今回は真島検事と仲井戸刑事の二人が初めての殺人事件に挑むところが見どころです。
ドラマの外では世間の風当たりが強い真島検事、ドラマの中ではのびのびしてほしいですね。
https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  

第3話あらすじは?

営業時間中のはずが閉店していたバーの店内で、男性オーナーの刺殺体が見つかった。

連絡を受けて現場に急行した横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)はそれぞれ、初めての殺人事件現場に大張り切り。

検事5年目…初めて大事件に関われるチャンスを逃すまいとばかりに、修平は支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に直訴し、この事件を担当することに。

一方、捜査に貢献したくてウズウズしていた豪太も、横浜桜木署刑事課の面々と共に、神奈川県警捜査一課が主導する捜査に参加する。

 捜査線上に浮かび上がった被疑者は、運送会社に勤務する瀬川大介(薬丸翔)。

県警捜査一課が任意で取り調べると、瀬川は事件当日にバーへ行ったことも、被害者と口論になったこともあっさり認める。

だが、犯行については認めない上に、凶器も発見できず…。
 捜査がこう着状態に陥り、焦りを隠せない県警捜査一課。

“落としの長さん”の異名を取る県警の捜査一課長・見城長一郎(池田成志)は修平に詰め寄り、逮捕の許可を出してくれれば、徹底的な取り調べで凶器の隠し場所を吐かせると言い切る。

だが、逮捕は起訴できる完璧な物証をそろえてから…と、修平は拒否。

逮捕のタイミングをめぐり、刑事と検事の攻防戦が勃発し…!  そんな中、なぜか豪太はガールズバーに通い始め、前のめりで店員・三浦舞(古畑星夏)をデートに誘うようになる。
さらに…! 刑事にとっても検察にとっても、“決してあってはならない事態”が発生する――。

公式サイト https://https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  より

みんなの注目する点は?

yujiさん(30代、女性)

真島検事は自ら支部長にこの事件を担当したいと直訴し許可を得ます。

真島検事が物証がない中でどのようにして初めての殺人事件を解決するのか注目です。

仲井戸刑事も事件現場に入れず聞き込み担当で不満をもらしますが、持ち前のキャラクターで自ら犯人を捜し出すのか注目です。

捜査一課が犯人を詰めていく中でなかなか逮捕の許可を出さない検事と逮捕したい刑事の立場の違いも見どころです。

syuさん(20代、男性)

営業時間中のはずのバーが閉店していて、バーの店内で男性オーナーの遺体が見つかります。

仲井と真島は初めての殺人現場に大張り切りです。
初めてのチャンスを逃すまいとばかりに真島は支部長に直訴しこの事件を担当することになります。
被疑者は運送会社に勤務する瀬川です。

事件当日にバーへ行ったことも口論になったこともあっさり認めますが犯行は認めないうえに、凶器も見つかりません。

操作がこう着状態となり焦りを隠せない県警捜査一課。
そんな中刑事にとっても検察にとっても、決してあってはならない事態が発生します。

ringoさん(40代、女性)

“3話の見どころは、初めて殺人事件を担当することになった修平の奮闘ぶりです。

初めてのことなので、かなり戸惑うことがあったり、結局、豪太が活躍して、正直あまりカッコ良くはありませんでした。

ですが、カッコ良くないからこそ、リアルに感じるんだと思います。
検事だって完璧ではない。

最初は皆こうなんだと思わせるところが、最大の見どころです。
検察と警察の裏側をちょっと覗き見をしている感じが出来て、そこがとても楽しいドラマです。

第3話みなさんの感想

EMさん(30代、男性)

2人にとって初めての殺人事件の捜査となりましたが、仲井戸は気合は入っていたものの気負うことなくいつも通りの彼らしい捜査をしていたように感じました。

ただ、普段よりも一人での行動が多く自分勝手がすぎる捜査になっていたのは気になりました。

それでも、世間話にしか思えないやり取りから情報を聞き出して、殺人事件の証拠にたどり着いたのは仲井戸にしか出来ないやり方だったのだろうと思います。

一方で真島は気合は入っていたものの、慎重になりすぎて何も出来ず、さらには自分の決定を仲井戸が自分が追い込んだからだと責任転嫁してしまい、情けないところしか今回はありませんでした。

犯人の恋人である女性と話をしていましたが、そもそも何故彼女を連れてきた仲井戸ではなく真島が話を聞くことになったのかがよくわかりませんでした。

事件解決の手柄も捜査一課が横取りするような形になっていましたし、仲井戸の活躍に対して腑に落ちない点が多く感じられました。

KAKAさん(50代、女性)

標準語と関西弁がまぜこぜになってるのが、相変わらずツボです。

特に豪太の取り調べシーンが大好きです。
ガールズバーの女の子から上手く情報引き出す辺りが絶妙で、これは桐谷健太という俳優にしか出せない味!と思いました。

主役として輝いてますし、引っ張っていってますし、凄く良いです。
そしてそれに呼応して、桜木署のメンバーの息が凄く合ってきていると感じます。

セリフのあ、うんの呼吸というかがどんどん進化してきています。

golaさん(30代、女性)

今回初めての殺人事件で、テンションが上がった真島が解決できるのか楽しみに観ました。

捜査一課も出てきて、今回一番面白かったのは落としの長さんです。
張り切って取り調べをし、犯人が白状すると思いきやくしゃみだった時には大笑いしました。
結局落とせず諦めたのは予想通りでした。

凶器も見つからず白状もなかなかしなかったのでもしかして誤認逮捕だったりしてと冷や冷やしましたが、最後の最後で彼女が彼のためを想って本当のことを話したので安心しました。

最後は結局あっさり解決だったなぁと思いましたが、今回も楽しく拝見しました。

今回真島のはじけっぷりがあまり見られず落ち着いた感じに見えましたが、仲井戸との掛け合いと、みなみの冷静なつっこみは相変わらず面白かったです。

PENPEN(50代、女性)

第3話のストーリーもなかなか良かったです。
ケイジの豪太とケンジの修平にとって初めての殺人事件だったので、二人とも気合と気迫が凄かったです。

そして二人の意見がいつものパターンで食い違って、いがみ合いながらも事件の真相を追求していく姿は何か良いコンビみたいに思えてきました。

そしてその二人の間に入って時には厳しい言葉をかけて、二人のお尻をうまく叩いている豪太の妹で修平の事務官のみなみが素敵だと思います。

ただ豪太がガールズバーに通ってそこの女性をくどくのは刑事としてはどうだろう?と疑問に思いました。

色んな意味で話題性のあるドラマですが、なかなか面白いので見続けていきたいと思います。

さいごに

今話のゲストの薬丸翔さんは、薬丸裕英さんと石川秀美さんのご長男という事で注目していましたが、目立つには難しい役だったかな・・・と思いました。