中山美穂をはじめ豪華なキャスティングのドラマがはじまりました。

中山美穂が大学生の息子がおり再婚相手と幸せに暮らしている人気漫画家を演じているのが見どころです。

そんな彼女の日常が、別れた元夫が再婚して同じマンションに引っ越して来てしまったことで変化して行くドラマです。


1話、2話、3話

1話~3話あらすじは?

“二子玉川に立つおしゃれなマンション。
その最上階に住む内田百々子(中山美穂)は、官能作品で人気を誇るレディコミ漫画家であり、再婚相手・櫂斗(生瀬勝久)と大学生の息子を家族に持つ母でもある。

同じマンションには富澤瑞希(木村多江)と一太(上地雄輔)の5人家族も住んでいて、同い年で友人となった百々子と瑞希は、なじみのダイニングバーでストレス解消も兼ねた近況報告を繰り広げる日々。

そんなある日、マンションに新婚の夫婦が引っ越してくる。
それは、20年前に百々子と別れた前の夫・鴨居葉介(長野博)と、その新妻の流美(大島優子)だった。
元夫婦がそれぞれ再婚し、隣人同士となった珍しい状況。
さらに、この新婚夫婦の引っ越しによって、百々子や瑞希が抱えていた“秘密”があぶり出されていくことになる。
そして3人の妻たち、3つの家族の関係は単なるご近所付き合いでは済まされない様相を呈していく――。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

kaguraさん(50代、女性)

全体的に演出が古い感じがしますが俳優陣の実力でカバーできている作品だと思います。

木村多江さんのハンバーガーを若い子に食べさせてあげてドキドキ妄想シーンとか今時こんなことあるのかな?という感じで若い世代にはちょっと受け入れられないと思うので、90年代層を狙った作品なのだろうと思います。

何よりドラマ内での音楽の選曲が本当に昔の昼ドラを連想させる仕様になっていて、作品の古さをより一層演出しています。

ラストシーンでの玄関先で前の夫に気づいたシーンとかはこれからの展開が泥沼になっていくのを連想させるのに十分です。

俳優陣の演技力がずば抜けているのでドラマとして素晴らしいです。
個人的には古い感じでもっと突き抜けた方が作品としての締まりは出てくる気がします。

ひょんさん(30代、男性)

3話はタワーマンションの住人らの間で起きるトラブルが次第に大きくなっていくと感じられる回でした。

流美は、息子の柊司の父親は葉介ではないかもしれないという疑念を抱き、悩むことになります。

そして、生活の中でその疑念がどんどん真実じゃないか?と思えるようになっていくのです。

こういった悩みを持っている人というのは世の中にはなかなかいないとは思いますけど、現実的にこのような悩みを抱えながら生きている人がいたら、どんな心境で、どんな毎日を送ることになるのか?そこが見どころだと思うのです。

qwさん(40代、男性)

3話のみどころはと言えば、やはり中山美穂さん演じる百々子が大島優子さん演じる流美に真実を打ち明けようと決意するところです。

また、木村多江さん演じる瑞希は夫とのキスを拒むのでした。
夫婦でありながら本当に複雑な関係を現していました。

更に不穏な空気となり二人は気まずい雰囲気へとなっていくのでした。
また、柊司は仕事場で櫂斗のうわさ話を耳にするのでした。

ますます、大人の複雑な人間模様が更にエレカレートしていくのでした。

みんなの感想

みきさん(30代、男性)

現代の日本では、離婚をする人が多くいます。
そのため、このドラマのようにお互いに再婚した元夫婦がマンションのお隣さんになってしまう可能性はないことではありません。

そんな現在に起こりそうな設定になっており、ドラマがどうなるんだろうと楽しみながら見ることが出来ました。

しかも一見幸せそうに見える内田家ですが、家庭ではいい夫であり父親の夫は、会社で女性関係の噂が絶えないし妻は、友人とダイニングバーで愚痴をこぼしながらストレス解消を行っています。

そんな内田家の隣に引っ越して来たのが、内田の妻の別れた元夫が再婚して引っ越して来たのです。

この流れは、とても衝撃でしたが現実にもありえそうな話で本当にこんなことが起きたらと思わせてくれる面白さを感じました。

mariさん(50代、女性)

3話では大人の複雑な人間模様が現れていました。

中山美穂さん演じる百々子の子供は実は隣に引っ越してきた元夫との子供では無いかと大島優子さん演じる流美が疑い始めるのでした。

正直、観ている私にとっては非常に複雑な心境となりました。
もし、私が中山美穂さんの立場なら同じように大島優子さんに真実を話すかも知れないと思いました。

しかし、それが本当に良いことかとも思いました。
何故ならば、それは自分は話すことで気持ちが楽になるかも知れませんが、大島優子さんの立場なら本当に辛い事実を知ることになると思うので言わない方が良いのだと思ったのです。嘘も方便と言うように、時には嘘をつくことが必要なこともあると思うのでした。

れいこさん(30代、女性)

毎回欠かさず見ているドラマです。
綺麗すぎず、かといって汚すぎず、現実が近い感じを描こうとしている印象を受けます。

同じマンション内に住むそれぞれ世帯にいろいろな問題があり、主婦目線で見ると共感できたり、同じ気持ちで見れる部分もあります。

女性陣は、中山美穂さんは少し演技力に欠けて、うーんと思うこともありますが、木村多江さんと大島優子さんの演技がナチュラルで、見やすいのがうれしいです。

これから問題が起こって、最終的にどうなるか気になるので、最後まで観ます。

マリさん(20代、女性)

3話は、最初からこうなるだろうな~とは思っていましたが、やっぱり流美・葉介、百々子はこじれにこじれました。

2話の時からそうでしたが、この三人の中では流美役の大島優子ちゃんの演技がめちゃくちゃに光っているように思います。
もともとアイドル上がりにしては演技の上手な女優さんだと思っていましたが、こういう複雑な状況に身を置く女性の役にもハマるようになったんだなあとしみじみしながら見ていました。

看護師で人妻で、旦那の元嫁が同じマンションに住んでいて……、という状況の「ちょっと疲れた感じ」がうまく出ていて演技に引き込まれてしまいました。

二話での気丈に振る舞う流美の様子からの落差が大きくて、三話では流美目線でストーリーを追ってしまうくらい素晴らしかったです。
この先の大島優子ちゃんの演技も楽しみです!

さいごに

現実で目かなり多い離婚やまた再婚など、そういった男女や夫婦間に起こる問題や、またリアルな心境が親近感があり、今の世の中がうまく描かれていますね。

第4話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第4話あらすじは?

深夜まで帰ってこない瑞希と真由(佐久間由衣)に一太の心配は頂点に達するが、無事帰宅した2人にホッとする。
2人とも秘密を抱えて帰宅したことには気付くはずもなく……。
ある日、櫂斗は葉介を誘い、職場まで葉介を送ることに。
2人は少しずつ打ち解けてゆくが、櫂斗は葉介とのやりとりの中で「ある疑問」を感じ始める。
そんな中、瑞希には恐るべき「結婚記念日」が近づき、百々子には掲載打ち切りの危機が訪れることに。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

まいまいさん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、深夜になっても帰ってこない瑞希と真由の妻と娘がいたのでした。

そして、その事をずっと心配していた夫である一太は、しばらくしてようやく帰ってきた二人に対して安堵するのでしたが、しかし実は二人は秘密を抱えて帰ってくるのでした。

勿論、そんなことを知らない一太は、まずは安堵するのでした。
そして、また一方では百々子から柊司の実の父親についてのことを知ったに櫂斗は、元夫である葉介に今の気持ちをぶつけるのでした。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

demodemoさん(50代、女性)

柊司が葉介の子供だということを葉介にだけ秘密というのはダメでしょう。
周りみんなが知っているのになぜ本当の父親にだけ隠すのか不思議でした。

柊司もいつ気が付くか分からないし、葉介は知っておくべき事だと思います。
流美が凄く良いお嫁さんで巌も葉介も幸せだと思います。

巌と流美は本当の親子みたいで2人のシーンは見ていて心が温かくなります。
葉介と百々子には絶対浮気はして欲しくないですが、どちらも嫌いで別れた訳ではないので心配です。
とにかく流美を悲しませない様にお願いしたいです。
瑞希はまるで女の仮面を被ったサラリーマンおやじに見えました。

やっている事がその辺のおやじと同じ、可愛い後輩に迫られ簡単に落とされるってやめて欲しいです。
折角キャリアウーマンでカッコいい女性代表なのに、社内不倫なんかしたらその辺のおやじと一緒じゃないですか。

自信満々の森村がちょっと本気っぽくなったのは可愛かったですが、私的には一太の方がずっとポイント高いです。
可愛いし、料理は上手いし、奥さんにラブラブだし、クックマニアで大人気になってファンとか出来て有名人になったら嬉しいです。

瑞希にはそうなってから後悔しない様に気を付けてね、と忠告したいです。
しかし瑞希は結婚記念日を恐怖に感じるほど愛が無いなら一太とちゃんと話すべきだと思います。

離婚したら不倫ではなくなるので恋愛は自由ですよ、瑞希さん。

さいごに

私は、子供達ももう大きいし離婚も有りだと思いますけどね。

 

第5話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第5話あらすじは?

百々子(中山美穂)はついに、柊司(高橋優斗)の出生の秘密を葉介(長野博)に打ち明ける。

一方櫂斗(生瀬勝久)は、自分の会社が運営するレシピサイトで一太(上地雄輔)の料理の才能を活用することを狙っていた。

そんな中、連載作が苦戦中の百々子は、担当編集者の南(堀内敬子)にSMバーに連れ出される。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

geteraさん ( 20代、女性)

百々子は葉介に柊司の件を話します。

その内容に驚くしかない葉介ですが、百々子は真実を述べます。そんな中、やはり漫画の仕事が上手くいかない百々子を担当編集者が今後の仕事にプラスの影響が出る事を見越してSMバーに連れて行きます。

一方で、櫂斗は運営している料理のレシピサイトを持っていました。そのサイトに一太の料理の才能を上手く活かせないか、という事を考え始めます。そして百々子は連れて行かれたSMバーで驚きを隠せない出来事に対面します。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

kaedeさん(50代、女性)

今回一番驚いたのは南で、最初は誰?と思ってしまいました。
堀内さんのSM美女姿も初めて見ましたがさすが女優さんです、化けますね。
いつものソフトな感じと全く違う姿も素敵でした。
櫂斗の発言、羊飼いは酷いです。
13の羊なんてちょっと引きますね。
こんな男の人の考えが普通であればかなりショックです。

でも櫂斗のお母さんが出来過ぎた人だったから相手の女性に求めるハードルが上がってしまったというのは少し理解出来ました。
百々子の考えもあまりにも悟り過ぎていて共感は出来ませんでした。
櫂斗がいくら女好きだからって世の中の男性皆がそうだとは限らないと思います。
葉介と一緒にいた時代、葉介がどうだったのか知りたいところです。

百々子は13人の中の1番だったのか?百々子と櫂斗はなんだか寂しい夫婦関係ですね。
それに修司も、櫂斗と山中の怪しい現場を見たのに怒らないし何も言わないところに内田家のよそよそしさを感じました。
一太は本当に凄く良い旦那さんで感動してしまいました。
まだ若いからなのでしょうか、それにしても周りに奥さんを愛している事をはっきり言えるのは素敵です。

彼は旦那さんの鏡の様な人なのに瑞希がなぜそんなに不満なのか不思議です。

しかし瑞希が言ったように男性の浮気より女性の浮気の方が悪いと思われる事については同じく納得出来ませんでした。
男性の浮気も女性の浮気と同等だと思います。

そして富澤家と言えば真由が妊娠しているのか、彼女と亮平の今後も気になります。

さいごに

亮平がいまいち信用できない気がするのは気のせいだと良いですが。

第6話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第6話あらすじは?

葉介(長野博)ら夫たち3人は意気投合し、3家族で温泉旅行に行こうと盛り上がる。

しかし百々子(中山美穂)と櫂斗(生瀬勝久)は、百々子が葉介についてあることを隠していたため、ぎくしゃくしていた。

瑞希(木村多江)や流美(大島優子)もまた、夫に対して複雑な思いを抱えたまま、温泉旅行がスタートする。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

sakuraさん(20代、女性)

3人の夫達はすっかり打ち解けて、3家族で温泉旅行に行く提案をします。
その提案にそれぞれの妻達は喜びます。

しかし、百々子夫妻はとある事を百々子が隠していたために気まずい雰囲気になってしまいます。

一方で瑞希も一太から夫婦関係への悲痛な思いを伝えられ戸惑っていました。
流美も自分達の子供について葉介に話し合いを試みます。

3組の夫婦はそれぞれ家庭での課題を背負ったままで、温泉旅行が始まろうとしていました。
果たして平穏に旅行を終える事が出来るのでしょうか。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

kiu5さん(40代、女性)

それぞれの夫婦のすれ違いが描かれ、結婚って一体なんなのだろうかと、つくづく考えてしまいました。


夫婦だからこそ言えないことや、胸の内を話してしまったことで、これまでのバランスが崩れてしまったり、と百々子や瑞希、そして流美の心の揺れがとても切なかったです。

きっと、男性だからわかる部分と、女性だからこそわかる部分があるのだと思うんです。


このドラマを見ていると、夫婦の間だからこそ隠し事をしてはいけないというきもちて、もし隠し事をするなら、決して相手には知られてはいけないということを知ったような気持ちです。


夫たち3人が意気投合するシーンが、亀裂が入った夫婦間と、かなり対照的に感じました。

さいごに

壊れていく絆もあれば、新たに築くことが出来る絆もあるのだと、複雑な気持ちになりました。

 

第7話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第7話あらすじは?

百々子(中山美穂)らは楽しみにしていた温泉旅行で、それぞれの家族の問題が表面化してしまう。

瑞希(木村多江)は部下・森村(七瀬公)との電話を一太(上地雄輔)に聞かれ、百々子に相談するもかえって口論になってしまう。

流美(大島優子)も、旅館での葉介(長野博)と百々子の姿が頭から離れず、思い悩む。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

kirouさん(30代、男性)

3家族そろって温泉旅行に出かけたものの、旅行中にそれぞれが悩んでいた部分が表面化し、何とも言えない雰囲気の中で旅行を終えることになりました。

それぞれの家族は家路に着いてからも悩んだり、相談したり、喧嘩になったりと、不穏な空気の中で過ごすことになるのです。

結果的に温泉旅行に関しては、それぞれの家族の問題を解消するような機会にはならなかったわけですし、むしろ溝が広がったのでは?と感じるような場面があり、今回は泥沼とも思えるような状況が見られ、そこに注目です。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

ishidaさん(50代、女性)

彼らを見ればわかること 豪華キャストが彩る大人のドラマ。
同じマンションにすむ女性3人と、その家族がかける事情と欲望が入り乱れるといったドラマの様です。

このドラマにおきる事件が次々あるがもしかした自分にも起こる事かもしれないという事です。
まあそう考えたくはないですが・・・。

このドラマも見る人は時に笑い、時には共感そながら家族の秘密をのぞきみるといった感じのドラマだそうです。

興味しんしん、ちょっとどろどろしたイメージかなといったの感想もあります。
基本的に家族といったものは夫婦がいてあと、それぞれになるわけで、何も事件がないわけではないので。
そう思います。

さいごに

多様な家族のあり方がありますが、今や家族という名の意味も変化してきているのでしょう。
現代社会の家族像をリアルに投影しているのかもしれません。

第8話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第8話あらすじは?

百々子(中山美穂)は柊司(高橋優斗)が口にした櫂斗(生瀬勝久)への言葉を聞き、思わず手を上げる。

そして百々子らは、秘密を柊司に明かすことを決める。

一方、瑞希(木村多江)は森村(七瀬公)とのことを一太(上地雄輔)に謝罪。
そんな中、流美(大島優子)は義父・巌(片岡鶴太郎)から、衝撃の事実を聞く。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

kenaさん(20代、男性)

最終話となる第8話の見どころとなるシーンは、会社社長を務めている櫂斗と、人気漫画家と主婦という二つの顔を併せ持つ百々子との息子に当たる大学生の柊司が、葛藤するところにあります。

会社を経営している櫂斗にとっては、自分という存在は、替わりになる者がいくらでも転がっているのではないかと、母の百々子に訴えかけますが、それに聞き耐えていた心が弾けてしまい、遂に手を出してしまうシーンは、やるせなさが滲み出ており、見応えを感じるのではないでしょうか。

itoさん(30代、男性)

今まで見たことありませんでしたが、見ればすごいキャスト「彼らを見ればわかること」。

彼らというより彼女たちを見ればいかにすごいドラマであるかがわかりました。
中山美穂さん、木村多江さん、大島優子さんという豪華女優陣です。

第8話はもう最終回ですね。
物語の結末へと一気にラストスパートです。
中山美穂さん演じる百々子夫妻は子どもに秘密を打ち明け、木村多江さん演じる瑞希は森村との関係を一太に打ち明けて、大島優子さん演じる流美は義父から衝撃の事実を‥、怒涛のラストとなっています。
乞うご期待。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

boysさん(50代、女性)

どの家もバラバラになってしまうのかと思っていましたが、それぞれ皆が素直になってとても暖かい感じが伝わってくる最終回でした。
百々子と櫂斗はもう終わっているのかと思ったのですが、その反対、まだ始まっていなかったのですね。

百々子のプロポーズは見ている私まで感動してしまいました。
櫂斗は何に対しても悟り、割り切っている風に見えましたが、百々子のことも柊司のことも本当に大事にしている素敵なパートナーでありお父さんだったのですね。
仮面家族の内田家と思っていましたが、実は本物セレブの素敵な家族で最後は羨ましくなりました。

富澤家はとにかく瑞希が許せなかったのですが、一太が離婚したいと言ってくれて良かったです。
それによって瑞希も大事なものを失ったと自覚が出来たと思います。
結局またやり直す事になるのですが、それは一度別れたからであって、あのままズルズル状態だったらいつか別れて終わりになってしまったと思います。

しかし真由は本当に良く出来た娘だと思います。
大学生でありながらあのしっかりした考えは素晴らしいです。
お父さんが凄いと思っていて、お父さんの様にやりたい、娘にこんな風に言われて一太も感無量だったと思います。

でも一太はそれぐらいの事をやっていたので、最初からもっと自信を持って欲しかったです。
流美と葉介にも子供が生まれて本当に良かったです。

あんなに性格の良い流美には絶対に幸せになってもらいたいと思います。
そして竜子と巌、まさか結婚するとは思いませんでした。

熟年離婚じゃなく熟年婚は良いですね。
さすが高橋さん、ウェディングドレス姿もとてもお似合いで、綺麗な人って幾つになっても何でもさまになって羨ましい限りです。

さいごに

こうやってみんなが上手く収まると又この続きがどうなるのか見たくなりますね。
連ドラは難しくてもスペシャルドラマで戻って来てくれたら良いなと思います。