全4話!心の傷を癒すということの感想と気になるネタバレ

冒頭から被災した街の生々しい写真や映像が流れます。
もちろん本物の映像です。
阪神淡路大震災を知らない世代でも、当時のことを知れる貴重な物語です。  

心の傷を癒すということ
過去放送分を今から無料視聴するなら

U-NEXTなら心の傷を癒すということの過去放送分をまとめて視聴できます。

31日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルで心の傷を癒すということを視聴する!

第1話

第1話あらすじは?

ジャズピアノと読書を愛する安和隆(柄本佑)は、幼い時に両親が韓国生まれと知って以来、自分が何者なのか模索していた。
やがて親友の湯浅(濱田岳)と同じ大学の医学部に進み青春をおう歌。

映画をきっかけに出会った終子(尾野真千子)と恋に落ちる。
大学では精神科医の永野教授(近藤正臣)の影響で精神科の道を志すものの、父・哲圭(石橋凌)からは猛反対を受け……。
そんな和隆が暮らす神戸の街を、1995年1月、大地震が襲う。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

gasoさん(40代、女性)

阪神・淡路大震災で被災者の心のケアのパイオニア、実在の精神科医をもとにしたにオリジナル作品です。

主人公、柄本佑が幼少時に在日韓国人であることから舞台がはじまる。
高校生になり医者を目指しているが学部は決めていない。
厳格な父、優秀な兄、父に従順な弟にはさまれて育ち、精神科医になりたいということを家族話せずにいる。

同級生の濱田岳と切磋琢磨しながら、念願の精神科医になる。
精神科医とて認められ、34歳にして医局長になる。
そして阪神・淡路大震災がおこる。

makuさん(40代、女性)

精神科医を目指す在日韓国人の主人公の、心の起伏が見どころだと思います。
とても丁寧に感情描写をしているドラマで、言葉で多くを語ると言うよりは、表情や雰囲気などで感情を表現しています。

忙しく展開が変わるドラマとは違い、丁寧に主人公の思いを味わうことの出来る物語です。

今回の見どころのもう一つは、奥さんになる女性との出会いででしょう。
偶然居合わせた映画館で知り合い、恋まで発展する様子がわざとらしくなく、初々しい感じで描かれており共感を持てました。

ikaさん(50代、男性)

“NHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」は、阪神淡路大震災から25年を機に制作されたドラマです。

柄本佑さん演じる若き精神科医の安和隆と尾野真千子さん演じる妻の終子を中心に、2020年1月18日から4週にわたって放送されるヒューマンドラマです。
阪神淡路大震災で自らも被災しながら、被災者の精神ケアを行った精神科医の物語で、ドラマの中では、夫婦の絆と被災者との心の絆が描かれています。

このドラマには原作はありませんが、モデルになった人物がおり、その人は精神科医でしたが、彼は39歳の若さで癌で亡くなっています。

ドラマでも和隆は癌に侵されますが、亡くなる直前まで被災者たちのために奮闘する姿が描かれるものと予想します。

第1話みなさんの感想

HHIさん(20代、女性)

阪神淡路大震災で自らも被災したにも関わらず他の被災者への心のケアに力を注いだ精神科医のお話でした。

被災者の方の話をしっかり聞き、心の痛みに寄り添うすてきな先生です。
阪神淡路大震災から2020年で25年を迎えるなんてあっという間だなと感じました。

シビアな内容ながら、先生の温かい一言一言が胸に刺さります。
被災された方々の心の支えになっていたんでしょうね。
人の心に寄り添うとはどういうことなのか、改めて学ぶことができました。
本当に感動しました。

私自身も小さいことでも良いので、少しでも人の助けになるよう心がけながら過ごしていきたいなと感じました。
また、命も大切にしたいなと感じました。
全てで4話あるようなので、次回も楽しみです。

ayameさん(40代、男性)

まずは自分も経験した阪神大震災を思い出しました。
私はまだ高校生ということもあり、この主人公である安和隆さんのような行動や考え方などは全くと思い付くことが出来ませんでした。

自分自身のことで精一杯となり、被災した毎日のことを家族と過ごしていました。
そう思うと改めてこの安和隆さんが物凄く素晴らしい人だなっと思えました。

安和隆さんは幼少期の頃に自分が在日韓国人と知りショックを受けていました。
しかし、念願であった精神科医となって様々な葛藤もありながら、それを乗り越えていく姿は非常に感銘を受けました。

kaguさん(40代、女性)

阪神淡路大震災が一つのテーマにもなるドラマという事もあり観ました。
在日韓国人の安先生の精神科医を目指す父親との葛藤や日々の思いが、当時の時代背景なども感じられるものになっていたように思います。

若い方とは少し感じ方が違うドラマなのかな?と思いました。
成績もよく言葉をとても分かりやすく伝えられる安先生を演じている柄本祐さんの空気感が穏やかで素敵でした。
ピアノを弾いている姿も印象的でした。

関西が舞台なので、関西弁が飛び交いますが、とても自然に感じました。
今回は震災の話が出てこず、在日韓国人としての苦悩が描かれていましたが、全体的なトーンとしてはあまりにも日常を切り取った感じだったので、逆に次回以降の震災後との激変を勝手に推測してしまい、儚さを感じました。

himawariさん(50代、女性)

高校は地元ではない学校に行きました。
そこでやはり別の地区から来ていた在日韓国人の友達に出会ったのです。

彼女は中学まで日本名を名乗っていたということです。
選択科目の美術が一緒で名前をレタリングする授業があり、彼女の名前を知りました。

漢字三文字で「葉」という字が入った美しい名前だったのを今でも覚えています。
高校に入ってカミングアウトした気持ちは安和隆がウソの名前を名乗るのに忸怩たる思いを抱いていたのと近いものがあるのではないかと感じました。

去年『焼肉ドラゴン』という在日韓国人の映画が公開になりましたがご存知ですか。
大阪万博当時の話で、親世代は日本語が満足に話せませんし子どもはそんな親に勉強のハッパをかけられついに自殺してしまいます。

和隆の親のように「祖国のためにがんばれ」と言っていたように記憶しています。
今回のドラマは多くを語らずエピソードの積み重ねで見せていくところがよかったと思いました。

お母さんの抽斗にしまわれた秘密、受験前の公園の遊具、『東京物語』の原節子のセリフ。
和隆の心は何度も死にかけてきたのではないでしょうか。
だからこそ心を知りたいのではないでしょうか。
私はもう30年以上も精神疾患を抱えているのでよくわかります。

日々の小さな「死」からの救いになるのは本と音楽と映画なのです。
そして心が通じる人との語らいです。

残念ながら現実の日常にはそんな機会はめったにありませんが。
心の病を持つということは自分のルーツを言えないのとよく似ています。
心の病にかかるということはいいことがいっぱいあるのですが、誰もその話に耳を傾けてはくれません。
差別もあります。
でも私は隠したりはしないのです。

こんなに長く病んでいるともう治るものではないし、受け入れて共存して生きていくことが大切だと思う今です。
病気は私の根本に根差しているものだからです。
和隆が韓国人だというのもそれに似てはいないかと思ったのです。

さいごに

阪神大震災にも何か役に立ちたいと行動する安和隆さんを見て心が洗われました。
本当に久しぶりに感動したドラマでした。

心の傷を癒すということ
過去放送分を今から無料視聴するなら

U-NEXTなら心の傷を癒すということの過去放送分をまとめて視聴できます。

31日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルで心の傷を癒すということを視聴する!

第2話

第2話あらすじは?

大地震が起きてすぐ、安和隆(柄本佑)は勤務先の病院に向かう。
そこで目にしたのは野戦病院さながらの光景だった。
自分の無力さを痛感した和隆は、避難所を回りながら、精神科医として自分にできることは何かを模索し続ける。

そんな中、旧知の新聞記者から「震災を内側から書いて欲しい」とコラムの連載の依頼を受け……。

心の傷に苦しむ被災者に寄り添う日々が続く一方、和隆の実家では父・哲圭(石橋凌)の事業が傾き始める。

公式サイト https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/kokoro/  より

みんなの注目する点は?

ふぁいさん(20代、女性)

人間は体と同じように心も傷つくということ。
今では浸透した考え方かもしれません。

ですが平成初期のこの時代、精神科にかかることや精神科医に助けられることはまだ恥ずかしいと捉えられている時代だったのかと思います。

避難所でのシーンで、安先生が簡単なヒアリングをしていた時、避難者が「精神科医の世話になるなんて」と言っていたのが印象的です。

そう言った部分からも、医者達がどのように避難者の役に立てばいいのか悩む様子が伝わります。
過去と今の時代背景、心への考え方を比較しながら見ることができます。

tableさん(40代、男性)

今回のみどころはと言えば、阪神淡路大震災の当日に安和隆は何と精神科医師として何か出来ないかと奮闘するところです。

自分にも何か出来ることは無いのかと模索し考えるのでした。
そして、精神科医師として避難所を駆け回っては奮闘している時、妻である柊子が倒れてしまったと聞くのでした。

原因は何と睡眠不足と食欲不振だったのです。
安和隆はそんな妻を大阪に残したことを後悔するのでした。
そして、一緒に帰ろうと言うのでした。

joy98さん(50代、男性)

阪神淡路大震災発生直後からの、被災した人々の思い、経験したつらい出来事、いつまでも心に残る悲しみがリアルに描かれます。

また、それらに耳を傾ける医師の「どう答えていいのか」と悩み長瀬らも寄り添おうとする姿が見所です。

セリフは少ないけれどもその一つ一つが重たく感じられます。
また、思わず黙り込んでしまいながらも目やその表情がたくさんの心の中の葛藤を物語るような主人公たちの表現力には、思わず見入ってしまいます。

震災時の避難者であふれる学校をリアルに表現した場面設定も見どころの一つだと思います。

第2話みなさんの感想

henさん(50代、女性)

阪神大震災のあの時の記憶が蘇ります。
被災者ではないですが階段で泣き伏している写真とそれを撮る記者のジレンマを見て複雑な気持ちになりました。

歴史として、記録としてその姿を残す事が防災などの警鐘になる事になるのでしょうか。

安さんが避難所で被災者に寄り添う姿はとても優しいです。
一見明るく振る舞う少年の心の声を引き出す時もさりげなく寄り添っておられました。
精神科医としてどんな事をされたのか興味を持って視聴していましたが、只々諭す事なく全てを受け入れる事のはしんどい事であったと思います。

安さんの奥様が感じた被災地と隣接している大阪との温度差は在阪の私も感じていました。
テレビに移る被災地の様子は別の世界のように見えました。

●名前●(40代、男性)

今回は阪神淡路大震災の当日に自分は精神科医師だけど何が出来ないかと奮闘するところが非常に素晴らしいことだと思いました。
避難所を駆け回っては何か出来ないかと模索しているところは本当に観ていて感銘を受けました。

なかなか普通の人では思っていても、このような事は出来ないと思うのでした。

どうしても人間と言うのは自分を先に考えてしまうので、他の人までのことをそこまで考えれないと思うのでした。
しかし、安和隆は一生懸命に頑張っている姿は実に格好いいことだと思いました。

私も仮にドラマとはいえ非常に勉強になり、またもしこのような事がまたあれば見習ってやりたいとも思いました。
本当に毎回素晴らしい内容で勉強してるさせられます。

まなさん(60代、女性)

今回の放送では、阪神淡路大震災が起きた後の状況を中心にして話が進みました。
私にとって阪神大震災は深く心に残る震災でした。
25年経った今でも忘れることはありません。
ですから今回の放送は特に心に強く残りました。

安先生が被災した人たちと交わす会話を見ながら、当時の人の心の痛みが伝わってきました。
安先生は、「自分はここで何かあった時のために待機しているけれども、何もしないでここにいるのは申し訳ないような気がする」と話しました。

現場で働きたくても待機する人も必要ですが、現場に行けないのは辛いだろうと思いました。

避難所に向かった安先生の行動や入院中の患者さんに対する安先生の行動を見ていて、ひとりひとりの気持ちを大切にしようとする気持ちを感じました。

さいごに

人の心を癒すというのは、心からそうしたいと思っている人にしかできないのではないでしょうか。
最後のキックベースのシーン感動しました。

心の傷を癒すということ
過去放送分を今から無料視聴するなら

U-NEXTなら心の傷を癒すということの過去放送分をまとめて視聴できます。

31日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルで心の傷を癒すということを視聴する!

第3話

第3話あらすじは?

 震災から2か月。
急速に街の再建設が進んでいく神戸。
その一方で、多くの被災者が復興から取り残されていた。
心の傷に苦しむ人々に寄り添い続ける安和隆(柄本佑)の前に、精神疾患を抱えた患者・片岡心愛(清水くるみ)が現れる。
診察の結果、片岡の中には複数の人格が同居していることがわかる。
治療に全力を尽くす和隆だったが、父・哲圭(石橋凌)の事業が破綻したことを知り…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

daizuさん(30代、女性)

第3話の見どころは、震災から一ヶ月から一年のあいだで、主人公たち兄弟に長年厳しくあたっていた父親との和解、そして新しい命の誕生と、父親の死がありました。

父親が子どもたちに厳しくあたっていたのは、自分が若い頃に韓国人だからという理由で苦労したからでした。


第一話で『心なんてどうでもいい』と言った父親が、死にゆく最後には主人公との対話で癒やされていくところが、この話の主題につながっていて感動するシーンでした。

horaさん(20代、女性)

震災から二ヶ月が経った頃、急速に街の再生が進んでいました。
心の傷に苦しむ人々に寄り添い続ける安和の前にある患者が現れます。

精神疾患を抱えた片岡という患者です。
入念な診察の結果、片岡の中には複数の人格が存在していることがわかりました。

患者の思いに寄り添いながら、治療に全力を尽くす主人公でしたが、父の事業が破綻したことを知ります。
果たして主人公は、多重人格の患者を救うことができるのでしょうか。
そして、父親はどうなっていくのでしょうか。

masaraさん(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、以前に起きてしまった震災から2カ月後に急速に町の再建設が始まっていくのでした。
そして、そんな震災により心に傷をおった人達に対して安和隆はケアにあたるのでした。

ところが、そんな時精神疾患を持病に持つ片岡心愛が現れるのでした。

そして、またそんな彼女片岡心愛を診察したところ、何と彼女には複数の人格が共に同居していることが判明するのでした。
そして、また安和隆はそんな彼女に心からのケアを促すのでした。

第3話みなさんの感想

noxoさん(50代、女性)

静かな静かなドラマです。
安先生の声も聞こえるかギリギリの静かさです。
それは安先生が患者さんや被災して傷ついた人に寄り添って静かに話を聞くからです。

私もメンタルが弱いので病院に行く事があります。
でも先生の方がたくさん話していたり、逆に先生の言葉に傷つくこともありました。

でも安先生は謙虚で目の前の人の気持ちが動くのをゆっくり待ってくれる先生でした。
間違っていても頭から否定せず優しく噛み砕いて説明していました。

それに感謝する人もいれば、酷い言葉で返す人もいます。
それでも安先生自身は辛さをどうされていたのか、そちらも気になりました。

kazeさん(40代、女性)

何人もの人格がいるという、とても複雑な片岡心愛役を演じた清水くるみさんが、とても素晴らしかったです。
表情や、声のトーン、そしてしゃべり方。
すべて違う人のように感じました。

そして、安和隆を演じている柄本佑さんの、声のトーンがとても心地良くて、ドラマを見ながら自分も癒されています。
地震で大切な人や物を失った人たちに寄り添うことは、とても辛いことです。

肉体的な救助も必要かもしれませんが、同時に精神的な救助も必要なのだということを改めて感じました。
見えない命綱。

それは、きっと誰もが握っているのかもしれません。
そして、その命綱は決して離してはならない命綱なんです。
和隆は、きっとたくさんの命綱を懸命に探して、支え続けたのだろうと思うのです。

huruiさん(20代、女性)

今回も主人公の患者に対するあたたかい声かけが印象的でした。
震災から街が少しずつ復興していく様子がとっても嬉しかったのですが、 心の傷を負っている患者さんたちは、傷がすべて癒されることはなく、毎日を必死に過ごしている様子が見られ、心が辛くなりました。


それだけ深い傷を負っているのだなと、改めて感じ、震災の恐ろしさを感じることができました。
それでも患者さんを助けたい!救いたい!と一生懸命な主人公が、本当に素敵すぎました。
医者の鏡のような人ですね。

多重人格の患者さんに対しても、とても大変な病気にもかかわらず、前向きに治療している姿がとっても感動的でした。
特に何か治療してもらうわけでなくても、話をそばで聞いてもらうだけで、人ってホッとしたりするんだなと思いました。

さいごに

柄本佑さんの上手な関西弁で視聴者である私も穏やかな気持ちになりました。
あと一回なのは寂しいです。

心の傷を癒すということ
過去放送分を今から無料視聴するなら

U-NEXTなら心の傷を癒すということの過去放送分をまとめて視聴できます。

31日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルで心の傷を癒すということを視聴する!

第4話

第4話あらすじは?

ジャズピアノと読書を愛する安和隆(柄本佑)は、幼い時に両親が韓国生まれと知って以来、自分が何者なのか模索していた。
やがて親友の湯浅(濱田岳)と同じ大学の医学部に進み青春をおう歌。
映画をきっかけに出会った終子(尾野真千子)と恋に落ちる。
大学では精神科医の永野教授(近藤正臣)の影響で精神科の道を志すものの、父・哲圭(石橋凌)からは猛反対を受け……。
そんな和隆が暮らす神戸の街を、1995年1月、大地震が襲う。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

TAIIさん(50代、男性)

「心のケアとは」という事をずっと探し続けてきた主人公ですがね父と同じ癌におかされてしまいます。

それでも周りの人たちに対していつも精一杯で、優しいまなざしでセットしていこうとするその姿に胸を打たれます。

「心ケアって一人ぼっちにしない事や」と気づきながら妻や子供の前からいなくなってしまう主人公を演じる柄本さんの「目や表中だけでたくさんの事を語りかける芝居」が素敵です。

少ないセリフがとても重く、またセリフのない間がたくさんの事を語りかけてくる、静かなそれでいてたくさん考えさせられるドラマです。

iukaさん(30代、男性)

被災者や心に病を持った人たちに寄り添ってきた安先生は、被災地をレポートした自著で表彰されるなどPTSDのパイオニアとして最前線で活躍していた。

そんなキャリアの最盛期に自身がガンを患ってしまったのは不運にも程がある。
弱き者のために黎明期から精神科医として多大な貢献をしてきた安先生のような善人が病に冒されてしまうとは何と不公平な世の中なのでしょう。

若干39歳にしてがんになってしまった安克昌が、病気と闘い続ける原動力は何だったのか、最後まで精神科医としての役割を全うしようと身を削る思いで奔走していた理由は何なのかに目が離せない。

永野先生や友人、妻の終子との暖かい関係と共に、安先生が最後までどう生きたのかに注目せざるを得ない。

第4話みなさんの感想

higakiさん(40代、男性)

今回は非常に可愛そうな展開へとなりました。
時折、こういった医療ドラマでは昔からあるのですが、医者がまさかの病に倒れると言う展開です。

今回もまたこのドラマで安和隆が癌になると言う最悪の展開になりました。
本当に辛いことであります。

こんなに人の為に頑張っている先生を無惨にも癌で亡くすと言うのは非常に残念でなりません。
勿論、まだ最終回ではありませんが非常に最後は辛そうな気がしてなりません。


因みにですが、私の身内にもたくさん癌で亡くなられた方がいます。
癌で亡くなるのは珍しいことではありませんが、癌の嫌なところは治療も大変ですが亡くなるまでに本人が苦しんでしまうのが一番の悲しいところです。
本当に残念でなりません。

moriさん(50代、女性)

このドラマをみていると、江本さんの声や喋り方が心地良くて、安先生がじぶんに語りかけてくれているような錯覚に陥るくらい引き込まれていくドラマでした。

最後の診察で心愛さんと話していたときの心愛さんの「ありがとうございました」で涙が流れてきて、安先生が亡くなる直前に三人目の子供が映った画面を触って「かわいい」と言ったシーンは切なくて、あまりにも無情で涙がとまりませんでした。

最後の場面で安先生が奥さんと三人の子供たちを笑顔で見つめていたのをみて、ずっとそばにいてくれているんだなぁときもちが穏やかになりました。

LAMUさん(50代、男性)

最終回という事で「震災」からは少し離れ、主人公の人生がストーリーの朱となっていました。

それでもドラマのクオリティは高く、階段を登りきれずに途中で座り込み、友と一緒に遠くを眺める背中や、妻の一言に何も言えずね困ったようなはにかんだような顔をしている時の目の表情・・・。
それらすべてセリフが無くてもたくさんの事を語りかけてきてくれるようでした。

セリフのない時間がこんなに饒舌なドラマも初めてでした。
途中白衣を着るシーンでもシャツの袖がめくりあがらないように袖崎をつまん部から白衣にそでを通すと言った細かいシーンも丁寧に作られていて、思わず「これ、よくする」と言ってしまう場面もよくありました。
それだけ、実生活と思えるような実感の込められるドラマになっていたのだと思います。


「こころケアって、一人ぼっちにしない事や」と言いながらも妻や子供を残して逝ってしまう主人公の心情や、その後のみんなが幸せに暮らしていくといっ事を示すようなルミナリエの優しい明かりのシーンも涙ボロボロでした。

GATさん(20代、女性)

神戸も徐々に元気を取り戻して、安和隆も医師としても人間としてもこれからという時にまたもや大きな難題が出て来たので今後どうなるのか不安になりました。
特に、妻子を抱える身でがんという大病を患ってしまったのは悲しい展開過ぎて見ていられなかったです。

妻子だけではなく、安はまだまだやりたい事もあるのに病気になってしまった事実は変えられないという現実がとても重く感じられました。
しかし、安ががんになった事でひとつだけポジティブに感じられた事があります。

それは彼が病気を経験したおかげで心のケアの本質は孤独にさせない事だと気付けた事です。
精神科医として、最も欲しかったあるいは望んでいた答えを自身の病気を通して見つけられたのはとても良い展開だと感じました。

さいごに

こんな素晴らしい先生が阪神淡路大震災の時に静かに多くの人の心に寄り添って生きる力の手助けをしてくれていたなんて、25年たって初めて知りました。
本当に見応えのある心に残るドラマでした。

心の傷を癒すということ
過去放送分を今から無料視聴するなら

U-NEXTなら心の傷を癒すということの過去放送分をまとめて視聴できます。

31日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルで心の傷を癒すということを視聴する!