織田裕二のドラマ!『監査役 野崎修平』から『頭取 野崎修平』へ!
今回も期待大です!
https://www.wowow.co.jp/dramaw/nozaki2/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=nozaki2_202001&gclid=CjwKCAiAu9vwBRAEEiwAzvjq-2ifcPFJR1NdVHDmCpUeDj-4_XREZ_BKW5iZYZZT1jOGa7qRFo45eBoCP4sQAvD_BwE#  

あらすじは?

おおぞら銀行国有化から3年。
未だ再生の兆しが見えない中、かつて監査役として厳正な態度で銀行の闇を晒した野崎修平(織田裕二)が、同行の頭取に就任。
野崎はこの間、産業再生機構で多くの企業再生に携わってきており、その才覚を買われての異例の抜擢だった。


成果主義やリストラで士気を失った行員たちの自信と誇りを取り戻し、社会に貢献できる理想的な銀行づくりを目指して、常務の立川祥子(松嶋菜々子)や融資部の石原俊之(風間俊介)らとともに改革に乗り出す。

公式サイト https://https://www.wowow.co.jp/dramaw/nozaki2/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=nozaki2_202001&gclid=CjwKCAiAu9vwBRAEEiwAzvjq-2ifcPFJR1NdVHDmCpUeDj-4_XREZ_BKW5iZYZZT1jOGa7qRFo45eBoCP4sQAvD_BwE#  より

みんなの注目する点は?

 

Vさん(20代、男性)

WOWOWドラマですが、キャストがめちゃくちゃ豪華です。
地上波でも十分な演者ですね。

銀行の再建に奮闘するビジネスドラマみたいです。
主演の織田裕二さん演じる野崎修平がとても良い男で、男の自分から見ても憧れるような存在です。

銀行の頭取という最高地位にいながらも、責任を持って、逃げずに前へ進む姿には勇気をもらえます。

金融機関の現場の描写もリアリティがあって、演者達の演技力は抜群ですから、引き込まれるドラマです。

eo3さん(20代、女性)

2話ではおおぞら銀行が顧客情報を買っているという噂が流れ始めました。
このままではいけないと思った野崎は役員の反対を押し切りながらも、銀行存続のためにとある行動を開始します。

銀行存続が危うい中で、行内では派閥争いが激化していました。
そんな中で祥子と春樹はおおぞら銀行と他行との合併を提案しますが、野崎はそれを良しとはしませんでした。

果たして、おおぞら銀行は合併をするのでしょうか。
そして野崎の信じる正義は貫き通す事が出来るのか、に注目です。

みなさんの感想

きりんさん(40代、男性)

織田裕二さん主演とあって非常に注目したドラマでした。
私は昔から織田裕二さんの大ファンでしたので、今度は何を演じるのだろうと期待していたのです。

そして、今回は銀行での頭取と言うことで本当に格好良かったです。
また、同じくその常務として頭取を支える松嶋菜々子さんは非常に綺麗で最高でした。
綺麗な上にセクシーさも兼ねているので、思わず見ているだけでうっとりしてしまいました。

更には古谷一行さんや岸谷五郎さんと素晴らしい俳優さんも出演しており、誰が主役なのか解らないぐらいでした。

そして、踊る大捜査線でも共演して印象深いユースケ・サンタマリアさんも出ており非常に味のある演技をしていたので素晴らしいと思いました。
是非、また観ようと思っています。

hyaaさん(20代、女性)

織田裕二さんが主人公を演じているためか、もっとクールな雰囲気なのかと思ったら熱い雰囲気だったのが驚きでした。
また、主人公の野崎が特徴的であるだけに他の人物の個性が分かり辛かった点もありました。

勿論、出演陣がとても豪華なので登場人物達の立ち位置や役割は察する事は出来ました。
例えば、松嶋菜々子が演じる立川は出世を狙う野心家な一面があるクールビューティというキャラ付けがされていました。
しかし、野崎の銀行への思い入れや銀行再生への情熱が強過ぎる個性であるが故にどうしても立川の個性が薄くなってしまっていると感じてしまいました。

これは、他の登場人物も同様のように言える事が出来ます。
唯一個性が光っていたのが新人秘書である富永真です。
演者も若々しく初々しさがあったので、野崎を超える爽やかな個性をドラマ中で発揮していたと思います。

ドラマのストーリーとしては王道で素人でも分かりやすい内容だったと思います。
銀行再生がテーマなので、野崎が中心なのは当たり前なのですが他の登場人物の個性がより強いとテンポ良く見れるのではないか、と感じました。

GETさん(50代、女性)

お帰りなさい、野崎修平。
さすが出来る男は違います。
冒頭の挨拶からカッコ良かったです。

「私はためらわずこの銀行を潰します」なんて言葉、社員を前にして普通は言えません。
でも野崎修平なら言えるのです。
椅子にふんぞり返っている役員達への堂々した対応も気持ち良かったです。

あんな人達が大きな顔をして会社にいるからおおぞら銀行が危機に陥ったというのに、まるで責任感がないところに役所体質を感じました。

女性常務の立川には野崎と対立して欲しくないですが、京極息子の存在が不気味です。
京極は経歴程仕事が出来るとも思えないのですが、裏工作は得意そうで野崎がはめられないかが心配です。

石原は最初、若いのにあの態度とは何者?と思いましたが、頭取から言われた事についてしっかり考えていたので、適格な指示を出す上司の元でならかなり頭角を現す人材だと思いました。

白紙で課題を出すところは野崎に通じるところがあると思います。
これから野崎の期待に答えてくれる部下になりそうで楽しみです。

真面目に仕事に取り組む人はそうでない人に煙たがられ、足を引っ張られることも多いですが、上手く味方を増やしていけばきっと悪は排除できると思います。

さいごに

野崎がどうやって悪を退治しおおぞら銀行を救うのか、大きなドラマの始まりにワクワクです。