スキャンダル発生で思わずどうなってしまうんだろう……と心配になりましたが、ドラマには影響がないようで良かったです。
https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  

第2話あらすじは?

“ 会社員の男性が地下道の階段から突き落とされ、意識不明の重体に陥った。
事件を目撃した大学生が通報したため、ほどなく警察は被疑者と思われるフリーター・猫田一也(稲葉友)を任意同行することに。

しかも…最初こそ否認していた猫田も、元教師で横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)の親身で熱のこもった説得を受け、あっという間に自白。
そのまますぐに送検される。

ところが直後、事態は一変する。
捜査を引き継いだ横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が取り調べると、猫田はまたも否認に転じ、自白は警察に強要されたと証言したのだ! しかし、猫田に罪を認めさせて起訴しようにも、物的証拠はゼロ…。

頭を抱えた修平は、自白だけを根拠に送検してきた豪太らを理詰めで責め立て、勾留期限の9日以内に物的証拠を探すよう命じる。
 修平の偉そうな態度に腹を立てながらも、豪太は刑事課の面々と共に事件現場付近を徹底捜査。
しかし、猫田の犯行を裏付ける物的証拠はひとつも見つからず、時間だけがむなしく過ぎていく。
このままでは起訴できない…と焦り、刑事たちをせっつく修平。

一方、人に指示するだけの修平に憤慨する豪太。
そんな中、豪太の妹でもある立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)に「警察にだけ任せていてはダメ」と背中を押された修平は、ついに自ら現場へ赴くことに。
そこでふと視界に入ったものが引っかかり…!?

公式サイト https://https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  より

みんなの注目する点は?

ぽーさん(30代、女性)

2話では、会社員の男性が階段から突き落とされ、意識不明になった事件がメインです。
事件の目撃者の通報によって、フリーター・猫田一也が被疑者となり任意同行されます。

はじめは否認していた猫田ですが、豪の熱い取り調べで一転、容疑を認め送検に至ります。
しかし検察で検事である修平が取り調べだすと、猫田はまたもや容疑を否認。
さらに「自白は警察に無理矢理させられた」と証言します。

自白以外の物証がゼロなので、勾留期限内に物証をあげろと奮闘する豪たち。
しかし物証は見つからず、せかす修平と命令だけする修平に苛立つ豪。

やきもきしていた修平ですが、みなみに促されて自分も現場を見ることにしますが、そこである点が気になり、捜査が進展します。
自白と否認を繰り返す被疑者猫田を稲葉友さんが演じます。

キャンさん(20代、女性)

やはりなんといってもあこがれのみなみさんのお兄さんがあのいけ好かない刑事だとわかってからの絡み方が面白いです。
特に電話での攻防、いちいちみなみさんに謝っているのが面白く、それにたいして気にしないでください、どんどん言っちゃってください、という返答。

これからの三人の絡みにも期待できそうなテンポのいい流れがありました。

引きこもりのたかし君への説得シーンでも同じように三人とも個性が爆発しているし、でもまとまりつつあるし、検事が外へ出てきたのでもっと相棒感が出てくるのではないかと思っています。

●名前●(40代、男性)

今回のみどころと言えば、やはり事件の発端となった地下道での階段での突き落としです。
そして、そこから事件が始まり真相究明となっていくのでした。

また、突き落としたと思われるフリーターの猫田と言う人物が疑われ、そして刑事である豪太が自白をさせるのでした。

ところが、検事である修平と会うや否や突然一変して否認をしだすのでした。
そして、また事件は一から再捜査となり検事である修平から物的証拠を9日以内に見つけるようにと命じられるのでした。

第2話みなさんの感想

ともさん(30代、男性)

元教師としての経験で犯人を自供させることになったのは驚きました。
あれだけのやり取りであそこまで掘り下げられるのは教師時代の彼は生徒に親身に寄り添っていたのだろうと思える活躍でした。

真島は自供だけで何一つ証拠がなかったことで供述を翻されて困ってしまうことになりますが、大変な思いをするのは真島ではなく刑事たちだけなのかと思いました。
署長たちのやり取りがありはしましたが、警察が証拠を見つけられなかったのは事実なので調べなおすのは必要なことだとは思います。

ただ、真島が指示をするだけで何もしようとしなかったのはどうなのだろうかと感じました。
自分の意思ではなくみなみの言葉で彼も捜査に加わることになりますが、結局は仲井戸といがみ合って目撃者を怒らせてしまうだけ。

みなみがいなければ解決することはなかったので、真島を動かしたり、兄を止めたりと事件以外のことだけではなく、事件そのものでも彼女の存在が大きすぎるのは変えていってほしいと感じました。
事件の解決は二人がいがみ合いながらも解決へと導いてほしいと思います。

RR)(30代、女性)

1回目を観て、仲井戸と真島が反発し言い争いながらも結局最後には一緒に事件を解決するといういいコンビで、やり取りも面白かったので今回も楽しみにして観ました。
引きこもりの子を説得するシーンでは、教師だった仲井戸がうまく話を付けると思いきや逆ギレしてしまったところには笑いました。

みなみが二人をうまくまとめていて、しっかりしていてよかったなと思います。
証拠を見つけるだけでも警察も検察も毎回大変なんだなとこのドラマを観てつくづく思います。

自分にも同じくらいの子供がいるので、犯人が捕まり被害者も目を覚まし娘さんと生きて会えたのでよかったなぁと思いました。
これからもどんどんいいコンビになっていくんだろうなと楽しみです。

XXX(50代、女性)

豪太の、教師のような刑事って今まで見た事が無く面白いです。
豪太の取り調べは先生が生徒に説教しているようで、警察に居るという感じがしませんでした。
真面目な刑事ドラマとはちょっと違う、でもおチャラケではない所が良いと思います。

真島は上から目線のところは腹が立ちますが、頭が良くて物事を分かり易く説明するところはさすがだと思います。
しかし彼は頭脳があるのみで、それ以外は子供、考え方も言い方も態度も全てが子供みたいです。
勉強以外は何もせずに大きくなったのかと思いました。

どうやったらこんな風に育つのか、いつか彼の生い立ち物語を見たいと思いました。
この様子では、みなみが真島の事を真剣に考えられる日が来るとは想像出来ません。
頭は良いのに説明しても分からないところに難有りです。

真島を見ていると豪太が普通の人に見えてくるのですが、暫く見ているとそれが錯覚である事に気が付きます。
2人共自分独自の世界を持っている幸せな同類ですよね。
ぶつかる事も多いですが、好きな事を言い合える相手がいるのは幸せな事だと思います。
そしてその2人の間にみなみが入ると丁度バランスが取れ、やっぱり将来はみなみと真島が上手く行くと良いのかな、なんて思ってしまいます。

今回タカシが出てきてくれたのはみなみのお陰です。
でも2人共、絶対自分の手柄だと思っていますよね。

上が繋がっているのは豪太も真島もラッキーですね。

さいごに

大貫と樫村のやり取りが見ていて楽しいですね。
先輩の大貫の方が子供っぽい所が可愛いです。