絶対零度第4話の見どころは、これまで明かされてこなかった水野美紀の演じる香坂の過去が明らかになるところです。
https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/  

第4話あらすじは?

“井沢(沢村一樹)たちのもとへやってきた香坂(水野美紀)は、ミハンが割り出した新たな危険人物の捜査を指示する。
その人物とは、自殺を考えている人たちの相談に乗っているNPO法人に在籍する“いのちの相談員”杉原佳代(木野花)だ。

佳代は、失踪に見せかける方法について調べていたほか、スタンガンも購入していた。

そしてもうひとつ、佳代には気になる過去があった。
彼女は、10年前に起きた『大森山無差別殺傷事件』の被害者家族でもあったのだ。

井沢は、山内(横山裕)とともに佳代が在籍するNPO法人を手伝うスタッフとして潜入する。
一方、小田切(本田翼)と吉岡(森永悠希)は、駆け落ち同然で上京したカップルに扮し、佳代のシェアハウスを訪れていた。

ほどなく、佳代のシェアハウスで長い間暮らしていた保育士の佐藤奈々(木竜麻生)が、佳代と揉めて3ヵ月ほど前に部屋を出ていったことが明らかなる。
実は奈々は、無差別殺傷事件の犯人の妹だったことがわかる。

被害者家族と加害者家族という関係だった佳代と奈々。
佳代は加害者家族に復讐しようとしているのか? そして、普段はクールな香坂が、この事件に対してはなぜか積極的で、自ら捜査に乗り出すことに――。
井沢たちは不思議に思うが……。

公式サイト https://https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/  より

みんなの注目する点は?

もんさん(40代、男性)

水野美紀さんの演じる香坂の過去が明らかになるについて、加害者と被害者それぞれの立場の心の傷が、明らかになっていきます。

多くの視聴者は、刑事事件とは無縁と思いながらドラマを見ると思いますが、徐々に感情移入をしていくこと請け合いのドラマです。

特に香坂の父が過去に起こした事件に苦しむ、香坂の姿は第4話のクライマックスといっても過言ではありません。
犯罪による苦しみの連鎖を考えさせられる内容になっています。

ひーさん(20代、女性)

これまでミハンのメンバーやミハンが対峙する事件に対して常に冷静に接してきた香坂ですが、今回ついに過去彼女の身に何が起こったのか、そしてその過去がミハンのメンバーたちとどのように関わってくるのか、なぜ香坂はミハンの統括責任者という立場に立つことになったのかということが明かされる内容となっています。

FR98さん(40代、男性)

今回のみどころと言えば、銀行強盗犯を潜入捜査するミハンの活躍ぶりです。

まずは、主演である本田翼ちゃん小田切唯が銀行員に成り済まし潜入捜査が実行されるのでした。

そして、井沢範人による手腕によりその銀行強盗犯の素性を数々と暴いていくのでした。
そして、その銀行強盗犯の仲間に銀行員がいることも発覚するのでした。

しかし、そんな時小田切唯が拘束されてしまうのです。
しかし、井沢範人はじめミハンの活躍により無事に事件は解決へと向かうのでした。

第4話みなさんの感想

idaさん(40代、男性)

今回も前回に続き、少し切ない感じのストーリーだと思いました。
加害者の家族は、犯人が罪を起こすことと全くは無関係ではないとは思いますが、必要以上の嫌がらせを受けたりするので、可哀想だと思います。

そして、加害者の妹と被害者家族が一緒のシェアハウスで暮らしているということは、すごいことだと思いました。
最終的に佐藤を受け入れた杉原は、本当によくできた人だと思います。

普通なら決して耐えられないと思いました。
そして、クールなイメージの香坂が今回は暴走していたように思えます。

本来なら熱くなり暴走する井沢が、香坂を止めるというのは不思議な気がしました。
そして、香坂も犯罪者の娘出るということで、傷を抱えていることがわかり、複雑だなと思いました。

asaさん(30代、女性)

今回は、水野美紀さん演じる香坂さんの過去が明らかになる回でした。
犯罪者の家族という悲しい運命の中にいたんですね。

香坂さんにも怒りが止められない一面があったり、前回に引き続き香坂さんの人間らしさが垣間見えて、思ってた香坂さんとは違うのかなと思わされました。

それに、井沢さんと香坂さんが歩み寄れたシーン、心が温まりました。
いがみ合うもの同士かと思っていたのですが、ますます最後の井沢さんと香坂さんの関係が気になるところです。

また、第3話の最後にまたまた気になる伏線が張られました。
柄本さん演じる加賀美総介と過去の香坂さん、すれ違ってたっていうシーン、ちょっとホラーチックで背筋がゾクっとしました。
さすが絶対零度、ただでは終わらせないところ、大好きです。
来週も楽しみです。

KAGさん(40代、男性)

井沢(沢村一樹)と香坂(水野美紀)のアクションシーン見て思ったのは水野さんかなりのやり手だと思いました。

今回小田切(本田翼)と吉岡(森永悠希)の潜入捜査時の変装を楽しみにしてましたが、期待どおり青森から上京してきたカップルを演じていました。

とくに森永さんの東北訛りがとても上手く、さすが役者だなと感心しました。
第4話の鍵となる人物、杉原(木野花)と奈々(木竜麻生)の人間関係はとても複雑で、はたして被害者家族と加害者家族に絆は生まれるのか考えさせられました。

結局、杉原は奈々を自分の娘のように大切に思っていたので、杉原という女性の懐の深さに感動しました。
驚いたのはラストシーンです。

26年前に起こった神経ガスばら蒔き事件現場に加賀美(柄本明)の姿が…。
思わず「えっ?」ってなりました。

さいごに

水野美紀っていい女優さんですね。
今後も楽しみです。