ケイトと尾高、2人に進展の可能性はあるのか、やっぱり今後一番楽しみなのはケイトの恋愛模様です。
https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/  

知らなくていいコト
過去放送分を今から無料視聴するなら

Huluなら知らなくていいコトの過去放送分をまとめて視聴できます。
14日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルで知らなくていいコトを視聴する!

第3話あらすじは?

“殺人犯・乃十阿徹(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹はるき(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。

そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。
黒川(山内圭哉)班は国民的な人気を誇る天才ダンサー“タツミーヌ”こと河原巽(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当。

早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。

編集長の岩谷(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。
ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。

公式サイト https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/  より

みんなの注目する点は?

ととた(30代、男性)

天才ダンサーと称される人物への取材の準備を進めていたケイトでしたが、その人物に関する過去の秘密を暴露する動画がネット上で拡散され、悪評が広まってしまいます。

現実でも存在するような、ネット上での特定の人物の評価を下げるような現象がこの回で見られるのです。

世間では良いイメージが通っていても裏では何をしているか?分からないというのはよくあることですけど、そういった部分を実感することができるでしょう。
リアルな面も含んだ、そういった描写に注目と言えます。

KEIKO(30代、女性)

“前回で主人公の真壁ケイトは、殺人犯の娘であることが確定しました。
第3話の予告編では、ケイトは父であり、殺人犯である乃十阿と接触をしている様子。
何を話すのか。

そして、その事実を知っていた元彼の尾高と、第1話でケイトと婚約破棄になった野中が直接話し合う様子が描かれている。

その際に、尾高は野中に「お前、最低だな」と軽蔑の表情を向ける。
尾高は既婚者ですし、野中もケイトと寄りを戻す雰囲気は今のところないが、まるで三角関係のような展開にも見える。

7y7(50代、女性)

既に奥さんがいる尾高とケイトのキスシーンが有りそうでドキドキです。
別れても2人共気持ちは残っている様ですね。

そして野中と尾高がケイトについて話す場面が予告にありました。
殺人犯の娘でも関係ない尾高と殺人犯DNAは無理と言った野中、イケメン2人のエキサイトしたシーンになりそうでワクワクします。

野中が乃十阿の事件と何か関係あるのかも少し気になっています。
それからもう一つの見どころと言えば、ゲストの俳優兼プロダンサーの大貫勇輔の出演です。

彼は今回天才ダンサー役としての登場なので、もしや華麗なダンスシーンも見られるかも?とかなり期待をしています。
 

第3話みなさんの感想

ban(40代、女性)

今週も面白かったです。
3話限りのお話は現実で近年何度も目に耳にする炎上と、物事の一部が切り取られた部分が拡散してしまい実際のところとは全く違って…というネタで、その流れにホントよくある!と膝を打ちました。

拡散後の収束は週刊誌に載ろうと難しいだろうにスポットが当たらないのは、まぁ仕方ないのでしょうね…そっちの方が気になるのですけれど。
ゲストのタツミーヌ役の方は本当にダンサーでもあるそうで、ダンス姿に見入ってしまいました。

元彼がヘタレでイライラ来ます。
元々彼と話すシーンは特に来ました。
言ってる事は充分理解できるのですが、態度と自己弁護と他人を巻き込もう感がダメです。
役者さんの可愛さでイライラが倍増するのが面白いなと思いました。
主人公の父に関しては話が進んでいないので、来週以降も楽しみです。

KI(30代、女性)

三話を視聴して良かった部分は、尾高を演じる柄本佑の演技力です。
屋上で春樹の話を聞いている尾高の姿が切なく、表情や言葉少なめなに表現しているところが流石です。
深刻でミステリアスな雰囲気を上手く演じていて、これからも尾高を見たいな、と思わせてくれます。

一方で、屋上のシーンではケイトを別れた理由も手伝って春樹演じる重岡が薄っぺらく見えました。

個人的に気になった点や微妙な点は、まず、ケイトが筆を執る前に目をつむって何か考えるシーンが寒かったです。

超能力でもあるかのような、漫画みたいな演出が微妙です。
次に、タツミーヌに会うためにきれいごとを並べた手紙を出すというアイディアです。

タツミーヌもあっさり承諾し、見ている側としては、こんな簡単に会えちゃうんだと、落胆しました。
それを出してきなさいと春樹に命令するケイトの指示の仕方も、なんとなくわざとらしいです。

最後は、元殺人犯である父親に会う場面です。
SNSで簡単に居場所を見つけ、父親も元犯罪者なのに本名で表札を貼っており、そんな簡単に誰でも見つけられそうな場所で、現実世界だったら生活しないと思うので、現実味がないなぁと思いました。

もう少し、主人公たちが工夫を凝らしてやっと見つかった、やっと解決できた、というようなドラマティックな展開があると、観る人を惹きつけるのではないかと思います。

3e34(50代、女性)

春樹の罪深いところはケイトとの結婚を断ったことではなく、いったんOKしたことです。
河原巽の動画が切り取られたものであったように、春樹も「無差別殺人犯の娘」というところでケイトを切り取っています。
いままでのお付き合いでケイトのいいところをいっぱい見たはずなのにそのことを思いだしもしません。
ラベリングです。

人は多面体のでこぼこであるのに、ある一面だけに名前をつけてわかったような気になることほど危険なことはありません。

巽があんなことを言ったのには何か理由や原因があるはずなのに、世間は短くわかりやすく表に出たものだけを見て判断します。
私はああいう動画や音声データが出た時いつも「この前後を聞かないと真実はわからない」と思うようにしています。

ましてやSNSに投稿したりはしません。
幼稚な正義感ほど始末に負えないものはないと思っているのです。

それで世の中がギスギスしていませんか?それと、アスリートに練習施設が必要なようにダンサーや役者には稽古場が必要なのです。
パソコンのように家でうまくなるものとは性質が違います。
物理的に場所がいるのです。

そして稽古場には聖なる汗があります。
戦争を生き抜いてきた割には寛大さも理解力も全くなかったあの老人はほんとうに老害かもしれません。
あんな人はたくさんいるでしょう。

悲しいことです。
表紙がフェネックの尾高のカレンダーが一服の清涼剤でした。

さいごに

ケイトに父親の秘密も、仕事も、恋も全部頑張って欲しい! なかなか欲張りなドラマです。

知らなくていいコト
過去放送分を今から無料視聴するなら

Huluなら知らなくていいコトの過去放送分をまとめて視聴できます。
14日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

今すぐ無料トライアルで知らなくていいコトを視聴する!