織田裕二のドラマ!『監査役 野崎修平』から『頭取 野崎修平』へ!
今回も期待大です! 

1話と2話

1話と2話のあらすじは?

おおぞら銀行国有化から3年。
未だ再生の兆しが見えない中、かつて監査役として厳正な態度で銀行の闇を晒した野崎修平(織田裕二)が、同行の頭取に就任。
野崎はこの間、産業再生機構で多くの企業再生に携わってきており、その才覚を買われての異例の抜擢だった。


成果主義やリストラで士気を失った行員たちの自信と誇りを取り戻し、社会に貢献できる理想的な銀行づくりを目指して、常務の立川祥子(松嶋菜々子)や融資部の石原俊之(風間俊介)らとともに改革に乗り出す。

公式サイト https://https://www.wowow.co.jp/dramaw/nozaki2/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=nozaki2_202001&gclid=CjwKCAiAu9vwBRAEEiwAzvjq-2ifcPFJR1NdVHDmCpUeDj-4_XREZ_BKW5iZYZZT1jOGa7qRFo45eBoCP4sQAvD_BwE#  より

みんなの注目する点は?

 

Vさん(20代、男性)

WOWOWドラマですが、キャストがめちゃくちゃ豪華です。
地上波でも十分な演者ですね。

銀行の再建に奮闘するビジネスドラマみたいです。
主演の織田裕二さん演じる野崎修平がとても良い男で、男の自分から見ても憧れるような存在です。

銀行の頭取という最高地位にいながらも、責任を持って、逃げずに前へ進む姿には勇気をもらえます。

金融機関の現場の描写もリアリティがあって、演者達の演技力は抜群ですから、引き込まれるドラマです。

eo3さん(20代、女性)

2話ではおおぞら銀行が顧客情報を買っているという噂が流れ始めました。
このままではいけないと思った野崎は役員の反対を押し切りながらも、銀行存続のためにとある行動を開始します。

銀行存続が危うい中で、行内では派閥争いが激化していました。
そんな中で祥子と春樹はおおぞら銀行と他行との合併を提案しますが、野崎はそれを良しとはしませんでした。

果たして、おおぞら銀行は合併をするのでしょうか。
そして野崎の信じる正義は貫き通す事が出来るのか、に注目です。

みなさんの感想

きりんさん(40代、男性)

織田裕二さん主演とあって非常に注目したドラマでした。
私は昔から織田裕二さんの大ファンでしたので、今度は何を演じるのだろうと期待していたのです。

そして、今回は銀行での頭取と言うことで本当に格好良かったです。
また、同じくその常務として頭取を支える松嶋菜々子さんは非常に綺麗で最高でした。
綺麗な上にセクシーさも兼ねているので、思わず見ているだけでうっとりしてしまいました。

更には古谷一行さんや岸谷五郎さんと素晴らしい俳優さんも出演しており、誰が主役なのか解らないぐらいでした。

そして、踊る大捜査線でも共演して印象深いユースケ・サンタマリアさんも出ており非常に味のある演技をしていたので素晴らしいと思いました。
是非、また観ようと思っています。

hyaaさん(20代、女性)

織田裕二さんが主人公を演じているためか、もっとクールな雰囲気なのかと思ったら熱い雰囲気だったのが驚きでした。
また、主人公の野崎が特徴的であるだけに他の人物の個性が分かり辛かった点もありました。

勿論、出演陣がとても豪華なので登場人物達の立ち位置や役割は察する事は出来ました。
例えば、松嶋菜々子が演じる立川は出世を狙う野心家な一面があるクールビューティというキャラ付けがされていました。
しかし、野崎の銀行への思い入れや銀行再生への情熱が強過ぎる個性であるが故にどうしても立川の個性が薄くなってしまっていると感じてしまいました。

これは、他の登場人物も同様のように言える事が出来ます。
唯一個性が光っていたのが新人秘書である富永真です。
演者も若々しく初々しさがあったので、野崎を超える爽やかな個性をドラマ中で発揮していたと思います。

ドラマのストーリーとしては王道で素人でも分かりやすい内容だったと思います。
銀行再生がテーマなので、野崎が中心なのは当たり前なのですが他の登場人物の個性がより強いとテンポ良く見れるのではないか、と感じました。

GETさん(50代、女性)

お帰りなさい、野崎修平。
さすが出来る男は違います。
冒頭の挨拶からカッコ良かったです。

「私はためらわずこの銀行を潰します」なんて言葉、社員を前にして普通は言えません。
でも野崎修平なら言えるのです。
椅子にふんぞり返っている役員達への堂々した対応も気持ち良かったです。

あんな人達が大きな顔をして会社にいるからおおぞら銀行が危機に陥ったというのに、まるで責任感がないところに役所体質を感じました。

女性常務の立川には野崎と対立して欲しくないですが、京極息子の存在が不気味です。
京極は経歴程仕事が出来るとも思えないのですが、裏工作は得意そうで野崎がはめられないかが心配です。

石原は最初、若いのにあの態度とは何者?と思いましたが、頭取から言われた事についてしっかり考えていたので、適格な指示を出す上司の元でならかなり頭角を現す人材だと思いました。

白紙で課題を出すところは野崎に通じるところがあると思います。
これから野崎の期待に答えてくれる部下になりそうで楽しみです。

真面目に仕事に取り組む人はそうでない人に煙たがられ、足を引っ張られることも多いですが、上手く味方を増やしていけばきっと悪は排除できると思います。

さいごに

野崎がどうやって悪を退治しおおぞら銀行を救うのか、大きなドラマの始まりにワクワクです。

第3話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第3話あらすじは?

クーデターが失敗に終わった祥子と春樹。
春樹は野崎失脚への次なる一手として元上司・金融庁検査局長へ協力を仰ぎ、銀行に金融検査を入れるよう暗躍する。


祥子は野崎に命じられた不良債権処理に当たる中、不利な資料を隠蔽するよう動いていた。
一方石原は、破綻懸念先である取引先・日雲商事へ出向。

そこで大規模プロジェクトが難航している事実をつかむ。
裏にはかつて野崎を襲った総会屋・海藤(宇梶剛士)の影があり……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

moriaさん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、まずは東銀座支店長である立川から野崎は相談を受けるのでした。
そして、支店の管轄にある木村ビルと言うのを調べ始めるのでした。

そして、そんな木村ビルでは土地の持ち主である木村夫妻に対して以前に100億と言う融資をしていたのだが、何と実はバブルの崩壊により競売に掛けられていることが発覚するのでした。


そして、そんな事実を知った野崎修平は即座にビルのオーナである木村うめに会いに行くのでした。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

geter3さん(50代、女性)

立川がまだ京極と協力しているのが不思議です。
野崎は立川に期待をして任せたポストなのに、立川には全く野崎の意図が伝わっていないところも非常に残念です。
それに立川も京極も西條を使う意味が分かりません。
立川が西條の事を人望はないが仕事は出来ると言っていましたが、上にゴマすりが上手いだけで全く信用が出来ない人だと思います。


西條は自分より下の人への当たり方も最低であのような人を会社に置いておく自体が会社の損失だと思います。

日雲商事への石原の出向人事と坂本の本部サポート人事で腐った部分が取り除けると思ったのに、立川の考えが良く分かりませんでした。
真実を隠して上手くいくと思っているのでしょうか。
野崎も立川ともっとじっくり話をして欲しいと思います。

石原はあの若さで大したものです。
出向先とは言え上司他、ほとんどが敵の中で上司に堂々と発言出来る人はそうそう居ないです。

野崎も最初に反発をされ自分の意見をはっきり言った時の堂々とした態度に光るものを感じたのですね。
しかし日雲商事は土壌汚染の問題を銀行に隠して事業を進めてどうにかなると思っているのでしょうか。

後でバレた時の損害賠償や責任問題の方が余程大変だと思うのですが。
塩田も村上も家族にまで被害が及びそうなのにまだ会社を守ろうとするのも分かりません。

さいごに

総会屋が絡んでいると簡単にはいかないですが、野崎が何とか解決することを期待しています。

第4話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第4話あらすじは?

クーデターが失敗に終わった祥子と春樹。
春樹は野崎失脚への次なる一手として元上司・金融庁検査局長へ協力を仰ぎ、銀行に金融検査を入れるよう暗躍する。

祥子は野崎に命じられた不良債権処理に当たる中、不利な資料を隠蔽するよう動いていた。
一方石原は、破綻懸念先である取引先・日雲商事へ出向。

そこで大規模プロジェクトが難航している事実をつかむ。
裏にはかつて野崎を襲った総会屋・海藤(宇梶剛士)の影があり……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

todoroさん(30代、男性)

野崎の後の頭取の座を狙っている春樹は金融検査を実行し、銀行に関する調査が徹底的に行われていました。

そういった事態に際して、祥子は見つかってはいけない不良債権の証拠を隠滅しようと指示を出しており、お互いの攻防が非常に激しくなってくるのです。

野崎は総会屋らとの対峙で奔走していますが、そういった間にも、野崎の失脚を狙う春樹の策略はどんどん進んでいくことになります。
果たして春樹の狙い通りに事を運ぶことができるのか?に注目です。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

iqu2hさん(40代、女性)

第4話では、武田専務が野崎に協力することになりました。
ですが、これまでのこともあるので、最後まで協力してくれるのかどうか、かなり疑わしいものです。

ギリギリでもしかしたら、手のひらを返すのではないかという雰囲気を感じてしまうので、素直に喜ばしいこととは思えませんでした。
野崎は、武田に利用されていることを、おそらく知っているのでしょう。

知っていて、それでも武田の力は大いに役に立つのだということなのでしょう。
そして、GI計画とは一体なんなのかもかなり気になってしまいました。

さいごに

京極の、あのはぐらかしかたを見ていると、かなりヤバイことなんだろうということは想像出来るのです。
ですが、その計画が果たして何を意味するのか、今後に期待したいです。

 

第5話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第5話あらすじは?

政府系金融機関への吸収合併の急先鋒が鷹山元首相(勝部演之)だと確信する野崎。
「政治家の好き勝手にはさせない」と国家を敵に回す覚悟で銀行を守ることを決意、ある行動に出る。
一方、銀行を辞めた祥子は外資系ファンドに就職し、おおぞら銀行買収へ動いていた。
春樹もメガバンクとの合併話を裏で進め頭取の座を狙う。
祥子、春樹、国家、メガバンク、総会屋…。
立ちはだかる大きな壁を乗り越え、野崎は銀行を再建できるのか?!

公式サイトより

みんなの注目する点は?

last3さん(20代、女性)

野崎は政府を敵に回す事を承知で銀行を守ろうと決意し、とある行動を起こします。
野崎が奮闘する一方で祥子は外資系ファンドに就職します。
そして、そこでおおぞら銀行を買収しようと試みます。


春樹はメガバンクとの合併話を進めています。
狙うのは頭取のポジションです。
障壁は祥子や春樹だけではありません。
様々な思惑がおおぞら銀行を巡って動き出していました。

果たして野崎はどのように立ち回るのでしょうか。
そして彼はおおぞら銀行を守り、再建させられるのでしょうか。

kazuzuさん(30代、男性)

元首相である鷹山があおぞら銀行を政府系金融機関に合併しようとしていたことを知り、野崎は銀行を守ろうと決意します。

ただ、その裏ではあおぞら銀行を辞めた祥子が買収に動いていて、頭取の座を虎視眈々と狙っている春樹もメガバンクとの合併を画策していました。


銀行を守るために乗り越えないといけない壁が多く存在する中で、野崎はどのように立ち振る舞うのか?そして、野崎は銀行を守ることができるのか?そこが最大の見どころになると言えます。

pieroさん(30代、女性)

野崎は元首相こそが、銀行を政府系金融機関へ吸収合併をさせようと動いている黒幕だと確信をしましたが、そのままでは済まさないと息まきます。

国家を敵に回しても銀行を守るということを自分に誓って、ある行動に出ますがそこが大きな見どころになります。
一方で祥子も銀行をやめて外資系ファンドに就職をしましたが、今度はおおぞら銀行を買収しようと考えています。


銀行を吸収合併されることなく、経営再建を果たせるのか、最後のクライマックスに注目です。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

ijnruさん(20代、男性)

“監査役から観ておりました。
今回のドラマでは頭取役、「政治家の好き勝手にはさせない」という決めセリフがカッコいいです。


祥子の大空ファンド買収へ動くなど春木の裏での合併計画の進行など、なかなか複雑に絡み合ってきました。
祥子、春木、総会屋、メガバンク、目が離せない内容です。

やはり野崎はカッコいいの一言です。
頭取会議での逆転劇もスカッとするないようでしたし、十分面白かったです。

最終話と言うことでしたが、最後まで楽しめる内容でした。
楽しみなドラマが終わってしまうのは寂しいですが、次回作に期待です。

さいごに

WOWOWドラマということで全国放送じゃないドラマも面白いものが多くて楽しみが広がりいいと思います。
金融関係を考えるきっかけになりました。