4話の見どころは、薫が玲の思考を読み取り、その闇の部分に触れるということです。
https://www.tv-tokyo.co.jp/bokudoko/  

第4話あらすじは?

他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持つ竹内薫(中島裕翔)は替え玉受験で小論文に取り組んでいる最中、井上玲(笠松将)の思考に入り込んでしまう。

薫の頭に広がる不吉なイメージ… この嫌な感情は一体何なのか…?違和感を覚えつつ指示通り試験を終え、藤原智美(間宮祥太朗)らと落ち合うと、そこに玲の姿はなかった。

嫌な予感がした薫はひとり慌てて井上家へ向かうが、家にも玲はいない。
代わりに見つけたのは目を見開いたまま絶命した、血まみれの井上涼子(須藤理彩)の死体だった。

しかも駆け付けた刑事・桐原崇(神保悟志)に殺害を疑われ、警察に連行されてしまう。
一方、東宮寺正胤(若林豪)に呼び出された智美は、失敗が許されないシノギに一般人である薫を巻き込んだ挙句、警察に捕まったことを厳しく問い詰められていた…。

公式サイト https://https://www.tv-tokyo.co.jp/bokudoko/  より

みんなの注目する点は?

shinpaさん(40代、女性)

急いで駆けつけた薫が見たのは、変わり果てた姿になった玲の母親の涼子でした。
更に、犯人に間違えられて薫が警察に連行されてしまうという、まるでミステリー小説のような展開になるところがポイントです。

果たして玲は、涼子を殺したかっただけなのか。
それとも、薫を犯人にしたかったのか。
様々な思惑が絡み合う4話は、これから先のキーパーソンとなる話でもあります。

AGOさん(30代、男性)

竹内薫が井上玲の代わりに替え玉受験をしている最中に、実は帰宅した玲は母親の涼子を殺していました。

そして、嫌な予感がした薫は急いで井上家に向かうと、そこで涼子の死体を発見し、運悪く到着した警察に殺人事件の容疑者として拘束されてしまうことになります。

薫がこんな状況になり、大切なシノギが失敗したとも言える状況になってしまうわけですが、薫のみではなくて、藤原智美の運命も気になるでしょう。

替え玉受験は結果的に最悪の事態を迎えることになりますが、2人はこの事態にどのように対処するのか?そこが見どころです。

kaoruさん(40代、女性)

竹内薫(中島裕翔)は高校の同級生である藤原智美(間宮祥太朗)からの依頼を受けて井上玲(笠松将)の替え玉受験に臨みます。

他人の文章を書くことでその人の思考をコピーできるという特殊能力の持ち主である薫は、玲になりすまして小論文を書くうちに不穏なイメージが頭に流れ込んできて不安になります。

試験後に井上家に向かうと、そこには血まみれで死んでいる玲の母親の姿がありました。

試験中に感じたものは殺意だったのかと思った薫ですが、駆け付けた警察に容疑者として連行されてしまいます。
薫と智美がこの大ピンチを乗り越えられるのかが第4話の見どころです。

第4話みなさんの感想

76paneさん(40代、男性)

今回もその能力を遺憾無く発揮し、そして替玉受検に取り組んでいました。
そして、井上玲の思考に入り込むまでは良かったのですが、その後で不吉な予感がしていました。

勿論、もしも私ならばそんな不吉な事が事前に解るならば直ぐに退却すると思いました。
そして、案の定その不吉な予感が当たってしまい、井上涼子の醜い死体を見つけていました。
ドラマとは言え本当にちょっと気持ち悪かったのが印象的でした。
出来れば見たくなかったです。

しかもまた、運が悪いことに駆けつけた警察官に捕まってしまいました。
また、智美はその薫が警察官に連行されたことで東宮寺正胤に一般人を巻き込んだことを怒られていました。
当然だと観ていて思いました。

masaさん(50代、女性)

玲の母・涼子が殺されました。
結局不吉なものを感じて、井上家へ行ってしまった薫は、涼子の遺体の第一発見者となりました。

タイミングよく警察が訪ねて来たのは、やっぱり「罠にはめられた」のだと思います。

そして玲の行方がわかりません。
普通家族が行方不明なら、「母親が殺された時巻き込まれたのでは?」と疑う筈なのに、警察は知らんぷりで解せません。
かえって不自然だと思いました。

警察は、以前からマークしていた智美と薫の関係を知って、更に薫を疑うばかりです。
やっぱり予想通り受験の時の「筆跡」が玲のものだと判断され、玲が犯人とは疑ってもいないようです。

でも、実際本当に犯人が玲かどうかは、まだわからない気がしてきました。
トカゲのしっぽ切りのように、智美に薫を売るように促した組員だって、怪しいかもしれません。

智美は警察へ行って、薫を売るような発言をしましたが、何か考えがあってのことだと思います。
智美は絶対に薫を裏切らないと、思っています。
薫の母を連れ出したことも、薫のためだと信じたいです。

hikakiさん(40代、女性)

前回の終わり方が気になっていましたが、やっぱり息子は母親を殺害していました。
薫も試験中に感じたものが井上の殺意だったと確信したと同時に、警察に連行されてしまいます。

筆跡まで井上になりすましてしまった薫に逃げ場はありません。
そんな薫ですが、一切藤原とのことは口にしないのは、とても彼らしいと思いました。
そして、自分の心配よりもずっと認知症の母親を心配し続けているのが印象的でした。

それに引き換え藤原は、自分自身を守る事しか考えていませんでした。
しかも警察で嘘の証言までしていました。

一点気になったのが、千佳が薫のお母さんを連れて行ったシーンがあったので、藤原が何か別の案を考えているのか?謎が深まります。
次回は薫が警察に真実を語り始めていたので、どんな展開になるか気になります。

みよさん(50代、女性)

今回井上玲が母親を殺してしまったようですが、特殊能力を持つ竹内が警察に疑われることになろうとは、全く思ってもいませんでした。
大変可哀そうです。

若年認知症の母親をほっておけないその優しさがいたたまれませんでした。
東宮寺がひき肉のミンチを手でこねている場面で 「このひき肉、お前にしか見えないなあ。」のセリフがヤクザならではの言葉、妙に怖ーい!と思いました。

久しぶりに若林豪さんを拝見できてとても嬉しいです! 本筋とは離れますが、個人的には、女性刑事が桐原崇刑事に見せた「行動時系列表」の文字が大きく印刷あった場面に共感を得、笑わさせていただきました。
そしてとても気が利く部下だなあと感心。

このような場面がチラホラ入っていると、ドラマを見ている50代の人が喜び大変良いと思いました。

さいごに

どうやって智美が薫を助けるのかは、来週以降に持ち越しですが、展開が楽しみです。