聴できます。
30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルでゆるキャン△を視聴する!

第2話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第2話あらすじは?

ソロキャンプが趣味の女子高生リン(福原遥)は、高校の図書室で友人の斉藤(志田彩良)といると、浩庵キャンプ場で出会ったなでしこ(大原優乃)の姿を目撃する。

なでしこは、リンと出会ったことでキャンプに興味を持ち、転校して早々高校の「野外活動サークル」(通称「野クル」)に入っていた。

「野クル」部員の大垣(田辺桃子)と犬山(箭内夢菜)は、なでしこを連れ校庭でテントを組み立てていたが、テントのポールを折ってしまう。
その光景を見ていたリンは…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

gendaiさん(50代、女性)

なでしこがリンの高校に転学してきたことと、野クルが校庭でテントを張っていたのがうまく行かずに、間接的にリンの道具が役に立ったことなどが見どころだと思います。

他にもリンがソロキャンをしている時、今度は2匹の柴犬が居て、とても可愛かったのも見どころの一つと言えるでしょう。
なでしこが持ってきた鍋も美味しそうな予感がしますし、見どころがいっぱいの第2話です。

リンはなでしこのキャラに付いていけない感じですが、可愛さいっぱいな感じに好感を持てます。

hukuさん(30代、男性)

原作マンガ、アニメ版を両方見てからの実写版ゆるきゃんを視聴していますがアニメ準拠でかなりしっかり再現していますね。


アニメの実写化というと賛否がわかれることが多いですがこれはとても出来が良いと思います。

主演の人のモノローグも良い感じになっています、私はキャップにはあまり詳しくないのですがこれを見て少し詳しくなるような気がします。

やはりマンガ版やアニメ版と比べると実際のキャンプ地を映して撮影しているのはより参考になりますね。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

heyaheさん(40代、女性)

女子高生が一人でしかも冬場にキャンプ?!という感じで物語が始まり、今まで見たことがないジャンルに惹きつけられて視聴しました。

タイトルどおり『ゆるい』感じが溢れていて地味なストーリーなのですが、登場するメンバーが『クール』、『元気』、『関西弁』、『ヲタ』といった感じでキャラが立っているのでスパイスとなって良かったです。

それから物語のなかでキャンプ情報(一般的なテントの種類や設置方法、補修方法、キャンプ場の料金体系等)がちょくちょく入っていて『へぇー』という感じで見ていました。

私はキャンプは小学生のときにやったのが最後でしたが、ちょっとやってみたいかもという気になりました。
まだ序盤なので今後どういうふうに物語が展開していくのか楽しみなドラマでした。

usanさん(40代、男性)

私は以前にこのゆるキャンのアニメを少し見たことがあったのですが、それが今回実写化されると言うことで、非常に注目したドラマでした。


いったい誰が主演となり、またキャスティングされるのかなどです。
そして、いざ実写化のテレビで観てみると非常にアニメとはまた違った味が出ていて面白かったように思えました。

タイトルの通り物凄くゆるいストーリーだなっと感じました。
キャンプに出掛けると同時に散歩したり、またはアウトドア飯としてカレーを作ったりとです。
本当に観ているだけでほのぼのするような展開なので、非常にリラックスすることが出来ました。

また、主演である福原遥ちゃんが非常に可愛いくファンになってしまいました。
是非、また次回も観たいと思いました。

ototoさん(50代、男性)

第2話の感想ですが、まずは1話に続く再現度の高さに制作側の熱意を感じました。

まずは部室の再現度の高さがポイント高かったです。
他にもみんなでテントを組み立てるシーンのジャージや椅子にシュラフのシーンなど、アニメや原作も知っている自分はニヤニヤしてしまいました。

キャラクターたちも生き生きとしていて大垣の再現度の高さを筆頭に、なでしこのちょっといい感じのしゃべり方や、地味ながらりんちゃんの嫌な顔もポイントが高いと感じました。
2話を見終わってますますこのドラマから目が離せない感じです。

全体に流れるホンワカした緩い感じが仕事疲れを癒してくれました。
前回に続き今回も出てきたカレーヌードルですが、あまりの食べたさに衝動買いしてしまいました。

tugi4さん(20代、男性)

第1話はほぼキャンプ場を舞台にストーリー展開されていて、福原さんと大原さんの出会いでしたが、第2話では学校を舞台に話が進められて、キャンプ場の福原さんと制服姿の福原さんの雰囲気もまた違ってよかったです。
普段は普通の女子高生だけど、ソロキャンプ好きという珍しさからも魅力を感じます。

今はキャンプの流行りもあるので、キャンプの魅力が感じられるドラマだと思います。
若い女性でも、1人でもキャンプは楽しめるよっていうメッセージが伝わってきます。

あとは純粋に福原さんがめちゃくちゃ可愛いです。
他にも若手女優さんの制服姿が見られるので、おじさん世代たちはそれだけでも見る価値があるでしょう。
キャンプに行きたくなります。

ゆるキャン△
過去放送分を今から無料視聴するなら

Amazonプライムビデオならゆるキャン△の過去放送分をまとめて視聴できます。
30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルでゆるキャン△を視聴する!

第3話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第3話あらすじは?

“ふもとっぱらキャンプ場でソロキャンプをしているリン(福原遥)のもとへやってきたなでしこ(大原優乃)。

二人が初めて出会ったとき、リンがなでしこに振る舞ったカレー麺のお返しにと、なでしこは坦々餃子鍋を作り始める。
無事完成した鍋を食べている最中、リンはなでしこから「野外活動サークル」(通称「野クル」)に誘われたときに嫌そうな顔をしてしまったことを謝る。

しかしそんなことは気にしていない様子のなでしこ。
なでしこはすかさずリンに、またお鍋キャンプに行こうと誘うのだが…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

seseさん(50代、女性)

ソロキャンプをしているリンのところに、なぜか、なでしこがやってきます。


そして、リンに「一緒に鍋をしよう」と言い出すのですが、出来上がったぎょうざがたっぷり入った鍋のほとんどをなでしこが食べ尽くしてしまうのでした。

夜、リンは、自分のテントで寝て、なでしこは、お姉ちゃんと車中泊をすることになります。
朝の富士山を見ることができたなでしこ。


ソロキャンプが好きなリンですが、なでしことの楽しかったキャンプの思い出を振り返ります。
そして、来週は、長野へソロキャンプに行こうと計画を立てるのです。

kusegeさん(30代、女性)

3話のみどころは、なんといってもなでしこちゃんが作る「坦々餃子鍋」です。

2話でリンがソロキャンプしているふもとっぱらキャンプ場まで土鍋を抱えてきてくれたなでしこ。
1話でリンがくれたカレー麺のお返しとして作りにきてくれます。

さすがに自転車じゃなく、お姉さんの車で送ってもらったみたいです。
もこもこに着こんだ女の子が、アッツアツの坦々餃子鍋をふーふーハフハフしながら食べるのがめちゃくちゃかわいいです。
ぱか!とあけたグツグツ煮える餃子鍋もめちゃくちゃ美味しそうです。

1人でまったりソロキャンプが好きなリンを認め、たまにまたまったりお鍋キャンプをしようと誘うなでしこ。
お互い好きなものを認め、お互いの好きなものをたまに共有する素敵な友情と、綺麗な朝日もみどころです。

mukuroさん(30代、男性)

“3話の見どころは富士山が見えるところで主人公と新たにできた友人が2人でテントに宿泊するところです。


テントで寝袋で寝るのもいいですが普通の布団を持ち込んで布団で寝るというのもいいですね。


私もキャンプは好きでちょくちょくやるのですが寝袋というのは良いものです。
そのことをちょっと思い出しました。

後は2人が食べていた餃子鍋も美味しそうでしたね。
あの設備であのようなしっかり火の通った餃子鍋は作れないのではないかと思うのですが細かいことは気にしないでおきましょう。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

geriteさん(20代、女性)

とにかく題名の通りゆるゆるとしていて、とても可愛かったので、最後まで癒されました。
正直なところ、アニメが原作ということもあり、かなり浮いてしまうのではないかと思っていたのですが、そんな事もなく。
それぞれの役者さんがキャラクターを掴んでいたのでとても良かったです。

とくに、リンとなでしこがお鍋を作って食べる場面がとても可愛かったです。
リンのマイペースでゆったりとした雰囲気に対して、それの真逆ともいえるなでしこの明るさ。

その2人のマッチングがとても良く、最後まで和ませてもらいました。
福原さんはやはり、透明感があって、とても綺麗でした。
たまに出る変顔も炸裂していて、みているこちらを飽きさせません。
来週も楽しみです。

usagiiさん(20代、男性)

へやキャン△はゆるキャンから見ていて一話から見ていて梨っこスタンプラリー編に入ってます。

今3話で自転車でなでしこが駆けていく最中千明とあおいがなでしこに自転車で追いかけていくところにやはりこのアニメの全てが詰まってます。
何気ない日常の一コマに視聴者を現実逃避させる力がたくさん詰まっている素晴らしいアニメです。

山梨がメインのこのアニメは、山梨に行ったことのない人たちも山梨へと行かせたくなるような魅力があります。
またあまりにも日常感が出ており逆に安心する感じが最高にいいです。

私たちがいざ、山梨に行ってるとこんな日常に出会わせてくれるんだと思わせる力があるものになってます。
一つ一つが大事な思い出になるということを今回の3話は思わせてくれる作品です。

majiqさん(40代、女性)

なでしこがとっても可愛くて、見ているとかなり癒されます。
そして、坦々餃子鍋の美味しそうなこと。

キャンプでまさかのメニューが出てきて、かなり驚きました。
やはり、ドラマは漫画とはかなり違って、ちょっとガッカリしてしまうこともありますが、全体的にのほほんとしたムードで、癒し系のドラマだと思いました。

そして、キャンプに対する見方も変わりました。
このドラマを見るまでは、キャンプって女の子だけじゃ無理。
とか、やっぱり男の人がいないと、と思ったのですが、そんなことはない。

女の子だって一人でキャンプに行くことは出来るのだと思いました。
そして、キャンプで食べるご飯は、きっと格別な味がするのだろうと、画面を通してもその美味しさが伝わってくるようです。

kireさん(30代、女性)

今回もクールなリンと明るく天然ななでしこのやり取りがとてもかわいくて癒されました。

特になでしこの声がかわいくて女の子らしく、演技も上手でイメージ通りだと思います。
お姉さんもしっかりしていて、突っ込みが笑えます。
富士山を眺めながら外で土鍋を使った鍋ができるとは驚きでした。


冬のキャンプは楽しめないと思っていましたが、寒い中温かいものを食べれることの幸せを感じれて、静かに過ごせて意外といいことだらけだなと思いました。
今は外でも何でもできるんだなと感じました。

朝方の澄んだ空に富士山からの日の出はとてもきれいで、県外ですがいつか体験してみたいと思えるほどでした。
今度は長野とのことなので、どんな景色の中温かい料理が出てくるのか楽しみです。

ゆるキャン△
過去放送分を今から無料視聴するなら

Amazonプライムビデオならゆるキャン△の過去放送分をまとめて視聴できます。
30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルでゆるキャン△を視聴する!

第4話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第4話あらすじは?

なでしこ(大原優乃)が加わり三人となった「野外活動サークル」(通称「野クル」)は冬キャンの準備を始める。
まずはキャンプアイテムを揃えようとするのだが…。

そして冬キャン当日、キャンプ場に行く前に、笛吹川フルーツ公園やほったらかし温泉を訪れる野クル。
一方、リン(福原遥)もソロキャンのため愛車のビーノにまたがり、長野に向かっていた。

食事や風景などの写真をお互いに送りあうリンとなでしこ。
そして、長野県の霧ヶ峰に着いたリンは、自分の居場所をなでしこに伝えるためライブカメラのURLを送る…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

carenさん(40代、男性)

初めてのキャンプ計画を立てる野外活動サークルの3人。
放課後、何を持っていくか相談すると、なでしこ(大原優乃)は漫画とおかし、ワンコとフリスビーなど天然全開。

千明とあおいがまとめ、キャンプ当日を迎える。
キャンプ場の前に笛吹川フルーツ公園に向かう三人。
長い坂道に千明とあおいは疲れてしまうものの、なでしこは元気いっぱいでかけ登って行くのだった。

一方リン(福原遥)は愛車のビーノで一人長野へと向かう。
途中立ち寄った山小屋カフェで、ボルシチを食べて至福の時を過ごしていた。
そこになでしこからラインが来て・・・

naneさん(20代、女性)

なでしこが加わり、3人になった野外活動サークル/通称:野クル。
野クルは冬に向けてキャンプの準備を始めます。
道具を揃えて、迎えたキャンプ当日。

3人は温泉なども巡りながら冬キャンプを楽しみます。
一方、リン(主人公)も愛車のビーノにまたがり、長野に向かうのでした。

食事や風景など、お互いの様子を送り合うリンとなでしこでしたが‥ ここであることに気がつきます。
そのあることとは? 今回もキャンプの魅力沢山のお話です。

erusaさん(40代、男性)

今回は、なでしこが加わって3人となるのでした。
そして、その3人は野外活動サークルとして冬キャンの準備を始めるのでしたが、キャンプアイテムをそっちのけにして温泉へと行くのでした。

また、一方ではリンはと言うと、ソロキャンプの為、長野県まで愛車のビーノで向かうのでした。
そして、また食事や周辺の風景写真等をなでしことリンが送りあうのでした。

更には、ようやく着いたリンが長野県の霧ヶ峰に着いたことを教えるためになでしこにURLを送るのでした。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

sekai1さん(20代、女性)

野外活動サークル、通称野クルはなでしこが加わって3名になりました。


そして、冬キャンを楽しむためにキャンプ場に向かうことになります。
その途中、笛吹川フルーツ公園やほったらかし温泉などを訪れます。
そのころ、リンは長野に向かっていました。

4話ではキャンプ場や長野に向かう途中で訪れた場所で、いろいろな景色を見たり、おいしそうなものを食べたりします。
ゆるキャン△は魅力的な食べものが数々登場しますが、今回もおいしそうでみどころです。

nakanoさん(20代、女性)

なでしこが加わり、3人になった野外活動サークル/通称:野クル。
野クルは冬に向けてキャンプの準備を始めます。

道具を揃えて、迎えたキャンプ当日。
3人は温泉なども巡りながら冬キャンプを楽しみます。
一方、リン(主人公)も愛車のビーノにまたがり、長野に向かうのでした。

食事や風景など、お互いの様子を送り合うリンとなでしこでしたが‥ ここであることに気がつきます。
そのあることとは? 今回もキャンプの魅力沢山のお話です。

midiさん(20代、男性)

今回は野クルメンバーと志摩リンがキャンプする話が同時並行で進みます。

前者はイーストウッドキャンプ場へ、後者は長野県の高ボッチ高原へと向かいます。
そしてこの回の最大の見所だと自分が思ったのはリンちゃんが霧ヶ峰でカフェに立ち寄るシーンです。

寒色で埋め尽くされていた画面が一気に暖色に染まる瞬間は実際にその場にいずとも思わずホッとしてしまうひとときです。
また焚き火のSEなどもそれに拍車をかけていて原作をよく表現できていると感じました。

olaさん(50代、女性)

野外活動サークル(野クル)は、山梨県へ冬キャンプに行き、そして、リンは、ひとりバイクで長野県へソロキャンプに出発します。

キャンプ場へ向かう道は、急な坂道が続いているのに、元気いっぱいのなでしこ。
リンは、長野県のキャンプ場へ向かう途中、ログハウス調のお店で、お昼ご飯を食べることにしたのでした。

野クルのみんなは、フルーツ公園でスイーツを食べ、リンは、お昼ご飯を奮発します。
そして、リンは、野クルのみんなに霧ヶ峰にあるライブカメラで、自分の映像を見せるというしゃれたサプライズをするのでした。

ゆるキャン△
過去放送分を今から無料視聴するなら

Amazonプライムビデオならゆるキャン△の過去放送分をまとめて視聴できます。
30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルでゆるキャン△を視聴する!

5話

第5話あらすじは?

“リン(福原遥)と「野外活動サークル」(通称「野クル」)メンバーは、それぞれの冬キャンを楽しんでいた。
高ボッチ高原に辿り着いたリン。

松本市や諏訪湖、富士山までも一望できる山頂に行ったり、キャンプサイトでスープパスタを作ったりソロキャンを満喫する。

その頃、ほったらかし温泉で湯上り後、名物の温玉揚げを食べてそのまま休憩所で寝てしまった野クル。

夕方まで寝ていた野クルは、急いでパインウッドキャンプ場へ!無事に着いた一同は、設営にとりかかる。
そしてなでしこ(大原優乃)は、煮込みカレーを作りはじめる…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

T(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、リンが野外活動サークルのメンバーとそれぞれに別れての冬キャンプを楽しんでいたのでした。

また、リンは高ボッチ高原に行き、諏訪湖や富士山までもを一望出来る山頂に行くのでした。

そして、更にリンはキャンプサイトではスープパスタ等を作り、ソロキャンプを楽しみ満喫していたのでした。

そして、一方では野クルがほったらかし温泉で名物である温玉揚げを食べて、何とそのまま寝てしまったのである。

●名前●(20代、女性)

リンと野クルメンバーはそれぞれの冬キャンプを楽しんでいました。
リンはいろいろと調べて見つけたスープパスタを作ったりと、一人キャンプを楽しんでいました。
一人だからこそ楽しいことを満喫していたリン。

その頃、ほったらかし温泉で湯上り後、名物の温玉揚げを食べた後にそのまま休憩所で野クルは寝てしまいました。

まさかの夕方まで寝ていた野クルは急いでキャンプ場へ向かいます。
そしてなでしこはお得意の煮込み料理を作り始めるのでした。

G(20代、女性)

野外活動サークルは冬キャンプを思う存分に満喫していました。
中でもリンは高ボッチ高原に行き、そこでの景色を楽しんだりスープパスタを作ったりしてサークル活動を楽しんでいました。

そして野外活動サークルのメンバーは温泉と名物の温玉揚げを堪能した後休憩所で眠ってしまいます。

夕方になって、目覚めたメンバーはパインウッドキャンプ場へ急いで向かいます。

パインウッドキャンプ場に着いたメンバーはテントの設営に取り掛かり、そしてなでしこは煮込みカレーを仕込みに入ります。

第5話みなさんの感想

H(30代、女性)


ソロキャンプでスープパスタ、リンが食べているものはいつもおいしそうです。
キャンプで外で食べたら、家で食べるよりもおいしく感じられそうです。
野クルは煮込みカレーを作って夕飯に食べます。
カレーはキャンプの定番メニューです。

よく食べるカレーでも、外でみんなと作って食べたらおいしそうです。
野クルが使っている小さなお皿がかわいいとも思いました。

夜になるとすっかり暗くなってしまいますが、暗くなったからこそ見られる景色があります。
こんな景色を見られるなら、キャンプにまた期待と思えるのもわかります。

I(40代、男性)

野外活動サークルの3人は今回はほったらかし温泉等で楽しんだり、またはこっちの湯と言ったところで堪能していたので非常に観ていて羨ましかったです。

私個人的にも最近はしばらく温泉等に行っていないので非常に行きたくなりました。
また、私も機会があれば是非行きたいとも思いました。

また、リンちゃんはと言うと、こちらも高ボッチ高原で温泉を目指すのですが、それがまたなかなか思うように行かなかったので観ていて可愛そうに思えたところがありました。

そして、リンちゃんは最終的には諏訪湖や富士山などと行ったところを一望できて本当に良かったと思いました。

ゆるキャン△
過去放送分を今から無料視聴するなら

Amazonプライムビデオならゆるキャン△の過去放送分をまとめて視聴できます。
30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルでゆるキャン△を視聴する!

第6話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第6話あらすじは?

“新しいキャンプアイテム・コンパクト焚き火グリルを手に入れたリン(福原遥)は、なでしこ(大原優乃)の提案で焼肉キャンプを行うことに。

なでしこの姉・桜(柳ゆり菜)の車でキャンプ場まで送ってもらうことになり、途中のスーパーでお肉を買い込んだリンとなでしこ。

今回のキャンプ場は、知る人ぞ知る本栖湖の北西に位置するカルデラ湖で、江戸時代には「富士八海」のひとつに数えられた紅葉の名所・四尾連湖。
木々に囲まれた美しいキャンプ場だが、ここにはある恐ろしい言い伝えがあるという…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

tadanoさん(40代、男性)

ネットで購入した新しいキャンプアイテムのコンパクト焚き火グリルが届いて、早々に図書館で組み立てるリン(福原遥)。

前回の長野キャンプのおみやげをなでしこ(大原優乃)渡せずにいたのですが、なでしこはまさかの…。
なでしこに無事おみやげを渡せて一安心のリン。

しかし、コンパクト焚き火グリルが気になるなでしこは、一緒に焼肉キャンプに行くことを提案します。
なでしこの姉・桜(柳ゆり菜)に車で送ってもらえることになったそのキャンプ場とは? 

papaさん(50代、女性)

リンは小さな焼肉が焼ける道具を手に入れたことで、なでしこと一緒にキャンプに行くことになりました。

しかもその行先は野クルの偵察も兼ねています。
そこは怖い伝説がある湖のようで、なでしこはかなりビビッてしまいました。

2人のキャンプに行く様子が今回の見どころだと思います。
今回のキャンプはなでしこのお姉さんに送り迎えをしてもらうようです。

今回はリンも車に乗せてもらいました。
なでしこだけがテンションが高く、お姉さんとリンが落ち着いているのが対照的です。

momoさん(30代、女性)

いつも1人でキャンプを楽しんでいたリンは、新しいキャンプ用のグリルコンロを手に入れます。

それを試してみたくて、なでしこに相談をしたところそれなら焼肉キャンプをしようという提案を受けます。
リンも楽しそうだと感じたので焼肉キャンプを実行することになり、スーパーに立ち寄ってたくさんのお肉を買い込みます。

向かった先は美しい木々に囲まれたキャンプ場ですが、そこには恐ろしい言い伝えがあることを知ります。
楽しいキャンプになるのかそれとも怖いキャンプになるのかが見所です。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

kasanさん(20代、男性)

原作アニメを観ていた者です。
実写版とアニメ版の落差にもすっかり慣れた6話目、カルデラ湖の畔にてのキャンプです。
序盤から登場していたなでしこの姉である桜のキャラがふんわり判明する回ですね。

しまりん目線では、あまり印象に残らなかった今までですが、なでしこの言及により少しずつ人物像が見えてきます。
ドラマではどこまで描写されるのか今後に期待です。

桜のほか、初登場となるのが顧問の先生ですね。
まだ名前などは全く出ておらず、キャンプ先の酒飲み兼お化けとして登場しただけですが、今後に出る普段のキャラとのギャップがドラマでどう描かれるのかワクワクです。

キャンプ地のお化けに驚く時のしまりんの顔芸は相変わらずのインパクトで笑いました。
今後もしまりんの顔芸を、ある意味で楽しみにしたいです。

tokoyaさん(30代、女性)

リンがちゃんがなでしこのためにお土産を買ってきているのに、それをすぐに渡せずに少し悩んでいるところが彼女らしく可愛かったです。

なでしこがその場で全部食べてしまいましたが、その天真爛漫さが面白かった。
キャンプをするためにいろんなアイテムがあることは知っていましたが、簡易のグリルコンロまであるとは驚きました。

組み立て式なので持ち運びがしやすいですし、ゆっくり焼肉をするにはちょうど良い大きさではないかと感じました。
ドラマを見ているといつかキャンプをするときに役立つような情報が入っているので、メモしたい位です。

キャンプ場に連れて行ってくれたお姉さんが、温かいチャイを飲んでいましたが湖を見ながら飲むのはとてもおいしかったのではないかと思い羨ましかったです。

CEYLONさん(30代、女性)

ソロキャンプが好きで冷めたテンションだったリンが、わざわざなでしこにお土産を買ってくるほど心を開き始めていて安心しました。
素直に渡せないところがリンらしくかわいかったです。

リンが初めて誘って焚火グリルを使ってのキャンプで、どんな食事になるのかなとワクワクして観ましたが今回は買い物だけだったので次回の焼き鳥となでしこの海鮮スープの料理シーンが楽しみです。
今回は湖と美しい木々の景色がきれいで癒されました。

お姉さんがクールで突っ込みも厳しいけど、毎回送り迎えをしてくれるしなでしこを大事に想っている様子が伝わり、いい姉妹だなと思いました。
今回のキャンプはどんなハプニングがあるのか来週も楽しみに観たいと思います。

old5さん(40代、男性)

今回はキャンプと言うのに、焼肉キャンプ等と言い、みんなで楽しくしていたので羨ましく思いました。
最近でこそ、私もしばらくキャンプ等には行かなかったので非常に観ていて羨ましく感じたのでした。

また、個人的にはリンは勿論のこと、なでしこやその姉でる桜も非常に可愛いと思いました。
出来れば、こんな3人の美女と私も一緒にキャンプに行きたいとまで思いました。

また、キャンプする場所も物凄く良かったと思いました。
四尾連湖と言うと、時期によっては紅葉が素晴らしく誰もがイチドハ訪れてみたいところだったので、観ていて本当に羨ましくもなりました。

また、今回は少しいつもとは違い、キャンプ場に恐ろしい言い伝えがあるということだったので観ていた私までドキドキしました。

ゆるキャン△
過去放送分を今から無料視聴するなら

Amazonプライムビデオならゆるキャン△の過去放送分をまとめて視聴できます。
30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルでゆるキャン△を視聴する!

7話

第7話あらすじは?

四尾連湖キャンプ場にやってきたリン(福原遥)となでしこ(大原優乃)。

テントを組み終えたなでしこはキャンプ場の散策をしていたところ、ベテランキャンパー姉妹・美波(土村芳)と涼子(北原帆夏)に出会う。

一方、リンは焼肉の準備で備長炭に火をつけようとするが、なかなかうまくいかない。
涼子の助けを借り、無事に備長炭に火をつけられたリンたちは、焼肉を堪能する。

夜、目を覚ましトイレに立ったリンは不気味な叫び声を耳にする…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

PUREさん(40代、男性)

7話の見どころは、リンの牛鬼伝説に対する態度の変化です。
リンは、キャンプサイトに着くと、自分たち以外の利用者が一組だけだったことから、「貸し切り状態!」とガッツポーズを取っていました。
さらに、就寝時に、リンは、なでしこに「怖いから一緒に寝よう」と頼まれています。

しかし、リンは「テント狭いからイヤ。牛鬼伝説はファンタジーだファンタジー」となでしこを追い返します。

そして、真夜中にトイレに行った帰りに、リンはうめき声を聞きます。
ランタンをかざして露わになった黒い影にリンはパニックになりました。

結局、リンは、追い返したなでしこのテントに潜り込んで朝を迎えています。
あんなに、牛鬼伝説はファンタジーと冷めていたリンが、黒い影を見たことで落ち着きを無くしていくところが面白かったです。

ちなみに、リンが見た黒い影は、お隣のベテランキャンパー・美波でした。
うめき声は、美波が、ハイボールを飲み過ぎて嘔吐していたからです。

lionさん(20代、男性)

前回の六話はリンがコンパクト焚火グリルを手に入れ、なでしこの提案でキャンプに行くことになりました。
そこで、なでしこの姉の車でキャンプ場まで行くことになったのですが、七話ではそのキャンプ場でまさかの出会いがあります。

キャンプ場についたリンは焼き肉を堪能しキャンプを満喫していました。
しかし、そのキャンプ場は一見紅葉も美しく自然に囲まれた美しい場所だと思えるのですが、不気味な言い伝えがあります。
夜その恐怖がリンを襲います。

tellllさん(20代、男性)

第7話の見どころとしては、山梨県の山々が生い茂る、四尾連湖キャンプ場に足を運んできた、リン(福原遥)となでしこ(大原優乃)が、美味しそうにキャンプ飯を口いっぱいに食べるシーンに見応えがあります。

こんがりと焼かれたお肉に幸せいっぱいの笑みを浮かべる素振りは、若い女の子たちが至福の時間を過ごせていることが直ぐに分かり、視聴者側としても、お腹がグーッと鳴ってしまいそうになります。
設置したテント周辺ではしゃぐ姿も見逃せません。

第7話みなさんの感想

10upさん(40代、女性)

ドラマのタイトルのとおり、ゆるい感じにたまらなく癒されます。
ひと昔前のキャンプといえば、家族のレジャーや、どちらかといえばサバイバル的なイメージでしたが、最近のキャンプブームは、また違います。

まず、おしゃれ。
それにとても気軽でゆるい、寛げる非日常空間を過ごす時間なのです。
福原遥の演じるリンちゃんがまた、ふわっとしたゆるいイメージで、ぴったりと役柄に合っていると思います。

火起こしもまともにできないのに、とりあえずキャンプしちゃう。
それが「ゆるキャン」なんでしょうか。

それでも周りの人に助けられ、美味しいごはんにありつけている、ちゃっかりキャンプ。
とても楽しそうに思いました。

juckさん(40代、男性)

リンとなでしこが、四尾連湖キャンプ場で、2人キャンプにチャレンジです。
人気のないキャンプ場で、可愛い女の子2人だけでお泊りするとは、いろいろと大丈夫でしょうか。
なでしこなんて、まだ昼間なのに、付近に電球もなくてお化けが出るなんて怖がっています。

そんなことで、真っ暗な夜は、平気ですごせるのでしょうか。
それにしても、ベテランキャンパーさん2人がいてラッキーでした。
もしいなかったら、リンとなでしこの2人では、火もおこせなかったでしょう。
でました、秘密結社ブランケット、まさに人間ミノムシです。
でもあったかそうです。

苦労の末に完成した料理は美味しそうです。
串焼きにした焼肉と野菜たっぷりのお鍋、さらにベテランキャンパーさんからのおすそわけもあり、豪勢な内容です。


食べている姿を見ていると、こちらまで食べたくなります。
特に、なでしこちゃんの食べ方が、嬉しい表情が豊かで大好きです。

bbanさん(30代、女性)

てっきりテント1つで一緒に寝るのかと思ってたのでテントが2つでビックリしました。
寒いし1つで一緒に寝ればいいのになぁ。
と思ってたらなでしこちゃん一緒断られてて笑いました。

寝袋入っておしゃべりするならほんと一緒のテントに寝ればいいのに。
備長炭って着火材使っても火がつきにくいなんて知らなかったです。

リンちゃんが言ってたように、動画とかだと編集されてるのもあるけど、パッとそれこそ秒で一発で火がついてるのでビックリしました。
着火材崩してから備長炭のせるのがポイントなのかな?無事火がついてよかったです。

コンパクト焚き火グリル、豚串が油で燃えかけてたので、豚トロ売ってなくてよかったね…と思います。
豚トロだったらヤバイことになってそう。

ステンレスっぽいし食洗機突っ込めるのかなぁ。
そうじゃないと洗うの大変かもと思っちゃいました。

ベテランキャンパー姉妹のジャンバラヤとアヒージョ?もめちゃくちゃ美味しそうでした。
リンたちの学校にくるのかな?楽しみです。

bird5さん(50代、女性)

伝説の牛鬼の正体は姉妹キャンパーのお姉さんでした。
彼女はおそらくリンたちの高校に赴任することになりそうです。
ですが、あそこまで泥酔して飲んだくれだと、果たして教師をちゃんとやって行けるのか気になります。

キャンプは妹がほとんどやっていたような気がしました。
豚の串焼きはとても美味しそうでした。

あの小さな焼肉用キットでも、料理を作るだけではなく、焚火もできて本当に活躍していました。
今回もキャンプはいろいろありましたが、結果的に大成功だったのではないかと思います。

なでしこは転校してきて、さらにキャンプにハマって行きそうです。
何よりも富士山が間近にあると言うのが、キャンプをしたくなる大きな理由なのだと思いました。

ゆるキャン△
過去放送分を今から無料視聴するなら

Amazonプライムビデオならゆるキャン△の過去放送分をまとめて視聴できます。
30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルでゆるキャン△を視聴する!

第8話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第8話あらすじは?

なでしこ(大原優乃)の提案で、野クルの次の活動はクリスマスキャンプに決定!クリキャン用にキャンプアイテムを買うため、甲府にあるアウトドアショップへ行くことに。
一方、なでしこと一緒にキャンプに行く約束をしたリン(福原遥)。


しかし、当日風邪で行けなくなったなでしこを残して、リンは片道120kmある長野の上伊那を目指し、ビーノを走らせる。
斉藤(志田彩良)からは、「私(なでしこ)の屍を越えて行けキャンプw」と言われながら…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

andoさん(30代、男性)

今週の「ゆるキャン△」はなでしこの提案でクリスマスキャンプに行くストーリーです。
まずは身支度とのことで、アウトドアショップで準備を揃えていきます。


こういう行く前の準備って一番楽しいですよね。
そして、いざキャンプへと行こうとしたら、言い出しっぺのなでしこがまさかの発熱。
現実でもあるあるのパターンです。


誘われたリンは仕方なく愛車のビーノで120キロある長野の上伊那を目指し走ります。
なでしこから「私の屍を超えて行けキャンプ」なんてことを言われながら…果たしてどんな結末がまっているのでしょうか。

syokusiさん(30代、女性)

バイクでまさかの山登りをしてしまう女子のパワーが凄いです。
どうして長野にしたのかなとも思いましたが、この寒いときに長野の山に登ったら凍死してしまいそうで本当にはできないと思います。


山を登っていたのがバイクでもいいと思いますが、バイクを使っては若いなと思いました。
自分たちだけで本当に山を登ってしまうところは凄いです。


クリスマスキャンプは長野ですると言っていて、騒いでいましたがまさかの通行止めになってしまいました。
そこからの流れが見どころです。

ithigoさん(50代、男性)

テレビ東京の「ゆるキャン△」は、キャンプの楽しさ、良さがよく表現されているほのぼのとしたいいドラマですよね。
しかも女子高生が自分で得られるバイト代など身の丈にあった範囲でできるリアリティのあるキャンプ内容になっているところが最高だと思います。


身の丈にあっているので、よく芸能人がバラエティ番組で見せるようなものすごく金のかかった装備なんかはないわけですが、そこがまた良いのだろうと思います。


さて、第8話では、なでしこの風邪の影響でリンがソロキャンプをするというお話のようですね。
どんな楽しい話になるのか楽しみです。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

mituamiさん(50代、女性)

リンはショートカットしてキャンプ場へ行こうとしましたが、そこは通行止めでした。
しかし、登山のお姉さんに出会い、ほうじ茶を貰って少し元気が出たように思いました。


こういう一期一会の出会いは良いものです。
なでしこは風邪を引いてしまって一緒にキャンプへ行けなかったのは残念ですが、リンはソロキャンプを楽しんでほしいものです。


アウトドアショップに行った時になでしこのはしゃぎぶりは想像通りでした。
彼女はこれをきっかけにアルバイトを始めるのでしょう。
何か目的があってアルバイトをするならば、お金を稼ぐことも楽しくなるかもしれません。


テストも終わり、再びキャンプを楽しめるようになりました。
それにしても、なでしこのお姉さんは何かと車で送迎してくれているので、優しい人だと思いました。

doudoutoさん(40代、女性)

今回のゆるキャンはヒロシさんが出るという情報があったのでチェックしていましたが、いきなり冒頭で登場して驚きました。


ちょうどキャンプギアの話だったので紐づけやすかったのかもしれないですね。
歩いていけない、というところで期待した桜さん登場!今日もきれいで優しいお姉さんでした。


グビ姉の教諭バージョンの印象の差にも驚きました、お姉さんにもいろんなタイプが出てくるのがいいですね。
また酔っ払った時が楽しみです。
時々うつされる山梨の広々とした景色は、週末の疲れに癒しをくれます。


そんな自然がリンちゃんに試練を与えても、その表情がまた可愛くて癒されてしまうのは年齢のせいかもしれません。
私もキャンプギア見に行きたくなりました。

koiさん(30代、女性)

まさか芸人のヒロシさんがキャンプ芸人になっているとは知らなかったので少し驚いてしまいました。


SNSの影響もあって、1人でキャンプをすることが人気になっているかもしれませんし、実際に自分もこのドラマを見るようになってキャンプをしてみたいと思うようになりました。


今回はキャンプに使うアイテムがたくさん揃ったお店に行っていましたが、見た目も可愛らしくおしゃれなものが多くて気になりました。
なでしこも購入するためにバイトをしようと言い出しましたが、学生にとっても社会経験を積む良いきっかけなのではないかと思いました。


リンは通行止めと言うハプニングが起こってしまいましたが、それでも山登りをする女性からほうじ茶をもらうことができたので良いこともあるなと思いました。

dantiさん(40代、女性)

クリスマスキャンプ、略してクリキャンをしようと盛り上がる女子高生たちがとても楽しそうでした。
アウトドアショップに行くのも、遠くて女子高生にはハードルが高いのでは、と感じるキャンプ。


でも、アウトドアグッズを目の前にして大はしゃぎしている様子が、完全にハマってしまってる感じです。

まんじゅうを食べるだけでも幸せそうなところが、観ていてとてもほんわかとした気分になれます。
バイトをしながら、少しずつグッズを揃えていくのも、女子高生ならではの楽しみ方かもしれません。


とにかく、最近のキャンプブームは、日常から少し離れて自然に癒され、ささやかな幸せを感じられることが人気の真相なのかもしれないなと思います。
ぜひ、キャンプに行ってみたい、と思います。

ゆるキャン△
過去放送分を今から無料視聴するなら

Amazonプライムビデオならゆるキャン△の過去放送分をまとめて視聴できます。
30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルでゆるキャン△を視聴する!

第10話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第10話あらすじは?

長野県の陣馬形山キャンプ場へ向かう道中、またしても通行止めに遭遇するリン(福原遥)。
しかし、大垣(田辺桃子)のおかげで無事にキャンプ場にたどり着いたリンは、急いでテント設営を済ませる。

展望台から伊那の夜景を眺めた後、リンは夕食の準備にとりかかる。
本日の夕食は、ホットサンドメーカーの両面にバターを塗って、肉まんをプレスした“焼き肉まん”。

ほうじ茶と一緒に肉まんを堪能していたところ、大垣から電話が。
野クルのクリスマスキャンプへのお誘いだったが、リンの回答は…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

shibazakiさん(20代、女性)

リンたちは富士山でクリスマスキャンプを楽しんでいました。楽しみにしている夕食のメニューは何と、犬山が懸賞で当てたA5ランクの黒毛和牛を使ったすき焼きという贅沢な一品なのでした。


サンタ服を着ながら豪華なすき焼きに舌鼓を打ち、一行はキャンプを満喫します。


リンはソロキャンパーとしてキャンプを楽しんでいましたが、大勢でわいわい楽しむのもキャンプの醍醐味だと感じ始めていました。
そして寝袋に入ったリンはなでしこと来年も沢山キャンプをする事を約束します。

koubuさん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、リンたちは富士山YMCAでクリスマスキャンプを楽しんでいるのでした。


そして、お楽しみである夕食は何と犬山が懸賞で当選したと言う、A5ランクの黒毛和牛のすき焼きだったのです。


そして、そんなすき焼きを楽しみつつ、斎籐が用意したと言うサンタクロースの衣装を着て5人は盛り上がるのでした。


そして、日頃は一人でソロキャンプを楽しむリンだったのだが、みんなでやるキャンプも楽しいものだと思うのでした。

tanakaさん(20代、男性)

ゆるキャンブームが相変わらず熱いです。
先週は今クール1クールにかけてやっていた、ゆるキャン△が最終回を迎えて、同時にゆるキャンセカンドシーズン制作が発表しました。


まさに空前のゆるキャンブームと言えるでしょう。
そんな中本ドラマも最終回を迎えます。


最終回ということで、内容もA5和牛パーティーという、より一層豪華な内容になっており大変期待ができます。
最初は実写版でどーなるかと思いましたが、最終回を迎えるのは感慨深い気分です。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

komajiさん(50代、男性)

“最終話がとうとう終わってしまいましたか。
随分楽しませてもらいました。


ドラマの宿命とはいえ、やっぱり終わるのは寂しいですね。
ゆるキャンの場合、極端な完結場面があるわけではないし、話の続きはなんとでもなる展開なのでまた続編が観たい気がします。


卒業までとか? 最後のクリスマスキャンプ、楽しそうでいい感じでしたね。
冬休みのアルバイトの話だとか、一応ちゃんと高校生らしいやりとりもあってシナリオが細やか。


そういえば福原遥ちゃんは情熱大陸出てましたね。
期待の女優さん、確かに主役のオーラがあります。
でも他の女優さんたちもなかなかですね。


今後のドラマでも活躍されそうな女優さんたち。
特になでしこ役の大原優乃ちゃんは芝居の才能を感じました。

suiriさん(30代、女性)

キャンプの食事は美味しいんだなと思いました。
高校生なのに贅沢な食事をしていて美味しそうだと思ってすき焼きが食べたくなってしまいます。


クリスマスキャンプなのでサンタのコスプレが可愛いです。
トマトすき焼きもやっていて新しいすき焼きも見れました。
ガスボンベがなくなってしまったのでキャンプに行くときは忘れ物をしないようにチェックしないといけないと思いました。


冬のキャンプって寒いだけかなとも思いましたが、温かい食事がいつもよりさらに美味しく感じるのも外で食べるだいご味です。


友達との思い出作りって大切なんだなと思いました。
高校生でこんなキャンプが出来るだなんて羨ましいです。
また、朝の朝食のシーンが暗いうちに作っていて太陽が昇ったときは神々しかったです。

kanbeさん(30代、女性)

学生のキャンプなのに、黒毛和牛の夕食という豪華さで、とてもうらやましく思いました。
特別な時に食べるすきやきというチョイスがまた最高でしたし、その後にトマトを入れてイタリアン風味にするのも興味深いと思いました。


先生も含めて、みんな本当に幸せそうに食べている表情を見ていると、自分も思わずにっこりしてしまいました。
ガスコンロが切れてしまったとき、リンからコンビニに買いに行くと言い出したことに少し驚きました。


リンは1人で何でも行動をするタイプだったので、それだけみんなで参加したキャンプが楽しかったんだろうと思ったからです。


それにしてもバイクというのは小回りが利いて便利ですし、リンが乗っているのは見た目も可愛かったので欲しくなっちゃいました。

himawariさん(40代、男性)

A5ランクの牛肉ですき焼きキャンプするとは最終回に相応しい飯テロとなりました。
牛脂を溶かしている時点でお腹の音が鳴りそうで堪りませんでした。


これを見ていて勉強になったのはすき焼きのアレンジの仕方です。
まさか途中でトマトを入れて洋風のすき焼きに変化するとは思ってもなく、とても美味しそうでした。


夜がすき焼きなら朝ごはんは何か気になるところですが、期待どおり温かそうな味噌汁とすき焼きの余りで作った炊き込みご飯でした。
これらを食べながら日の出を迎えるのですから最高のキャンプでしかないです。


可愛い女の子たちのキャンプする様子をもう見ることができないとなると寂しくなりますが、キャンプに関する知識などを知ることができ、とても勉強になるドラマでした。

ゆるキャン△
過去放送分を今から無料視聴するなら

Amazonプライムビデオならゆるキャン△の過去放送分をまとめて視聴できます。
30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルでゆるキャン△を視聴する!

みんなの注目する点は?

hamuさん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、リンがまたしても長野県の陣馬形山キャンプ場へ向かう中、通行止めに会うのでした。

しかし、そんなリンであったが、大垣のおかげにより無地にキャンプ場へと辿り着くことが出来るのでした。
そして、リンは着くや否やテントを設営するのでした。

また、展望台へと上がり伊那の夜景を堪能した後、夕食の準備に取りかかるのでした。
すると、そんな夕食を食べていると突如、大垣からの電話がかかってくるのでした。

kolaさん(30代、女性)

目的のキャンプ地に行くまで、何度も通行止めにあったものの、何とかリンは到着します。

寝過ごしたこともあり、すでに暗くなっていたのですぐにテント設営を行い夕食の準備をします。
今回の夕食は、ホットサンドメーカーを持参して、肉まんをプレスするというものです。

おいしくできた焼肉まんに舌鼓を打っていると、リンはクリスマスキャンプのお誘いを受けることになります。
果たして一人でキャンプをすることが好きなリンは、クリキャンに応じるのかが見どころです。

poteさん(40代、男性)

ゆるーりな雰囲気で少女たちのキャンプ活動が原作やアニメの雰囲気がよく再現されて描かれている「ゆるキャン△」の第10話は、前回に引き続き福原遥さんが演じるリンちゃんが長野県の陳馬形山キャンプ場に向かうお話です。

バイクでキャンプ場に向かう途中またしても通行止めに遭遇してしまいます。
しかし、救いの手を差し伸べたのは、田辺桃子さん演じる大垣で、辛くも通行止めのトラップを回避します。

そして、ようやくキャンプ場に辿り着いたリンちゃんですが、キャンプ場でこの作品で代表的なキャンプめしを作って食べます。
このキャンプめしはおススメで是非見て欲しいです。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

umaumaさん(40代、女性)

温泉でうたた寝してしまったりんちゃんは、通行止めの看板に翻弄され、大ピンチになりました。
苦手なあきちゃんの携帯の声を信じて、暗闇を進むりんちゃんが、心配で仕方ありませんてした。
一人キャンプは楽しそうで憧れましたが、こんな風にハプニングがあるとひるみます。

無事にキャンプ場にたどり着けてほっとしました。
今回のキャンプの夕飯にはびっくりしました。
肉まんをホットサンド機で挟んで焼くだなんて凄いと思います。
食べてみたいです。

途中で出会った山ガールのお姉さんにもらったほうじ茶を飲むりんちゃんに、ほっこりしました。
それにしても、あの放置された通行止めの看板は迷惑だなぁと思います。

いよいよあきちゃんのアドバイスをきっかけに女子皆でキャンプが出きるかな?と思いきや、あきちゃんの誘いを断るりんちゃんに、ソロキャンパーの魂を感じました。
皆でキャンプの楽しさも是非見せて欲しいです。

uureさん(20代、男性)

今回の10話でリンと大垣の距離がずっと近づいたと感じ嬉しく思いました。

大垣のサポートのおかげでリンが通行止めと書かれている場所を無事に突破し、2人の仲が次第に良くなってくるのが伝わりました。
そしてやっとの思いでキャンプ場に着いたリンが食べていた肉まんがすごく美味しそうで、私も今すぐに食べたくなりました。

ホットサンドメーカーの両面にバターを塗りそこに肉まんを挟んで焼いて食べるというのは寒い外でキャンプをする醍醐味だなと思いました。
そして大垣からのグルキャンの誘いを頑なに拒否していたリンが心を開いたシーンも印象的でした。

これから2人の絆がどんどん深まっていくのだろうと思うと楽しみですね。
最後に鳥羽先生も登場し、これからのキャンプはさらに楽しみになっていくのだろうと思いました。

nandakさん(50代、女性)

犬山がバイト先のスーパーの検証に当たり、豪華お肉をゲットできたのは凄いです。
しかし、その後で、全員からお金を徴収するところが、彼女らしいと思いました。

野クルにもようやく顧問の先生がつくようになりました。
とはいっても、あの酔っ払いのお姉さんですが、彼女はやる気ゼロと言った感じです。

きっとキャンプでもお酒ばかり飲んでいるような気がします。
リンの長野へのキャンプは波乱続きでしたが、最後はキレイな夜景を見ながら、焼き肉まんを堪能していました。

今回はなでしこと大垣の助けがあったからこそ、リンはキャンプが出来たのだと思います。
  次回はいよいよクリスマスキャンプをやるようです。
それぞれの創意工夫を凝らした、おもてなしを楽しみにしたいと思います。

SPYさん(50代、男性)

おおーやっと斉藤さんがクリキャン参加表明! 待ってました! そして50000の寝袋購入、お金持ちのお嬢設定なんですね。
こたつと結婚しただけのことはあります。
斉藤さんと犬山ちゃんの並びはチアダンを思い出すなあ。

リンちゃんも少しづつ心を開いてみんなとの距離が縮まってますね。
なでしこのおかげかな。
それにしてもこの緩い流れ、それがボディブローのように効いてきた。
もう毎週観ないとダメになってしまいました。
最後のメンバーに鳥羽先生、野クルの顧問就任です。

なんと酔っ払いネーサン、気付いてないのは今のところ本人だけです。
この時期にクリスマスイベントってのもなんだかイメージが湧かないですが、それでもおもしろいのだけは変わりない。
次が楽しみです。

ゆるキャン△
過去放送分を今から無料視聴するなら

Amazonプライムビデオならゆるキャン△の過去放送分をまとめて視聴できます。
30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルでゆるキャン△を視聴する!

第11話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第11話あらすじは?

野クルメンバーとクリスマスキャンプをすることになったリン(福原遥)。

キャンプ当日、野クルの顧問になった鳥羽先生(土村芳)と、予定の時間より早く今回のキャンプ場である富士山YMCAに到着した大垣(田辺桃子)と犬山(箭内夢菜)。
二人は、キャンプ場近くの馬飼野牧場でジェラートを堪能する。

一方、リンとなでしこ(大原優乃)も到着し、焼きマシュマロをチョコビスケットに挟んだおやつを堪能。
そして、まだ到着していない斉藤(志田彩良)からリンに意味深なメッセージが届く…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

saruさん(30代、女性)

ずっと1人でキャンプを楽しんできたリンですが、友達から誘われて野外活動サークルに参加することになります。

以前、キャンプをしている時、顔を合わせたことがある鳥羽先生が顧問になったことで、計画が具体的になり富士山YMCAに行くことが決まります。

予定よりも早く到着したメンバーは牧場でジェラートを食べて楽しみます。
一方でリンとなでしこも、無事に到着しておやつを食べながら楽しく会話をしています。

まだ1人だけ到着していない斉藤が、無事に到着できてみんなでキャンプを楽しめるかが見所です。

inuさん(30代、女性)

ゆるキャン△は漫画原作を福原遥主演でドラマ化した、アウトドアの魅力とゆる〜く生きる女の子達の魅力が満載の飯テロドラマです。

野クルの当日に、鳥羽先生が顧問になります。
今回のキャンプ場となる、富士山YMCAで早く着いてしまった大垣と犬山は鳥羽先生と一緒にジェラートを堪能します。

この時期だとまだ寒いかも?笑 後についたリンとなでしこも到着し、焼きマシュマロにチョコビスケットを挟んだスイーツを堪能。

そこへ斉藤からのメッセージが届いて!? 11話はゆるく可憐な少女たちにぴったりな甘〜いスイーツがよりドラマを面白くしてくれそうです! “

dainanaさん(30代、男性)

リンはクリスマスキャンプを野クルメンバーとすることになります。
いよいよキャンプの日、顧問となった鳥羽先生と共に大垣と犬山は、予定の時間より早く着いてしまいます。

今回のキャンプ場は富士山YMCAです。
大垣と犬山は、早速キャンプ場近くの馬飼野牧場でジェラートを楽しみます。

リンとなでしこも遅れて到着しますが、かのじょたちも、焼きマシュマロをチョコビスケットに挟んだおやつを食べています。
そんな中、唯一到到着していない斉藤からリンに意味深なメッセージが届くのでした。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

aribaiさん(20代、男性)

野外サークルのみんなで、クリスマスキャンプが行われました。
キャンプのメンバーは顧問に、鳥羽先生と、予定より早く到着した、大垣、犬山です。

2人はキャンプ場の近くでジェラートを堪能している様子が印象的でした。
リンやなでしこも合流し始めて、キャンプは本格的になりま始めます。
焼きマシュマロやチョコビスケットとうを堪能しつつも、キャンプは大盛り上がりしていました。

今回はクリスマスキャンプということもあり、物語はいつもより華やかな印象を受けました。
ゆるキャン実写版もここまで来れば、見慣れてきます。
そして迫り来る最終回です。

ゆるキャンΔと合わせて毎週見るのが楽しみだったので、大変残念な気持ちでいっぱいです。
次回も楽しみです。

kutyoさん(30代、女性)

野クルメンバーとのクリスマスキャンプをするリンちゃんの回です。
前回から顧問になった鳥羽先生も加わります。
今回のキャンプ場は富士山YMCAです。

毎回美味しそうなキャンプ飯は、リンちゃんとなでしこちゃんが作る焼きマシュマロのチョコビスケットサンドが今回のおやつでした。
先にキャンプ場へついた大垣さんと犬山さんは、近くの馬飼野牧場でジェラートを食べたり、300円で販売している薪を発見したりします。

どれだけの量を購入すればいいか迷っているところ、リンちゃんの登場で、1束で燃える時間を教えてもらいます。
最後に以前あったおねえさんだと思った鳥羽先生は、鳥羽先生の妹だと判明しします。

ソロキャンプが好きだけど、みんなとキャンプするのも悪くないという感想を持つリンちゃんの心境変化の回でした”

anabukiさん(40代、男性)

富士のキャンプ場は緑が多くて大草原といった感じです。
まさに、学校の行事で利用しそうな模範的なキャンプ場です。

顧問の鳥羽先生は、生徒そっちのけで、缶ビールを片手に焼き肉を食べています。
これぞ顧問の特権でしょうか。

大垣と犬山が食べている牧場のジェラートは、新鮮な牛乳の搾りたてだから、美味しいこと間違いなしです。
リンとなでしこのキャンプウェアはお揃いでしょうか、ファッショナブルでかわいらしいです。

リンが作った焼きマシュマロをなでしこが食べる、作る人と食べる人の役割分担が確立されています。
なでしこの焼きマシュマロのワンスモアプリーズは、甘えん坊さんポーズです。
それに対するリンの「もうねえよ」という厳しい返し、相変わらずのボケツッコミのコンビです。

ウサギみたいなチワワ、見た目がぬいぐるみのようで、本物感が全くありません。
最後は、みんなで夕日をバックに富士山を眺めて、ザ青春を満喫しています。

wadeさん(40代、男性)

今回は野クルのメンバーたちとクリスマスキャンプをするのですが、そのキャンプ場である富士山YMCAに先に到着した大垣と犬山が馬飼野牧場でジェラートを食べるのが女の子らしくて物凄く可愛らしかったです。
観ていて、ほのぼのしている二人が本当に印象的でした。

また、リンちゃんもなでしこと到着するや否や焼マシュマロを挟んだチョコビスケットを食べるのでしたが、こちらもまた物凄く可愛らしかったです。
また、一方では富士山の絶景が映し出されるのですが、それがまた非常に美しく思いました。

確か夕方ぐらいだったと思うのですが、富士山が少し赤みがかっていて物凄く絶妙な感じだったと思います。
本当に今回もまたほのぼのしたみなさんだったと思います。

ゆるキャン△
過去放送分を今から無料視聴するなら

Amazonプライムビデオならゆるキャン△の過去放送分をまとめて視聴できます。
30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルでゆるキャン△を視聴する!

第12話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第12話あらすじは?

富士山YMCAでクリスマスキャンプを楽しむ、リン(福原遥)たち。


お楽しみの夕食は、犬山(箭内夢菜)が懸賞で当選したA5ランクの黒毛和牛を使ったすき焼き!すき焼きを堪能しつつ、斉藤(志田彩良)が用意したサンタクロースの衣装を着て盛り上がる5人。


ソロキャンパーとしてキャンプを楽しんでいたリンは、クリキャンを通してみんなでやるキャンプの楽しさも実感していた。


そして、寝袋に入りながら夜空を眺めるリンとなでしこ(大原優乃)は、来年もたくさんキャンプすることを約束するのだった…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

shibazakiさん(20代、女性)

リンたちは富士山でクリスマスキャンプを楽しんでいました。楽しみにしている夕食のメニューは何と、犬山が懸賞で当てたA5ランクの黒毛和牛を使ったすき焼きという贅沢な一品なのでした。


サンタ服を着ながら豪華なすき焼きに舌鼓を打ち、一行はキャンプを満喫します。


リンはソロキャンパーとしてキャンプを楽しんでいましたが、大勢でわいわい楽しむのもキャンプの醍醐味だと感じ始めていました。
そして寝袋に入ったリンはなでしこと来年も沢山キャンプをする事を約束します。

koubuさん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、リンたちは富士山YMCAでクリスマスキャンプを楽しんでいるのでした。


そして、お楽しみである夕食は何と犬山が懸賞で当選したと言う、A5ランクの黒毛和牛のすき焼きだったのです。


そして、そんなすき焼きを楽しみつつ、斎籐が用意したと言うサンタクロースの衣装を着て5人は盛り上がるのでした。


そして、日頃は一人でソロキャンプを楽しむリンだったのだが、みんなでやるキャンプも楽しいものだと思うのでした。

tanakaさん(20代、男性)

ゆるキャンブームが相変わらず熱いです。
先週は今クール1クールにかけてやっていた、ゆるキャン△が最終回を迎えて、同時にゆるキャンセカンドシーズン制作が発表しました。


まさに空前のゆるキャンブームと言えるでしょう。
そんな中本ドラマも最終回を迎えます。


最終回ということで、内容もA5和牛パーティーという、より一層豪華な内容になっており大変期待ができます。
最初は実写版でどーなるかと思いましたが、最終回を迎えるのは感慨深い気分です。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

komajiさん(50代、男性)

“最終話がとうとう終わってしまいましたか。
随分楽しませてもらいました。


ドラマの宿命とはいえ、やっぱり終わるのは寂しいですね。
ゆるキャンの場合、極端な完結場面があるわけではないし、話の続きはなんとでもなる展開なのでまた続編が観たい気がします。


卒業までとか? 最後のクリスマスキャンプ、楽しそうでいい感じでしたね。
冬休みのアルバイトの話だとか、一応ちゃんと高校生らしいやりとりもあってシナリオが細やか。


そういえば福原遥ちゃんは情熱大陸出てましたね。
期待の女優さん、確かに主役のオーラがあります。
でも他の女優さんたちもなかなかですね。


今後のドラマでも活躍されそうな女優さんたち。
特になでしこ役の大原優乃ちゃんは芝居の才能を感じました。

suiriさん(30代、女性)

キャンプの食事は美味しいんだなと思いました。
高校生なのに贅沢な食事をしていて美味しそうだと思ってすき焼きが食べたくなってしまいます。


クリスマスキャンプなのでサンタのコスプレが可愛いです。
トマトすき焼きもやっていて新しいすき焼きも見れました。
ガスボンベがなくなってしまったのでキャンプに行くときは忘れ物をしないようにチェックしないといけないと思いました。


冬のキャンプって寒いだけかなとも思いましたが、温かい食事がいつもよりさらに美味しく感じるのも外で食べるだいご味です。


友達との思い出作りって大切なんだなと思いました。
高校生でこんなキャンプが出来るだなんて羨ましいです。
また、朝の朝食のシーンが暗いうちに作っていて太陽が昇ったときは神々しかったです。

kanbeさん(30代、女性)

学生のキャンプなのに、黒毛和牛の夕食という豪華さで、とてもうらやましく思いました。
特別な時に食べるすきやきというチョイスがまた最高でしたし、その後にトマトを入れてイタリアン風味にするのも興味深いと思いました。


先生も含めて、みんな本当に幸せそうに食べている表情を見ていると、自分も思わずにっこりしてしまいました。
ガスコンロが切れてしまったとき、リンからコンビニに買いに行くと言い出したことに少し驚きました。


リンは1人で何でも行動をするタイプだったので、それだけみんなで参加したキャンプが楽しかったんだろうと思ったからです。


それにしてもバイクというのは小回りが利いて便利ですし、リンが乗っているのは見た目も可愛かったので欲しくなっちゃいました。

himawariさん(40代、男性)

A5ランクの牛肉ですき焼きキャンプするとは最終回に相応しい飯テロとなりました。
牛脂を溶かしている時点でお腹の音が鳴りそうで堪りませんでした。


これを見ていて勉強になったのはすき焼きのアレンジの仕方です。
まさか途中でトマトを入れて洋風のすき焼きに変化するとは思ってもなく、とても美味しそうでした。


夜がすき焼きなら朝ごはんは何か気になるところですが、期待どおり温かそうな味噌汁とすき焼きの余りで作った炊き込みご飯でした。
これらを食べながら日の出を迎えるのですから最高のキャンプでしかないです。


可愛い女の子たちのキャンプする様子をもう見ることができないとなると寂しくなりますが、キャンプに関する知識などを知ることができ、とても勉強になるドラマでした。

ゆるキャン△
過去放送分を今から無料視聴するなら

Amazonプライムビデオならゆるキャン△の過去放送分をまとめて視聴できます。
30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルでゆるキャン△を視聴する!